お題:強い電撃 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:840字

しぶれさしみ
「ねえ、何、これ」
 行きつけの居酒屋で今日のおすすめとして掲示されていたメニューを見て、麻衣が言った。
 しびれさしみ、と書いてある。写真も何もない。
「しびれさしみ、って何ですか」
 店主に尋ねた。店主は、野菜か何かを切りながら、ちらっとだけこちらを見てまたすぐ目を落とした。
「刺身ですよ。北の方の海でとれる魚です。珍しいですよ。一年に一度入ってくるかこないかです」
「魚って、何の魚ですか?」
 麻衣が尋ねた。
「食べてみます?」
 麻衣の質問には答えず、店主は笑った。
「しびれ、っていうからには食べたらしびれるのかな」
 麻衣がぼくの耳元でささやいた。
「じゃあ、しびれさしみひとつ」
「まじ、あたし食べないよ」
 麻衣はちょっと変わったものは異常に怖がる。いつも決まったものしか食べない。
「いいよ、おれ、食うから」
 店主が、奥にひっこんでごそごそしている間、おれと麻衣はビールを飲んで枝豆を食べて待っていた。
「はい、しびれさしみ、お待ち」
 ぼくと麻衣はカウンターに置かれた皿に見入った。普通の赤味の魚にしか見えない。おれは、しびれさしみを一切れつまんでわさびじょうゆをつけ、口に入れた。思わず、おっ、と声が出る。
「どう?」
「うまい」
 口に入れた瞬間溶ける感じが何ともいえない。超高級のトロみたいな食感だ。
「あたしも、もらっていい」
 おれの反応に、興味をひかれたらしい。
「え、うそ」
 麻衣は目を大きく開いて驚いている。
 俺たちは、二人で瞬く間にしびれさしみを平らげた。
 ほろ酔いで家に帰る途中、「でも、なんでしびれさしみ、っていうんだろうね」
 麻衣がぼそっと言った。
 実は二人ともどきどきしていた。家に帰ったら突然腹がしびれてっくるのではないかとあらぬ妄想をしていた。
 結局、何事もおこらなかった。普通に寝て、普通に起きた。ネットを調べても出ていない。しびれさしみの名の由来については謎のままで、二人共、すぐにそのことは忘れてしまった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:元気な彼方 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:582字
「悲しいことがあったら、遠くを見るんです」彼は笑ってどこか遠くを見つめ、私に言った。静かにそっと、涙を流していたのだった。泣くほどのことがあったのかと私は聞こう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:楽しい靴 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:762字
娘が泣きべそをかきながら学校から帰ってきて、部屋に閉じこもったまま出てこない。妻と一緒になって心配していたのだが、そっと「夕飯ハンバーグだよ」と声をかけるとす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水床海老 お題:黒い妹 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:889字
朝起きたら、妹が真っ黒になっていた。 比喩ではない。日焼けした、などという生ぬるいものでもない。文字通り真っ黒になっていた。 しかし、朝食の場を囲んでいる母も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鈴木良尚 お題:大好きなピアニスト 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:662字
好き嫌い、得意不得意。そういったものはあまり考えないようにしていた。仕事をしていく上でそういったものは不利益でしかない、という思いがあったからだ。そしていつしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桜エビ お題:夏の殺人 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:503字
なんでこんなことをしたのか、俺は正直この瞬間でも言葉で説明することは出来ないただ、こうあるべきだと思ったからこそ願いを聞き入れた。夏祭りの日、どうせ何も無いだろ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:夏の殺人 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1047字
夏は楽しいことばかりだ。朝早く起きればプールに行き、昼もどこかへ遊びに行き、夜は花火をやればいい。そんな最高の季節であることには間違いない。 ただ、それでも嫌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の殺人 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:356字
「ミーン ミーン・・・」。暑い暑い日、セミが鳴いていた。私は森にいた。川の音がしたので、奥に進むと、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:わたしの好きな団欒 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:820字
ぼーっとした顔で月を見ている男が一人いる。左手はベランダの手すりにかけて、右手にはガラスの空コップを持っている。月見酒といえば格好がつくのだろうが、なにせ私た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:自分のことを日ノ宮と思ってる一般人 お題:ありきたりなヒロイン 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1049字
「さぁ私と結婚しなさい!」 転校生は自信ありげに自己紹介をした。自己紹介? 事故紹介だな。「あの……自己紹介をお願いします」 あぁ担任が困り果ててきた。「聞いて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:愛と死の何か 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:945字
「何かって?」 「何かは、何かです!」 白死館で殺人事件が起きた。 「そもそも、そななん名前のところに、行くかー、フツー?」 「事情があったんですよ、きっと」 〈続きを読む〉

砂猫の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:ひねくれた税理士 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:914字
コンビニは昼どきのせいかかなり混んでいた。この近くには他に店がないのだ。棚の間をのびて奥の酒類のコーナーまで続いていた。コーヒーとサンドイッチを買って列に並んだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:自分の中の処刑人 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:949字
映写技師になるのが夢だった。幼い頃、映画館の座席でときおり振り返って光りの筋が刺しこんでくる四角い窓の向こうでじっと黙ってスクリーンを見つめている映写技師の姿を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:かゆくなる天使 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:855字
加奈子が珍しくおみやげを買ってきた。まんじゅうだった。「駅前に最近できた店みたい」紙袋には「満点堂」と書かれていた。駅には毎日行っているがそんな店は見たことがな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:出来損ないの別れ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:976字
今日こそ言おうと決めていたが、捨てられた子猫のような消え入りそうな顔でカフェの一番隅で小さくなっている佑美の顔を見ると決心がゆるんだ。その時点で、もう今日は言え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:強い電撃 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:840字
「ねえ、何、これ」 行きつけの居酒屋で今日のおすすめとして掲示されていたメニューを見て、麻衣が言った。 しびれさしみ、と書いてある。写真も何もない。「しびれさし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:幼い嵐 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:885字
「ねえバキュームカーってなに?」 お子様ランチをのご飯の上に立った旗をくりくりと指先で回しながら言った。いつも通りの大声だったので、妻があわてて口をふさいだ。お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:とてつもない踊り 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1162字
理屈じゃないんだよ。そう言い捨ててあいつは出て行った。理屈じゃない、そんなことくらいおれにだってわかっている。じゃあどうすればいいんだよ。おれたちの「あれ」を完 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:あいつと年賀状 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:751字
ドアの前にリスが死んでいた。クリスマスの夜だった。かちかちに固まっていた。とても小さくて顔を近づけなければリスだとわからなかった。○ねばたいていのいきものは小さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:わたしの嫌いな外資系企業 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:785字
朝起きてすぐあたしは水を飲む。はやりのカナダのミネラルウォーターなんて飲まない。水道を水をわかして冷やしておいたものだ。そして、ゆで卵を食べて牛乳を飲む。卵は知 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:どす黒い暴力 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:685字
その日の私はかなり酔っていた。酔うと気が大きくなるのは若い頃から変わっていない。だから、最終に近い電車が去った後の閑散としたホームでの不穏な空気を察しても、その 〈続きを読む〉