お題:悲観的な嘔吐 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:103字
[削除]

7 ※未完
下駄箱、靴と上履きを履き替える、学校の入り口、家に帰る道のはじめ。あとは、蹴飛ばされた小石、昇降口、傘立て、ピータイル、部活とか、美術の居残り。西日。誰とも会わない校舎。みんなが色をつけたあんどんが揺れる。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:フニャフニャのおっさん 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:679字
「下駄箱かあ・・・」小学校のころ、一人学校に残ったことがある。誰でもあるかもしれない。一回くらいは。なんで残っていたのかは覚えていない。図書室のカギを先生に返し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:東京の俺 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:406字
三鷹に引っ越してきてからもうすぐ半年が経とうとしていた。心配していたほど田舎者扱いされることもなく、新しい友達もできて、まあそれなりの高校生活を送れている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:セクシーなぬめぬめ 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:1234字
バレンタインデーもつつがなく終わり、世間はもうひな祭りの準備を始めている。スーパーなどにも、バレンタインのチョコは無くなり、その代わりにひなあられなどが並んでい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海の庵 お題:知らぬ間の彼女 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:124 人 文字数:534字
この話は墓場まで持っていこうとしましたが、これを誰にも知れぬというのは、自身が書いた文章であっても些か不憫に思い、書き記すことにしました。なに、これは青春時代、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お茶 ※未完
作者:まんしょ お題:難しいお茶 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:216 人 文字数:266字
お茶の時間よ、と言った姉の声に、凛は身をこわばらせた。そんな。まさか。だって昨日したばかりだと言うのに。今済ませばしばらくは解放されるんだ、今だけ我慢すればい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:きさ お題:鋭い星 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:140 人 文字数:1016字
下駄箱に、何か入ってる。 隙間から白い何かがのぞいているのだ。 稔は不思議そうに蓋を開いた。 入っていた物は手紙だった。 それは妙に日に焼けて色あせた便箋だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
反逆学校未完 ※未完
作者:ゾ夢@ツインテールを愛する紳士 お題:反逆の血 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:187 人 文字数:612字
偉大なる反逆者エリグラスが唯一犯した過ちがあるそれは反逆者の血を次世代へと残してしまったこと反逆者としての意思は受け継がれ今の世にも反逆者が存在する反逆の意味を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:D お題:見憶えのある税理士 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:216 人 文字数:568字
夕暮れ。下駄箱に、白い封筒。ハートをかたどったシール。「あなたへ」 周りの目を気にしながら封を切る。「愛するひとへ」 もういちど周りを見回し、そそくさと人気の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
  ※未完
作者:針野六四六 お題:箱の中の家事 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:230 人 文字数:516字
キッカケは何だっただろうか。ときどき、そんなことを考える。 それは自己の探求に等しい。自分とはいったい何者であるだろうか、と。そんなことを馬鹿みたいに模索し続 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ツキノア お題:軽い料理 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:279 人 文字数:620字
さーてと引越しのものもあらかた片付いたし、軽く料理でもしますか。そう思い下駄箱から調理器具を準備する。なんで下駄箱にそんなもの入れてるのかって言われてもワンルー 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:傷だらけの希望 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:249字
キャンディ・スキャンティがヨーロッパ・ロマネスク様式の部屋の宝石箱を開くと今日はそこに大学があった。スキャンダル好きなスキャンティはひとたばのギーク・ボウイたち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の血 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:216字
左手首をかしげると、薄青い静脈が、すうと浮かび上がった。月明かりだけが窓掛け越しに照らす寝室で、ぼくは顔も知らぬ母親について思った。彼女のことは何も知らないのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な神様 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:398字
この世のありとあらゆるものに神は宿る。太陽にも、月にも、海にも、山にも、その辺の歪な石ころにだって宿る。車にも、机にも、携帯電話にも、トイレにも、何を伝えたいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱い音楽 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:356字
私は重い足取りで廊下を歩く。もうとっくに慣れたものだと思っていたが、どうもそういう訳にはいかないらしい。長い廊下の突き当たり、扉を開け、部屋に入り、ため息をつい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:隠された汁 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:541字
秘伝の出汁。関東で1番旨い親子丼を作る父が昔から使い続けている秘密のレシピなのだが、彼のもとで修行を続けて3年経った今でも教えてもらうことは叶っていない。「そり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の冬 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:945字
昨日は散歩の途中で赤と黄色に染まりきった森を見た。今日は桜が咲いていた。どうもまた冬が飛ばされたらしい。 母はそのことについて季節省が方針を転換したみたいと言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:素晴らしい息子 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1973字
そこは、真っ白な空間であった。そんな真っ白な空間の中でポツリと少年が裸で胡坐をかいて、この真っ白な空間に唯一存在する一つの窓ガラスを睨んでいた。窓ガラスの向こう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
FanWX ※未完
作者:匿名さん お題:小説家たちの宗教 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:16字
小説家たちの宗教?俺は仏教だな笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
村の秘め事 ※未完
作者:匿名さん お題:熱い村 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:690字
また、この季節がやってきた。実家を離れて5年も経つのに毎年、この時期に必ず親や兄弟地元の友人から「今年は帰ってくるのか?」と、催促の連絡がひっきりなしに入る。思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:求めていたのはホテル 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:291字
「あつい……疲れた……」「どこか涼みに入れるといいんですけど」 炎天下の中、野外を這いずりまわる営業マンはフラフラだった。とりあえずどこか涼しいところに入りたい 〈続きを読む〉