お題:女のしきたり 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:110字

雪の日に
昨日の天気予報では大雪と出ていた。予報通り大雪だったがご飯を買い忘れ、今出かけているところだ。細道を歩いていると崩れるような音が聞こえたら目の前が真っ白になってしまった。近くにいた人に助けてもらうと私の体は変化していた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:零崎花織 お題:女のしきたり 必須要素:学校使用不可 制限時間:30分 読者:983 人 文字数:772字
基本的に女とは恐ろしいものだ。そう語る、私もまた女だし、被害にあったことなど無い。女を恐れるべきは男という、愚かで弱い、脆い連中だ。知らないのだろうか?女は生き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:蓋然性のある失踪 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:1148字
「締め切りから1時間しか遅れていないとは、随分と早いご到着ですね。何か言い残すことはありますか?」「先生、今から例えばの話をします。もし、私がサイコロを振ったと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
指南 ※未完
作者:匿名さん お題:ねじれた王子 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:271字
彼は国一番のひねくれ者だった。「疫病だよ? 罹患者隔離するだけで大丈夫とは到底思えないけど」「直におさまるって、その頃にはあらかた稲が食べ尽くされてる。民はど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
牛丼食べたい ※未完
作者:匿名さん お題:未熟なボーイ 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:674字
牛丼食べたい。ビルの巨大なモニター画面では不思議なニュースがやっている。昨日を境にしてインターネット上の様々な場所ででHiという投稿が相次いでいるというものだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:壊れかけのプレゼント 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1204字
電池を入れ替えてもダメなので、ああ遂にか、とリサは嘆息した。その様子に気がついた友希那が、リサの手元を覗き込む。「どうしたの?」「あー、うん。このコ、もう駄目 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:栄光の職業 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:691字
「もう嫌だー、これ以上は耐えられない。」言葉が何もない真っ暗な空間に響いている。ここは、無人島。僕は遭難者。そして隣には毛むくじゃらなおじさん。なんなんだ、この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:躁鬱電池ちゃん お題:同性愛のコンサルタント 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1634字
手を絡めるとか弱く細い指があった。少し強く握ると「痛いよ」と笑った。 私と愛菜の仲は高校生の頃からになる。つまり、もうすぐ5年になる。休み時間の度に、愛菜は私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:簡単な地獄 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:454字
彼は絶え間なく作品を創り続けた。 その様はまるで工場のラインで運用される機械のようだった。けれど、そのどれもが緻密に編み上げられた芸術で、当然のごとく人の心を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
疾駆 ※未完
作者:匿名さん お題:彼と作品 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:353字
彼は絶え間なく作品を創り続けた。 その様はまるで工場のラインで運用される機械のよう。けれど、そのどれもが緻密に編み上げられた芸術で、当然のごとく人の心を震わせ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの美術館 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:901字
あれ?ここってこんなんだったっけ?思わず、声に出しそうになったがここは美術館だ、みんなが静かに作品を見ているのを邪魔してはいけない。「煉ちゃん、なんかおかしいよ 〈続きを読む〉

煩悩日記帖の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:煩悩日記帖 お題:うわ・・・私の年収、人々 制限時間:4時間 読者:71 人 文字数:1806字
私は冒険者である。ある調査のため、湖に浮かぶ小さな島にすむハーピーの卵の採取を依頼された。相方と一緒に罠を仕掛け実行に移したが番いのハーピーにばれてしまい傷を負 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煩悩日記帖 お題:女のしきたり 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:110字
昨日の天気予報では大雪と出ていた。予報通り大雪だったがご飯を買い忘れ、今出かけているところだ。細道を歩いていると崩れるような音が聞こえたら目の前が真っ白になって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煩悩日記帖 お題:男同士のお嬢様 制限時間:4時間 読者:41 人 文字数:598字
私は冒険者だ。ある村の調査を依頼された。その村はなぜか男性がおらず女性しかいない村だった。村人に聞いても特にへんなところがない。村の中央に大きな鐘があるくらいだ 〈続きを読む〉