お題:朝の作家デビュー 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:850字

俺の同居人は作家デビューしたいとのたまう
火星に人類が降りたって、はや何年といった所だろうか。ここは土地ならいっぱいある。土地なら。おそらく地価を計算したらめっっちゃくちゃ安くなる。つーかここでは住むだけで金が貰える。家賃とかは勿論存在しない。ただし、裏を返せば、だ。「住めるもんなら住んでみろ。」という意味も含まれている訳で。…そもそも、人間が住める場所はまだまだ限られてるって事だ。つまり、俺が何が言いたいかっていうと。…俺は朝っぱらから時差ボケした挙げ句、『ボク、作家デビューしようかと思う!』とのたまうこの変人と好き好んでルームシェアしている訳じゃあないって事だ。
「…お前の職業って、何だっけ。」
「数学屋さん!」
同居人が変声期を何処かに置き忘れた声で即答する。まるで世界の常識だと言わんばかりに。驚く事なかれ、これでもコイツは世界でも5本の指に入る天才数学者なのだ。なんでも宇宙開発にはコイツの計算が必要不可欠なんだとか。
「何でその数学屋が作家になるんだよ。」
「何?逆にボクが作家になっちゃいけない理由とかある訳?」
…相変わらずコイツは面倒臭い。
「…そんなもんねぇけどよ。そもそもお前、文章とか書けんのか?」
「それが『一連の筋の通った文章を書けるのか。』と言う意味だったらYESだよ。公式の証明には必須だからね。そんでさ。一連の筋の通った文章が書けるんだったら、小説だって脚本だって書けると思うんだよねー。」
あんまりに堂々と言ってのけるので、正直俺は、返す言葉を失った。ここで『面白い話とか書けるのか?』と訪ねれば、コイツは『そもそも君にとっての面白いの定義って何?』って言ってくるヤツだ。コイツとの口喧嘩とは『不毛』の一言につきる。
「そうか、がんばれよ。」
「うん、解った!じゃあハヤサカ君は編集者お願いね!」
「は?」
「だってボクが作家になれるんだったらハヤサカ君だって編集者になれると思うんだよね!」
「お前、俺の職業…」
「エンジニア!」
…やっぱり面倒臭くても口喧嘩しとくべきだったかもしれない。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:急な男の子 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:973字
俺の通う、大学がうつ病になった。大学が好きだった先生が、別の人と結婚することになったかららしい。比較的新しい大学だったはずなのに、あちこちひび割れ、どんよりとし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yot お題:漆黒の闇に包まれし宇宙 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1168字
放火星魔は往々にして来てほしくないときに現れる。今日も宇宙消防ステーションの待機時間があと数分で終わるというときに無線に連絡が入った。「第7729ステーションよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すなふじちゃん お題:夜の作品 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:1387字
なんだか寝付けない夜。誰しもそんな夜を経験したことがあると思う。今日の俺がその一人だ。そんな夜には部屋の隅からある物を取り出すのが俺の習慣になっている。あれだ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふゆと お題:阿修羅罰 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:1021字
ある小さな国に、今日この日まで何人も何人も人を殺した男がいた。その数は三百と六十四。その神をも恐れぬ所業に、誰もが恐れ、おののいた。 男は、人を○すたびに金品 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よしづきゆうら お題:凛とした傑作 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:184 人 文字数:900字
ひとくみのわかいカップルと、老年に差しかかった男性がテーブルをかこんでいる。高層階に位置するレストランの窓のそとは、無数の光でみちた都市の夜景だ。 オードブル 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:鶴川 お題:やば、事故 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:209 人 文字数:657字
君と僕の流れる時間は違うけれど、似ている。しかし、所詮は似て非なるものに過ぎない。二番目の彼女を僕はいつも見ていたいと思う。けれども三番目の君が間に入るものだか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:木原裕樹 お題:謎の音 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:210 人 文字数:465字
わたしの家の真向かいには、さなえさんという身体と顔の不格好な赤ちゃんがいます。けらけらと笑う気持ちの悪い赤ちゃんです。 わたしは、さなえさんのお母さんが好きで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いず お題:かたい夏休み 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:198 人 文字数:1436字
8月31日という日は、大昔はかなり忙しい日だったらしい。 古いマンガや小説で見ただけで詳しくは知らないけれど、特に私くらいの年齢の少年少女がこの日に泣きながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七塚圭 お題:オレだよオレ、消費者金融 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:292 人 文字数:798字
ある日、怒号とともに目が覚めた。もうその日が夏だったか、冬だったかも覚えていない。あれからどれだけの時間が経ったのだろう。 逃げた。逃げに逃げた。最低限の荷物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恐ろしい第三極 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:256 人 文字数:668字
今は遥か昔、人類は汚染された地球からの脱出を試みた。向かう先は火星。同じ太陽系に属するこの星で、新たな歴史を築くため。選ばれた人類は新たな星へと旅立った。・・・ 〈続きを読む〉

ハチマルの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:見知らぬオンラインゲーム 必須要素: 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1254字
私の仕事、ですか。所謂なんでも屋、といった所でしょうか。格好良く言うと『よろず屋』なんて言ったりもするそうです。なぜ私がこのような仕事をしているかといいますと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:あいつと酒 必須要素:じゃがいも 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:878字
オレには十年来の友人が居た。ソイツはこの世の何よりもアルコールが好きだった。「皆もっと酒を飲めば良いんだ。たった一口飲むだけで、頭ん中に花が咲いて、目にはいる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:女のユートピア 必須要素:川端康成 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:939字
トンネルをくぐると、そこは何事も無い町だった。ただ、そこにいたのは、女、女、女、女…。 ワンピースで自転車に乗った女、ジーパンに縞模様のシャツを着た女、ゴツい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:孤独な悲劇 必須要素:○ックス 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:812字
その少年は、足が速かった。『足が速い』というのは、ことに小さな子供達の間では重要な事であった。少年は学業の方のはイマイチだったが、足の早さだけだったら、学校一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:漆黒の闇に包まれし抜け毛 必須要素:テレビ 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:969字
画面の中では、美味しそうなステーキがじゅうじゅう音を立てて焼けていた。『さぁ、スタジオの皆さんにも特別に食べていただきましょう!』 高らかに司会者はそう告げる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:きちんとした声 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1021字
高校に進学したオレは『放送部』とやらに入った。理由は簡単。恥ずかしながら、『向いてる』って思ったからだ。だってオレが普通に話しているだけで、周りから『声大きい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:輝く魚 必須要素:携帯 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:1022字
物心ついた時から、私の視界には、他人には見えないきらきらと輝く魚がうようよしていた。他の人にいっても適当にあしらわれたり、酷いときには適当な事をいうなと怒られ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:うるさい蕎麦 必須要素:トランプを武器にして戦いそうな男 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:896字
その男は比類なき暗殺者だと言われていた。少年漫画やアニメには、トランプを武器にして戦う伊達男がよく出てくるが、彼は恐らくその場にトランプがあったら、それを武器 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:人妻の信仰 必須要素:バナナの皮 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1135字
私には、神さまがついてるって、思っていた。 だって、私をあの日いじめたあの子は次の日学校休むし、私に吠えかかったあの犬は次の日車にはねられて獣医行きになった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:美しい孤島 必須要素:豚肉 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:714字
僕はひとりだ。と、いうか、何でご飯時に他人と一緒にいなくちゃあならないのかが、とんと理解できない。 誤解なきように言うが、僕は別に友達がいないわけじゃあないの 〈続きを読む〉