お題:やば、地獄 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1197字

ユイちゃんは地獄中
 ユイのことを時間にルーズな人間だとは思っていたが、まさか1時間も遅刻してくるなんて。
 と言っても、彼女に告白した時点である程度振り回されることは覚悟していたので、その時間も苦にならない。
 こんなの世界中で僕だけだからな。この待たされる時間が、「陰キャ」と蔑まされてきた僕が「陽キャ」の塊であるユイと付き合う男になるための準備期間になるのだ。
(え? 告白なん? ヤバ! 超ウケんだけど!)
 ギャハハハ、と笑って、だけどユイは「いいよ。てかヒマだし」とOKしてくれた。
 いささか軽いような気がするが、ともかく僕とユイは付き合っているのだ。
 きっと、多分。
 準備時間が長いせいで、僕も自信がなくなってきた。
 本当に、この初デート、ユイは来てくれるのだろうか。
 ここで無料通話アプリ「コーヒートーク」にメッセージが来る。「コーヒートーク」なんてイマイチマイナーだと思っていたのだが、ユイの周りでは普及しているらしく、僕もダウンロードさせられた。
 当然、ユイのアカウントしか知らないわけで……。

『やば、じごくだわ』
『ごめんね』

 僕は眉をひそめる。
 ユイのことを国語が苦手な人間だと思っていたが、まさか遅刻を「じごく」と打ち間違えるなんて。

『遅刻かな? 待ってるから、ゆっくりでいいよ』

 僕はそう返信した。

『鬼ヤバい』
『ウケる』

 地獄と来て鬼とはシャレが効いているが、ユイがそんな高等な言い回しをするはずはない。ただの偶然であろう。

『ぱんつめっちゃ派手』
『クソムキムキ』
『鬼ゴリラ』

 パンツ? 何故下着の話題を……。ギャルというのはそういう下品な生き物なのか……?

