お題:ねじれた恋愛 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1203字
[削除]

ある日の放課後
 隣の席の小林さんが好きだと気づいたのはついこの間のこと。そして彼女が僕の親友を好きだと知ったのは、たった今、つまりはこの瞬間だった。目の前で、彼女が僕の親友である秀雄に好意を打ち明けていた。
「好きです、付き合ってください。」
 恋愛小説、漫画、映画で何度繰り返されたかわからない台詞を、彼女はまっすぐに秀雄にぶつけていた。秀雄はというと、その整った顔に困惑を浮かべながら、頭を掻いた。
「あー。その気持ちはとても嬉しいんだけど、あいにく僕には好きな人がいるんだよ。」
「好きな人?」
 そう聞き返した彼女の可愛らしい声は、震えていた。二人は僕が立ち聞きしていることに気づいていないようだし、今すぐにこの場を立ち去りたいが、秀雄に好きな人がいるだなんて初耳だ。秀雄のことを親友だと思って、何でも秘密を話していた俺は、少し裏切られた気分だった。
「誰か、教えてもらってもいい?」
「勇気をだして告白してもらったんだ。それくらいの秘密を話すのは当然の義務だろう。ただ、誰にも話さないと約束してくれる?」
「もっ、もちろん。」
 彼女はいつの間にか、振られたことよりも秀雄の意中の相手が気になり始めているようだった。俺も同じだ。成績優秀、スポーツ万能、生徒だけでなく教師からの信頼も厚い優等生で、おまけにただそこに存在しているだけで目を引く、整った容姿の持ち主。そんな完璧を絵に描いたような、なぜ俺と親しいのか疑問なくらい人気者の秀雄が、誰にも言うことなく恋い焦がれていた相手が誰かなんて気にならないはずがない。
「僕の好きな人は、但野孝だよ。」
「但野くん?但野くんって秀雄くんと同じクラスで友達の……」
 彼女が戸惑うのも無理はない。実際、俺も我が耳を疑った。但野孝とはそう、俺のことである。紛れもなく秀雄の高校からの友人で、陸上部で、凡庸な男子生徒のことだ。
「……秀雄くんって男の人が好きなの?」
「そういう訳ではないと思うけど…ただ彼をひと目見て、運命の相手だと直感したんだ。」
「そう、なんだ……」
 彼女は驚きを通り越して放心状態に近くなっており、秀雄の話に相槌を打つだけで精一杯の様子だ。俺はというと、体中が熱くなるほど恥ずかしかった。多分、今の自分を鏡で見たら、全身真っ赤になっていることだろう。
「ただ、今までに築いた孝の親友という確固たる地位を壊したくはないんだ。まだ、彼に思いを打ち明けるのは早いと思っている。」
「そうなんだ。私、秀雄くんの恋を応援するよ。」
 こ、小林さん!?と思わず声に出しそうになったが、慌ててこらえた。二人の間には秘密を共有したからか信頼関係のようなものが生まれたように思える。
「ありがとう。いつか絶対に孝に好きになってもらうから。」
「頑張って!」
 僕は失恋したショックよりも、親友に恋心を抱かれていたという衝撃で、どんな顔をしていいのか分からなかった。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:俺とぺろぺろ 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:557字
彼女が蔑んだ目で見ている。が、俺は無実だ。厳密に言えば過去の俺のセンスが悪い。いまは悪いとは思いたくないのだ。そうして名付けられた漆黒の闇を吸い取ったような毛玉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
廃校のしらせ ※未完
作者:水床海老 お題:哀れな教室 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1567字
昼休み、職場での食事中にスマートフォンで流し見していたニュースの見出しに、古い記憶が引きずり出された。 母校が廃校になるらしい。 感傷、というほど強いものでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:正しい汗 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1061字
木島にはちょっと変わったところがある。目ん玉が見えないことだ。 障害があるとかそういう重い話ではなく、常に笑っているので、細目でいつも目ん玉が見えない顔だとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あだごと ※未完
作者:akari お題:天才の夏 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:456字
「身辺整理をしようと思うんだ」 唐突な琢海の発言に、私は思わず呆けた顔を見せてしまった。「……何かあったの?」「特には。けれど、色々と煩雑になってきたから一度奇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:望月 望夢@VTuber準備中 お題:淡い女の子 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:821字
教室の窓側にふと目をやると1人の少女が黙々と読書をしていた。あの子はいつも1人で読書をしている。誰とも話さずに。僕は何故だか気になってしまった。どんな本を読んで 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:望月 望夢@VTuber準備中 お題:不本意なサーカス 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:353字
僕は、とあるサーカス団で働いていた。サーカスの舞台に立って、たくさんの人を驚かせたり笑顔にするのが昔からの夢だった。けど現実は厳しいのだ。テントを設営したり仮設 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
しぶしぶ ※未完
作者:akari お題:ありきたりなコメディ 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:697字
