お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:3277字 評価:1人

赤いパーカーの僕
 パーカーを着れば強くなれると思っているのは、昔見たアニメや仮面ライダーの影響かもしれない。
 クローゼットを開くと、色とりどりのそれがずらりと並んでいる。僕はそこから、赤いものを選んで袖を通す。もう三年ぐらい着ているそれは、気持ちいいくらいに体に馴染んでいた。
 ジッパーを閉めて、フードを被る。鏡の前に立てば、怪しさ抜群の男が映る。
 闘魂ブースト。
 つぶやいて、僕は街に出ることにした。
 コンバースの紐を赤色に変えたのは、冒険し過ぎたな。そんなことを思いながら歩いていると、キュッとパーカーの方の紐が閉まってくるのを感じた。
 そうか、近いか。
 僕は紐を緩めてフードの位置を整えると、辺りを見回した。
 あの路地かな。
 風もないのに、パーカーの紐はそちらへ揺れていた。いや、ほとんど引っ張られているかのようだ。
 右のポケットに手を突っ込んで、路地の方へ体を向ける。
 三個か。補充してから出ればよかった。よく着ているということは、よく使っているということだ。
(――基本だろ、そんなだから弱いんだよ)
 うるさいよ。
 頭に響いた声には、頭の中で言い返すしかない。でなけりゃ、一層怪しい人間だ。
 三個しかないそれを握りしめながら、僕は路地へと足を進める。
 どうか、易い相手でありますように。


 ハルシネイト。それが僕が戦っているモノの名前だ。
 簡単に言えば、誰かの妄想のきれっぱし。それが、実態を得てしまったのがハルシネイトだ。
 昔から、僕にはそれが見えた。
 小学生の時、同じクラスだった女子の肩にいたハルシネイトはインコの姿をしていた。
 異様に頭が大きくて、目玉がぎょろぎょろしていて、汚い声で鳴くインコだった。
 その子が何か言うたびに、インコはガラガラした声で「クソ野郎」とか「死んじゃえ」と鳴いた。
 それは、その子の本音だったのだろう。その子が妄想で相手に投げかけていた暴言が、ハルシネイトと化したのがそのインコだったのだ。
 お陰で、彼女はとても嫌われていた。見た目には大人しく、真面目な女の子であるはずなのに、「何となくムカつくんだよな」という共通理解をみんなにもたれてしまっていた。
 ハルシネイトが見えたのは僕だけだけど、そうでない人たちもハルシネイトの影響を受けるのだ。
 インコの吐いた暴言は、直接は聞こえなくても相手に伝わっていた。一種の「サトラレ」のような状態だ。悟られる内容は、言葉にはなっていない感情だけれども。
 僕は彼女が可哀想になって、インコと対決することにした。
 インコは僕に見られていることに気付いていて、僕が攻撃の意思を示すと即座に反応してきた。
 幸いにも、悪口特化だったお陰で幼い僕にも何とか勝てた。インコは汚らしい色合いの血だまりのようなものになって爆ぜた。
 これで彼女は好かれるようになるだろう、と思ったのだが、そう簡単ではなかった。
 インコを亡くした彼女は、自分の口で暴言を吐くようになってしまったのだ。
 真面目でおとなしい少女は、肩に乗せていたインコと同じくらいに醜悪な存在になってしまった。
 性格の豹変に周りは驚いた。教師どころか親も驚いた様子で、結局転校して行った。風の噂では精神病院に入院したとか何とか。
 自分のせいだ、と僕は悔やんだ。二週間ぐらい悔やんだ。
 で、立ち直ってからまた別のハルシネイトを倒した。
 こっちは学校にいたヤツで、天井を這い回る悪魔みたいな姿だった。
 誰のどういう妄想が元かは知らないが、こいつを倒したことですぐに消えていた廊下の蛍光灯が元の寿命を取り戻した。廊下自体も何だか明るくなったようだった。
 その次は、五年生の時の担任の後ろにいたトラみたいなやつで、これを倒したら厳しかった担任が一気に腑抜けて学級崩壊が起きてしまった。
 人にくっついてるやつは倒しちゃダメなんだ、と学んだ僕は、極力野良っぽいヤツを倒すように心がけることにした。
 そう、極力だ。ムカつくヤツについてるハルシネイトは、それ以降も倒している。お陰で何人精神崩壊したっけな?
