お題:何かのおっさん 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:1060字

LUCKYーMAN?
世界一強運な男がいると聞き、私は記者として取材にやってきた。
男は匿名を希望したので、ここではイニシャルのB・Jとだけ記しておこう。

「はじめまして、あなたは世界で一番ラッキーな人だと伺ってますが」
「自分で名乗ったつもりはないが、世間ではそう言われているようだね」

握手を交わしながら、私はB・Jの風貌を観察した。
取り立てて変わった処のない、貧相な中年だ。
彼が何か特別な力や特性をもっているとは、外見からは想像もつかない。

「いきなりで失礼ですが、あなたの強運を私にみせてくれませんか?」
「いいだろう、ちょうどこれからカジノへ行こうと思ってたんだ」

私は彼と連れ立ってカジノに入った。
さぞやバカ勝ちして儲けるのだろう…という事前の予想を裏切り、彼はさっぱり勝たなかった。
ルーレットでもポーカーでもバカラでも負け続け、とうとう持ち金を使い果たしてしまう。

その日馬鹿勝ちしたのは別の男で、カジノ中の注目はそちらへ向いていた。
しかも踏んだり蹴ったりとはこのことか、賭場にいる内に彼の自宅で火事がおき、全焼してしまったといいう報が入る。

「ちょっと、どういうことですか!全然運なんてないじゃないですか」
「うーん、どうも今日は調子が悪いようだねえ」

そんな状況になってもB・Jは慌てることなく、平然としたものだった。
ひょっとして単なる少し足りない中年なのではないか…と私が思いかけた時。

「おらあ、お前の持ち金を全部よこせ!」

今日バカ勝ちしていた男の元に突如強盗が襲い掛かり、男をナイフで突き刺した!
強盗は取り押さえられたが、バカ勝ちした男は既にこと切れていた。

「どうやらあの強盗はカジノで勝った客を襲おうとずっと店内で様子を伺っていたらしいね。もし私が今日バカ勝ちしていたら襲われていたのは私だったろう。いやあ、あぶなかった」

B・Jは賭け事で負けることで、自分の命を拾ったことになる。
これもやはり彼の運が助けた、といえるのだろうか?

「ですが自宅が燃えてしまいました。これじゃ今日泊まるところもないでしょう」
「だから君がいてよかった。君の宿に泊めてくれよ」
「・・・は?」
「自宅が燃える丁度その日に訪問者がきて、その日の宿を確保できる。これが強運じゃなくなんというんだね、はっはっは」

…確かにいわれてみればそうかもしれない。
そうかもしれない、が。

なにやら私は割り切れないものを抱えながら、この奇妙な運(?)に取りつかれた中年男を自分の宿に連れていったのだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:DDT お題:何かのおっさん 必須要素:ゴルフボール 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:316字
握力を鍛えるために、朝夕一時間づつゴルフボールを握るトレーニングを始めた。まず右手にふたつゴルフボールを掴み、手のひらの上で回転させる。最初は少しやりづらいが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:それいけ小説家たち 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1255字
「……ということで、小説家の休日の特集記事を掲載しようと思いまして、是非先生の休日に密着取材させてもらいたいわけなんです」 新進のウェブメディア「お前有名人じゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:綺麗な監禁 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1040字
どうして扉の外側から鍵がかかっているのか。一体どういう仕組みなのか。どういう意図でこんな扉を作ったのか。そんなことを考えつつも、別に不自由なさそうだからおとな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:難しい雑草 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1015字
無意味に生きることすら許されてはいない。死んだように生きている。だけれども、やはり死んでいるのだから、もう死ぬことすらすらできない。望んで起きたことなのか、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:哀れな微笑み 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:363字
夏休みのキャンプ地で写真を拾った。不法放棄ゴミの中にあったものらしい。おそらく接近した台風のせいで飛ばされてきて、うちの車のフロントガラスに張り付いたのだ。半分 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
真夏の朝の夢 ※未完
作者:イグモ@小説 お題:絵描きのお嬢様 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:304字
あの人に出会ったあの夏の一日を、私は今も昨日のことのように思い出すことが出来ます。夏休み三日目の早朝、いつものランニングコースにも飽きてきた私は、町はずれの小高 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恋の闇 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:252字
恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:我有一徹@カクヨムVtuber お題:苦しみのピアニスト 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:792字
「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか!」 飛行機の中で、そんな場面に遭遇するとは思いもしなかった。 私は多少なりとも医学の知識を持っていたが、医者ではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにもも愛好家 お題:失敗の宿命 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1234字
受験に失敗した僕は裏取引に応じるしかなかった。 叔父は今まで積極的に接触したことはなかったけれど、きっと大丈夫。「こんにちわ」 インターホンを鳴らすと年老いた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
屋根裏 ※未完
作者:匿名さん お題:トカゲの悲劇 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:691字
この家に住み着いてから、今日でちょうど2年が過ぎようとしている。家、と言ってはみたが、実際に俺が住んでいるのはホコリにまみれた、薄暗い屋根裏部屋だ。そこで2年 〈続きを読む〉

いしゅと@自称モノ書きの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:苦い犬 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1577字
眼前にはハエがたかる犬の死骸が横たわっていた。空腹のあまり、はいつくばってその肉を噛みちぎった。苦かった。とても食えたものではなかった。反射的に吐き出した。「兄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:宗教上の理由で大学 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:812字
「離してくれ、俺はもうこんな大学いられないんだ!」そう言って立ち去ろうとする俺の肩を、友人の野上がつかんできた。「おい、いきなりそんなこというなんて、一体どうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:昨日の粉雪 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:850字
龍彦は不機嫌だった。原因は昨日の午前中の積雪にあった。季節外れの異常気象により、四月だというのに雪が降りに降って、ついには一面の銀世界を現出させた。踏めばサクサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:捨てられた風 必須要素:化粧水 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1178字
「いつか空の向こうへ行ってみたいんだ」リアンがそう告げると、出会ったばかりの少女―確かシェーラとか名乗った―は不思議そうに首をかしげた。「どうして、そんなところ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:黒い関係 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:832字
「ねー、やっぱりあの2人、怪しいよねえ」昼休み、私は同僚たちと噂話に花を咲かせていた。現在私たちのグループ内では、A子とB男の話で持ちきりである。「いつもこそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:何かのおっさん 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:1060字
世界一強運な男がいると聞き、私は記者として取材にやってきた。男は匿名を希望したので、ここではイニシャルのB・Jとだけ記しておこう。「はじめまして、あなたは世界で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:せつない夢 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:1136字
名探偵には、ひとつの大きな夢があった。その夢に出会うために、彼は今日も事件現場に足を運ぶのである。「…以上が、この事件のあらましです」顔見知りの刑事に説明を受け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:かゆくなる関係 制限時間:30分 読者:108 人 文字数:1687字
先王アルベルトが己の後継に末の弟ティグリスを指名したことは、王国に激震をもたらした。この指名に殊更憤懣を覚えたのは先王の長兄ナイルと妃イリスである。前者は本来先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:臆病な靴 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:951字
その靴は、誰にも買ってもらえなかった。臆病で、ちょっとしたことがあるとすぐ逃げ出すからだ。「この前犬に吠えられただけで勝手に逆方向へ走り出して遅刻しちまった。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:私が愛したエデン 制限時間:15分 読者:138 人 文字数:1039字
跨線橋の上で、僕は去り行く彼女と向かい合っていた。冬だった。雪交じりに吹き付ける風が冷たかった。屋根もなく、左右に欄干が取り付けられているだけの、古い跨線橋だっ 〈続きを読む〉