お題:女のしきたり 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:110字

雪の日に
昨日の天気予報では大雪と出ていた。予報通り大雪だったがご飯を買い忘れ、今出かけているところだ。細道を歩いていると崩れるような音が聞こえたら目の前が真っ白になってしまった。近くにいた人に助けてもらうと私の体は変化していた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:零崎花織 お題:女のしきたり 必須要素:学校使用不可 制限時間:30分 読者:963 人 文字数:772字
基本的に女とは恐ろしいものだ。そう語る、私もまた女だし、被害にあったことなど無い。女を恐れるべきは男という、愚かで弱い、脆い連中だ。知らないのだろうか?女は生き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:青い娼婦 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:2199字
私娼窟には大麻の匂いが充満していて、私も武田くんもうっと息苦しさに唸った。いやはや、世も末である。今生天皇がまさに時の栄華を極めようというこの自分に、帝都東京に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
外側の幸せ ※未完
作者:匿名さん お題:不幸な外側 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:220字
外側に比べたら自分なんて幸せ者だ。なんて考えるのは傲慢以外の何者でもない。そう考えるのは見たこともない自分がいる環境の外側にいる他人の幸せを踏みにじる行為だから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の会話 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:522字
「ありがとう、はダンケシェン、と言います。では私に続いて発音してください。ダンケシェン。」「「「ダンケシェン」」」「何やってんだ?」ターゲットを手に入れたらしい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:私の年賀状 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:343字
ない、ない、ない、!ッ、どこだったか確かここにあるはずなんだけど、かしいなぁ、自分の記憶ではここにあるはずなわけで、かしいなぁ、…え?、え^~っと、───友人と 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:求めていたのは顔 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:699字
自分に群がってくる顔、顔、顔。その表情は好奇、侮蔑、おもねり、プライド様々だ。ただ、様々に見える表情でもそれらには自分に認知、まあ、相手の立場からすれば自分とオ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:燃える幻覚 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:2024字
例えば。 過去に火事に遭い、それが原因で家族または親しい誰かを失ったとしよう。その記憶は脳内にトラウマとして刻み付け、『火』に対して極度の恐怖感を植え付ける。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おゆみ お題:未来の月 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:750字
今日はなんと、青空が白むほどの快晴である。普段はしてぃぼーいのわしも時には田舎行きの電車に乗る。土曜日の10時。なんともまぁ、子供連れが多いこと。その車両には2 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:You✦Tackey お題:未来の月 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1390字
日暮れ時だった。私は橙に焼ける、上空の遥か彼方を見上げた。忽然と無造作に千切られたティッシュペーパーに似た雲が所々に在り、視線を落とすと太陽系の中心が、夕陽と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と熱帯魚 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:95字
ゆら、ゆらり。 あか、あお、きいろ、みどりとだいだい。 大きなすいそう、たくさんのおさかな。 そこに君も一緒にいれてあげる。 ゆら、ゆらり。 しろいろ増えたね 〈続きを読む〉

煩悩日記帖の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:煩悩日記帖 お題:うわ・・・私の年収、人々 制限時間:4時間 読者:49 人 文字数:1806字
私は冒険者である。ある調査のため、湖に浮かぶ小さな島にすむハーピーの卵の採取を依頼された。相方と一緒に罠を仕掛け実行に移したが番いのハーピーにばれてしまい傷を負 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煩悩日記帖 お題:女のしきたり 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:110字
昨日の天気予報では大雪と出ていた。予報通り大雪だったがご飯を買い忘れ、今出かけているところだ。細道を歩いていると崩れるような音が聞こえたら目の前が真っ白になって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煩悩日記帖 お題:男同士のお嬢様 制限時間:4時間 読者:26 人 文字数:598字
私は冒険者だ。ある村の調査を依頼された。その村はなぜか男性がおらず女性しかいない村だった。村人に聞いても特にへんなところがない。村の中央に大きな鐘があるくらいだ 〈続きを読む〉