お題:簡単な酒 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:795字

熟成された空気
(#129)

 グツグツグツ…。
 異様な臭気が漂っている四畳半ほどの小さな部屋。
 そこは地下室であるためか、開口部は出入り口である木製のドアひとつだけしか見当たらない。
 それ以外の内装は、床も壁も天井もすべて無骨なコンクリートである。
 その部屋の床の中心に、両手で抱えられる程度の大きさの壺が置いてあった。
 壺の中はドロドロとした粘液が入っているようだが、その中身は計り知れない。
 光量乏しい室内であるから粘液の色すら判別できず、得体が知れない。
 臭気は壺の中身、すなわち粘液から立ち上っているようであった。
 沸騰しているのか、何らかの化学反応が今まさに進行中であるためか。
 粘液は気体を生成し続けている。
 木製のドアが時々苦しそうな軋み声を上げる。
 室内の気圧が高まり続けており、そろそろ限界が近づいているのに違いない。
 恐らくもうじき木製のドアが破壊され、室内の気体は外部へ勢いよく流れ出るであろう。
 そうなれば終わりだ。
 これまで長い年月をかけて創り上げてきたものが無駄になる。
 だけれど、誰も管理する者はいないのだ。
 未来は神のみぞ知る。
 木製のドアがまた苦しそうに呻き声を上げた。
 そして…。

「あ、どうやらあそこだぞ」
「本当だ!」
 ぼうぼうに伸びきった雑草に行く手を阻まれながらも、二人の男性が歩を進めていた。
 その頭髪は白く、肌には茶色いシミが多く見られる。
 水分を失ってミイラのように干からびた指先を使って、彼らは小さな建物の扉をこじ開けた。
 目の前には地下へと通ずる石造りの階段が伸びていた。
 二人はペンライトを手に、慎重に階段を下りた。
 鼻を刺すような異臭にはすぐに慣れた。
 ギシギシという軋み音が先の方から聞こえる。
 ライトで照らすと、木製のドアが音を立てているようだった。
 男たちは勢いよくドアを蹴破った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単な酒 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:470字
コンビーフの缶を開ける。今時はイージーオープン缶という便利なものがあるというのに、なぜ野崎は巻き取り鍵方式に拘泥するのか。ぶつくさ言いつつもこの鍵をくるくるする 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うろ お題:簡単な酒 制限時間:4時間 読者:216 人 文字数:2818字
簡単な酒……うーん、ビールとか、ウイスキーとか?先日、20歳になった。当方、大学2年生である。大学生になると、皆早々にお酒に手を出す。まだ10代にも関わらず。新 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単な酒 制限時間:4時間 読者:213 人 文字数:1497字
私は壊れてしまったか。 私は何に困っているのか。あの時のような充実感が感じられない。私は成り立っていられない。やはり壊れてしまったのか。ここは、壊れた原因を冷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ととのえ お題:簡単な酒 制限時間:4時間 読者:205 人 文字数:1030字
オレンジページを読み始めたのは大学に入ってからだ。バイト先にある雑誌の群れからなんとなく選んだのが出会いと言えばそれまでなのだけれど、背景には私が今時のきらきら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
奇妙な門 ※未完
作者:匿名さん お題:奇妙な門 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:477字
あれは、去年の今ぐらいだったかな。私と彼氏とAとAの彼氏さんと夜集まって飲んでてさあ。なんか、あるじゃん。なんでそうなったか分かんないんだけど、よくある話。怖い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:殺された希望 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1256字
自我の分離。それは、あってはならない事象。身体の中に一つの椅子しか存在しないように、贋作が贋作であるように。この世界に正しきものは一つしか存在してはいけない。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:どす黒い多数派 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1297字
「昔々あるところに、黒い魔法使いの村がありました……」 大鷺高校文芸部部長・真倉エミリの自作の絵本の語りを、同高校美術部部長の七條露子は期待と恐れの入り混じった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炎の人 お題:ねじれた電車 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:895字
その日は世界が変わってしまった日であった。世界に魔法が生まれたのだ。魔法と言ってもあくまで比喩表現だ。魔法というよりは悪魔と言うべきか。とかく、僕はそんな異様な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:恥ずかしい事故 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:402字
夏の思い出作りに繰り出した。いつもの悪友、腐れ縁のトシローと一緒である。お盆が開けて急に涼しくなってきたので、近視眼のトシローは焦っているようだった。「海にゃ入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炎の人 お題:僕と凶器 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:952字
僕は家に凶器がたくさんあることを知っている。それは現代社会の日本の中では中々考えられることのないコトだ。何故なら、それらは犯罪において使われることこそあれど、普 〈続きを読む〉

yaichiyoの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:楽しかった昼食 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:973字
(#138) 誰かのことが自分にとって大切な存在だったのだと知るのは、いつも誰かが自分の前から去った後。 理屈では解ったつもりになっているけれど、いつだって同じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:バイオ火 必須要素:ラガーマン 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:767字
(#137) 自国で世界的なラグビーの大会が開かれる。 そのニュースを聞いた瞬間、きっと国の誰もが飛び上がって喜びを表現しただろう。 かく言う私もまた、隣に偶然 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絵描きのボーイ 必須要素:聖書 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:847字
(#136) 見渡す限り白い靄に包まれている。 それらは空気中に含まれている水分なのだと知っているから、少年は口を開けて靄を摂取していた。 たとえ食べる物が無く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:神のうどん 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:728字
(#135) キラキラと輝く白くて太い縄状の集まり。 それは薄らと金色がかった透明度の高い液体の中で優雅に泳いでいる。 ところどころツンとした刺激的な香りを発し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:自分の中の処刑人 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:752字
(#134) 自分の脳内には天使と悪魔が棲んでいて、様々な選択時に登場してはバトルを繰り広げている。 そんな言い回しは腐るほど聞いていたのだけれど、まさか自分の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:今度の行動 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:830字
(#133) 予め自分の未来を知ることが出来る権利があるならば、あなたはそれを使うだろうか。 未来を知らないからこそ、何が起こるかわからないことが楽しみで生きて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:僕と軽犯罪 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:885字
(#132) 男性が生まれつき持っている欲望は、理性で制御できるほど甘いものではない。 それを知っているのは、愛の国と呼ばれる「かの国」だけなのかもしれない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絶望的な罪 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:818字
(#131) 自分が何らかの罪を犯している、あるいは過去に罪を犯したという経験は、自分の一生につきまとい続けることになる。 罪に対する罰は折に触れて訪れる。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:恥ずかしい君 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:845字
(#130) 空を飛べると信じたことはあるかい? そんな問いかけを真剣な表情で放つ君。 私はいつも「そんな難しい質問には答えられない」と曖昧な笑顔を浮かべてかわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:簡単な酒 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:795字
(#129) グツグツグツ…。 異様な臭気が漂っている四畳半ほどの小さな部屋。 そこは地下室であるためか、開口部は出入り口である木製のドアひとつだけしか見当たら 〈続きを読む〉