お題:最後の潮風 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:2084字

痛いって言ってよ。-童話
昔から、ゆきは笑ってばかりでした。幼馴染の涼も、ゆきが泣いているところをみた覚えがありません。喧嘩したって、怪我をしたって、いつでも笑ってばかりの彼女はまるで人形のようだと、涼は思いました。泣きたいときに泣けなくて、痛い時に痛がれないのは、何故だろう。哀しいとか、痛いとか、もしかしたら知らないのかな。
怪我をしても笑っている、まるでお人形のようなゆきを見て、顔を歪めるのはいつも涼の方です。だから、涼は言いました。ゆきちゃんは、まるでお人形さんだね、って。
ゆきは、笑った顔をくずさず、涼に問いました。

「人形ではいけないの?」

涼には答えられませんでした。人形ではいけない理由なんて、思いつけなかったからです。でも、ゆきがいつでもずっと笑い続けているのが、心配でなりませんでした。
ゆきの質問に答えられないまま、季節は廻ります。桜が散り、太陽が照り、山が赤と黄に染まり、雪が降りだし、幾度目かの冷たい雪が降る中で、涼はゆきの顔を見つめました。あれからずいぶんと時が過ぎ、二人は小学生になっていました。ゆきの頭は涼よりずっと下にあったけれど、彼女は今も、昔と変わらず、ずっと笑顔を浮かべていました。涼は、笑っているゆきのことが好きです。でも、時々きらいです。どうしてきらいだと思うのかも、解らないまま、ずっとゆきと一緒に過ごしていました。

「寒いね」
「ゆき、手が真っ赤」
「寒いからね」

見るからに痛そうな手を、手袋にかくまうこともせず、彼女は積もったばかりの雪を踏みしめて足早に歩いてゆきます。その手を自分のポケットに突っ込んで、涼ははあ、とため息を漏らしました。一緒に過ごしている間に気付いたこと。
ゆきは、痛いのも、悲しいのも、ちゃんとわかっているということ。こんな風に、どこかが痛い時は、笑顔の下で、歯をきゅっと噛みしめているということ。

「自分の体を大事にするって知ってる?」
「知ってる」
「じゃあ、大事にしてよ」
「どうやって?」
「俺がゆきにやってるみたいに」

そんな難しいことできないよ、と、ゆきは笑います。涼は難しいことなんてひとつもした覚えがありません。ポケットに手を入れるなんて、簡単なことでしょう。涼は、手が凍えたら手袋をするし、手を擦り合わせて温めます。でも、ゆきはそうではないのです。手が凍えて痛くなっても、我慢をして笑うことで、ゆきは安心しているようでした。

「痛くないの?」
「痛いよ」

笑ってばかりのゆき。そんな風に隠して、一人で我慢するのは、ちっとも綺麗じゃない。素敵なことなんかじゃない、と、涼は思います。でも、ゆきは、我慢を我慢であると思おうとしていないのです。綺麗に、素敵に生きようとしてそうしているわけではありません。それなのに、ゆきが密かに我慢しているのを、褒める人はたくさんいました。
いつも笑っていてえらい、痛いのを我慢できてえらい…ちっとも、ちーっとも偉くない、と、涼は思います。

まるで、笑っていないと偉くないみたいだ。
痛いのを我慢できないのが、悪いことみたいだ。

「いつでも可愛いお人形さんでない方がいいよ」
「人形ではいけないの?」

それは、ずっと涼が答えられずにいた質問でした。ゆきの綺麗な瞳が、真っすぐ涼を見つめています。

「あのね、ゆき。痛いって言ってよ」
「どうして?」
「ゆき、泣きそうな顔してる」

ゆきは、笑っていました。でも、口の端が時折ひくひくとふるえているのを、涼はよく見ていました。それは、泣きそうなときの口です。

「人形だっていいと思うけど、ゆきの心の中は、俺には見えないから、淋しかったんだ」
「知らなくっていいでしょう、そうしたらずっと笑っていられるよ」
「俺はいやだ。ゆきが我慢してるのに、にこにこ笑うのいやだ」
「だってこわいよ。私、いい子じゃなくなっちゃう。面倒くさい悪い子になっちゃう」

むっと頬を膨らませ、涼は言いました。
「じゃあ、ゆきは、俺が痛くて泣いてるとき、面倒だって思うの?」
「ううん。痛いのが楽になるように、何か考えるよ」
「それと一緒。じゃあ、ゆきはこれから、ゆきが俺にやってるみたいに、ゆきに優しくしてよ」

こわいよ、と首を振るゆきは、もう笑ってはいませんでした。

「さむいよう、いたいよう」

ゆきの頬を、あたたかい涙が伝います。涼は、ゆきをぎゅっと抱きしめました。不器用にあふれる涙が、涼の肩口に染み込んで冷えてゆくのがわかります。

泣いてたって、綺麗だ。
我慢できなくったって、素敵だ。
我慢だって時には必要だけれど、ゆきの我慢は度が過ぎているから、自分ひとりくらい、ゆきの涙を知っていたっていいと、涼は思いました。

