お題:最後の潮風 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:2084字

痛いって言ってよ。-童話
昔から、ゆきは笑ってばかりでした。幼馴染の涼も、ゆきが泣いているところをみた覚えがありません。喧嘩したって、怪我をしたって、いつでも笑ってばかりの彼女はまるで人形のようだと、涼は思いました。泣きたいときに泣けなくて、痛い時に痛がれないのは、何故だろう。哀しいとか、痛いとか、もしかしたら知らないのかな。
怪我をしても笑っている、まるでお人形のようなゆきを見て、顔を歪めるのはいつも涼の方です。だから、涼は言いました。ゆきちゃんは、まるでお人形さんだね、って。
ゆきは、笑った顔をくずさず、涼に問いました。

「人形ではいけないの?」

涼には答えられませんでした。人形ではいけない理由なんて、思いつけなかったからです。でも、ゆきがいつでもずっと笑い続けているのが、心配でなりませんでした。
ゆきの質問に答えられないまま、季節は廻ります。桜が散り、太陽が照り、山が赤と黄に染まり、雪が降りだし、幾度目かの冷たい雪が降る中で、涼はゆきの顔を見つめました。あれからずいぶんと時が過ぎ、二人は小学生になっていました。ゆきの頭は涼よりずっと下にあったけれど、彼女は今も、昔と変わらず、ずっと笑顔を浮かべていました。涼は、笑っているゆきのことが好きです。でも、時々きらいです。どうしてきらいだと思うのかも、解らないまま、ずっとゆきと一緒に過ごしていました。

「寒いね」
「ゆき、手が真っ赤」
「寒いからね」

見るからに痛そうな手を、手袋にかくまうこともせず、彼女は積もったばかりの雪を踏みしめて足早に歩いてゆきます。その手を自分のポケットに突っ込んで、涼ははあ、とため息を漏らしました。一緒に過ごしている間に気付いたこと。
ゆきは、痛いのも、悲しいのも、ちゃんとわかっているということ。こんな風に、どこかが痛い時は、笑顔の下で、歯をきゅっと噛みしめているということ。

「自分の体を大事にするって知ってる?」
「知ってる」
「じゃあ、大事にしてよ」
「どうやって?」
「俺がゆきにやってるみたいに」

そんな難しいことできないよ、と、ゆきは笑います。涼は難しいことなんてひとつもした覚えがありません。ポケットに手を入れるなんて、簡単なことでしょう。涼は、手が凍えたら手袋をするし、手を擦り合わせて温めます。でも、ゆきはそうではないのです。手が凍えて痛くなっても、我慢をして笑うことで、ゆきは安心しているようでした。

「痛くないの?」
「痛いよ」

笑ってばかりのゆき。そんな風に隠して、一人で我慢するのは、ちっとも綺麗じゃない。素敵なことなんかじゃない、と、涼は思います。でも、ゆきは、我慢を我慢であると思おうとしていないのです。綺麗に、素敵に生きようとしてそうしているわけではありません。それなのに、ゆきが密かに我慢しているのを、褒める人はたくさんいました。
いつも笑っていてえらい、痛いのを我慢できてえらい…ちっとも、ちーっとも偉くない、と、涼は思います。

まるで、笑っていないと偉くないみたいだ。
痛いのを我慢できないのが、悪いことみたいだ。

「いつでも可愛いお人形さんでない方がいいよ」
「人形ではいけないの?」

それは、ずっと涼が答えられずにいた質問でした。ゆきの綺麗な瞳が、真っすぐ涼を見つめています。

「あのね、ゆき。痛いって言ってよ」
「どうして?」
「ゆき、泣きそうな顔してる」

ゆきは、笑っていました。でも、口の端が時折ひくひくとふるえているのを、涼はよく見ていました。それは、泣きそうなときの口です。

「人形だっていいと思うけど、ゆきの心の中は、俺には見えないから、淋しかったんだ」
「知らなくっていいでしょう、そうしたらずっと笑っていられるよ」
「俺はいやだ。ゆきが我慢してるのに、にこにこ笑うのいやだ」
「だってこわいよ。私、いい子じゃなくなっちゃう。面倒くさい悪い子になっちゃう」

むっと頬を膨らませ、涼は言いました。
「じゃあ、ゆきは、俺が痛くて泣いてるとき、面倒だって思うの?」
「ううん。痛いのが楽になるように、何か考えるよ」
「それと一緒。じゃあ、ゆきはこれから、ゆきが俺にやってるみたいに、ゆきに優しくしてよ」

こわいよ、と首を振るゆきは、もう笑ってはいませんでした。

「さむいよう、いたいよう」

ゆきの頬を、あたたかい涙が伝います。涼は、ゆきをぎゅっと抱きしめました。不器用にあふれる涙が、涼の肩口に染み込んで冷えてゆくのがわかります。

泣いてたって、綺麗だ。
我慢できなくったって、素敵だ。
我慢だって時には必要だけれど、ゆきの我慢は度が過ぎているから、自分ひとりくらい、ゆきの涙を知っていたっていいと、涼は思いました。

