お題:光の国 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1347字

韜晦
毎夜毎夜、どこからか声が聞こえてくる。

(ねぇ…)

私は、その声に知らないふりをし続けていた。

次の日も、その次の日も。

どんなに声が聞こえても、決して反応しない。

それでも、声が止むことはなかなった。

(はぁ…今日もダメ…か)

そう言われても、返事はしない。

だって、見えないものに返事をしたら…。

そう思うと、とても怖いから。

(また明日、ね)

それでも、声は必ず聞こえる。

いつからこの声は聞こえるようになったんだっけ。

ゆっくりと記憶をさかのぼる。

あれはたしか…そうこの家に来た日から。

両親の突然の死によって、親戚の家に来たその日。

暗く、悲しい気持ちになっていた時、何かが私に話しかけてきたんだ。

(…大丈夫?)

はじめは、親戚の人が声をかけてくれたのかと思った。

けれど、辺りを見渡しても、だれもいない。

不思議に思って問いかけようとした。

けれど、その最中暗闇の中で何かが動くのが目に映った。

小さな人形。

金色の髪に透き通る青い瞳。

ひまわり…とでも言ったらいいのだろうか。

それほどまでに、人形が美しく見えた。

だけど、すぐさまその思考はかき消される。

だって、人形が話すはずがないのだから。

そう思いながらも、声は聞こえてくる。

(はじめて見る顔ね)

その声に、頷きそうになる。

だけど、そうしてはいけないと、心の奥で何かが止めた。

きっと、その先にあるのは、おとぎの国。

前に本で読んだことがある。

一度誘われたら、抜け出すのにとても大変だと。

特に、父も母も死んだ今だ。

この声はきっと私を連れて行こうとするだろう。

遠い遠い、どこかの国へ。

それが、どことなく嫌だった。

何故なのか、理由はわからない。

その声に答えて、両親のところへ行けるなら…。

そう思うことこそ、きっと人形の策略。

だから、私はただ眠り続けた。

それが正しいことだと思っていたから…。

目が覚める。

外を見ると日が出ており、部屋を照らしている。

部屋の奥の方へ目を向けると、昨日の夜見た人形がそのまま壁に座っていた。

あんなところにあっただろうか。

そう思って、人形に手を伸ばす。

触ってみても、何も起こらない。

一息つき、安堵を覚える。

この人形は一体なんだろう。

私に語り掛けてきたあの言葉は…。

その真意を知ることなく、数か月の時が過ぎた。

未だに、人形に返事はしていない。

気まぐれなんか起こしたらダメだ。

…そう思っていた。

それでも、どこか毎日声をかけてくれる姿…、いや姿勢に心が揺らぎ始めていた。

一度だけなら。

そう、きっと一度だけなら大丈夫だろう。

そんな風に考えながら、日中を過ごした。

あっという間に日は落ち、夜になった。

人形を見つめる。

さぁ、今日こそ会話をするんだ。

そう思って、人形を見つめ続ける。

けれど、いつまでたっても、声は聞こえてこない。

ねぇ、そこにいるんでしょう?