「そうやって誰かに頼れてるの、えらい」
「うえええん…っ」

涼の胸の中で泣くゆきの手は、もう冷たくありませんでした。

「痛いって、言いたかったよ」
「言うのも苦しかったでしょ」
「うん。でも、聞いてくれてありがとう」

雪の中、手を繋いで歩き出した二人を、夕陽だけが見ていました。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:11011式 お題:最後の潮風 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:967字
海岸の砂で戯れに文字を書いてみた。誰に向けた言葉でもないのだが、何となく自己紹介を書いてみた。「私の名前は、〇〇です」 こんな寒い冬の海岸には、私一人しかいな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らさ@固定に予定表 お題:最後の潮風 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:976字
どこへいても、私を包んでくれた。嬉しいときも、寂しいときも、私を包んでくれていた。 そんな懐かしい風は、いつしか消えてしまった。「仕方のないことなの。そうしな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の潮風 制限時間:1時間 読者:158 人 文字数:1181字
「ねえ、きみはいつまでそうしていうつもりなの」私の目の前、困った表情で私を見つめる男。「…」3秒見つめ返し、いやになって目を逸らした。すこし空気が湿っている、ゴ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:とんでもないぬるぬる 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1058字
キッチンはぱっと見は普通らしい。友人によってはおしゃれなキッチンだというやつもいる。が、ぼくにとっては普通どころか刑事ドラマでよく出てくる刑事が犯人を尋問する部 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の動機 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:498字
ドイツから来た帰国子女のドジョンパくん。彼はドイツから来たくせに箸でめしを食う。僕は彼はほんとは日本人なんじゃないのかと思っている。「おい、ドジョンパ。お前ドイ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:初めての四肢切断 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:980字
あるべきものが無い。 なんとなくこの感覚には覚えがあった。そうだ、腕の血が圧迫とかで止まった状態で朝起きたとき、その腕が冷たくなってたときと同じなんだ。動かそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての四肢切断 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:722字
『レディース、エーン、ジェントルメェン! お待たせしました! 今宵も人体切断マジックの時間がやって参りました! 担当はおなじみ、わたくしジョンが務めさせていただ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:調和した洞窟 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:860字
僕はある日、ちくわのなかを見てしまったことがある。 空っぽだった。磯臭い空気と共に向こうで動く兄弟が妙にちっぽけに見えて。 海原というよりは、ため池のように虚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:調和した洞窟 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:482字
それは喰われた死体だった。 熊か、狼か、あるいはまだ見ぬUMAか。少なくともその死体は喰われていて、この寒さの影響で腐りもせず、いっそ美しいまでにそこに事切れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:アブノーマルな多数派 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:855字
「我々は幸せです」 今朝、そんなことを不意に話し掛けられた。 名前も、顔も知らない。どちらかというとため息の似合うおっさんは、続けてわたしに言ってくる。「世界中 〈続きを読む〉

真城うさの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:最後の潮風 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:2084字
昔から、ゆきは笑ってばかりでした。幼馴染の涼も、ゆきが泣いているところをみた覚えがありません。喧嘩したって、怪我をしたって、いつでも笑ってばかりの彼女はまるで人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:つまらない電車 制限時間:2時間 読者:38 人 文字数:10456字
あの日、彼に一体何をしてあげられただろうか。その答えは、今でも、出ない。蓮城はるかは、神宮寺医師の元で、働いていたことがある。救急科の研修の時だった。救急外来に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:計算ずくめのジジィ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:5693字
コンサートホールの廊下には、天鵞絨の絨毯が敷かれている。足音が響くことのないよう配慮された、格調高いこの建物の中では、今まさにヴァイオリンのコンサートが行われて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:トカゲの映画館 制限時間:2時間 読者:76 人 文字数:2918字
★ぴょさんのところのミランちゃんたち・私のところのノア★世界観が若干ずれていると思います花の都、フラワーエデン。ミランウィリンが住んでいるといわれている村だ。ノ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:黒い故郷 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:3016字
「みいちゃん、いもうとができるのよ」みいちゃんをだき、あやしながら、おかあさんがいいました。「みい、おねえちゃんになるんだよ」みいちゃんのほおを、ゆびのさきでつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:天国のモグラ 制限時間:2時間 読者:67 人 文字数:3130字
怖かった。周りが私の思い通りに動くことが。本当は誰より喉が渇いているはずの人が、私に水を差しだしたし、肋骨が浮き出てやせ細った人が、その日のパンを私に食べさせよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:フニャフニャの天使 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:3985字
「姫、御決断を。今も民らは飢え、命を落としている」「ええ、そうね。…この国には、飢餓を凌ぐ手段がない。隣の国へ手紙を送るわ」「助けを求める、ということですね」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:反逆の宿命 必須要素:右肘 制限時間:1時間 読者:76 人 文字数:1258字 評価:0人
湖は、凍り付いていた。淡い光の環をまとい、夜闇を照らす月の光が、水辺を歩く彼女の姿を映し出す。常にその身を包んでいる着物の帯をしゅるりと解き、どさりと落とせば、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:彼が愛したしきたり 制限時間:2時間 読者:104 人 文字数:2349字
キャンバスの向こうで、君は困ったような笑みを浮かべる。視線は僕ではなく、右斜め下へと向かっていた。同じ場所を見ても、何もない。ありが歩いているわけでもなければ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:プロの僕 制限時間:1時間 読者:83 人 文字数:2137字
―大魔法使いや賢者は、四大精霊と対話することが可能である。そう学んだ時、思ったものだ。僕は、その誰とも話せない、と。実際、どれ程頑張ったところで、彼は四大精霊と 〈続きを読む〉