お題:隠された嘔吐 必須要素: 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:903字
[削除]

拒食症
 びちゃびちゃと雨が降り続いている。

 僕らは傘をさして歩いていた。

 いわゆる、あいあい傘というヤツだ。それもとびきりの美少女と一緒に。

「…………」

 少女は喋らない。銀色の髪に色白の肌。人間離れした美貌。

 町外れ。雨の中、言葉もなく立ち尽くしていた彼女。僕は見かねて声をかけた。よろしければ一緒に行きませんか、と。下心があったことは否定できない。どこどこまでも平凡な男だけど、こんな美少女と少しでもお近づきになれれば、とは思っていた。

 果たして彼女は何も答えなかったが、ただ頷いた。どこか行きたいところがあるのだろうか。そこまで一緒に行けないかな。そんなふうに思って、僕は傘を差し出した。そして彼女の超然とした雰囲気にいつの間にか主導権を握られ、あいあい傘のまま、彼女に連れられるようにして歩いていた。

「……止みませんね」

 僕が独り言のように呟くと、それはまさしく独り言に終わった。

「……くっ」

 うめき声が漏れる。

 傘を握る手が――痛い。

 じくじくと。傘を握る手が濡れている。ぽたぽたとしずくが降り注ぐ。

 じわじわと手が、溶けている。雨にゆっくりと、溶かされていた。

 雨――そう呼んでいいのだろうか、このどことなく濁った液体のシャワーは。

 吐き気をもよおすような、すえた臭いは。

 スニーカーが腐食しつつある。空からは何が降り注いでいるのだ? 僕にはわからない。

 町外れにいたはずなのに、いつの間にかアスファルトがボロボロに崩れたような、廃墟にいるのはなぜだ。ところどころ、水たまりに浮かぶピンク色の塊は何だ?

 僕は、『何』と一緒に歩いている?

「……ここ、どこですか?」

 美少女は答えない。

「……僕、帰れるんですかね」

 独り言。

 びちゃびちゃびちゃ。

「……ごぽぁ」

 やがて、隣を歩く――それが、音を発した。

 びちゃびちゃびちゃ。

「…………」

 ああ、彼女はまた、食べたくもないようなものを食べて、吐き出すことになるんだろうな、と。

 僕は薄れゆく意識の中で、ぼんやりと感じた。
 
 びちゃびちゃ。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:えくす お題:隠された嘔吐 制限時間:15分 読者:175 人 文字数:777字
「それじゃ」 彼女は素っ気無い一言と共に身を翻した。僕は彼女の背中が見えなくなるまで、害の無い笑い顔を浮かべ続けた。「おえええええええええええええええええ!!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:わたしの嫌いな決別 必須要素: 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1121字
唐傘お化けと生活を共にして一か月程度がたった。「あの、ごはんができたんですけども・・・」と言って、唐傘お化けは毎朝起こしてくれるようになった。「あ、すいません」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:いわゆる鳥 必須要素: 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:931字
(#115) しとしとしと。今日も静かに雨が降っている。 私は窓辺に設えられたデスクに座り、ぼうっと灰色の空を見上げている。 自分の心のモヤモヤが、優しい雨によ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:気高い血 必須要素: 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:825字
血小坂という坂がある。近所に。よく見て、血小板じゃないよ。血小坂だ。近所にある。緩やかながら、だらりと長く、途中一回下ってからもう一度上るようになっている。私が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日出詩歌 お題:うへへ、御曹司 必須要素: 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:431字
雨は冷たく都会を冷やし、夜の帳をかけていく。 道行く人は震える手でささやかな灯火のように傘を差す。傘はせめぎ合い、人の波をむしろ寒空の中に留めていった。 モリ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ひのえ お題:免れたしきたり 必須要素: 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:881字
「それでは生徒諸君。君たちに、この学校でのしきたりをお伝えいたします」 4月のとある日。 入学式の生徒会長挨拶で、生徒会長と思しき女子生徒が重々しく告げた。 緊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
パラソル ※未完
作者:nur155 お題:遅すぎた紳士 必須要素: 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:373字
朝早く何となく散歩したくなって、コンビニにでも行こうと家を出た。コンビニでジュースを買って店の前で飲んでいると、遠くの方に緑と黄色の何かが浮いているのが見えた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ver.2@文字書き練習中 お題:2つの昼 必須要素: 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:945字
(二つの昼??????)恒星十二群、ササエニ系列ラミアット星は、地球でいう、恒星太陽を二つ擁する惑星である。恒星ミズーリ、恒星アンリは互い違いに、ぴったり14時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カイナ@日曜東へ-23a お題:冷たい克服 必須要素: 制限時間:15分 読者:133 人 文字数:670字
傘が怖いんだ、と彼は言った。「しかも年々ひどくなる。先日はついに『きのこの山』を食べられなくなった」 世の中にいろんな恐怖症があるのは知っているが、傘というの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:冷たい克服 必須要素: 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:409字
ザアザアと、雨が降り続く夏の始まり。街路樹は、びしょ濡れの青々しい青草が首を項垂れ 街ゆく人々を黙って見ていた。 私は意を決して家を飛び出す。お気に入りの青空 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と痛み 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:355字
ひどい痛みに襲われる時、黒い人影がベッドの傍らに現れるようになった。影は何も言わず、僕のことを見ているようだった。影が見えるようになって数日後、痛みを紛らわせる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な人々 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:348字
「食べ物が小さくなってる」「上司からのセクハラ」「勘違いした男が言い寄ってきてうざい」などと、私達は4人で居酒屋で女子会をしながら口々に言い合っていた。だが、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な人々 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:212字
世の中には何かにつけて悲観的な人々がいる。 例えば家の両親だ。 この間も俺が車の免許を取ると宣言したら、オトンは「バカなことを言うな!」「現実を直視しろ!」な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻のガール 必須要素:岩塩 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:228字
岩塩?ただの塩と一体何がちがうのだろうか?一般人と芸能人ぐらい?アニメと漫画ぐらい?まあいい、それは問題じゃない岩塩と書かれたものを買えばいいのだから。それより 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夜と天井 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:454字
「そろそろ眠ろうか」 父は時計をみてそう言った。 一日あくせく働いて、夜は自分の子を寝かしつける日々。 顔に似合わない青色ベースの水玉模様のパジャマを着こなし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの冥界 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:413字
ぜえ、ぜえ、と自分の息遣いだけが煩く響く。既に周囲から緑は消え失せ、疎らに白が散った岩肌のみが続いている。雲間から覗く下界はただ緑が広がり、原始の風景のように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦艦の借金 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:807字
ネットオークションで売っていたのが、まさかの戦艦。うん千万するし、どこに置いておけるんだという気がしないでもないが、落札してしまった。200万円程、銀行から借金 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かと春 必須要素:外国語・外来語禁止 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:897字
朝、目を覚ました春は、隣にいる妻を起こす。「おい起きてくれ、朝だぞ」「おはよう、春」 挨拶を交わすと、二人は洗面台で軽く身支度を整える。「おい、『毛の生えた髪の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた復讐 必須要素:ピアノ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:633字
私、天翔茜は幼い頃から英才教育を受けていました。何一つ不自由の無い生活を送っていましたが、唯一の不満は母が教育ママ過ぎた事です。4歳の頃からピアノを習い始めて… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
厠皇子 ※未完
作者:匿名さん お題:不屈の御曹司 必須要素:トイレ 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:424字
男は精神以外の強さを持っていなかった。貴族の次期当主と言えばよくも聞こえるだろうが、現実は厳しい。没落した家には財が無く、卓越した知力や武の才も彼には与えられな 〈続きを読む〉