お題:阿修羅平和 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:785字

三つの顔と平和に映画。
 酸性雨の酷い日に雨宿りをしている時に、野生のケルベロスの子どもを拾った。
 大きな怪我はしていなかったが、それでもお腹を空かせていた。俺を見て即座に食いかかってる気力すら無くなっていたらしく、萎れていたその三つの顔は、今でもよく覚えている。
 俺は背負っていた鞄の中から、栄養だけはたっぷりの固形食を三本を、ケルベロスの前へと置いた。三つの顔は揃って首を傾げた。ああ、これが食料だと気がつかないのかもしれない。鞄からもう一本取り出して、今度は自分の口の中に放り込んだ。そして咀嚼をして嚥下する。これは食べ物だよと言ってみたら、やっとケルベロスは固形食を口に含んで言った。
 うっすらと見えた口の中は、強靱な牙を持つとされているケルベロスとは思えないほど貧相であったものの、それでも三つの顔は固形食を必死で食べていた。
 口元が固形食のカスで汚れている顔は、俺の方をじーっと見ていた。ナニカ期待してそうな雰囲気であった。ああ、まだお腹が空いているんだなと。
 だから俺は持っている携行食全てを鞄から取り出してみせた。ケルベロスの六つの目はキラキラと輝いて携行食を見つめていた。
 包み紙を空けて、一個一個を、今度は俺の手で運んで上げる。一つ目の顔は唾液をたくさんこぼしながら、二つ目の顔は幸せそうな表情を浮かべながら、三つ目の顔はただひたすらに黙々と、それぞれ思い思い形で固形食を食い上げていった。

 そうしていると、雨が止んでいた。雲の隙間からうっすらと太陽の日差しが差し込んできたのを見て、俺は立ち上がってまた移動をする。集落までは一時間歩けばつくだろう。だからこそ、こいつらに全て食事を上げることが出来た。

「じゃあな」
 俺はそういったケルベロスから離れようとしたが、どうやらそうはいかないらしい。一応は怪物であるのに、こんなにも簡単に懐柔できてしまうのか。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
社会人1年生 ※未完
作者:鯖村 お題:うわ・・・私の年収、床 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:279字
毎日電車に揺られ、会社と家を往復する生活が始まって1年がたとうとしていた。入社前は「1年で結果を出す!」とか、「周りの同期は能力が低い」とか思っていたが、数ヶ月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:重い負傷 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:89字
ある日、俺は、重い怪我をした。入院中、俺はふと思った。(映画みたいな…)そう思った俺は、そう思った俺は、ne◯flexで斉木楠雄の災難をみた。なんとも面白いこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:殺された儀式 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:510字
死んだ?ハッと気づいて、ぼくは胸に手を当てる。汗とどすぐろい血でビショシヨになっているシャツ。そうか、ぼくはー。ぼくは、殺されたんだ。・・・・・いや、ちがう。殺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:東京狂気 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:739字
私はテレビっ子である。特にドラマやミステリーなどの、人間模様が描かれる作品が大好きだ。その中では当たり前のように主人公に仲間がいて、恋人がいて、難題に立ち向かう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:運命のおっさん 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:885字
その人は私の横にどっかりと座った直後、いきなりポップコーンを足元にぶちまけた。ちょうど映画は佳境に差し掛かっているところだった。主人公の妹を殺した犯人が見つかり 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:酒井P@低浮上 お題:蓋然性のある四肢切断 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:848字
「結局、あの描写が必要だったか否か。全てはここに尽きると思うんですよね」「確かに。ここの判断次第でこの映画の評価はがらりと変わりますからね」 平凡な日曜日。 映 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:反逆の稲妻 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:185 人 文字数:934字
ピカ●ュウの出てくるアニメで昔問題があったのを覚えている方はいらっしゃるだろうか?あの気持ち悪くなるやつ。私もその当時おしっことかう○ことかを漏らしまくるくそみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こんのひでなし お題:禁断のぷにぷに 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:559字
ついに禁断症状が出てきてしまった。二時間あまりの映画鑑賞という時点で予測できた事態だというのにおれはかなり動揺していた。おれは隣に座る弟(17歳/85kg)のぷ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キルユーベイベー お題:捨てられた海風 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:148 人 文字数:480字
「別れよう」あなたは唐突にそう切り出した。「どうしたの急に?」「俺には耐えられない」「大丈夫よ。私たち二人なら」「こめん」「本気で言ってるの?」「ああ」「……こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
悲しくて海 ※未完
作者:鐘辺 完 お題:悲観的な海辺 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:183 人 文字数:1332字
人はどうして悲しくなると海を見つめに来るのでしょうか。 また歌詞から引用してるけど。 なぜ悲しいのかよくわからない。とりあえず今、心配事はあるにはあるが、それ 〈続きを読む〉

ダツ・ Ambroseの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:壊れかけの耳 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:927字
この耳が壊れさえすれば、私はあの人を愛さなくても良いのかもしれない。愛しているから、あの人が私以外の人と仲良さそうに話している姿に苛立ってしまう。いや、むしろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:僕の好きな多数派 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1061字
好きな男の人がいます。なんて文章を書いた場合、普通の人間は女性、それも少女と呼ばれる世代が書いたモノだと判断するだろう。 だけれども、例えば『僕』っていう一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:不屈の喪失 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:806字
「おっ、淫行条例違反者だ!」 彼女は満面な笑顔でそう口にしていた。いや、そうだけれども、そうだけれども、そうだけれども。「自分で言うな自分で」「でも違反は違反じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:去年のところてん 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:998字
冷蔵庫に奥スペースにところてんが入っていたけれども、買った覚えが全くない。別にところてんが嫌いだというわけではないけれども、でも、勝った覚えがない物が入ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:寒い床 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:979字
「不思議ですね」「なにが」「お布団に入った直後は敷き布団も掛け布団も枕も全部冷たく感じていたのに、もう身体はぽっかぽかです」「今日は寒かったからなあ。そこの奥の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:生きている超能力 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1017字
『例え俺が今すぐに死んだとしても、俺が生きた証って言うのかな、そういう目に見えない力ってのが残ってはくれると思うんだよ。死してなお、なんてかっこいいことは言うつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:ゆるふわ愛されあいつ 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1134字
「俺は愛されている!」「そうです、兄さんは最高です。どこが最高という言いますと、そういうことを言っていても、顔は少し恥ずかしい感じを残している所だと思うんです。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:せつない家 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1122字
別に家族なんて言葉には、たいした意味はないと思っていた。誰しもが生まれた直後は持っていて、時には揉めたり、最悪には殺し合う関係性になることだってあるらしい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:やわらかい動揺 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1336字
この通りには幽霊が出る。なるほど、確かにこの道は街灯も少なく、人通りも少ない。夜になればあまり通りたくない道である。それでも、ここを通らなきゃ帰れない所に家が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:不屈の外資系企業 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1108字
本屋に行くと、入り口すぐの棚に『元外資系企業コンサルタントが語る不屈の技術!』なんて本が平積みされている。一体誰が買うんだろうか、いや、買う人間がいるのだから 〈続きを読む〉