お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:1352字 評価:0人

不夜城の狼
今宵も眠らない街を征く。オーバーサイズのパーカーに身を包み、俯き気味にフードを被る。

「さぁ、いこっか」

視線を上げる必要は無い。繁華街の喧騒が身体に染み込み、秘めたハートを滾らせる。自然と大きくなる歩幅。私は今、最高に格好良い。

ふと、ガード下に蠢く人の群れ。獲物を見つけた獣よろしく、自然と口角が上がってしまう。

「手前が飲んだ分くらい手前で払えよおらァ」

「あ、あ、あんなの詐欺じゃないか!」

典型的すぎる、怖いお兄ちゃん達とみっともないおじ様。堅気じゃない見た目のお兄ちゃん達に囲まれたら、誰だって怖いだろうけど。

「ちゃんとサインしただろが手前でぇ!」

情けない、酔っ払って同意書も書かされている。このおじ様にアルコールから学んだ事などあるのだろうか。非常に情けない、が。

「ちゃんと払えよクソが!!!」

一番ヤバそうなお兄ちゃんの爪先が、おじ様のふくよかな腹に刺さった。おじ様、体をくの字に曲げて苦悶の表情。

「あ~もしもし?いつものです、○○駅××行き近くのガード下です、お願いしま~す」

取り敢えず警察を呼んでからお兄ちゃん達に声をかける。おじ様が先にこちらに気がつく。

「おにーさんたち何やってるの~?」

まだだ。まだ、顔はあげない。おじ様に蹴りを入れたお兄ちゃんが近づいてくるのがわかる。

「どうしたのかな、おチビちゃん?まさか見ちゃったかな?」

「うん、見ちゃった♪」

「じゃあ、悪く思うなよ?」

おじ様に膝をつかせたのと全く同じ軌道で、鳩尾に爪先が飛んでくる。

どふっ


鋭く短い音。私の軽い体が宙に浮く。


と、良かったんだけどなぁ……

「ぁ”ぁ”ぁ”だぁ”ぁ”!?!?」

爪先を抱えたお兄ちゃんが片足で跳ね回る。どこかで見たことあるような動きに、おじ様も私もふふっと笑ってしまった。

「な、なんだ手前……」

「通りすがりの合法ロリだよ、なんて適当だけどさ。手を出したからには覚悟してね……?」

ようやく爪先を離してこちらを睨むお兄ちゃんの、鼻っ柱に膝をお見舞する。崩れ落ちる前にシャツの襟を掴み、2人目に向かって投げつける。体勢を崩した2人目の肩に飛び乗って肩車。

「お嬢ちゃん、俺は何もしてないよ……?」

「ど・う・ざ・い・♪」

捻りを加えてそのまま地面に叩きつけてあげた。

「ひぃぃ!!!」

いかにも小物っぽい悲鳴を上げて逃げ惑う最後のお兄ちゃん。回り込んで足をかけてやったら、頭からすっ転んだ。と、全員が伸びた所でサイレンの音。

「いつもありがとうございます。一応確認ですが、やりすぎてませんね?」

「もちろん正当防衛で~す!ね、おじ様?」

「あ、あぁ!あぁ!先に手を出したのはこいつらだからね!」

目配せすると、赤べこにも負けないくらいにコクコクと頷いたおじ様、物わかりが良くて好感が持てる。鼻で笑ったお巡りさんにお兄ちゃん達を引渡したところで、おじ様もご帰宅。