「そうやって誰かに頼れてるの、えらい」
「うえええん…っ」

涼の胸の中で泣くゆきの手は、もう冷たくありませんでした。

「痛いって、言いたかったよ」
「言うのも苦しかったでしょ」
「うん。でも、聞いてくれてありがとう」

雪の中、手を繋いで歩き出した二人を、夕陽だけが見ていました。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:11011式 お題:最後の潮風 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:967字
海岸の砂で戯れに文字を書いてみた。誰に向けた言葉でもないのだが、何となく自己紹介を書いてみた。「私の名前は、〇〇です」 こんな寒い冬の海岸には、私一人しかいな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らさ@固定に予定表 お題:最後の潮風 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:976字
どこへいても、私を包んでくれた。嬉しいときも、寂しいときも、私を包んでくれていた。 そんな懐かしい風は、いつしか消えてしまった。「仕方のないことなの。そうしな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の潮風 制限時間:1時間 読者:161 人 文字数:1181字
「ねえ、きみはいつまでそうしていうつもりなの」私の目の前、困った表情で私を見つめる男。「…」3秒見つめ返し、いやになって目を逸らした。すこし空気が湿っている、ゴ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な内側 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
弟はイイ歳してアニメの美少女キャラに夢中で、姉としては気持ち悪いことこの上なかった。 夫の友人に同じようなオタク趣味の人がいるが、そちらは爽やかだし、弟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのあそこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:780字
拝啓、橘様。たまたま立ち寄った駅前の本屋で『トカゲのあそこ』という珍妙な本を見つけてから、はや30分が経ちました。いかがお過ごしですか。私は相も変わらず、人ごみ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:DDT お題:綺麗な殺し屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:459字
「依頼が入ったら爪を塗ることから始めます」そう語るまりあさん(仮)の表情は柔らかい。「だって万全を尽くしたいので」まりあさんがこの仕事を始めたのは、中学二年生の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

真城うさの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:苦い鳥 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:3260字
アンラトちゃんのL∞P。★ラトちゃんに拾ってもらったあと。★ラトちゃんは青田さんのお家の子です風の噂で、黒の組織の壊滅を知った。私が、そうさせた。ラトラナジュに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:最後の潮風 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:2084字
昔から、ゆきは笑ってばかりでした。幼馴染の涼も、ゆきが泣いているところをみた覚えがありません。喧嘩したって、怪我をしたって、いつでも笑ってばかりの彼女はまるで人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:つまらない電車 制限時間:2時間 読者:55 人 文字数:10456字
あの日、彼に一体何をしてあげられただろうか。その答えは、今でも、出ない。蓮城はるかは、神宮寺医師の元で、働いていたことがある。救急科の研修の時だった。救急外来に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:計算ずくめのジジィ 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:5693字
コンサートホールの廊下には、天鵞絨の絨毯が敷かれている。足音が響くことのないよう配慮された、格調高いこの建物の中では、今まさにヴァイオリンのコンサートが行われて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:トカゲの映画館 制限時間:2時間 読者:86 人 文字数:2918字
★ぴょさんのところのミランちゃんたち・私のところのノア★世界観が若干ずれていると思います花の都、フラワーエデン。ミランウィリンが住んでいるといわれている村だ。ノ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:黒い故郷 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:3016字
「みいちゃん、いもうとができるのよ」みいちゃんをだき、あやしながら、おかあさんがいいました。「みい、おねえちゃんになるんだよ」みいちゃんのほおを、ゆびのさきでつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:天国のモグラ 制限時間:2時間 読者:79 人 文字数:3130字
怖かった。周りが私の思い通りに動くことが。本当は誰より喉が渇いているはずの人が、私に水を差しだしたし、肋骨が浮き出てやせ細った人が、その日のパンを私に食べさせよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:フニャフニャの天使 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:3985字
「姫、御決断を。今も民らは飢え、命を落としている」「ええ、そうね。…この国には、飢餓を凌ぐ手段がない。隣の国へ手紙を送るわ」「助けを求める、ということですね」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:反逆の宿命 必須要素:右肘 制限時間:1時間 読者:84 人 文字数:1258字 評価:0人
湖は、凍り付いていた。淡い光の環をまとい、夜闇を照らす月の光が、水辺を歩く彼女の姿を映し出す。常にその身を包んでいる着物の帯をしゅるりと解き、どさりと落とせば、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:彼が愛したしきたり 制限時間:2時間 読者:110 人 文字数:2349字
キャンバスの向こうで、君は困ったような笑みを浮かべる。視線は僕ではなく、右斜め下へと向かっていた。同じ場所を見ても、何もない。ありが歩いているわけでもなければ、 〈続きを読む〉