お題:オレだよオレ、うどん 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1126字

ずっと考えているんだ
「私は花粉症じゃないんですけども、花粉症ってどういう感じですか?」
無神経にもほどがあるが、夜になるとぐすぐすと言い出す知り合いの奥様にそういう質問をぶつけてみたところ、
「あれです。鼻水です。とにかく鼻水エス」
と言われて、はあ、鼻水。という感想を得た。ちなみに文末のエスの部分は鼻水の妨害によるものである。悪霊に取りつかれた人を救おうと思っていろいろと試行錯誤すると、その人に取りついた悪霊に邪魔される場合がある。
「かまうな!」
と、祟りをお見舞いされる場合がある。この人のエスというのもそういう感じのものなんだろう。暗闇を見ると、なんかあっちからも見られてるよ的な、あれだ。あのもう言うのも聞くのも恥ずかしいやつ。

それから、とても興味深かったのは、
「花粉症の時、花粉が見えるような気がする。空気中に舞っているのが見える」
という話だった。

「の、それ、の・・・」
「ノイローゼだと思いますよ」
と、言われて、ああやっぱりと、得心を得た気持ちになった。

そのことに頭を悩ませ、恋焦がれるように、あるいは殺してやりたいと計画を練るような状態の時、人には往々にしてそのような現象が起こりえるということである。

花粉に悩む人は花粉が見える。もしかしたら言わなかったけども、あの人は花粉と会話すらできるかもしれない。

花粉と手を取り合ってダンスだって出来ているのかもしれない。

かくいう私も、花粉ではないが、うどんと会話したことがある。

人生の中で何かにはまるときというのは何度か訪れる。私の中の一回はうどんであった。

「なあ、今日ゆでる?」
「ゆでるよ。食べるんだもん」
このように業務スーパーで買ってきた讃岐の冷凍うどんと会話をしていた時期がある。

その時期のうどんはとても饒舌だったし、私は人との会話が苦手であったために、逆に表情も何もないうどんとの会話はえらく弾んだ。

「今日は何うどんにするの?」
「そら、いつものだよ。釜揚げ風の」

「それから?」
「内さま見ながら食べるよ」

「たまに違うの見たら?」
「うん、まあ、考えとく」

このようにうどんとの会話はとても弾んだ。

ある日、オレだよオレ、うどんだよ。とハンバーグ師匠みたいなセリフをきっかけにうどんとしゃべれるようになったのである。

不思議なこともあるもんだと思ったが、そうそう奇異な現象でもないので、そのまま応じた次第だ。

しかし、一年前、変なキノコを食べて病院に運ばれて、腸内洗浄をされたのを境にうどんとはしゃべれなくなった。

今もまだ覚えている。

もう一度うどんとしゃべりたいなあと思う。

もし再びしゃべれるようになったら、何を話そうか。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:墨鴉 お題:楽しかったモグラ 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1037字
モグラを直腸内に入れて遊んだ。代償として、俺は人の体を失った。 体の約86パーセントを機械化されたが、実感は薄い。あまりにも快適すぎて、人工の体だという実感が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:墨鴉 お題:少年の病気 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:824字
少年が肛門から毒を挿入され病院へ搬送された。 理由は言うまい。 高熱を出し、苦しむ少年。不安そうに見守る家族。 医師は沈痛な面持ちで説明を始める。「既に抗生物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:禁断の凡人 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:974字
ウサギが根を張って三年。怒りに震えた拳が大地を揺すると、そこから新しいコウサギたちが生えてくる。 彼らの望みは? 復讐だ。 単なる復讐なのか。いや、そうではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏のつるつる 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1049字
夏のつるつる。 汚い字でそう書かれたガムテープの貼られたダンボールが家に届いた。 送り主は爺ちゃん。例年、こうして僕に物を送りつけてくる。 去年は肌色の多い雑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛、それは魔物 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:302字
魔物を愛してしまったばっかりに、彼は入院するハメになった。 その際、医師がレントゲンを指しながら、口の端をひくひくと引き攣らせて述べたことは鮮明に覚えている。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:天才の善意 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:139 人 文字数:459字
「体内の蓄積された毒は精神に大きく作用します。精神が乱れれば思考も乱れる。イライラされている方は消化器の不調ではないかと疑われたほうがよろしいかと思います」私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あきれた小説訓練 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:167 人 文字数:777字
私は無類の潔癖性女子だ。1日に5回はシャワーを浴び、全身の皮膚がふやけるまでお湯に浸かる。アルコール消毒液は常に15種類ストックがあり、今もバッグの中には「つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミニ お題:暗黒の巨人 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:173 人 文字数:804字