 ……まあ、それはともかくだ。
 僕はハルシネイトハンターとして、傍若無人のダークヒーローになったというわけである。
 ちなみに、ハルシネイトという名称は中学に入ってから知った。同じ中学にいたミコト先輩が見える人で、「あれはハルシネイトっていうらしい。『ムー』に載ってた」と教えてくれた。
 「ムー」が何かは今もよくわかってないが、ともかくハルシネイトを「倒す」なんて発想をしているのは全国でも僕くらいらしく、ミコト先輩は最初は褒めてくれたけど段々僕から距離を置くようになって、今はLINEもTwitterもブロックされている。

 さて、楽しい回想もここまでだ。
 僕はビルの室外機の上に座っている緑色の鬼みたいなのを見つける。
「やあ、ハルシネイト。悪いけど、死んじゃってくれないかな?」
 鬼は室外機から降りた。身長170センチの僕と同じくらいに見える。鬼としては小鬼だろうな。そこまでたくさん鬼を見たわけではないけれど。
『我を消しに来たというのか?』
「我、なんて笑っちゃうね。誰かの妄想のきれっぱしのくせに」
『愚弄するな……』
 鬼は右腕を振り上げて殴りかかってきた。僕はポケットの中からパチンコ玉を取り出し、瞬時に放った。
 指弾、というヤツだ。少林寺拳法の技らしいけど、僕は生憎と武術は詳しくない。正式な修行もしたことないし、だからまあ外れた。
「痛ッ!」
 鬼のパンチを胸に食らって、僕は膝をついた。
 次弾を、と取り出したが放つ間もなく二撃目が後頭部を襲う。パチンコ玉はこぼれて転がって行ってしまう。球体だけによく転がるのだ。
「あ、ちょ……」
 追いかけようとして、右のポケットから最後の玉がこぼれたのに感覚で気付いた。
 鬼は僕の背中を何度も踏みつけてきた。
『どうした?』
 鬼は僕を見下して何か言ってる。
『死ね、と強い言葉を使いながらその体たらくか?』
 妄想のくせに説教かよ、と僕は呆れた。
『冥土の土産に教えてやろう、放った言葉よりも人は強い力を出すことはできない』
 うわぁ、と思っていると鬼は僕の襟首を右手でひっつかんで無理やりに起こした。
『終わりだ……!』
 鬼の緑の左手が、ドリルのように回転する。躊躇なく、それは僕のパーカーを貫いた。
 赤いパーカーの背中に、緑色の花のように鬼の手がのぞいたことだろう。
 真っ赤なものをまき散らしながら、僕は――。


「あーあ、そいつ三年も着てて気に入ってたんだぜ?」
 緑の鬼は僕の声が後ろからしたことに驚き、振り返った。
『何故だ……? 今、お前は死んだはず……?』
「妄想だよ、そんなのは」
 鬼は自分の右手を見た。そこには赤いパーカーしか握られていない。いや、そのパーカーもほどけて消え始めている。
『ッッ!!』
 糸がほどけて空気に溶けて行くように消えるパーカーを、鬼は忌むべきもののように投げ捨てた。
 そりゃビビるよな、だってさ……。
「ハルシネイトが消える時って、そんな風になるんだよね。紐がほどけるみたいに」
『貴様は、一体……?』
 動揺し倒している鬼に僕は無造作に近づいて、その身体に触れる。
『あ、が、え、あ……?』
 仮面ライダーの話を少しした。
 あのライダーは英霊の魂を宿した眼球をベルトにセットするとパーカーが出せる。それを着ると、その英霊の力を得るのだった。……文章化するとマジで意味分かんないな。
 ともかく、僕は誰かの妄想のきれっぱし、つまりはハルシネイトからパーカーを作ることができる。そして、それを着ても特に力は得られないが……。
「パーカーにしてしまえば、倒せるってことなんだよな」
 糸のように解けた鬼は、緑色のパーカーに変わっていた。
 僕は真新しいそれに袖を通す。
 うーん、馴染まないなあ。明らかに、中二病野郎の妄想だったろうしな。
作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:2863字 評価:2人
研究者である父母が実験で起こった事故で死んで、自分もその現場にいたけども、生き残った。みたいな話であると、ギフテッドになる。よくなる。世間的に。実験の途中で実験 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:2555字 評価:2人
荷台の幌を開けると、内側に光が差し込んだ。みすぼらしい老人は、朝の光のなかで見ても変わらずみすぼらしい。一夜が経って、美女や美男に変化することもなく、ぼろをま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:1555字 評価:1人
僕のような典型的なナードにとって真夏の海ほど危険な場所はないわけだけれど、じいちゃんの店の手伝いを頼まれた以上、僕に逃れる術はない。ここで水着姿のクラスメート 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:3277字 評価:1人
パーカーを着れば強くなれると思っているのは、昔見たアニメや仮面ライダーの影響かもしれない。 クローゼットを開くと、色とりどりのそれがずらりと並んでいる。僕はそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:2437字 評価:0人
