お題:光の国 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1347字

韜晦
毎夜毎夜、どこからか声が聞こえてくる。

(ねぇ…)

私は、その声に知らないふりをし続けていた。

次の日も、その次の日も。

どんなに声が聞こえても、決して反応しない。

それでも、声が止むことはなかなった。

(はぁ…今日もダメ…か)

そう言われても、返事はしない。

だって、見えないものに返事をしたら…。

そう思うと、とても怖いから。

(また明日、ね)

それでも、声は必ず聞こえる。

いつからこの声は聞こえるようになったんだっけ。

ゆっくりと記憶をさかのぼる。

あれはたしか…そうこの家に来た日から。

両親の突然の死によって、親戚の家に来たその日。

暗く、悲しい気持ちになっていた時、何かが私に話しかけてきたんだ。

(…大丈夫?)

はじめは、親戚の人が声をかけてくれたのかと思った。

けれど、辺りを見渡しても、だれもいない。

不思議に思って問いかけようとした。

けれど、その最中暗闇の中で何かが動くのが目に映った。

小さな人形。

金色の髪に透き通る青い瞳。

ひまわり…とでも言ったらいいのだろうか。

それほどまでに、人形が美しく見えた。

だけど、すぐさまその思考はかき消される。

だって、人形が話すはずがないのだから。

そう思いながらも、声は聞こえてくる。

(はじめて見る顔ね)

その声に、頷きそうになる。

だけど、そうしてはいけないと、心の奥で何かが止めた。

きっと、その先にあるのは、おとぎの国。

前に本で読んだことがある。

一度誘われたら、抜け出すのにとても大変だと。

特に、父も母も死んだ今だ。

この声はきっと私を連れて行こうとするだろう。

遠い遠い、どこかの国へ。

それが、どことなく嫌だった。

何故なのか、理由はわからない。

その声に答えて、両親のところへ行けるなら…。

そう思うことこそ、きっと人形の策略。

だから、私はただ眠り続けた。

それが正しいことだと思っていたから…。

目が覚める。

外を見ると日が出ており、部屋を照らしている。

部屋の奥の方へ目を向けると、昨日の夜見た人形がそのまま壁に座っていた。

あんなところにあっただろうか。

そう思って、人形に手を伸ばす。

触ってみても、何も起こらない。

一息つき、安堵を覚える。

この人形は一体なんだろう。

私に語り掛けてきたあの言葉は…。

その真意を知ることなく、数か月の時が過ぎた。

未だに、人形に返事はしていない。

気まぐれなんか起こしたらダメだ。

…そう思っていた。

それでも、どこか毎日声をかけてくれる姿…、いや姿勢に心が揺らぎ始めていた。

一度だけなら。

そう、きっと一度だけなら大丈夫だろう。

そんな風に考えながら、日中を過ごした。

あっという間に日は落ち、夜になった。

人形を見つめる。

さぁ、今日こそ会話をするんだ。

そう思って、人形を見つめ続ける。

けれど、いつまでたっても、声は聞こえてこない。

ねぇ、そこにいるんでしょう?

