お題:強い電撃 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:840字

しぶれさしみ
「ねえ、何、これ」
 行きつけの居酒屋で今日のおすすめとして掲示されていたメニューを見て、麻衣が言った。
 しびれさしみ、と書いてある。写真も何もない。
「しびれさしみ、って何ですか」
 店主に尋ねた。店主は、野菜か何かを切りながら、ちらっとだけこちらを見てまたすぐ目を落とした。
「刺身ですよ。北の方の海でとれる魚です。珍しいですよ。一年に一度入ってくるかこないかです」
「魚って、何の魚ですか?」
 麻衣が尋ねた。
「食べてみます?」
 麻衣の質問には答えず、店主は笑った。
「しびれ、っていうからには食べたらしびれるのかな」
 麻衣がぼくの耳元でささやいた。
「じゃあ、しびれさしみひとつ」
「まじ、あたし食べないよ」
 麻衣はちょっと変わったものは異常に怖がる。いつも決まったものしか食べない。
「いいよ、おれ、食うから」
 店主が、奥にひっこんでごそごそしている間、おれと麻衣はビールを飲んで枝豆を食べて待っていた。
「はい、しびれさしみ、お待ち」
 ぼくと麻衣はカウンターに置かれた皿に見入った。普通の赤味の魚にしか見えない。おれは、しびれさしみを一切れつまんでわさびじょうゆをつけ、口に入れた。思わず、おっ、と声が出る。
「どう?」
「うまい」
 口に入れた瞬間溶ける感じが何ともいえない。超高級のトロみたいな食感だ。
「あたしも、もらっていい」
 おれの反応に、興味をひかれたらしい。
「え、うそ」
 麻衣は目を大きく開いて驚いている。
 俺たちは、二人で瞬く間にしびれさしみを平らげた。
 ほろ酔いで家に帰る途中、「でも、なんでしびれさしみ、っていうんだろうね」
 麻衣がぼそっと言った。
 実は二人ともどきどきしていた。家に帰ったら突然腹がしびれてっくるのではないかとあらぬ妄想をしていた。
 結局、何事もおこらなかった。普通に寝て、普通に起きた。ネットを調べても出ていない。しびれさしみの名の由来については謎のままで、二人共、すぐにそのことは忘れてしまった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:天塚 臥文 お題:セクシーな海 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:691字
「海でもいこっか」 と、彼女が言った。 季節は冬、正月休みも終え、親友との新年女子会でのことだった。 年が明けてもやることがない、と私がこぼしたことに端を発した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ お題:孤独な宴 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:664字
並々とビールの注がれたジョッキを片手に、何の勉強にもならないような深夜のバラエティーをテレビに映す。あまり使われない折り畳み机の上には、コンビニで買って帰った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:打算的な村 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:944字
村外れにひとりの男が倒れているのを発見したとき、住人たちは「ついにきた」と思った。近隣の村から噂は伝わってきていた。その者はたとえば老婆だったり、ちいさな子供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:--- 葉月 --- お題:死にかけの人体 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:586字
なんなんだよ、いったい!!ただの好奇心だった。ほんの出来心だった。わずかな慢心だったのかもしれない。【立ち入り禁止】 【危険】 【引き返せ】などなどの立て看板が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と痛み 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:355字
ひどい痛みに襲われる時、黒い人影がベッドの傍らに現れるようになった。影は何も言わず、僕のことを見ているようだった。影が見えるようになって数日後、痛みを紛らわせる 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な人々 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:348字
「食べ物が小さくなってる」「上司からのセクハラ」「勘違いした男が言い寄ってきてうざい」などと、私達は4人で居酒屋で女子会をしながら口々に言い合っていた。だが、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite:D お題:でかい音楽 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1016字
会場全体に響き渡る音楽が流れたら、そこには一人の男ではなく、観客の求めるスターに変れる。 花道を歩いている時、自分自身の中で問いかける。俺は誰だ。お前は誰だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite:D お題:死にぞこないの整形 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1030字
容姿を変えて名前を変えて住まいを変えて経歴を変えて何もかもを変えたところで、一度死んだという事実は変わらない。 もちろん肉体的には死んだわけではない。だが全て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もき お題:希望の別れ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字
シャンパンでの乾杯から始まり前菜を食べ終えた頃から、私は前々から計画していたことを実行し始めた。向かいに座る、顔はそこそこでお金もまあまあ持っているお上りさん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夜と天井 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:454字
「そろそろ眠ろうか」 父は時計をみてそう言った。 一日あくせく働いて、夜は自分の子を寝かしつける日々。 顔に似合わない青色ベースの水玉模様のパジャマを着こなし 〈続きを読む〉

砂猫の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:鋭い狙撃手 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:944字
思わず、ぼくは、彼女の後を追った。彼女は意外なほどの早足でどんどん歩いて行く。その背中をじっと見つめる。白いTシャツ。何も模様のない真っ白い布が彼女の動きに合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:理想的な幻想 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:989字
駅に着くとまだ怜子は来ていないようなのでほっとした。時計を見ると待ち合わせの時間まで三十分もある。少し早すぎるような気もしたが、時間が決まっているときぼくはいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:軽い吐息 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1068字
自転車に乗って近くの公園に行く。別に何の目的もない。公園が好きなのだ。それに自宅は濁ったあまりよくないエネルギーが漂っているので、あまり気分がよくないのだ。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:くだらない年賀状 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1271字
もう二度と、一生、永遠に年賀状は書かないと決めた。理由は特にない。書きたくない、書くのが面倒だ。それはずっと思ってきた。けれども、書いていた。勉強が嫌いだから試 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:遅すぎた作品 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:905字
公園にやっぱり彼女はいた。ベンチに座って本を読んでいた。ぼくに気づいて一度こっちを見たが、知らん顔をしてまたすぐ本に目を落とした。古い文庫本だった。何かの詩集の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:僕の嫌いな逃亡犯 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1122字
アパートのドアに鍵を入れて回そうとしたら、鍵がかかっていないことに気づいた。一瞬、恐怖をおぼえながら、おそるおそるドアを開いてみると、奥の部屋に誰かが背を向けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:許せない音楽 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1067字
どんなことでも許してきたのは彼女のことが好きだからだ。むろん誰にでも欠点はある。もちろんぼkにだって。というかぼくなんて欠点だらけだ。何をやっても長続きしないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:不思議な計算 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:910字
山道を登っていたら店があったので入ることにした。少しお腹がすいていたのだ。入ってみてがっかりした。てっきり飲食店だと思っていたら、そうではなかったのだ。「いらっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:人妻の窓 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1056字
別に何の思い入れもなかった。けれども、行ってみたくなった。最後に訪れたのはいつのことだったか、覚えてもいないその街に。改札を出たところの風景は記憶と同じようにも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:汚い子犬 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1136字
授業が終わると、みんな待ちかねていたようにそれぞれの友だちのところに駆け寄る。これからどこに行こうか話している。みんなとても楽しそうな顔をしている。あたしのとこ 〈続きを読む〉