お題:僕と人々 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:372字

異星のひと
大きな隔絶だった。とても、人間が一生で踏み出せる歩数では、到達できないほどの。あるいは、喉が裂けるまで叫んでも木霊すら響かないような。決して手の届かない、夢想の彼方。そこに、僕以外のすべては生きている。
愛する人も、憎む相手も、特別な感情を持たない傍観者も、まだ見ぬ誰かも。彼らは言葉が違っても、たとえ信じるものがかけ離れていたって、同じ土に似たような種を蒔いて毎日を暮らしている。「この人とは永遠にわかりあえない」と思いながら、背を向けて別の目的地を志し、そして必ずまた交差する。
何千年と異なる大陸で文明を育んでも、結果、たいていのことが共通してしまう。それが人間。
...では、僕は?
語り継がれる名作に触れて、誰も口にしたことがないような感想しか抱けない、そのことにもうずっと前から気づいていたと知ったら、あの人達は僕をどうするだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絶望的な罪 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:818字
(#131) 自分が何らかの罪を犯している、あるいは過去に罪を犯したという経験は、自分の一生につきまとい続けることになる。 罪に対する罰は折に触れて訪れる。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:君の豪雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:433字
雪。いつも見ているはずの雪。なのに。雪を、こんなにも強く感じるなんて。北国生まれ、北国育ちの俺にとって、雪は当たり前のようなものだ。言わば、なくてはならない水や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:君と絵画 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:757字
もうどれくらい経っただろうか。君とこの地へ逃げてから。いや、逃げてきたのではない。希望して、期待してこの地に辿り着いたのだ。この青い空に、この白く大きな雲に、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:純白の螺旋 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:784字
螺旋階段の魅力にはまった親が作ったのは、螺旋階段を主軸にしたデザインハウス。階段のまわりにぐるぐると部屋が分かれてるから非常に効率が悪い。 真ん中にエレベータ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1222字
いつの時代も、猫を主役にした物語は多い。なぜであろうか。おそらく、人間は自由気ままにあちこち動く猫が羨ましいのだろう。自由ではない人間が、自由である猫に敬意を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:寒い人間 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
私は、”冷血動物”とあだ名されているが、ことさら人に冷たくしているつもりはない。 ただ、他人に熱が、興味が無いだけである。 「先輩、昼飯、一緒に食いに行きまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:976字
「ただいま!」 勢いよく扉が開く音に思わず私は目を覚ます。炬燵の天板から顔を上げると、うきうき顔の早紀がコートをハンガーに掛けていた。どうやら私の知らぬ間に外に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

ともの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:とも お題:天才の小説訓練 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:506字
彼は総じて読書というものをしたことがない。凡ての本は始めの1頁の、その数行のうちにでも「未熟だ」と思える言葉があれば、彼はそれ以上は決して捲らなかった。その代わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:最弱の犯人 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:976字
私には拳が無い。たとえ精一杯力を込めて握り絞めたとしても、指の筋肉があまりにも薄くて打撃など放てるわけもなく、それはきっと只の「小さく折り畳んだ掌」だ。なにかを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:朝の風邪 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:797字
毎晩二十分の腹式呼吸と、有料ダウンロードしたプロのヴィブラートのリピート、一日五回。それが私が費やしてきたものだった。絶賛反抗期の真っ最中って感じの眼光凄まじい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:僕と人々 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:372字
大きな隔絶だった。とても、人間が一生で踏み出せる歩数では、到達できないほどの。あるいは、喉が裂けるまで叫んでも木霊すら響かないような。決して手の届かない、夢想の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:楽しかった会話 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:470字
薄い皮膚を透かして、どんな綺麗な石や絵具よりもうつくしい朱色の血脈が映えるように、その子は笑うのだった。ごく自然に持ち上がる柔い頬の靨さえ、生き生きと弾んで眩し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Ideal factar ※未完
作者:とも お題:小説家の女 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:626字
その文章を初めに見た時、書き手は男に違いないと思った。細部ではなく原理に目が向く思考性も、登場人物が自己の感情について極めて寡黙な所も。ところが、ユニークでプリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
lost sunshine ※未完
作者:とも お題:漆黒の闇に包まれし社会 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:314字
月蝕、という言葉があったらしい。月が何かを蝕むと文字では書くけれど、想像は難しい。5000年前のひとに訊ねてみるわけにもいかないから、私にとっては神話の中の呪文 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:早すぎた理由 必須要素: 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:215字
最近、友人の様子がおかしい。20時の約束で待ち合わせたはずが、マフラーどころかフロックコートの肩口まで積雪している。…もうとっくに止んだのに。見ようによっては斬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:トカゲの海 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:374字
紺碧の水面に漣が立つ。陽光を反射して揺らぐ煌めきの合間に、一瞬、細長く翻る斑模様。あまりにも控えめな音をたてて、沈んだそれを追うように覗き込めば、ゆらゆらと宛て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:ゆるふわ愛され多数派 必須要素:靴の中敷 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:911字
そのひとがどういう人物かは、靴を見れば大抵わかる。これ、イギリスの諺だっけ?でも私はこう思うの。靴って、脱いだ『後』の方が大事なのよ。どれだけピカピカに磨かれて 〈続きを読む〉