そう問いかけた。

だけど、一切返事はない。

私の勘違いだったのだろうか。

その日を境に声は聞こえなくなった。

あれは、一体なんだったのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:光の国 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:396字
その国は光で満ちていた。光が消えることはなく、昼夜問わず国民を照らし続ける。しかし国民の顔は決して明るくない。なぜならその国―――ライトニング―――は文字通り光 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
奇妙な門 ※未完
作者:匿名さん お題:奇妙な門 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:477字
あれは、去年の今ぐらいだったかな。私と彼氏とAとAの彼氏さんと夜集まって飲んでてさあ。なんか、あるじゃん。なんでそうなったか分かんないんだけど、よくある話。怖い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:どす黒い多数派 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1297字
「昔々あるところに、黒い魔法使いの村がありました……」 大鷺高校文芸部部長・真倉エミリの自作の絵本の語りを、同高校美術部部長の七條露子は期待と恐れの入り混じった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炎の人 お題:ねじれた電車 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:895字
その日は世界が変わってしまった日であった。世界に魔法が生まれたのだ。魔法と言ってもあくまで比喩表現だ。魔法というよりは悪魔と言うべきか。とかく、僕はそんな異様な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:恥ずかしい事故 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:402字
夏の思い出作りに繰り出した。いつもの悪友、腐れ縁のトシローと一緒である。お盆が開けて急に涼しくなってきたので、近視眼のトシローは焦っているようだった。「海にゃ入 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:炎の人 お題:僕と凶器 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:952字
僕は家に凶器がたくさんあることを知っている。それは現代社会の日本の中では中々考えられることのないコトだ。何故なら、それらは犯罪において使われることこそあれど、普 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:873字
ふと思い立って湖に身を投げたところ、ひとりきりと思った水中に先客がいた。悪鬼そのものといった顔をして、ひどく怒っている様子である。さては、夕涼みに水浴びでもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夏の後悔(真) ※未完
作者:匿名さん お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:183字
限界だ真底限界だ。そもそも乗り物酔いが酷いのに、なぜ僕は車に乗ってしまったのか。この車は海に向かうという。いいじゃないか白い砂浜・青い海・そして水着美女とのアバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:519字
酒を飲みすぎて吐く。そんなのは全然危なくはない。周りに迷惑がかかるぐらいのことだ。胃の中に異物が入ったから吐き出す。生物としての生理現象に過ぎないだろう。人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
薔薇 ※未完
作者:匿名さん お題:美しい薔薇 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:483字
才能があるということは罪だ。思春期真っ盛り、いつものように自転車を漕ぐ僕は、14歳の夏にそう思ったのを覚えてる。才能があるばかりに、それをしなくてはいけない。才 〈続きを読む〉

イトカ/欄橋の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:殺された希望 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1256字
自我の分離。それは、あってはならない事象。身体の中に一つの椅子しか存在しないように、贋作が贋作であるように。この世界に正しきものは一つしか存在してはいけない。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:今年の尿 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1283字
あの日、空が落ちた日。僕らは、願っていた。「どうか、世界を終わらせてください」僕から見て、この世界は腐ってる。誰もが得をしようと画策しているけれど、人はその過程 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:マンネリな過ち 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1446字
「私は誰?」そう、私に問いかける。けれど、返ってくる答えはいつもと同じ。「私は貴方」その返答に違和感を覚える。何故なら、私は貴方を知らない。いつからだろう。私が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:見知らぬ戦争 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1400字
世界の終わりは、今目の前にある。灰色の空。倒壊したビル。全てが黒に包まれている。現状を一言で表すのであれば、終末と言えるだろう。こんな世界で、僕はただ一人歩き続 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:有名なセリフ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:947字
空を見上げて息を吐く。「明日天気になれ」小洒落た言葉を唱えて、サンダルを投げる。視線の先に落ちたサンダルは、ひっくり返っていた。「はぁ…」こんな天気占いでさえ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:暴かれた紳士 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1265字
いつもと変わらない教室。そこに居た君は、僕にとって特別だった。初めて抱いたこの感情。それはきっと、恋…だったのだろう。だった…そう、過去形だ。今の僕には、彼女を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:女の表情 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:808字
視界が赤い。「ぐっ…ごほっ!」口から液体が溢れる。(っ…!いってぇ!)右肩を押さえながら、ゆっくりと立ち上がる。「あら、貴方の実力はその程度でしたの?」煽るよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:贖罪の旅行 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:980字
背中から一筋の赤い雫が零れ落ちる。それは、先程までは無かったもの。力の代償として身に受けた罰。「ごほっ…」手で口を抑え、液体を受け止める。(…最悪だ)どうやら、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:12月の手 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1256字
暗い部屋の中。ぴちゃり。何かが落ちる音がする。(そっか…私)赤く滴る手を見つめながら鏡を見る。そこに映っているモノ。それを"壊す"ために手を取ったんだった。(… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:高貴なつるつる 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1554字
世界は悪意にあふれている。こう唱えたのは、果たして誰であったか。誰か一人の善意が、悪意へと変わるのは容易い。物の見方を変えてしまえば、世界は容易に形を変える。だ 〈続きを読む〉