笑わせてやろう、そう思った。「………」 ブランコで項垂れている少年。地面に届かないその足をぶらつかせもせず、ただその場に座りこんでいる。 ――しけた面。 彼は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Sh2-277 お題:愛と憎しみの弁護士 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1416字
「原告 主訴」「原告 弁論」…文書を分類してカテゴリー別にファイリングをしていた。「事務員を雇おうか」と悠人は考えていた。というのも、独立をして事務所を構えて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雨宿り ※未完
作者:akari お題:謎の雨 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:477字
雨が降り続いている。 ずっと止まない雨。かれこれ一年は降っているか。洪水にならないと一時期は心配になったこともあったが、どういうわけか、雫は雪のように降った傍 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:三角葦(サンカク アシ) お題:苦しみの神話 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1142字
人はそれを、神話と呼んだ。苦しみの、神話と。 その場所には、とうの昔から、大きな岩があった。盆地の中心にぽつんと、たたずむそれ。ひとつの村である盆地は大きくも 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と痛み 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:355字
ひどい痛みに襲われる時、黒い人影がベッドの傍らに現れるようになった。影は何も言わず、僕のことを見ているようだった。影が見えるようになって数日後、痛みを紛らわせる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な人々 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:348字
「食べ物が小さくなってる」「上司からのセクハラ」「勘違いした男が言い寄ってきてうざい」などと、私達は4人で居酒屋で女子会をしながら口々に言い合っていた。だが、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な人々 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:212字
世の中には何かにつけて悲観的な人々がいる。 例えば家の両親だ。 この間も俺が車の免許を取ると宣言したら、オトンは「バカなことを言うな!」「現実を直視しろ!」な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻のガール 必須要素:岩塩 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:228字
岩塩?ただの塩と一体何がちがうのだろうか?一般人と芸能人ぐらい?アニメと漫画ぐらい?まあいい、それは問題じゃない岩塩と書かれたものを買えばいいのだから。それより 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夜と天井 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:454字
「そろそろ眠ろうか」 父は時計をみてそう言った。 一日あくせく働いて、夜は自分の子を寝かしつける日々。 顔に似合わない青色ベースの水玉模様のパジャマを着こなし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの冥界 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:413字
ぜえ、ぜえ、と自分の息遣いだけが煩く響く。既に周囲から緑は消え失せ、疎らに白が散った岩肌のみが続いている。雲間から覗く下界はただ緑が広がり、原始の風景のように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦艦の借金 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:807字
ネットオークションで売っていたのが、まさかの戦艦。うん千万するし、どこに置いておけるんだという気がしないでもないが、落札してしまった。200万円程、銀行から借金 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かと春 必須要素:外国語・外来語禁止 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:897字
朝、目を覚ました春は、隣にいる妻を起こす。「おい起きてくれ、朝だぞ」「おはよう、春」 挨拶を交わすと、二人は洗面台で軽く身支度を整える。「おい、『毛の生えた髪の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた復讐 必須要素:ピアノ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:633字
私、天翔茜は幼い頃から英才教育を受けていました。何一つ不自由の無い生活を送っていましたが、唯一の不満は母が教育ママ過ぎた事です。4歳の頃からピアノを習い始めて… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
厠皇子 ※未完
作者:匿名さん お題:不屈の御曹司 必須要素:トイレ 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:424字
男は精神以外の強さを持っていなかった。貴族の次期当主と言えばよくも聞こえるだろうが、現実は厳しい。没落した家には財が無く、卓越した知力や武の才も彼には与えられな 〈続きを読む〉