お題:思い出の狸 必須要素:ラー油 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1054字

また一つ減った
御所野イオンからパーティープレートを買ってきたタイミングで、母方の実家の仏間で飲み会が開催された。
「カンパーヒ」
高めで、高めで乾杯しますという得体のしれない宣言の元、祖母の何回目かの何回忌である。もはや経路はどうでもよく、集ってお酒を飲む会である。地方の無駄に広い家にありがちな、なんかそういうのだ。まあ私もお酒が飲めることに関しては異論はないのだけども。

しかしながら遺憾なことに、パーティープレートの中に餃子が含まれていたんだけども、ラー油がないという現状であった。
「ラー油がないのに餃子とか!」
ありえない、こともないんだけども、今、今の自分のコンディションだったらラー油が欲しい。時間を割いてでも買いに行く価値がある。

「まあまあ」
という家人の言うことも聞かず、私は再び御所野イオンに歩いていくことになった。ギリで歩いて行ける距離。

「絶対にラー油」
自分の中のどのスイッチが急についたのかわからなかったが、とにかくラー油がいる。必要だった。そんな風にラー油を欲したのは人生で初めてだったが、衝動に身を任せた。憎しみを抱いていた人の頭にコンクリのブロックを一回振り下ろしたら、もう止められない。そういう感じ。積年の恨みを全部出してしまいたいと何回も振り下ろす感じ。

無事に御所野イオンに到着し、ラー油を購入しじゃあ帰ろうかとも思ったけども、ヴィレッジヴァンガードやら未来屋書店やら、フードコートではなまるうどんを食べて過ごした。フードコートのとなりにはゲームセンターもあり、そこでハウスオブザデッドをやったりした。

考えてみれば、母の実家に行ってこんな風に一人で過ごしたことはなかったかもしれない。

しかしいよいよ日が暮れてきたので、帰り道ラー油をもって歩いていると、ふいに不思議な違和感に遭遇した。

母の実家から御所野イオンまでの間には一軒の石材店があり、そこの店先にはいつも狸の像があった。

「あれ?」
それがないのである。

さっき車でイオンに行った時もこの道を通った。タヌキはあったはず。そもそも母の実家に来たらそれに連結されてイオンにも毎回行く、そして毎回タヌキを見ていたのである。それがない。

それなのに、こうして偶然ラー油問題が生まれて無駄な往復が発生した。

行きはラー油ラー油と考えていたので覚えていない。

しかし帰りは目的も果たせたし、視野は広がる。

そしてタヌキがない。

この短時間で売れたんだろうか?

