お題:何かのデザイナー 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:838字

収入源 ※未完
 引きこもりの友人の生活レベルが一向に落ちる気配がないので、いい内職でも見つけたのだろうと勘ぐっていた。平日外に出て働いている気配もない。天涯孤独で養ってくれる親もいない。もし家から出ないで生活するすべがあるのなら教えてもらおうと、そのためだけに友人関係を維持していたくらいだ。
「見てるんだろ、出てこいよ」
 友人宅に仕掛けていた盗聴器とカメラを発見されたのはこれで何度めか。内職の秘密を暴いてやろうと調査を開始したはいいが、友人は勘がよすぎてバレてしまう。仕方なく友人の声が聞こえてきたヘッドホンを外し、友人宅のトイレから出る。
「ホントにいたのかよ……」
 ドン引きの表情の友人に迎えられたので、これはもう直接本人に聞くしかあるまいと腹をくくった。ここ半年、監視を続けてきたが、パソコンでなにか作業している以上のことはわからなかった。それ以上のことに踏み込もうにも、そのまえにトイレや浴槽やベッドの下に隠れていたのがバレてしまうのだ。
「さあ教えろ、お前はどうやって楽して金を稼いでるんだ」
「楽とか決めつけるなよ。結構大変なんだぜ」
 正面から問い詰めたら意外と教えてくれそうな流れだった。これなら最初から聞けばよかったかもしれない。目の下に隈もできて、疲労困憊した様子だが、確かに楽ではない仕事なのだろう。
「いやこれは、自分以外の誰かが家のなかにいるってストレスで、ここ半年」
「神経衰弱じゃないのか? 引きこもりなんかしてるから、かわいそうにな。それよりさっさと秘密を教えてくれ。盗聴器の電池が切れたから、電器屋が閉まるまえに買いにいかないと」
「実はな、デザインなんだ」
 早く帰らせようとするかのように、友人は早口で言った。パソコンを持ってきて、どこかのサイトを開く。
「在宅ワークだよ。作ったデザインを買ってもらってるんだ」
「まさか友人がデザイナーだったとは。なにに使われてるんだ?」
「なにかに……」
 急に歯切れが悪い。下っ端デザイナーなのだろうか。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの大学 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:582字
思った通りだ。目の前に続く道を見て思う。昨夜は大雨だった。一夜にして雨雲は去ったようで今現在の天気は快晴。雲一つない空が広がっている。しかし僕の気持ちはそれほど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:穢された光景 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1039字
西園寺さんと東さんは仲がいい。見ていて心が洗われるようだ。 西園寺さんは割とお嬢様で、ちょっと世間知らずなところがあるらしい。確かに、何かにつけて子どものよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:昔の接吻 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:494字
過去から来たんだよ。彼はそう言って私にキスをした。もしも本当にあなたが過去から来たなら、どうして私を選んだの。私が聞くと、彼は照れるように笑った。「俺の女房と似 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:セクシーな洞窟 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:409字
「ねぇねぇ、これ知ってる?」「何これ」「巷で噂のせくすぃぃ~でエッッッッロイ洞窟だよ~、知らない?」「知らないよ」巷で噂らしいセクシーでエロイという洞窟の写真を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ お題:フニャフニャの暗殺者 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:554字
ソレは、その時を今か今かと待ち構えていた。 手に汗を、コントローラーを握りながら、必死に神経を集中する。この時の為に、発売以降ネットを絶ち、攻略本にも手を出さ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ねじ巻き家鴨 お題:今度の昼下がり 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:447字
財布を握りしめる。もう直ぐで正午。3、2、1――。 終了のチャイムと共に立ち上がって教室を駆ける。「こら! 走らない!」 背後から聞こえてくる先生の声なんて構 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡月悠生@5/26関コミA-80 お題:くだらない作品 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:890字
「くだらないね」女は原稿を投げ捨て、言い捨てた。マスクの奥から流れるように紡がれるフランス語は、いつものことながら、演劇のように大袈裟だ。「おいおい、随分と辛辣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李 お題:くだらない作品 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:816字
『先生 今回もお見事でしたね。 母に向けたメッセージという子どもめいた部分はたくさんの母親世代がときめきをえたようです。 また子どもが親に愛を求めてるという部分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あきれた投資 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:451字
「新体操をやらせよう」 男はそう言った。男と女の間に、赤ん坊が生まれた。その夜のこと。「習い事の話?ずいぶん気が早いのね」 女はくすくすと笑った。女は、男が恋愛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:不幸な夕方 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:84字
中岡さんは僕を何度も蹴り飛ばした。彼の豊という名前に反するかのように何度も何度も蹴り飛ばした。こういうのってどう考えたらいいのだろうその日は不幸な夕方だった。 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:簡単な町 必須要素:絵画 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:3137字 評価:1人
その荷物は背負う人間に対して大きすぎた。傍目にはちょっとした山のようで、小さな背丈の売り子が背負って歩くと、不格好な山が短い足を生やして自力で移動しているよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:自分の中の解散 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1038字
深い眠りに落ちているときに、もうひとりの僕とは対面することになるのだが、今日の場合にはどこを探してもその姿は見つけられなかった。そこは子供時代のいい思い出か、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:生かされたおっさん 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:879字
女湯を覗いた罪で拘束された男は、市中引き回しのうえ打首獄門という判決となった。そこは未開の村だったので、村長の家に一台だけあるテレビがゆいいつ外界の情報源、再 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:つらい神話 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:964字
舞がはじまれば外に出ないとならない。それはあらかじめ決められた展開で、逆らうことは許されなかった。楽しい引きこもり生活もこれで終いだった。好きな時間に食べて寝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:3008字 評価:1人
風呂上がりに冷蔵庫を確認すると、ビールが冷えていた。このところ暑くなってきたから、ますます酒がうまい。コップに注いで、髪が自然乾燥するのを待つあいだ、ゆっくり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:鳥の帰り道 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:919字
動物なんて好きでもなんでもなかったが、ある日帰り道に見かけた木の巣箱に心を奪われて以来、鳥を庭に呼び込みたくて仕方なくなった。餌を用意して毎日野生の鳥を世話し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
近くで見る ※未完
作者:にい お題:近い絵画 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:805字
美術館経営って儲かるらしい。金と暇を持て余している友人に適当こいて吹き込んでみたら、翌週には美術館開館のチラシが郵便受けに入っていた。金持ちなんだからこれ以上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:不本意な狂気 必須要素:タイトル「ただ、助けたかっただけなのに」で書く 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:3205字
相棒の命綱を握っているときに電話がかかってきた。急斜面の崖にしがみついて今まさにロッククライミングの最中だったが、電話には反射的に出てしまうタチだ。「はい、も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:見知らぬ酒 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:926字
映画館に行くと浮かれてしまって大体飲み物を買い忘れる。特に困ったことはない。両隣の人のをこっそり飲めばいいからだ。 場内は暗いし、みんな内容に集中している。隣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許されざる食卓 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:759字
喧嘩中の両親の影響で食卓が被害を被っている。共働きのため食事は当番制なのだが、とても食えないような代物が並ぶのも珍しくない。「地方によっては佃煮にして食べるら 〈続きを読む〉