お題:恋のカリスマ 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:1091字

モテのカリスマ ※未完
 私は男に困ったことがない。そんなことを胸を張って言える人生ならばどんなによかっただろう。
最後の彼を別れてから5年が経とうといた。それからというものの、浮ついた話もなく、私は三十路を迎えようとしている。
 おひとり様にも慣れてしまった。カラオケも、焼き肉も一人で行くことになんの抵抗も覚えなくなっていた。このままでは駄目だ。そう思った私は、婚活アプリに登録したが、1ヶ月でやめてしまった。新しい相手を見つけることに労力を費やすのが馬鹿馬鹿しく感じてしまった。重度だ。末期だ。
 20代前半までは、恋のために生きてるような、そんな女だったのに。人間変わるものだな。

 例にもれず、私はその日も、おひとり様をキメこんでいた。その日は、マンションから2駅離れたところにある、日本食居酒屋にいた。この店は全国各地の銘酒がそろっていて、料理に合わせて日本酒を出してくれる雰囲気の落ち着いた良い店だ。わたしはこの店が気にいって、週2のペースでやって来ている。
 二人掛けのテーブル席でひとり、ちびちびと酒を飲んでいると、店の戸がガラガラと開く音がした。そして、コツコツとヒールの音が店内に響いた。その音はだんだん近づいてくる。
 コツコツコツコツ、コツ。その足音は、私のすぐ近くで止まった。視線を感じて、フッと顔を上げた。そこには、スラリと長身で長い黒髪の美人が立っていた。この時、すでに私は、3合ほど飲み干していて、そこそこ酔っぱらっていた。
 黒髪美人は大きな二重瞼の瞳をパチパチと瞬きさせたあと、何も言わずに、椅子を引いて、私の前に座った。
 「・・・え?えっとどちら様ですか?」
彼女は私の問いには答えず、やって来た店員に本日のお勧めを頼んだあと、長い髪を耳にかけながら、私を上目遣いに見た。美人にこんなふうに見つめられては、女の私でもドキドキする。
 「あ、あの」
 私が口を開くと、私の言葉を遮るようにその美人は言った。
「貴方、こんなとこで何してるの?」
いや、それはこっちのセリフだ。なんで貴方は私の目の前に座っているんだ。それよりも誰なんだ。
「いや、お酒を飲んでるんだけど」
そう言うと、美人はわざとらしくため息をついた。
「またひとりで?」

「あの、申し訳ないんだけど・・・どちら様ですか」
たまらず、私は聞いた。
すると美人はまたため息をついた。
「もしかして覚えてないの?」
「…はい」
私は素直に頷いた。
「先週、この店で話しかけてきたのは貴方のほうじゃない、『お願い、私にモテというものを教えてくれ』って」
「…は?」
「それで、散々教えてあげたのに…