「はぁ、なんだか物足りないなぁ」

結局今日も、私が負けるくらい強い相手は現れなかった。いい運動にはなった、位の感覚だ。

1人になった途端浮かんでくる笑みを噛み殺し、再び不夜城を彷徨う。

「ま、これだからやめらんないんだけどね」
作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:54 人 文字数:2863字 評価:2人
研究者である父母が実験で起こった事故で死んで、自分もその現場にいたけども、生き残った。みたいな話であると、ギフテッドになる。よくなる。世間的に。実験の途中で実験 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:46 人 文字数:2555字 評価:2人
荷台の幌を開けると、内側に光が差し込んだ。みすぼらしい老人は、朝の光のなかで見ても変わらずみすぼらしい。一夜が経って、美女や美男に変化することもなく、ぼろをま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:1555字 評価:1人
僕のような典型的なナードにとって真夏の海ほど危険な場所はないわけだけれど、じいちゃんの店の手伝いを頼まれた以上、僕に逃れる術はない。ここで水着姿のクラスメート 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:48 人 文字数:3277字 評価:1人
パーカーを着れば強くなれると思っているのは、昔見たアニメや仮面ライダーの影響かもしれない。 クローゼットを開くと、色とりどりのそれがずらりと並んでいる。僕はそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:2437字 評価:0人
真新しいパーカーは、着ぐるみを着込んでいるような気分になる。もの珍しいけど、ちょっと気恥ずかしい気分が残る。冬の寒さがまだ残る春先という季節は、どのような衣服を 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:1352字 評価:0人
今宵も眠らない街を征く。オーバーサイズのパーカーに身を包み、俯き気味にフードを被る。「さぁ、いこっか」視線を上げる必要は無い。繁華街の喧騒が身体に染み込み、秘め 〈続きを読む〉

びお~らの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:死にぞこないの能力者 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:432字
「だ、だれか……助け、っ……」町外れの墓場。日も傾き始め、人家も少なくなってくる頃。年端も行かない少女がアンデットに襲われている。「あ、お姉さん……!」こちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:騙された哀れみ 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:382字
がしゃん「よし、もういいぞ」そう言って目隠しを外された時、私は気を失いそうになった。何故って、自分の首が断頭台の上に固定されていたら誰だってそうなるだろう。「す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:フォロワーの手 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:444字
「これで終了、っと……」今日もひとつ、私の手で悪は潰えた。某大手SNSで活動するバカッター特定班。私はその代表を務めている。「これで79人目」県警のサイバー犯罪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
二振りの剣 ※未完
作者:びお~ら お題:強い声 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:321字
「サァ、散レ!」黒い鎧の騎士が渾身の力で両手剣を振るう。「ぐ、っ……!」「うぁっ!?」両隣の仲間たちが悲鳴と共に弾け飛んだ。私自身も辛うじて耐えるが、直ぐに立ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:シンプルな朝飯 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:532字
がしゃがしゃ、じゅわぁぁ……。金属の触れ合う音。と、油の匂い。「っはぁ!?!!」がばり、と勢い良く体を起こすと、目の前の焚き火にかけられた鉄鍋。その中で踊る鮮や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:僕が愛したホテル 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:590字
パチ、パチンと何かが弾ける音で目が覚める。熱い。異常な程熱い。まず思ったのはそれだった。そしてようやく、部屋が燃えていることに気が付く。「おはようございます、先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:愛、それは声 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:438字
「……て……お、てよ……」声が聞こえる、聞き覚えのある声。「起きてってば……」深みからの浮上。開けた視界を占めるのは、知らない天井。傍らには、最愛の人。「ごめん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:薄汚い螺旋 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:256字
ぷっと膨らんだ赤が零れる。この液体には目に見えない無数の螺旋が含まれている。そっと透かしたそれは、とても憎らしく見えて。指先の小さな傷を握り込み、穢れた血を押し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:興奮したぷにぷに 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:440字
「ん……ん?」私はさっきまで家で寝ていたはずなのだけど。ここは自宅ではなく、森。それも秋の深まる森。仰向けのままでも赤くなった葉で視界がいっぱいだから、間違いな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:びお~ら お題:緩やかなピアノ 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:405字
妹が死んだ。生まれつき心臓の弱かった妹は、僅か11歳で幕引きを迎えた。「どうして、どうして私じゃなくてあなたなの?」体温を失った、今にも潰れてしまいそうなくらい 〈続きを読む〉