暗黒の巨人と呼ばれる生物がこの世を牛耳っているこの世界。 生態系の頂点として暗黒の巨人は長い間、他の生物を虐げ生きてきた。 幸いにも、暗黒の巨人と人間は意思疎 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Houx お題:飢えたドア 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:1530字
ドアノブに手を掛けたまま、立ち止まって考える。触れて離し、しばらくしてまた触れる。そしてやはり捻る事は無い。 その所為なのだろう、冷ややかな金属は拒絶するよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
俺のロボット ※未完
作者:匿名さん お題:俺のロボット 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:247 人 文字数:653字
腹があまりに痛くて痛くて病院に行ったら、レントゲンを撮られて、エコー検査をされて、CTをされて、それでもよく分からないということで、大腸カメラをさせてください 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:儚い星 必須要素:織田信長 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:812字
宇宙旅行である星に行くと、その星では星ぐるみで地球産の織田信長を信奉しているみたいな感じがあって、「ああ、人間の作った話の動物やら宇宙人やらが人語をしゃべる感じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:初めての王子 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1047字
王子に行く機会があった。王子、京浜東北線。初めての王子。「王子ねえ」問題は京浜東北線への乗り換えだ。私は埼京線側に住んでいる。北与野で降りて、歩いてさいたま新都 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:鋭いマンション 必須要素:火星 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1127字
屋上にある貯水タンクの上に、パラボラアンテナが付いていた。大きめの。「あれ?こないだまでそんなのついてたか?」近所のマンションの話だ。いつも通りかかるマンション 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:少年の光景 必須要素:十二使徒 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:891字
「連想ゲームしようか」と、言われてはあ、まあ、じゃあということになった。急にそんなこと言われてもとは思ったが、相手の目が血走っていたので、応じることにした。寝不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:オレだよオレ、うどん 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1126字
「私は花粉症じゃないんですけども、花粉症ってどういう感じですか?」無神経にもほどがあるが、夜になるとぐすぐすと言い出す知り合いの奥様にそういう質問をぶつけてみた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:思い出の狸 必須要素:ラー油 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1054字
御所野イオンからパーティープレートを買ってきたタイミングで、母方の実家の仏間で飲み会が開催された。「カンパーヒ」高めで、高めで乾杯しますという得体のしれない宣言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:許されざる円周率 必須要素:100字以内 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:907字
「あの円周率の野郎許さねえ」「まあまあ、みんな無事だったんだし」という会話を通りすがりの人がしていた。大体今どきの人はスマホを眺めながら歩いているか、あるいは耳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:簡単な始まり 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1349字
「この世はあの世に行くまでの暇つぶしだから」と、ありえないほどのクラシックめいたセリフをリアル世界、文字だけのこういうところではなく、ツイッターやらのSNSでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:頭の中の野球 必須要素:ハロウィン 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1217字
最近、ようつべを眺めていたら、広告でブギーマンの映画の奴が流れた。詳しくないので何とも言えない話だけども、ブギーマンと呼ばれる怪人はハロウィンの時に来るらしい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:あきれた秘部 必須要素:セリフのみ 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1247字
「ねえ、ちょっと背中に薬塗ってほしいんだけど」「え?急に?背中に薬?」「そうなのよ。手が届かなくて」「その前にちょっといいですか?」「何?どうしたの?」「田島岬 〈続きを読む〉