お題:穏やかな階段 必須要素:Twitter 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:573字
[削除]

(凄く静かや...)
わいは今地元に帰ってきとる。
(ここは昔と変わらんのう)
子供の頃、皆で遊んだ穏やかな階段。
そこは何も聞こえず凄く静かや。
10年経って一人で来てみてもやっぱり静かや。
ここに5人で集まって皆で静寂を楽しんだ。
最近はTwitterでもここが話題になってるわ。
静かやって理由で地元が騒がしくなる。
あんまりわいはこういうの好きちゃうわ。
せっかく静かに墓参りに来たのに...
わい以外全員が昔火事で亡くなってからここはさらに静かになったのう。
うるさい連中が来るまでは...
日本語っちゅうのはわかるけど全く理解出来へん言葉ばっかり。
穏やかな階段と呼んで皆で遊んだあの場所ももう騒がしくなってもうた。
あー
もう昔には戻れないのか...
最後にもう一度だけ皆で穏やかな階段で静寂を楽しみたい...
もう...一度だけ...
はっ!
そーか!
騒がしいなら黙らせば良え!
あはははははは!
その時頭の中に誰か4人の声が聞こえた。
(頑張るんやで)
(お前ならできるやろ)
(また5人で遊ぼな)
(皆お前を待ってるで)
そーなのか、皆待ってるのか。
今から行くで皆のとこ。
でもその前に
うるさいやつら片付けて静かにしてからや。
あの階段からわいそっちに行くわ。
じゃあまた5人で遊べるな。
フヒッ
10年ぶりに楽しみや。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:らび お題:トカゲの夕日 必須要素:Twitter 制限時間:30分 読者:93 人 文字数:975字
どういうわけだか、姉は僕の部屋でばかりゲームをする。僕の部屋のブラウン管にゲーム機を繋いで、しんどそうに目を細めてゲームをする。居間の大きなテレビで遊んでくれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花見版:少弐冬尚 お題:苦しみの真実 必須要素:Twitter 制限時間:30分 読者:140 人 文字数:548字
それは夜明け前の出来事だった。急な腹痛で目を覚ました私は、とりあえずトイレへ駆け込み一時間ほど立て籠る。キリキリとした痛みに耐えながら、盲腸、胃腸炎、その他名も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
カーニヴォア ※未完
作者:Lifelog お題:安い昼食 必須要素:Twitter 制限時間:30分 読者:221 人 文字数:401字
いつものように安い昼食で済ます気分にはどうしてもなれなかった。デアドリー社の内部告発の件がいまだに尾を引いている。ケイスは肉を食いたかった。肉風味の成形物でな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:五時月乃 お題:僕が愛した祝福 必須要素:Twitter 制限時間:30分 読者:270 人 文字数:813字
ぼくはニートだ。それも、何も持たないニートだ。 家族に愛されているわけではなく、恋人がいるわけでもない。 財産があるわけでもないし、友人もいない。 一日中、家 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
どうしろと ※未完
作者:隼鷹的創作垢 お題:調和したサーカス 必須要素:Twitter 制限時間:30分 読者:262 人 文字数:1803字
そのサーカス団の公式ツイッターアカウントは、「ピエロ」が管理していた。 「ピエロ」は決して普通の人が語るようには語らない。常にナンセンスとユーモア、おどけとイ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:望戸 お題:今の夏休み 必須要素:Twitter 制限時間:30分 読者:258 人 文字数:1399字
不快な蒸し暑さに目を覚ました。寝る前に腹にかけたタオルケットなどとうに蹴飛ばしてしまっていて、それでもパジャマ代わりのTシャツはべっとり身体に張り付いている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハイメア お題:寒い町 必須要素:Twitter 制限時間:30分 読者:334 人 文字数:1972字
「ねえ、ツイッターの綴りってなんだっけ?」 仁奈がパソコンに向かってそう尋ねてきた。機械音痴の彼女が珍しい。そう思って、人差し指を構えて答えを待つ仁奈の後ろに回 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
のこりもの ※未完
作者:オーク お題:明るい夕飯 必須要素:Twitter 制限時間:30分 読者:244 人 文字数:1494字
私は、わりと全国でも名前の知れている吹奏楽部に入っている。とても厳しい吹奏楽部で、涙を流したこともそれなりにある。理由はさまざま。辛いけれど、充実しているという 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:原田はとる@週に一回更新したい お題:マンネリな解散 必須要素:Twitter 制限時間:30分 読者:345 人 文字数:1209字
「ねえ、最近この面子で集まったことってあったっけ」 滅多に震えないケータイに入って来たのは、ただ惰性で読むだけの媒体と化したツイッター繋がりの友人からのリプだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:狸狩りの多賀氏 お題:無意識の喪失 必須要素:Twitter 制限時間:30分 読者:299 人 文字数:1270字
気が付いたら、引き籠っていた 気が付いたら、ここで呟いてた。 気が付いたら・・・・・・―――周りには誰もいなかった。 いつからだろうか。どうせ、何もかもうまく 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:それいけプロポーズ 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:314字
ああ、ムードも何もないけど。僕は開けられたケースの前に座る。小学生の頃から吹奏楽部に入り、たまたま音が出たのでトランペットを吹くことになった。その当時はお遊び程 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな冤罪 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:737字
男は穏やかな微笑みを浮かべている。しかし、彼を取り囲む周りの人々は、彼の表情と反して厳しく、彼を問い詰めるものだった。「なぜ、こんなことをしたんだ。」男は答える 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな冤罪 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:459字
彼は引き法廷へと足を進めて行く。視線が痛く刺さり気まずそうに下を向く。彼の罪は重い、しかし彼は黙秘を続けなければいけない。「なぜ黙っているのか?」「やましい事が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな冤罪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:250字
バンッ一発の銃声が鳴り響いた。そこには1人の女性と1人の男性だった人物がいた。現場の状況から彼女が彼を撃ち殺したのは誰の目から見ても明瞭の事実だった。裁判も粛々 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:バイオ流刑地 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:327字
流刑で送られた場所は地獄のようになっていた。 どこもかしこも血だらけで、生者がいない。動いているモノはいるが、人間とはほど遠い姿と動きだ。なるほど、確かに流刑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恥ずかしい魔物 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:535字
それはもう何年も昔のことになる。今思えばほんの些細な出来事も、初めて体験する幼少期にはトラウマにだってなりかねない。近所で一番大きなデパートの、夢の国のようなお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限界を超えた修道女 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1133字
その女は頭を抱えていた。目の前には大きな十字架。そのさらに向こうにはステンドグラスが、陽光を受けキラキラと鮮やかな色を放っていた。それもあり、手前に置かれた十字 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限界を超えた修道女 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:832字
「限界を超えた修道女」神に祈るひとりの女性はその複雑な表情を隠せずにいた。彼女は恋をしている。しかし、それは彼女には止めることができない。それは人であるなら当た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:灰色の時計 必須要素:七五調 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1571字
灰色の、落ちる砂の、命かな。 アホらしい川柳を口にした幼馴染みを横目で見る。突然何を言い出すんだかと、切ったばかりの林檎を口内へ放り入れた。瑞々しい果実が舌の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
みんなの代表 ※未完
作者:匿名さん お題:あいつと悪魔 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:522字
僕はあすかくんが嫌いだった。彼はクラスの人気者だが、尊敬できるような人格は持ち合わせていなかった。僕の学校では毎年合唱コンクールをおこなう。クラス別対抗で合唱曲 〈続きを読む〉