お題:激しい罪人 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:901字

罪の具現化10
 罪を具現化させる技術ができたのは最近のこと。
 データとして人が人生で背負う罪はおよそ重さにして1㌧。これは年長者の平均で、政治家なんかは汚ないもので、100㌧以上になる。
 その重みに耐えきれなくなった人は命を自ら削るほどだ。まぁこれは最近の人には当てはまらない。純粋な人であっても罪がないわけじゃない。
 ちょっとしたことで人を傷つけたり、癒やしたりする。それが人というもの。
 僕はそんな罪人の重さを軽くする仕事をしてる。具現化したものを減らせるのは実物化できてるのだから当然の行為。
 もっとも国の管理された場所でしかできないので、アンダーグラウンドは罪人ばかりだ。あと許可制でお金持ちであってもできない場合がある。
 そんな罪人のなかで救いたいなと動いてる人がいる。そのこはわずか10歳にして自分では動けない状態まで罪を背負った。話を聞けば冤罪でそうなったといってた。
 そのことを信じるかどうかは聞いた人次第であるが、何回も話をしてるとそんなことをした人には到底思えないものだった。
 友人の彼女を寝取ったとか、お金を盗んだとか、教師と肉体関係を持ったとか、わりと聞かないようなことがあったみたい。
 でも、そのこは誰が悪いかなんて一言も話さなかった。好きでその罪を背負ったと笑ってた。
 ここまで罪人らしくない罪人ははじめてだった。
 だからこそ、僕はどうにかしたくなった。
 そうしてやることをやって、そのこは動けるまでになった。ただ両親や、友人と接点を持つことは禁止された。再び同じようなことが起こらないように、と。
 それでまぁ今では僕の秘書であり、伴侶となって活動をしてる。もともと清い心を持ってたからこそ力はあった。すぐに具現化技術の資格をとれたしね。
 原因になった人を伴侶という身近な人になったことで探してみたけど、案の定罪が重くなってた。政治家ほどじゃないけど、50㌧という数値は普通じゃありえない。
 伝えるかどうか迷ったけど、楽しそうに暮らしてるのを阻害するので僕の胸の内にしまっておくことにした。もう彼らと話すこともないだろうし、これからは僕が隣を歩くわけだしね。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
奇妙な門 ※未完
作者:匿名さん お題:奇妙な門 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:477字
あれは、去年の今ぐらいだったかな。私と彼氏とAとAの彼氏さんと夜集まって飲んでてさあ。なんか、あるじゃん。なんでそうなったか分かんないんだけど、よくある話。怖い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:殺された希望 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1256字
自我の分離。それは、あってはならない事象。身体の中に一つの椅子しか存在しないように、贋作が贋作であるように。この世界に正しきものは一つしか存在してはいけない。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:どす黒い多数派 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1297字
「昔々あるところに、黒い魔法使いの村がありました……」 大鷺高校文芸部部長・真倉エミリの自作の絵本の語りを、同高校美術部部長の七條露子は期待と恐れの入り混じった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炎の人 お題:ねじれた電車 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:895字
その日は世界が変わってしまった日であった。世界に魔法が生まれたのだ。魔法と言ってもあくまで比喩表現だ。魔法というよりは悪魔と言うべきか。とかく、僕はそんな異様な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:恥ずかしい事故 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:402字
夏の思い出作りに繰り出した。いつもの悪友、腐れ縁のトシローと一緒である。お盆が開けて急に涼しくなってきたので、近視眼のトシローは焦っているようだった。「海にゃ入 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:炎の人 お題:僕と凶器 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:952字
僕は家に凶器がたくさんあることを知っている。それは現代社会の日本の中では中々考えられることのないコトだ。何故なら、それらは犯罪において使われることこそあれど、普 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:873字
ふと思い立って湖に身を投げたところ、ひとりきりと思った水中に先客がいた。悪鬼そのものといった顔をして、ひどく怒っている様子である。さては、夕涼みに水浴びでもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夏の後悔(真) ※未完
作者:匿名さん お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:183字
限界だ真底限界だ。そもそも乗り物酔いが酷いのに、なぜ僕は車に乗ってしまったのか。この車は海に向かうという。いいじゃないか白い砂浜・青い海・そして水着美女とのアバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:519字
酒を飲みすぎて吐く。そんなのは全然危なくはない。周りに迷惑がかかるぐらいのことだ。胃の中に異物が入ったから吐き出す。生物としての生理現象に過ぎないだろう。人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
薔薇 ※未完
作者:匿名さん お題:美しい薔薇 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:483字
才能があるということは罪だ。思春期真っ盛り、いつものように自転車を漕ぐ僕は、14歳の夏にそう思ったのを覚えてる。才能があるばかりに、それをしなくてはいけない。才 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@ばに普及化の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:激しいドロドロ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:940字
ドロドロとした液体が足元を流れてた。 触ってみると粘り強く鼻をつく臭いがする。 色は白、まるでとろろのようだ。「……?」 その元となったものを見ると、疑問しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:今年の私 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:948字
今年の私は今までの私とは違う。 そうは思いたいがーー、「……」 部屋の中に散らかる筋トレグッズの数々を見渡すと少し冷や汗が溢れてくる。 やりたいことをやったけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:失敗の宿命 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1234字
受験に失敗した僕は裏取引に応じるしかなかった。 叔父は今まで積極的に接触したことはなかったけれど、きっと大丈夫。「こんにちわ」 インターホンを鳴らすと年老いた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:難しい死 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1025字
『あなたにとって楽園はどこなの? 私にとっては世界が全てなの』 付き合って3日後に死んだ彼女は妙な手紙をオレに残してた。 ちなみにこう書くとオレが殺したかのよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:つまらない食器 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:911字
毎日彼女が食器を買ってくる。 古くて使われてないのは僕が処分してるから、家に食器ばかりがあるということにはなってない。 彼女は捨てられることに関しては何も言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:日本戦争 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1016字
実家を整理してると、一枚の古い手紙を発見した。それはその当時最高に硬いと呼ばれる金属の中にしまってあってとても大事なことが記されてるんだろうと思った。 手紙に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:名前も知らない死刑囚 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1020字
「こんにちわ」「……」「今日もご機嫌はよくないみたいですね」「……」「喋れたらもっと楽しいのに、しないのは不思議です」「……」「もうすぐ死んじゃうからですか? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:地獄の衝撃 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1213字
『話をしよう』と彼女はいった。『わたしたちの本当をはじめるため』ともいってた。 呼び出された場所は、理科準備室。 彼女が部長としていられる、実験部の活動の場。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:嘘のピアニスト 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1041字
彼女は秘匿しておかなくてはならない。 だから、かわりに僕が表に出る。それはいつものこと。「えっとそうですねーー」 本物が知ってることを偽物は知らない。 知識と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:昨日食べた墓 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:875字
俗に言う食欲というのは何をもってそういうのか。 高校生最後の夏を迎えた今、僕は昏倒しそうだった。 出されたものはきちんと食べなさいと母がよく言ってたものだが、 〈続きを読む〉