そう問いかけた。

だけど、一切返事はない。

私の勘違いだったのだろうか。

その日を境に声は聞こえなくなった。

あれは、一体なんだったのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:光の国 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:396字
その国は光で満ちていた。光が消えることはなく、昼夜問わず国民を照らし続ける。しかし国民の顔は決して明るくない。なぜならその国―――ライトニング―――は文字通り光 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:間違った幻覚 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1005字
寝ていたはず。寝ていたとは思いたい。だからこれは、夢である。夢じゃなきゃ困る。いや本当に、夢だよなこれは。うん。 これが例えば、ふと横を見たらクラスメイトのそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:肌寒い祖母 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:912字
あれだけ暖かかったおばあちゃんが、冷たくなっている。 棺に納められている姿は、ただ寝ているだけと勘違いしそうになる。しかし、あたしはおばあちゃんの寝ている所な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:荒ぶるいがらっしー お題:斬新な克服 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:494字
お前、それ苦手だって言ってなかったっけ、と友人に声をかけられたので、そうだよ、と返した。目の前にあるのは大嫌いな魚の煮付け。「ついに克服する気になったか。まあ食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:斬新な克服 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1153字
「サイコロを振る」 「はい?」 「出た目の順番に会った相手にケンカを売りましょう」 「えー?」 人生に行き詰ったので、クスリと宗教とマルチと風俗とオトコとオン 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:犯人は霧雨 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:307字
昨夜の天気は曇り時々雨でした。かろうじて居場所の知れる月が薄い霧を浮かびあげ、視界を可視化された月光で隠していたでしょう。 光というのは、本来、見えないものを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:死にかけの光 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:52字
「……あと20%です。」「…あと10%です。」「5分後にスリープモードになります。」「おやすみ」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの好きな音 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:694字
私には好きな音がある。それはふとした時に聞こえてくる、一つのフレーズ。同じものがあっても同じ響きは、そして同じ意味は無い、誰もが持っている音。そう、本当になんて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
男浪漫 ※未完
作者:匿名さん お題:薄汚い螺旋 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:165字
ガリガリガリガリ、と音が鳴る。土塊を砕き、空気に溶かす。それは、積み上げたモノの悲鳴、または歓喜。先に逝くぜ、とでも言うように。ここでは輪廻転生が流行っているら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:薄汚い螺旋 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:256字
ぷっと膨らんだ赤が零れる。この液体には目に見えない無数の螺旋が含まれている。そっと透かしたそれは、とても憎らしく見えて。指先の小さな傷を握り込み、穢れた血を押し 〈続きを読む〉

イトカ/欄橋(らんばし)の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:遠い宗教 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1290字
0と1。その境にあるものは、果たしてなんなのか。曖昧という言葉に隠されたもの。それは、真であり、裏である。では、0がいくつ並ぼうが、1がついていれば1なのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:疲れた目 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1018字
渇く。今、黒を見ているから。飢える。赤を求めているから。目。今、僕は見ている。何を?何を。目は嘘をつかない。脳を騙さない。赤が欲しい。きっと足りないから。サクッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:イギリス式の平和 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1174字
空に立ち上る黒き煙。それが、終わり、あるいは始まりの合図だった。人々は理性を失ったかのように、暴れ始める。怒号が飛び交う中、ものを壊し、殴り、蹴り、刺し、屠り。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:猫のエリート 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:926字
かつて、この世界は5つの場所から成り立っていた。北の方角にある"アカ"と呼ばれる場所は、降り注ぐ光が照り返すほど白い世界が広がっている。東の方角にある"ミドリ" 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:近い窓 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1226字
白い一室。中にあるのは、椅子と机。それから、小さな窓。上を見れば、一面に正方形が連なっていて、壁を見れば白で埋め尽くされている。この部屋に、2つだけ違う色がある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:綺麗なドア 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1521字
その日、世界は光に包まれた。真っ白な世界。それが、僕が覚えている最後の光景だった。あれから、世界はどうなってしまったんだろう。粒子が輝く空間の中で思考を続ける。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:小説の中の彼方 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1241字
夕暮れ時。逢う魔が時。門は開き、異形は世に解き放たれる。多世界を侵略するように。未開の地は彼らにとって新たな食料庫だ。どんなに食べ尽くしても、何も問題はない。全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:未熟なパラダイス 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1072字
出会いは突然だった。いいや、ある意味で言えば、別れかもしれない。「空を見上げよ」繰り返される日常を順風満帆な気持ちで過ごしていたその日、誰かの声が聞こえた。その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:フォロワーの敗北 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1521字
屋上から空を見上げる。一面の青空。雲一つないパレットの上には、青が広がり続けている。「はーっ…」どうしてこんなことになってしまったんだろう。わからないまま、ここ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:阿修羅カラス 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1610字
胸の内に宿る儚き想い。焦燥。嘲笑。何もかもが、全てを壊す。いらない、何も。ここにあってはならないものだから。内にあれば、壊れてしまうから。だから、早く出さなけれ 〈続きを読む〉