あの狸。

母の実家の思い出がまたひとつ
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:思い出の狸 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:573字
狸というものには稀に特異な能力を持ったやつがいる。人間の言葉をしゃべったり、思考を読み取ったり。当時の私はそんなこと、まったく知らないチビ助で、他の動物も人語 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふるふる お題:何かの広告 必須要素:ラー油 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:572字
食べるラー油というものが流行ったことがある。具沢山のラー油だ。私はそれにハマって、ご飯にかけて毎日食べていた。貴弘は辛いものがニガテで、そんな私をいつも信じられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:えん@雑記 お題:あきれた孤島 必須要素:ラー油 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:746字
我々探検隊は窮地に落とされていた。 我々には帰りを待つ数百万の一族がいる。 なに? 多すぎじゃないか? これでも少ないほうなのだ。 では何が問題かというと、食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あきれた孤島 必須要素:ラー油 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:390字
昼食の時間だ。一人暮らしにはちょうど良いと思い、買った冷蔵庫から、冷凍の餃子を取り出す。いつものようにレンジで暖める。このメーカーのものはお気に入りだ。この孤島 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あきれた孤島 必須要素:ラー油 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:364字
とある島で十日生き残れたら一千万円の報酬が貰える。 裏の賭博の一環である。 人生を賭けてチャレンジした。 サバイバルには自信があった。 高校で登部の経歴がある 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:のら お題:求めていたのは光景 必須要素:ラー油 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:1082字
「どこまでも私を舐め腐っているな、人間。お前さっき私に何といったか覚えているのか? 散歩歩くと何もかも忘れるのか? 馬鹿に毛が生えたみたいな不届きものだ、貴様は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:天国の感覚 必須要素:ラー油 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:782字
とうとうこの日がやってきた。少女は期待に胸を震わせ、あふれ出てきたつばをゴクリと音を立てながら飲み込んだ。 少女は幼いころから食べることが大好きだった。一時食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:情熱的なデザイナー 必須要素:ラー油 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:1054字
それはラー油のように真っ赤な服だった。「晩飯ラーメンだったんだけど、ラーメンと餃子、あと半チャーハン。だいじょうぶ、チューハイは二杯しか呑んでないし、レモンに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りゅーポン お題:鈍い保険 必須要素:ラー油 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:683字
私、高倉せんなとその弟である高倉憐(れん)は二人暮らしである。勿論親もいたが、父は弟が産まれてすぐ、私が5歳の時に交通事故で亡くし、母は私が高校生になる一週間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:M氏 お題:かゆくなる円周率 必須要素:ラー油 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:385字
円周率を習ったばかりの頃、簡単な数をかけるだけで定規で測れない長さをはかることができるのが嬉しくて、何でもかんでも計算してみたものだ。お餅。コースター。あらゆ 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:儚い星 必須要素:織田信長 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:812字
宇宙旅行である星に行くと、その星では星ぐるみで地球産の織田信長を信奉しているみたいな感じがあって、「ああ、人間の作った話の動物やら宇宙人やらが人語をしゃべる感じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:初めての王子 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1047字
王子に行く機会があった。王子、京浜東北線。初めての王子。「王子ねえ」問題は京浜東北線への乗り換えだ。私は埼京線側に住んでいる。北与野で降りて、歩いてさいたま新都 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:鋭いマンション 必須要素:火星 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1127字
屋上にある貯水タンクの上に、パラボラアンテナが付いていた。大きめの。「あれ?こないだまでそんなのついてたか?」近所のマンションの話だ。いつも通りかかるマンション 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:少年の光景 必須要素:十二使徒 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:891字
「連想ゲームしようか」と、言われてはあ、まあ、じゃあということになった。急にそんなこと言われてもとは思ったが、相手の目が血走っていたので、応じることにした。寝不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:オレだよオレ、うどん 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1126字
「私は花粉症じゃないんですけども、花粉症ってどういう感じですか?」無神経にもほどがあるが、夜になるとぐすぐすと言い出す知り合いの奥様にそういう質問をぶつけてみた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:思い出の狸 必須要素:ラー油 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1054字
御所野イオンからパーティープレートを買ってきたタイミングで、母方の実家の仏間で飲み会が開催された。「カンパーヒ」高めで、高めで乾杯しますという得体のしれない宣言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:許されざる円周率 必須要素:100字以内 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:907字
「あの円周率の野郎許さねえ」「まあまあ、みんな無事だったんだし」という会話を通りすがりの人がしていた。大体今どきの人はスマホを眺めながら歩いているか、あるいは耳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:簡単な始まり 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1349字
「この世はあの世に行くまでの暇つぶしだから」と、ありえないほどのクラシックめいたセリフをリアル世界、文字だけのこういうところではなく、ツイッターやらのSNSでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:頭の中の野球 必須要素:ハロウィン 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1217字
最近、ようつべを眺めていたら、広告でブギーマンの映画の奴が流れた。詳しくないので何とも言えない話だけども、ブギーマンと呼ばれる怪人はハロウィンの時に来るらしい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:あきれた秘部 必須要素:セリフのみ 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1247字
「ねえ、ちょっと背中に薬塗ってほしいんだけど」「え?急に?背中に薬?」「そうなのよ。手が届かなくて」「その前にちょっといいですか?」「何?どうしたの?」「田島岬 〈続きを読む〉