作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ほわいと@次はポピパファンミ お題:くさい息子 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:944字
真夏の日中、街中は地獄だと思う。ただでさえ気温は高いし、コンクリートジャングルには熱を和らげてくれるものなんて何もない。だからと言って、河川敷もさほど涼しいわけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
フラット ※未完
作者:匿名さん お題:恥ずかしいロボット 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:589字
まっ白な、工場の無菌室。最上級の清潔さが保たれたその部屋に、一体のロボットが安置されている。「……またか」 宮里は何度目ともしれないため息を漏らす。 他のロボ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ここで禁酒するなら最初から飲んでねえ お題:君と扉 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1525字
人間が文章を読めるスピードは、文章のタイプにもよるだろうが、おおよそ400文字/分程度だと言われている。日本語の場合、という条件も付け足す。ここで30分の間に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:野球 お題:男の職業 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1110字
すげえ!男女差別だ!ジェンダーだ! 男女差別主義者の俺は快哉を叫んだ。 完全男女平等社会健全育成推進法案が可決したのち、ついに『完全男女同権平等雇用教育機会均 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
火の元商事 ※未完
作者:匿名さん お題:騙された川 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:404字
「本当によいんですか?」「ええ、私共も子供が大好きでしてね。是非とも協力させていただきたい」 柔和な笑みを浮かべる社長。初めて顔を合わせた時は警戒心を抱いたが、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:砂糖あめ お題:俺の死 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:613字
このまま生きていても仕方ないから死んだ。目を覚ましたら俺は死んでいた。死んだのに意識があった。この世に未練があるわけでもないのに、俺は幽霊のようなものになったら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イグモ@小説 お題:思い出の祖母 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:684字
ロッキングチェアに深く体を沈めると、廊下の柱時計が正午の鐘を鳴らした。昼食の準備を放棄しながら、私は、この椅子に座って誰かが過ごしていた時間に思いをはせる。祖母 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かっこ悪いダイエット 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:362字
一也は首を傾げた。「これ、なんだったかな」 訝しむ視線の先、そこにあるのは古びた写真。久しぶりに帰省した実家の物置を整理していたところ、フレーム入りのそれを見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かわうそちゃん お題:男同士のにおい 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:513字
とある川の河川敷。整備されていない区画をあるいていた。そこは雑草が生い茂り、妙な匂いが立ち込めている。「あの河川敷の整備されてないところ・・・出るらしいよ」友人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:下畑耕司@小説家になろう お題:君のクレジットカード 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:652字
「はい。落としたよ。これ」これはさっき、彼女が財布から落としたカードだ。「君のクレジットカード?」彼女から帰ってきた答えは「うん。そう」だった。ありえない。なぜ 〈続きを読む〉

ichidukiの即興 小説


ユーザーアイコン
人体冷凍保存 ※未完
作者:ichiduki お題:冷たい液体 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:596字
「申し訳ございません。もうこれ以上、治療法は残されておりません」両親と担当医が話しているのを偶然聞いてしまった。ドア越しに母の震える声が聞こえてきた。「そんな、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ichiduki お題:灰色の夜 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:375字
「おじいちゃんが子供の頃はな、まだ、夜空を見ることができたんだよ」僕は、ふと、生前のおじいちゃんの言葉を思い出した。つい昨日、おじいちゃんの二回忌を終えた。優し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
僕の街 ※未完
作者:ichiduki お題:興奮した団地 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:594字
僕はこの街が嫌いだった。 ここら辺は工業地帯ということもあり、僕の住む団地の住人のほとんどが工場に勤務していた。僕の父親も、近くの化学工場に勤務する会社員だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ichiduki お題:最強の地獄 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:489字
気がつくと、僕は死んでいた。自分が死んだと気がつくのにしばらく時間がかかったが、ごうごうと燃える炎が自分の回りを取り囲んでいて、目の前には、大きな机があり、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ichiduki お題:真実のボーイズ 必須要素:奴の小指 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:1962字 評価:0人
ここ最近、カズマの様子がおかしい。俺に対してよそよそしくなった気がする。暇を見つけては毎日のように俺のアパートにやって来ていたのに、ぱったりと来なくなった。大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ichiduki お題:恋のカリスマ 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:1091字
私は男に困ったことがない。そんなことを胸を張って言える人生ならばどんなによかっただろう。最後の彼を別れてから5年が経とうといた。それからというものの、浮ついた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ichiduki お題:情熱的な母性 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1152字
私が高校教師になったのは、親がそうしろと言ったからだ。私の人生は、ずっと親のいいなりだった。高校も、大学も、親が指定する学校に入った。引っ越し先のアパートも、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ichiduki お題:かっこいいしきたり 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:875字
時代錯誤も甚だしい。だけど、これが現実だ。俺は、志水崎家の長男として生まれた。名前は庄之助。年は16。平成も終わろうとする現代に、こんな時代劇みたいな名前を俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ichiduki お題:怪しい冬 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:1007字
俺は小さい頃から冬が嫌いだ。冬がくるとろくなことが起こらない。その日も俺は、コンビニのレジに立っていた。店の外はすでに日が沈んでいて暗く、おまけに雪が降ってき 〈続きを読む〉