お題:僕と人々 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:372字

異星のひと
大きな隔絶だった。とても、人間が一生で踏み出せる歩数では、到達できないほどの。あるいは、喉が裂けるまで叫んでも木霊すら響かないような。決して手の届かない、夢想の彼方。そこに、僕以外のすべては生きている。
愛する人も、憎む相手も、特別な感情を持たない傍観者も、まだ見ぬ誰かも。彼らは言葉が違っても、たとえ信じるものがかけ離れていたって、同じ土に似たような種を蒔いて毎日を暮らしている。「この人とは永遠にわかりあえない」と思いながら、背を向けて別の目的地を志し、そして必ずまた交差する。
何千年と異なる大陸で文明を育んでも、結果、たいていのことが共通してしまう。それが人間。
...では、僕は?
語り継がれる名作に触れて、誰も口にしたことがないような感想しか抱けない、そのことにもうずっと前から気づいていたと知ったら、あの人達は僕をどうするだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:Setsuka@ラムウ鯖 お題:ゆるふわ愛され笑顔 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:407字
待ち合わせ時間まで、あと13分。彼女はきっと、今日も10分前になったら現れるだろう。我ながら意地悪だなぁと思うのだけれど、僕のことをソワソワと待っている姿を見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:間違った幻覚 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1005字
寝ていたはず。寝ていたとは思いたい。だからこれは、夢である。夢じゃなきゃ困る。いや本当に、夢だよなこれは。うん。 これが例えば、ふと横を見たらクラスメイトのそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:肌寒い祖母 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:912字
あれだけ暖かかったおばあちゃんが、冷たくなっている。 棺に納められている姿は、ただ寝ているだけと勘違いしそうになる。しかし、あたしはおばあちゃんの寝ている所な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:荒ぶるいがらっしー お題:斬新な克服 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:494字
お前、それ苦手だって言ってなかったっけ、と友人に声をかけられたので、そうだよ、と返した。目の前にあるのは大嫌いな魚の煮付け。「ついに克服する気になったか。まあ食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:斬新な克服 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1153字
「サイコロを振る」 「はい?」 「出た目の順番に会った相手にケンカを売りましょう」 「えー?」 人生に行き詰ったので、クスリと宗教とマルチと風俗とオトコとオン 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:犯人は霧雨 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:307字
昨夜の天気は曇り時々雨でした。かろうじて居場所の知れる月が薄い霧を浮かびあげ、視界を可視化された月光で隠していたでしょう。 光というのは、本来、見えないものを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:死にかけの光 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:52字
「……あと20%です。」「…あと10%です。」「5分後にスリープモードになります。」「おやすみ」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:遠い宗教 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1290字
0と1。その境にあるものは、果たしてなんなのか。曖昧という言葉に隠されたもの。それは、真であり、裏である。では、0がいくつ並ぼうが、1がついていれば1なのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの好きな音 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:694字
私には好きな音がある。それはふとした時に聞こえてくる、一つのフレーズ。同じものがあっても同じ響きは、そして同じ意味は無い、誰もが持っている音。そう、本当になんて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
男浪漫 ※未完
作者:匿名さん お題:薄汚い螺旋 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:165字
ガリガリガリガリ、と音が鳴る。土塊を砕き、空気に溶かす。それは、積み上げたモノの悲鳴、または歓喜。先に逝くぜ、とでも言うように。ここでは輪廻転生が流行っているら 〈続きを読む〉

ともの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:とも お題:未熟なパラダイス 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:570字
いつもより大きめに切り分けたケーキ。太陽光で殺菌されたクマのジョニー。青いリボンのワンピース。虹色のボール。彼女がその冗談みたいに淡いコーラルピンクそのままのく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:死にぞこないの神話 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:279字
メメント・モリ。遍く生命の輝きは死の瞬間にこそ集約せり。クライスト以前から、人は涙よりも血に、存続よりも滅亡に、そして生よりも死に心を動かされてきた。だからとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:馬鹿な計算 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:376字
目が合った瞬間に、これは負けると思った。くだらない化かし合いの話だ。陽光を集めて一層昏く沈むような瞳の深さが、伯父に似ていると感じた。僕の敗北のサイン。「約束を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:天才の小説訓練 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:506字
彼は総じて読書というものをしたことがない。凡ての本は始めの1頁の、その数行のうちにでも「未熟だ」と思える言葉があれば、彼はそれ以上は決して捲らなかった。その代わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:最弱の犯人 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:976字
私には拳が無い。たとえ精一杯力を込めて握り絞めたとしても、指の筋肉があまりにも薄くて打撃など放てるわけもなく、それはきっと只の「小さく折り畳んだ掌」だ。なにかを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:朝の風邪 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:797字
毎晩二十分の腹式呼吸と、有料ダウンロードしたプロのヴィブラートのリピート、一日五回。それが私が費やしてきたものだった。絶賛反抗期の真っ最中って感じの眼光凄まじい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:僕と人々 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:372字
大きな隔絶だった。とても、人間が一生で踏み出せる歩数では、到達できないほどの。あるいは、喉が裂けるまで叫んでも木霊すら響かないような。決して手の届かない、夢想の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:楽しかった会話 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:470字
薄い皮膚を透かして、どんな綺麗な石や絵具よりもうつくしい朱色の血脈が映えるように、その子は笑うのだった。ごく自然に持ち上がる柔い頬の靨さえ、生き生きと弾んで眩し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Ideal factar ※未完
作者:とも お題:小説家の女 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:626字
その文章を初めに見た時、書き手は男に違いないと思った。細部ではなく原理に目が向く思考性も、登場人物が自己の感情について極めて寡黙な所も。ところが、ユニークでプリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
lost sunshine ※未完
作者:とも お題:漆黒の闇に包まれし社会 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:314字
月蝕、という言葉があったらしい。月が何かを蝕むと文字では書くけれど、想像は難しい。5000年前のひとに訊ねてみるわけにもいかないから、私にとっては神話の中の呪文 〈続きを読む〉