お題:残念な真実 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:972字

いかがでしたかキュレーション
 デザートをおごるかわりに恋愛相談に乗ってくれと頼んで連れてきたクラスメイトが頼んだのは二千円するパンケーキ。二千円!? 二千円ってあの、お札の千円が二枚!? 頼むからやめてくれとの言葉もむなしくヤツの前に小さな皿とそびえ立つ塔のような……といってもそこまで高さのない、分厚いパンケーキがやってきた。パシャパシャ撮っている。「これ、一度は写真を上げてみたかったのよねー、でも量のわりに値段が高くて頼めるかバカって感じだったんだけど、ヨシミンは頼り甲斐があるねえ」せめて食べたかったと言ってくれ。口にパンケーキの端を含むたびに首を小さく振って美味しさをアピールするヤツに、さすがの俺もブチ切れ……しても二千円は帰ってこないので、ガマンガマン。
「それで、ユイコちゃんのことなんだけどよ」
「ユイコちゃんは学園でもマドンナとして人気がありますよね」
「なんで急に口調が変わったの?」
 ヤツはフォークを置いて、ぱちんと合わせた手と手を顔の幅ぐらいに開いた。
「ユイコちゃんはフリー? 彼氏持ち? 好きなタイプは? 残念な真実に一同衝撃! 私なりに調べてみました!」
「ああ、そういうの聞きたかったんだよ! やるじゃねえか」
「ユイコちゃんが現在フリーかどうかは、わかりませんでした!」
「分からんかったんかい!」
「ユイコちゃんが彼氏持ちかどうかも、わかりませんでした!」
「そりゃそこ分かってたらフリーかどうかも分かったしね、うんうん、一貫はしてるよ、一貫はしてる」
「ユイコちゃんの好きなタイプはわかりませんが、猫が好きだそうです。動物愛の深さが見えますね!」
「全然見えなかったよ?」
「ネットでは性悪女と言われているようです」
「陰湿なネットいじめじゃねーか」
「今回はユイコちゃんについて調べました。いかがでしたでしょうか? 今後もユイコちゃんの活躍に期待したいですね!」
「ふざけんな、猫好きの情報しか知れんかったわボケ!」
 ああ、こんな薄っぺらい話を聞くために二千円……二千円が……うつむいてテーブルの下で拳をふるわせる俺に、ヤツはの囁き声。
「あの性悪女より、私はいかがですか?」
 顔を上げると、ヤツは何食わぬ顔でもくもくとパンケーキを食べていた。
「先に帰るなら、勘定、忘れないでくださいね」
 ネットで性悪女って書いてやる!
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:akari お題:残念な真実 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:2784字
「――だからね私、今の彼とは相性最高だと思うのよ。もう一生離れたくないってくらい」「そうなんですか……。そのままゴールインする予定で?」「私的にはそうしたい。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:高良さん@たぶん11月文フリ お題:残念な真実 制限時間:30分 読者:252 人 文字数:1314字
「ああ、今日も格好良いわぁ……」「あの冷たい視線が堪らない! 射抜かれたい!」「抱いてー!」 誰が抱くか、と顔をしかめる。とは言え傍目にはほとんど変わらず映るの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夏の願い事 ※未完
作者:白露 お題:残念な真実 必須要素:うっ 制限時間:30分 読者:458 人 文字数:1489字
夏が始まる。入道雲に憧れて、スイカをたべて花火をやって、流しそうめんをして、川で遊ぶ。賑やかな夏がくる。「俺は夏に愛されてるんだ」「へー」「ほら!聞こえないか? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
りんご飴 ※未完
作者:さとりっく お題:わたしの好きな正月 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:269字
日本国旗がはたはたと揺らめく道を、小走りに美智恵は駆けていく。下駄を音高く跳ね上げ、赤い鼻緒が道行く人々の目を止めた。桃色の着物に包まれた可愛らしい姿とは程遠く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
理由 ※未完
作者:南野 ツバサ お題:穏やかな狸 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:613字
夜空に煌びやかに光る星たちの下、二人は草原で寝そべっていた。風で草がこすれる音、虫たちの歌声。 そして、互いの息遣いが静かに聞こえる。二人は何も話さない、草の 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:巳々栗ぼっち お題:理想的な14歳 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1003字
「こんにちは、お兄ちゃん!」 駅前の広場にあるベンチで休んでいると、そんなふうに声をかけられた。念のため左右を確認してから顔を上げる。すると、目の前にはやたらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらい秀才 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:1089字
何かの分野において秀でること。それは、到達への道筋を無視して、ゴールのみを想像すれば、簡単に思えてくるのだろう。テストで百点を取ること、野球でホームランを打つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:巳々栗ぼっち お題:儚い食卓 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:718字
「……ふう」 獣道を歩きながら、額の汗をぬぐう。季節は夏の盛り。森の木々が日差しを遮っているとはいえ、それでも気温は高い。いつの間にか肩からずれ落ちそうになって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:運命の嘔吐 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:9108字
挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:都会の復讐 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:538字
?「賢人~遅刻するわよ~」お母さんの声だ。今は冬の朝。僕は朝の寒さと冬の寒さで起きられない。でも、今日は待ちに待ったスケートボードの練習をしに宿泊学習をする日だ 〈続きを読む〉

空見タイガの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:今日のサッカー 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1312字
カンカンカンカンカン。遠くから聞こえてきた音に俺は彼女の手をとって走り出した。道の終わりぐらいで近くの警報がなりはじめて、渡りきったあとに振りかえると今に下り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:残念な真実 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:972字
デザートをおごるかわりに恋愛相談に乗ってくれと頼んで連れてきたクラスメイトが頼んだのは二千円するパンケーキ。二千円!? 二千円ってあの、お札の千円が二枚!? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:免れた子犬 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:1211字
ゴールはゴールでもナイシューでないゴールはなーんだ? 白けた二人のあいだを割るように注文していた料理がテーブルの上に置かれた。俺はチーズカレー、染野はミートド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:楽しかった敗北 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:1071字
女の趣味がわるいやつはダチの趣味もわるい。この一番の例があーくんで、やつは女子みたいなキレーな顔をしているくせに、すっげえブスを好きになる。しかもこのブスとき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:くさい芸術 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:1150字
給湯室の排水溝にいつもちぎれた麺が入っている。くっついているキャベツのような薄い緑のなにかを見るに、おそらく焼きそばの仲間にちがいない。気にせずに手で水をすく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:臆病な女 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:1053字
大して暑くもないのに暑いの言葉がでてくるように、好きという言葉は好きでなくても言える。しかも、す、き、これだけの詩である。猿が無限にタイプライターを叩き続けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:鈍い償い 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:884字
よくわからないまま公園のベンチに座っている。平日の二時のため、人はあまりいない。ベビーカーを押した母親がふしぎそうな顔をして入って出ただけだ。雲がイワシの形を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:今の冒険 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:1007字
今、生きていておそれながらも行いたいことはなんだろうと考えて、そんなものはないと思った。ちょっとした好奇心のために命を落とすような真似はしたくない、もし自ら平 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:小さな血液 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:919字
人参は美と時間の仲間であるが、俺とおまえは敵である。久居はバイト先からパクってきたらしいエプロンをつけながら足で冷蔵庫を開いた。「おっと、塩がない」「客に塩を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:右の失踪 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:950字
二色のランドセルと八色のランドセルなら前者のほうが好きな一色を選びやすいだなんてことはどんなにお偉い学者さまが言おうと統計が出ようと一万人の賛成があろうと信じ 〈続きを読む〉