真新しいパーカーは、着ぐるみを着込んでいるような気分になる。もの珍しいけど、ちょっと気恥ずかしい気分が残る。冬の寒さがまだ残る春先という季節は、どのような衣服を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:1352字 評価:0人
今宵も眠らない街を征く。オーバーサイズのパーカーに身を包み、俯き気味にフードを被る。「さぁ、いこっか」視線を上げる必要は無い。繁華街の喧騒が身体に染み込み、秘め 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:僕と検察官 必須要素: 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:3049字 評価:0人
「検察官の仕事はね、犯罪を犯した人を起訴することにあるんだ。起訴することで、犯罪を犯した人を裁判にかけられるだろう? そうして起訴事実が認められれば、罪を償わせ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暗い孤独 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1056字
暗闇の中で一人でいると、「何してるの! 電気をつけなさい!」と怒られる。 その前に怒られてへこんでいるのに、二重に怒られて本当に損した気分になる。 へこんでい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:素朴な料理 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1145字
「料理というのはね、不自然であっちゃいけないんだ。口の中に入るものだからね」 自然派料理人ネイチャー矢沢は自著の中でそう説いている。 そんなネイチャー矢沢が今日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:傷だらけのアルパカ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1330字
その夜、窓の外から弱々しい声が聞こえるので外に出てみると、小さな生き物が玄関先でうずくまっていた。「アルゥ……、アルゥ……」 アルパカだ。 大人の男の膝位まで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:間違ったコンサルタント 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:975字
「ここ最近、間違った小説が氾濫している。間違った小説は発表されるべきではない」 そんな言説をSNS上で主張する者が現れた。 アカウントの名は「現代のゲーテ@小説 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:静かな水たまり 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1412字
朝から降り続いていた雨は六時間目ぐらいから徐々に小雨になり、帰りの会が終わる頃には完全に晴れていた。 まだ雲の残る空を見上げ、白く濁った太陽の光の下、ランドセ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:鈍い殺し屋 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1065字
バロン北里は泣く子も黙る殺し屋だ。卓越した狙撃の技を持つ他、白兵戦にも長けており、暗黒街では恐れられていた。 そのバロン北里を、暗黒街のナンバー3・ナイヨネン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:3277字 評価:1人
パーカーを着れば強くなれると思っているのは、昔見たアニメや仮面ライダーの影響かもしれない。 クローゼットを開くと、色とりどりのそれがずらりと並んでいる。僕はそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:進撃の儀式 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1060字
ロータル神聖帝国は長い間戦争というものをしてこなかった。 平和主義というわけではない。周辺諸国に広く信仰されるアララ教の聖地がロータルの国にはあり、ロータルを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:女の正月 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1169字
初詣に行こう、と約束していたので一月三日の朝、わたしは待ち合わせ場所に向かった。 実際のところ、本当の意味での「初」詣は一日に家族で済ませていた。 だから二回 〈続きを読む〉