お題:夜のハゲ 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:963字

豪雨じゃなくて降雨じゃなくて
「北海道から東日本にかけて、今夜未明、激しい雪が降るでしょう」
と、いう事をテレビのウェザーニュースででアナウンサーの人がいってて、

「え?何何?」
ってなった。

今夜、激しい雪?

激しい雪?って何?夏の時分であれば、激しい雨、ゲリラ豪雨、今ゲリラ豪雨っていう言葉がまだ存命しているのか不明だが、とにかくそういうのなら知ってる。激しい雨、なら知ってる。実際激しかったし。滝か?って思ったし、ナイアガラか?ってなったし。家倒壊するんじゃないかと思ったし。

とにかく激しい雨なら知ってる。南国感があった。

しかし激しい雪っていうのは初耳だった。しかも今夜降るという。今夜?まさかあ。冬型の気圧配置どうなってんだってなるよねえ。そんなのは。

聞き間違いか?ってなった。多分、ハゲの事とかを考えていたから聞き間違えたんだろう。多分。今夜未明に雪が降るとかそういう普通の事を言ってたに違いない。多分そうだろう。

実際そのウェザーニュースに出ていたアナウンサーは時々噛んでしまう事で有名だった。ねとらぼで取り上げられているのも見た。

バイオリメイク2のアマゾンでのレビューが秀逸っていうのの次にその人のニュースが乗っているのを観た。

実際、それから終わるまで凝視していたウェザーニュースで、そのアナウンサーの人が、
「北海道から東日本にかけて、こんにゃみめい、雪が降る予想です」
って言って、

「あああん!」
ってなったし。使い古された言葉、萌え。っていうのが降臨したし。今風に言うと、尊い?癒し?これで明日も頑張れる?

欲情するところだったし、殺されるところだったし、とにかく聞き間違えたに違いなかった。激しい雪とか、はっは!ってなった。愉快な気持ちになった。心がほんわかした。シチューのCMを観た時みたいに、ハウス食品とかの。

とにかく激しい雪なんてそんなもの無いんだよ。雪が激しく降るとか。デイアフタートゥモローとかじゃねんだから。

そんなことを考えながら、葛根湯を飲んでその日は愉快な気持ちになって布団に潜り込んだ。いい夢が見れそうだった。

しかし、夜中、夜半、未明?

どんどんっていう音で目が覚めた。

カーテンを開けると、雪が降っていた。

塊で降ってた。

車くらいの大きさの塊で降ってた。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:のら お題:夜のハゲ 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1024字
「この豚野郎」と思わず口走ってしまった彼女の剣幕に、一瞬惹かれるものがあったのは事実だ。実際、寡黙な性質の彼女がここまであからさまに感情を露わにするという事が珍 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の14歳 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:628字
私はそろそろ14歳になる。あと五時間経てばもう14歳だ。北海道ではもう-3度まで下がり、肌寒いレベルではなくなってきた。北海道と言えばホタテ、マグロ、牛乳... 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:10の姉妹 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:425字
「背番号には、特に意味なんてない」 そう、『8番』の彼女は言った。 都内某所にある古びた雑居ビルの一室。つまり、この世のどこかにはあるけれど、どことは明言できな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:おいでよ映画館 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:289字
日本の北、北海道の更に北、その果てにあるこの街。この街には映画館が一つしかない。この映画館で上映されるのはもちろん最新のものではない。昔ながらの古いフィルム式の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:気高い犬 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:145 人 文字数:489字
体毛も含めた頭部の形状がまるで北海道のようであったから、その秋田犬は北海王と呼ばれた。威風堂々としたその体格は犬というより最早、羆ではないかと言われていた。日に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:気高い犬 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:829字
「どこにいくのですか?」お嬢様は私にそうすがって離そうとはしなかった。きっとずっとこの扉の横で待っていたに違いない。玄関の使用人が手にコーヒーをもって静かに階段 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かっこ悪い民話 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:249字
箱兵衛は雪国の百姓だった。箱兵衛は早くに両親を亡くして身寄りもなく、小さな小屋で一人寂しく暮らしていた。しかし箱兵衛は真面目で努力家だったので、自分で食べきれな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:原稿好き好き超愛してる お題:うわ・・・私の年収、旅行 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:913字
あまりにも小説のネタがないため北海道に来た。そう、言わずもがな私は作家志望なのである。とりあえず期間は三日間。旅行会社を通さずに行き当たりばったりで家を飛び出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:A couple of parson お題:青い列車 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:941字
「青い列車」その話を聞いたのは友達だった。聞いたのは友達とはなす何気無い内容の一つだった。青い電車なら別に普通ではないかというのが第一印象だった。しかし友達が話 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四畳半カバネ お題:興奮した笑顔 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:142 人 文字数:405字
寒い!海から容赦なく風が吹く。どうしても顔面は防御しきれず一部皮膚が露出している訳だが、そこにとにかく寒風が突撃してくる。寒い!冷たい!でも楽しい!初めての北海 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:強い稲妻 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:844字
外は曇っていた。「あーあ」私はその日、他人を殺してしまった。その人の家で。知り合い、知り合いではあったが私は最初からなんとなく好かない相手だった。だから他人であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:都会の時雨 必須要素:グーグル 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1206字
田舎者である私が、都会に出る時、祖母から、「財布は二つに分けた方がいい」というようなことを教わった。結構本気のトーンで教わった。一個は普通に持ってていいけども、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:犬の愉快犯 必須要素:変なにおい 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1137字
ある日、喫煙スペースでタバコを吸っていると、有閑マダムみたいなマダムが(決して奇抜な格好をしているとか、トンボみたいな眼鏡をしているとか、極端に高そうな服、カバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:名付けるならばそれは団地 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1169字
子供のころ、家族で秋田に行ったとき、イオンの中にダイソーがあった。私たちにとってそれは初めて見る百円ショップだった。今ではどこぞかしこぞ、なんだかんだ、あっちだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ゆるふわ愛され小説修行 必須要素:戦闘機 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1030字
一時、ゆるふわ愛されヘアみたいな、そういう髪型が流行った。あるいは今もはやっているのかもしれないし、スタンダードの一つに加わったのかもしれない。もしくは有史以来 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:犯人は検察官 必須要素:えへへ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:968字
「こないだのバトル、僕と検察官っていうお題だったでしょ?」「は、はい・・・そうですけども」急になんでこないだのバトルのことを言い出したんだこの人、怖い。そういう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ありきたりな口 必須要素:文豪 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:876字
即興小説トレーニングは、ツイッターのアカウントが必須であった。私がそれを知ったのはなろうで、ある人の作品を読んだら、「即興小説トレーニングで書いたやつです」って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:わたしの嫌いな吐息 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1153字
普段、いびきでどうこうなるようなやわな睡眠はとっていない。なんせ私の睡眠は強力で、携帯のアラームでも起きないし、それを二個セットしても起きない。音じゃダメなのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:団地妻の使命 必須要素:マイナスドライバー 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:698字
人によっては団地妻というだけで、エロい、いやらしいという人もおり、中には、「彼女らは普段から退屈だろうから、組み伏せて多少無理やりでもヤッてやったら喜ぶだろう」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:かっこいいお金 必須要素:変なにおい 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:907字
昔なんかの漫画で、絵柄は思い出せるんだけども、作者の名前とかタイトルとかは一切思い出せない。その昔読んだ漫画で、ある家に泥棒に入った男が家探しをしている途中で、 〈続きを読む〉