お題:悲観的な嘔吐 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:103字
[削除]

7 ※未完
下駄箱、靴と上履きを履き替える、学校の入り口、家に帰る道のはじめ。あとは、蹴飛ばされた小石、昇降口、傘立て、ピータイル、部活とか、美術の居残り。西日。誰とも会わない校舎。みんなが色をつけたあんどんが揺れる。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:のら お題:忘れたい美術館 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:854字
「先輩ぃ、何で電話に出てくれないんですか、人がこんだけ探し回っていたと言うのに」「こんだけだろうとどんだけだろうと、そんなの知るかって話だ。出られない場合だって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:フニャフニャのおっさん 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:679字
「下駄箱かあ・・・」小学校のころ、一人学校に残ったことがある。誰でもあるかもしれない。一回くらいは。なんで残っていたのかは覚えていない。図書室のカギを先生に返し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:東京の俺 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:406字
三鷹に引っ越してきてからもうすぐ半年が経とうとしていた。心配していたほど田舎者扱いされることもなく、新しい友達もできて、まあそれなりの高校生活を送れている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:セクシーなぬめぬめ 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:1234字
バレンタインデーもつつがなく終わり、世間はもうひな祭りの準備を始めている。スーパーなどにも、バレンタインのチョコは無くなり、その代わりにひなあられなどが並んでい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海の庵 お題:知らぬ間の彼女 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:129 人 文字数:534字
この話は墓場まで持っていこうとしましたが、これを誰にも知れぬというのは、自身が書いた文章であっても些か不憫に思い、書き記すことにしました。なに、これは青春時代、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
お茶 ※未完
作者:まんしょ お題:難しいお茶 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:221 人 文字数:266字
お茶の時間よ、と言った姉の声に、凛は身をこわばらせた。そんな。まさか。だって昨日したばかりだと言うのに。今済ませばしばらくは解放されるんだ、今だけ我慢すればい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きさ お題:鋭い星 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:147 人 文字数:1016字
下駄箱に、何か入ってる。 隙間から白い何かがのぞいているのだ。 稔は不思議そうに蓋を開いた。 入っていた物は手紙だった。 それは妙に日に焼けて色あせた便箋だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
反逆学校未完 ※未完
作者:ゾ夢@ツインテールを愛する紳士 お題:反逆の血 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:193 人 文字数:612字
偉大なる反逆者エリグラスが唯一犯した過ちがあるそれは反逆者の血を次世代へと残してしまったこと反逆者としての意思は受け継がれ今の世にも反逆者が存在する反逆の意味を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:D お題:見憶えのある税理士 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:223 人 文字数:568字
夕暮れ。下駄箱に、白い封筒。ハートをかたどったシール。「あなたへ」 周りの目を気にしながら封を切る。「愛するひとへ」 もういちど周りを見回し、そそくさと人気の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
  ※未完
作者:針野六四六 お題:箱の中の家事 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:234 人 文字数:516字
キッカケは何だっただろうか。ときどき、そんなことを考える。 それは自己の探求に等しい。自分とはいったい何者であるだろうか、と。そんなことを馬鹿みたいに模索し続 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:免れた性格 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:1437字
僕の住んでる町は日本人の誰が見ても全ての人が口を揃えて、ど田舎と答えるだろう。この頃コンビニという建物が、都会には少し歩けばすぐ見つかり、そこで必要なものを買い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
私の湖 ※未完
作者:匿名さん お題:最後の湖 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:502字
私の見たかった湖はここにある。あの人はそう言って、私の目を覗き込むと満足そうに微笑んで、この世を去った。おいで、いずみ。今日は絵本を読もうか。果てのない旅に出た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:思い出の夜 必須要素:鬼コーチ 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:857字
夏になると思い出す。特にこんなにも蒸し暑い夜になると尚更。数年前の出来事だというのに、今もなお記憶の中で鮮やかに咲き続けて、忘れることができない。私の部活には有 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
フラット ※未完
作者:匿名さん お題:恥ずかしいロボット 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:589字
まっ白な、工場の無菌室。最上級の清潔さが保たれたその部屋に、一体のロボットが安置されている。「……またか」 宮里は何度目ともしれないため息を漏らす。 他のロボ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恋の闇 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:252字
恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻の吐息 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:1068字
雪がはらはらと舞い落ちていく。もう季節は12月。寒くて寒くてしょうがない。私は仕事を終え、缶コーヒーを飲みながら人を待っていた。指定された場所が公園。本当は暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
屋根裏 ※未完
作者:匿名さん お題:トカゲの悲劇 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:691字
この家に住み着いてから、今日でちょうど2年が過ぎようとしている。家、と言ってはみたが、実際に俺が住んでいるのはホコリにまみれた、薄暗い屋根裏部屋だ。そこで2年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
火の元商事 ※未完
作者:匿名さん お題:騙された川 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:404字
「本当によいんですか?」「ええ、私共も子供が大好きでしてね。是非とも協力させていただきたい」 柔和な笑みを浮かべる社長。初めて顔を合わせた時は警戒心を抱いたが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
乾ガラス ※未完
作者:匿名さん お題:早い妄想 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:299字
四畳半のこの部屋は、どこかの熱帯雨林の様に湿り気を帯びていた。実際に熱帯雨林に行ったことがあるわけではないが、そう感じた。 こんな日は、酷く諧謔的になる。 カ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:阿修羅抜け毛 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:283字
妻が「もう耐えられない」出て行ってしまった。もうすぐ銀婚式で、お祝い用に高級レストランだって予約したのに。 彼女が一体何に「もう耐えられない」と言ったのか、な 〈続きを読む〉