お題:遅すぎた悪魔 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:671字

ひとつの命が途切れた。
「ねぇそこのあなた。あなたは幸運よ、何故ならあたしの目に留まったから」

黒い衣装を纏った少女が、ふわりと窓から舞い込んだ。重たい体を起こすと、私の上に跨って顔を近づけて来た。

「あなたの命と引き換えに、なんでも願いを叶えてあげるっ♪」

これ以上無いくらい分かりやすいセリフ。

「あなたは……死神さん?」

「そうそう、お迎えにあが……ちっがうわぁ!!!どう見ても悪魔でしょ!」

ノリツッコミをしてくれるくらいには明るい子だし、黒いローブは死神のイメージだ。どう見ても悪魔には見えない。

「もう!そんなことはいいのよ、今は。それで、願いはなんなの?」

まだ契約するとは一言も言ってないのに、話を進められている。まだ死にたくないのだけど。

「そうなの?その割には、もうすぐ死ぬみたいよあなた。そんなに酷かったら自分でもわかるでしょ」

そっと自分の体を見下ろす。腰から下は存在しない。呼吸器を外せば酸素の供給は止まる。

どうせならもう少し、早く来てくれたらよかったのにな。そうすれば、妹は助かったのに。

「でも姉のあなたが居なかったら結局、あなたと同じことをするわよ。妹さんも」

じゃあ何故、今私のところへ?

「あなたは、いつだかの私に似てるのよ。最期くらいはいい思いさせてあげたいなって気まぐれ。いいでしょそのくらい!ほら、お願いは?」

妹と一緒に、母さんに会いたい。綺麗なお花畑がいいな。

「わかったわ、安らかに眠りなさい。ほんとにただの気まぐれなんだからね?」

……ありがとう。


紛争の耐えないある国にて。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:前田 お題:遅すぎた悪魔 制限時間:15分 読者:135 人 文字数:1247字
二年後に悪魔が降臨した。滝本誠による悪魔召喚の儀式の結果だった。 しかし全てが遅すぎた。まず滝本誠は既にこの世のものではなかった。そもそも滝本誠だけではなく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
奇妙な門 ※未完
作者:匿名さん お題:奇妙な門 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:477字
あれは、去年の今ぐらいだったかな。私と彼氏とAとAの彼氏さんと夜集まって飲んでてさあ。なんか、あるじゃん。なんでそうなったか分かんないんだけど、よくある話。怖い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:殺された希望 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1256字
自我の分離。それは、あってはならない事象。身体の中に一つの椅子しか存在しないように、贋作が贋作であるように。この世界に正しきものは一つしか存在してはいけない。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:どす黒い多数派 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1297字
「昔々あるところに、黒い魔法使いの村がありました……」 大鷺高校文芸部部長・真倉エミリの自作の絵本の語りを、同高校美術部部長の七條露子は期待と恐れの入り混じった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炎の人 お題:ねじれた電車 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:895字
その日は世界が変わってしまった日であった。世界に魔法が生まれたのだ。魔法と言ってもあくまで比喩表現だ。魔法というよりは悪魔と言うべきか。とかく、僕はそんな異様な 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:DDT お題:恥ずかしい事故 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:402字
夏の思い出作りに繰り出した。いつもの悪友、腐れ縁のトシローと一緒である。お盆が開けて急に涼しくなってきたので、近視眼のトシローは焦っているようだった。「海にゃ入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炎の人 お題:僕と凶器 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:952字
僕は家に凶器がたくさんあることを知っている。それは現代社会の日本の中では中々考えられることのないコトだ。何故なら、それらは犯罪において使われることこそあれど、普 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:873字
ふと思い立って湖に身を投げたところ、ひとりきりと思った水中に先客がいた。悪鬼そのものといった顔をして、ひどく怒っている様子である。さては、夕涼みに水浴びでもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夏の後悔(真) ※未完
作者:匿名さん お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:183字
限界だ真底限界だ。そもそも乗り物酔いが酷いのに、なぜ僕は車に乗ってしまったのか。この車は海に向かうという。いいじゃないか白い砂浜・青い海・そして水着美女とのアバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:519字
酒を飲みすぎて吐く。そんなのは全然危なくはない。周りに迷惑がかかるぐらいのことだ。胃の中に異物が入ったから吐き出す。生物としての生理現象に過ぎないだろう。人間 〈続きを読む〉

びお~らの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:死にぞこないの能力者 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:432字
「だ、だれか……助け、っ……」町外れの墓場。日も傾き始め、人家も少なくなってくる頃。年端も行かない少女がアンデットに襲われている。「あ、お姉さん……!」こちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:騙された哀れみ 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:382字
がしゃん「よし、もういいぞ」そう言って目隠しを外された時、私は気を失いそうになった。何故って、自分の首が断頭台の上に固定されていたら誰だってそうなるだろう。「す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:フォロワーの手 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:444字
「これで終了、っと……」今日もひとつ、私の手で悪は潰えた。某大手SNSで活動するバカッター特定班。私はその代表を務めている。「これで79人目」県警のサイバー犯罪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
二振りの剣 ※未完
作者:びお~ら お題:強い声 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:321字
「サァ、散レ!」黒い鎧の騎士が渾身の力で両手剣を振るう。「ぐ、っ……!」「うぁっ!?」両隣の仲間たちが悲鳴と共に弾け飛んだ。私自身も辛うじて耐えるが、直ぐに立ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:シンプルな朝飯 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:532字
がしゃがしゃ、じゅわぁぁ……。金属の触れ合う音。と、油の匂い。「っはぁ!?!!」がばり、と勢い良く体を起こすと、目の前の焚き火にかけられた鉄鍋。その中で踊る鮮や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:僕が愛したホテル 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:590字
パチ、パチンと何かが弾ける音で目が覚める。熱い。異常な程熱い。まず思ったのはそれだった。そしてようやく、部屋が燃えていることに気が付く。「おはようございます、先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:愛、それは声 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:438字
「……て……お、てよ……」声が聞こえる、聞き覚えのある声。「起きてってば……」深みからの浮上。開けた視界を占めるのは、知らない天井。傍らには、最愛の人。「ごめん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:薄汚い螺旋 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:256字
ぷっと膨らんだ赤が零れる。この液体には目に見えない無数の螺旋が含まれている。そっと透かしたそれは、とても憎らしく見えて。指先の小さな傷を握り込み、穢れた血を押し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:興奮したぷにぷに 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:440字
「ん……ん?」私はさっきまで家で寝ていたはずなのだけど。ここは自宅ではなく、森。それも秋の深まる森。仰向けのままでも赤くなった葉で視界がいっぱいだから、間違いな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:びお~ら お題:緩やかなピアノ 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:405字
妹が死んだ。生まれつき心臓の弱かった妹は、僅か11歳で幕引きを迎えた。「どうして、どうして私じゃなくてあなたなの?」体温を失った、今にも潰れてしまいそうなくらい 〈続きを読む〉