ユーザーアイコン
お題:東京狂気 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:739字

一人旅をした釈の話
私はテレビっ子である。
特にドラマやミステリーなどの、人間模様が描かれる作品が大好きだ。
その中では当たり前のように主人公に仲間がいて、恋人がいて、難題に立ち向かう。
そのうち私もそんな人生を歩めると心のどこかで思っていたのだろう。

人生において、ドラマや映画みたいな出来事なんて自分が動かなければ起きる訳が無い。
そんな事に気付かされたのは友人が恋人や結婚を初めてからである。
私の周りの友人は、目指せ地方脱出、目指せ素敵な専業主婦だの、夢に花を咲かせ、その花でゴールまで向かっていたのだ。

私はというと、そんなお花を咲かせている人間をテレビで寝そべりながら見ていた。

動かなければ。
そう思いたって、初の一人旅に出かけた。

飛行機から宿泊先まで全部自分で決める。
普段旅行の計画なんてのは楽しみながらやっていたのだが、一人旅となると、とても億劫で仕方が無かった。

ギリギリまで用意をせずにふらふらして周りに怒られていた。

いざ、出発の日。
旅行の当日ってのは早起きしてウキウキ気分なのだが、1人になると塞ぎ込むわ、眠いわ、酔うわで全く楽しめなかった。

そしてトドメに、電車の遅延。
まだ電車の乗り方をマスターしていない私は、一日で山の手線を一周した。

人の多さに戸惑い、流され、ほとんどの目的地を遅刻かギリギリの時間に到着していた。
汗だくでキャリーケースをひく私は東京への一人旅を死ぬほど後悔していた。

自分の計画性の無さと、電車移動の大変さを実感、そして誰とも話せない孤独感。
早く家に帰ろう。
そう思いながらモノレールへと乗りこむ。
もう3時過ぎているが、まだ朝ごはんすら食べていなかった。

道中にあったフカヒレスープ缶だけがやたら美味しかった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:意外な平和 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:401字
なぁなぁと、放課後僕はただ一人の親友に声かけた。そいつは振り返ってどうしたと聞いてきた。「明日さ、映画見に行かない?」彼は頷いた。「いいけど、どんなやつ見に行く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
if
作者: お題:意外な平和 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:308字
多様な環境下であっても、ついての事象はある一定の尺度で決められたルールをもとに大凡似かり寄ったりな結果になって終着する。声をあげることや手を出すことにある程度の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
社会人1年生 ※未完
作者:鯖村 お題:うわ・・・私の年収、床 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:279字
毎日電車に揺られ、会社と家を往復する生活が始まって1年がたとうとしていた。入社前は「1年で結果を出す!」とか、「周りの同期は能力が低い」とか思っていたが、数ヶ月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:重い負傷 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:89字
ある日、俺は、重い怪我をした。入院中、俺はふと思った。(映画みたいな…)そう思った俺は、そう思った俺は、ne◯flexで斉木楠雄の災難をみた。なんとも面白いこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:殺された儀式 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:510字
死んだ?ハッと気づいて、ぼくは胸に手を当てる。汗とどすぐろい血でビショシヨになっているシャツ。そうか、ぼくはー。ぼくは、殺されたんだ。・・・・・いや、ちがう。殺 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:阿修羅平和 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:785字
酸性雨の酷い日に雨宿りをしている時に、野生のケルベロスの子どもを拾った。 大きな怪我はしていなかったが、それでもお腹を空かせていた。俺を見て即座に食いかかって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:運命のおっさん 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:885字
その人は私の横にどっかりと座った直後、いきなりポップコーンを足元にぶちまけた。ちょうど映画は佳境に差し掛かっているところだった。主人公の妹を殺した犯人が見つかり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:酒井Pは物書きモドキ お題:蓋然性のある四肢切断 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:848字
「結局、あの描写が必要だったか否か。全てはここに尽きると思うんですよね」「確かに。ここの判断次第でこの映画の評価はがらりと変わりますからね」 平凡な日曜日。 映 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:反逆の稲妻 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:201 人 文字数:934字
ピカ●ュウの出てくるアニメで昔問題があったのを覚えている方はいらっしゃるだろうか?あの気持ち悪くなるやつ。私もその当時おしっことかう○ことかを漏らしまくるくそみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こんのひでなし お題:禁断のぷにぷに 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:124 人 文字数:559字
ついに禁断症状が出てきてしまった。二時間あまりの映画鑑賞という時点で予測できた事態だというのにおれはかなり動揺していた。おれは隣に座る弟(17歳/85kg)のぷ 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
痴話喧嘩 ※未完
作者: お題:冷たい模倣犯 必須要素:オリーブオイル 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:407字
「ここのお店どう?」私は大通りにある小さな看板を指さして隣にいる友人を見た。友人は表情を変えず「どっちでもいいよ」と言った。じゃあ行こう。そう言って直ぐに看板の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:元気なカリスマ 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:271字
サイレンが鳴り響く中、僕はぼんやりと横断歩道を見つめていた。滅茶苦茶になったワゴン車は少し煙をあげ、その直ぐ下には小さな手が見えていた。離れてください、という警 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:あいつのハゲ 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:428字
俺の会社には深見という女性社員が居る。お淑やかで笑った顔が幼く見えるのがとても良い。ちょっとした冗談にもニコニコ笑ってくれる姿に誰もが片想いをしていたと思う。た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:ありきたりな弁護士 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:301字
「こういうの初めてなんすよ」両手で顔を覆い、ぽつりと男は呟く。「大丈夫です、僕と会う方は皆さん初めての人ばかりでしたよ」なるべく優しく丁寧な口調で接する。最初の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:紅茶とハゲ 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:380字
午後の紅茶を午前中に飲んだ。なんて面白いギャグを思いついてしまった。コンビニのクジで貰った甘い味付けの紅茶を眺めてニヤニヤする。これは何としても教えなければ。斜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:反逆の冒険 必須要素:《算数のたかし》 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:711字
俺はたかし。そしてコイツは妹のまさこ。俺達は噴水の周りをそれぞれ別方向に歩いてたどり着いた時間を計算していた。俺はこんな事したくは無いのだが、ある日やって来たス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:地獄のアレ 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:412字
「光栄に思いなさい。」これは彼女の口癖である。眼鏡をくいっと上げる姿はどこぞのキャリアウーマンのようで俺と20センチも身長に差があるとは思えない威圧感だ。彼女は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:きちんとした計算 必須要素:囚人 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:763字
~前回までのあらすじ~俺、じいちゃんの持ってた泡立て器を被って魚になる。大きな水槽の中に俺はぷかぷかと浮かんでいた。そして目の前には巨大なおじいちゃんの慌ててい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:穏やかな克服 必須要素:唾液 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:552字
空腹、というのが苦手だ。揚げたての蓮根を見つめて言い訳を始めた。口の中に丸ごと入れるとサクッと音を立て香ばしい匂いが鼻から抜ける。何度か噛むと直ぐに蓮根は消えて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:蓋然性のあるこだわり 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:323字
たまに、いや、それは確認しなくても分かるだろうと突っ込みが飛んできそうな確認をしてしまう。例えば、ペンが見当たらなくなって、あたりを見回してそれでも無い場合恐る 〈続きを読む〉