お題:苦い体験 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:645字

写真の女
 七瀬さんが、大西とキスしている。僕の片思いが砕ける音がした。
 そもそも、こんな光景を目の当たりにしてしまうのは、彼らが全く人目を気にしていないことにあるだろう。大学の近く、大通りに面した公園でキスしてりゃ、そりゃ見つからないほうがおかしい。
 物陰から彼らのことを遠巻きに見る。もしかしたら、キスしたのには別の原因があるのでは?なんて思ってしまったからだ。我ながらストーカー気質、未練がましいやつだ。しかし、互いの手が触れて照れている様子や、にやけている顔がとても幸せそうで、どう見てもカップルだ。あいつら、付き合ってたんだな。
 しかし、ここで状況が一変する。白い髪の、端正な顔をした女性が二人の目の前で止まったのだ。
「何ですか?」
 七瀬さんが訝しがっていると、その女性はにっこりと笑って、
「少しだけ、その甘い雰囲気を分けていただきたくて」
と言い出す。訳が分からない。
「ああ、すみません。少し写真を撮らせてほしいだけなので」
 そういうと、懐から名刺を取り出す。どうやらとある雑誌の記者らしい。七瀬さんも大西も、照れくさそうな感じだったものの、写真を撮るだけなら……、と了承した。
「はい、チーズ」
 彼女はさっと写真を撮ると、お礼もそこそこに去ってしまった。何だったんだろう。
 しかし、ここで不思議なことに、彼らの甘い雰囲気はすっかりなくなってしまっていたのだ。
 これは一体どうしたことか。そう思っていると
「あなたの苦さも分けてください」
 女性が、にっこり笑った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:君の豪雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:433字
雪。いつも見ているはずの雪。なのに。雪を、こんなにも強く感じるなんて。北国生まれ、北国育ちの俺にとって、雪は当たり前のようなものだ。言わば、なくてはならない水や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:君と絵画 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:757字
もうどれくらい経っただろうか。君とこの地へ逃げてから。いや、逃げてきたのではない。希望して、期待してこの地に辿り着いたのだ。この青い空に、この白く大きな雲に、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:純白の螺旋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:784字
螺旋階段の魅力にはまった親が作ったのは、螺旋階段を主軸にしたデザインハウス。階段のまわりにぐるぐると部屋が分かれてるから非常に効率が悪い。 真ん中にエレベータ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1222字
いつの時代も、猫を主役にした物語は多い。なぜであろうか。おそらく、人間は自由気ままにあちこち動く猫が羨ましいのだろう。自由ではない人間が、自由である猫に敬意を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:寒い人間 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
私は、”冷血動物”とあだ名されているが、ことさら人に冷たくしているつもりはない。 ただ、他人に熱が、興味が無いだけである。 「先輩、昼飯、一緒に食いに行きまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:976字
「ただいま!」 勢いよく扉が開く音に思わず私は目を覚ます。炬燵の天板から顔を上げると、うきうき顔の早紀がコートをハンガーに掛けていた。どうやら私の知らぬ間に外に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岡田朔 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:709字
目の前のキャンパスに向かうこと十五分。全く何も浮かばない。時計の針は回転し続け、俺から命を奪っていこうとしている。比喩ではない。文字通り命を奪われようとしている 〈続きを読む〉

しらいわとの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:しらいわと お題:昨日の排泄 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:270字
「まもなく、排泄が行われます。前の排泄は昨日でした」 無機質な女性のアナウンスとともに、目の前にディスプレイが表示された。最近の排泄情報について、グラフや数値が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しらいわと お題:勇敢な彼方 必須要素:「い」仕様禁止 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:393字
「ねぇ、カナタ君、あの世に行ってきたらしいよ!」 朝、教室に入ると小百合ちゃんが目を輝かせてそう言ってきた。カナタ君の周りには、人だかり。みんな、彼の話を聞こう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
難攻不落の猫 ※未完
作者:しらいわと お題:つまらない猫 必須要素:山田が犯人 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:486字
よし、今日は猫カフェに行くぞ! テスト終わり。勉強地獄から解放されて、私が真っ先に思ったことだった。 思い立ったら即行動。私は行きつけの猫カフェに向かう。ソフ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しらいわと お題:苦い体験 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:645字
七瀬さんが、大西とキスしている。僕の片思いが砕ける音がした。 そもそも、こんな光景を目の当たりにしてしまうのは、彼らが全く人目を気にしていないことにあるだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しらいわと お題:奇妙な地獄 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:496字
あ、信号が赤だ。考える間もなく、トラックにぶつかられ、意識は遠くに向かう。 次の瞬間、俺はなぜか空港にいた。え、事故にあったよね、間違いなく即死の。なのに、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しらいわと お題:蓋然性のある境界 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:838字 評価:1人
雪の日、翡翠池に行くと一番会いたい人に会える。ある人は、片思いの人に。ある人は、長らく連絡の取れなかった親友に。真偽のわからない噂でも、今の私には十分すぎるく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しらいわと お題:儚い監禁 必須要素:MD 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:396字
薄暗い部屋に、カーテン越しの柔らかな光が差す。ああ、朝が来たんだ。一体、何回目の朝なんだろう。すっかり壊れて止まってしまった時計を見て、ため息をつく。 この部 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
絶望の音 ※未完
作者:しらいわと お題:絶望的な螺旋 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:321字
静かな空間に、時計の音がうるさく響く。微かにガソリンのにおいがした。「そうだ。”アレス”のデータをこちらに渡せ。さもなくば、お前の娘の命はない」 時折会話とし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しらいわと お題:小説家の海風 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:647字
今日は朝から雨だった。せっかく息抜きのために海の近くのホテルに泊まったのはよかったのだが、こうもどんよりとした空だと、気分も暗く沈んでしまう。「先生、なら執筆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しらいわと お題:頭の中の昼 必須要素:サッカーボール 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:308字
カチッ。時計の針が12を差し、10回鐘が鳴った。僕は読みかけの本を閉じ、電気を消す。部屋は暗闇に包まれたが、布団にもぐり、目を閉じれば別の世界が広がる。 雲一 〈続きを読む〉