『じどりしたお』

 送られてきた写真を見て、僕は絶句した。
 ギャルピースをするユイの隣に、全身真っ赤で一本角を生やした、上裸で虎柄のパンツを履いたムキムキの、昔話に出てくる鬼としか言いようのないものが写っていた。
 そして、犬の鼻とヒゲをつけられていた。
 いや、待て。じごくって本当に地獄……? 鬼ヤバいはギャル語じゃなくて、地獄の鬼……?
 混乱する僕のスマホが震える。「コーヒートーク」にユイから着信だ。
「……も、もしもし」
『もしもし、すみません。今、大原ユイさんの電話からかけております』
 低い男の声だった。
「ど、どなたでしょう?」
『私、地獄の門担当の鬼ですが……』
「さ、さっきユイちゃんと写真撮ってた鬼ですか?」
『……そうです。あの、犬の鼻とヒゲを写真に描かれてしまった鬼です』
 恥ずかしそうだった。
『ユイさんなのですがね、交通事故に遭いまして、それで地獄に……』
「地獄なんですか?」
『総合的に見て、ギリギリ地獄ですね』
 電話口の向こうから、ウケるーと声がした。
『今回、完全に遅刻でしたが、あなたが許してくれれば……』
「許します!」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:やば、地獄 制限時間:1時間 読者:230 人 文字数:1729字
僕はなんてことをしてしまったんだろう。紫煙の立ち込める埃くさい書庫で、少年はショックで声を失った。尻餅をついた床は冷たく、このままでいるとカチカチに凍りつきそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:天塚 臥文 お題:セクシーな海 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:691字
「海でもいこっか」 と、彼女が言った。 季節は冬、正月休みも終え、親友との新年女子会でのことだった。 年が明けてもやることがない、と私がこぼしたことに端を発した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ お題:孤独な宴 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:664字
並々とビールの注がれたジョッキを片手に、何の勉強にもならないような深夜のバラエティーをテレビに映す。あまり使われない折り畳み机の上には、コンビニで買って帰った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:打算的な村 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:944字
村外れにひとりの男が倒れているのを発見したとき、住人たちは「ついにきた」と思った。近隣の村から噂は伝わってきていた。その者はたとえば老婆だったり、ちいさな子供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:--- 葉月 --- お題:死にかけの人体 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:586字
なんなんだよ、いったい!!ただの好奇心だった。ほんの出来心だった。わずかな慢心だったのかもしれない。【立ち入り禁止】 【危険】 【引き返せ】などなどの立て看板が 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と痛み 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:355字
ひどい痛みに襲われる時、黒い人影がベッドの傍らに現れるようになった。影は何も言わず、僕のことを見ているようだった。影が見えるようになって数日後、痛みを紛らわせる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な人々 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:348字
「食べ物が小さくなってる」「上司からのセクハラ」「勘違いした男が言い寄ってきてうざい」などと、私達は4人で居酒屋で女子会をしながら口々に言い合っていた。だが、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite:D お題:でかい音楽 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1016字
会場全体に響き渡る音楽が流れたら、そこには一人の男ではなく、観客の求めるスターに変れる。 花道を歩いている時、自分自身の中で問いかける。俺は誰だ。お前は誰だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite:D お題:死にぞこないの整形 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1030字
容姿を変えて名前を変えて住まいを変えて経歴を変えて何もかもを変えたところで、一度死んだという事実は変わらない。 もちろん肉体的には死んだわけではない。だが全て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もき お題:希望の別れ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字
シャンパンでの乾杯から始まり前菜を食べ終えた頃から、私は前々から計画していたことを実行し始めた。向かいに座る、顔はそこそこでお金もまあまあ持っているお上りさん 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:不屈の人間 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1266字
街に火を吹く大怪獣・バラゴランが出現した。 バラゴランは全高50メートルを超す巨大怪獣だ。頭には角が生えており、尻尾を引きずって歩きまわる姿は、正に怪獣といっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:君と犬 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1212字
「わたしとロッキー、どっちが大事なの!?」 君は怒った様子で僕のことを見上げてくる。「最近ロッキーのことばっかり構ってるよね?」 確かにそうだ。ごめんよ、と撫で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:春のオチ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1511字
ハルの話にはオチがない。そのくせ話好きで、いつも長々と聞かされる。 だらだらしたトークを繰り返されること百回近く、ついにチナツがキレた。「あんたの話、オチがな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:穢された光景 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1039字
西園寺さんと東さんは仲がいい。見ていて心が洗われるようだ。 西園寺さんは割とお嬢様で、ちょっと世間知らずなところがあるらしい。確かに、何かにつけて子どものよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:紅茶と諦め 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1102字
「わたしはティーバッグでいれた紅茶なんて、絶対に飲まないの」 その言葉はどこか得意げに響いた。 自分はハイソで上流階級のお嬢様ですことよ、オホホホ。 そう言って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:簡単な町 必須要素:絵画 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:3663字 評価:0人
この丁字路が、世界のすべてだった。 「丁」の字でいうところの一画目、横の棒がに沿って流れる川と、二画目の縦の棒の奥へと続く四角い建物群。それしか、この世界には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:かっこ悪い墓 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1187字
「墓ってさあ、みんな同じ形でかっこ悪いよな」 生前、確かに彼はそんなことを言っていた。 だけど、まさか自分が死んだあとのことまでこの時点で考えているとは思わなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:進撃の同情 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1093字
「うん、わかるよその気持ち……」 トモサカはよくそういうことを言う。 簡単に同意を示すので、トモサカは優しいという評価をもらっていた。 「はぁ?」と思う。全開の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:禁断の父 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1027字
「この地に封印されているのは、わたしの父なんです!」 禁断の地と呼ばれる古い神殿の跡地で、勇者ブレストに相対した少女は涙ながらにそう叫んだ。「ならば君は――」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:楽観的な妹 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1269字
「大丈夫だよお兄ちゃん、きっと何とかなるなる!」 いつもそう言って俺を慰めてくれるこの子は、自慢の妹だ。「大丈夫だよお兄ちゃん、きっと何とかなるなる!」 そうだ 〈続きを読む〉