お題:来年のダンス 制限時間:1時間 読者:51 人 文字数:899字

持つべきものは足の砕ける親友
「俺さ、ダンス苦手なんだよ」

 意を決して放った一言に、きょとんと眼を丸くして、それからトニーは鼻で笑った。

「あー、いいかマイク。お前には、そのー、ショッキングなことだと思うんだが…知ってた」

 階段に腰を下ろしている俺に目を合わせると、トニーは気を落とすなとでも言った風に肩を叩く。

「中学の時のダンスパーティーは凄かったな。お前の相手する奴は大体足が腫れあがってんだ。知ってるか? 裏じゃお前、ストンプマンとか言われてたんだぜ」

 くくくと腹を抑えて笑うトニーを横目に睨むと、彼は両手を上げて俺を宥めた。

「大丈夫だ、普通のダンスに才能がないってだけで、あー、そう! タップダンスならイケると思うぜ」

「ああ、誰の足も踏まなくて済みそうだね」

 自虐的な俺を見かねてか、トニーは俺の横に座ると肩に手を回してくる。

「まあ気を落とすなよ、な?」

「来年は、ホームカミングがあるだろ? どうしても踊らなきゃならない。愛想つかされたくないからね」

 言いながらふと恋人の顔が思い浮かんだ。普段は胸が高鳴るものだが、今日はどうにも気分が下がる。

「確かにタップダンサーにゃきついな。練習したらどうだ?」

 俺はトニーを見て、自虐的な笑みを浮かべる。

「足が腫れあがるまで付き合ってくれる人なんかいないよ、その前に愛想つかされるのがオチだしね」

 そこまで言ってから、ふと、自分の頭にバチりと電流が走ったかのように天啓が思い浮かんだ。
 思わず顔が綻ぶ。普段は首に負担を掛けるだけの脳みそだと思っていたが、中々どうして切羽詰まると役立ってくれる。
 俺はトニーの肩に手を置いて

「トニー!」

 俺の名案を察したトニーが首を横に振る。

「おい、冗談だろ? 俺にそっちの趣味はないぞ」

「大丈夫、ただ動きをまねてくれればいいんだよ」

「親友の足を砕くつもりか?」

 青ざめるトニーにしかしながら僕は満面の笑みを浮かべる。

「親友なら足が砕けても手伝ってくれるよね? さあ、いこう!」

 逃げ出そうとするトニーを引っ掴んで僕は足取り軽く階段を駆け下りた。



作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
文鳥先生! ※未完
作者:匿名さん お題:鳥の小説訓練 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:1706字
事実は小説よりも奇なり、とはよく言うが。これは一体全体どうしたことだろう。 「うげえ、つまんなっ。逆にどうしてこんなものが書けるんだ!?」 帰宅した私はかばん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七淵 お題:鳥の小説訓練 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:639字
…空は蒼く、風は強く、我々は海へと征こうーああ、人間の本は面白いや少しずつ、言葉をあやふやだけれど覚えたような気がして、わかったような気がして。なんとなく、わか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アイネクラリネ お題:愛と欲望の地下室 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1570字
···陰陽師、それは人をたぶらかし、食らう邪悪なる悪鬼羅刹を退治する者、そして、俺の先祖はそんな陰陽師だったらしい、俺の先祖の陰陽師は、昔、都で悪さをしていた九 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:静かな年賀状 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1059字
ブロロロンというバイクの音が響く。続いてブレーキ音。次に硬い何かが地面に接触した。玄関にあるポストの入り口が軋んで金属が悲鳴を上げる。その後、ドサッと落ちる振 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:最強のテロリスト 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:1920字
5月というのに私達に容赦なく夏の日差しが注がれている。その中で捜索活動が続いていた。山に近い住宅街。山に行っていたら最悪だが、包囲できればこちらのものとも言え 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:春の同情 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:948字
電車を降りて駅の建屋から出るともう町は闇に飲まれていた。月の光はない。自転車小屋までは小さな街頭が便りだ。タイヤ横の自転車のライトのスイッチを下ろしてペダルを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:那智 お題:小説家たちの爆発 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1099字
「申し訳ありません」か細く震えた謝罪に、イルヌは手元の本からゆっくりと視線を上げた。目の前にはドレスの檻と、色とりどりのそれに埋もれるようにして囲われた憐れなピ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:星蘭 お題:冷静と情熱の間にあるのは風 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:4693字
相変わらず、こういう場所には慣れない。そう思いながら、スファルは待ち合わせ場所であるバーの前で煙草に火をつける。ふぅ、と紫煙を吐き出しながら、路地に視線を投げた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な女の子 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1569字
深夜、家族が寝静まった頃を見計らって、少女は自室で作業を開始した。 机に向かい、ノートを広げ、ペンを走らせる。 顔は、たぶん、十人並み。 胸、薄い。 腹、ぷよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:天才の体験 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:767字
柔らかでサラついた生地に舌が触れる。噛みついた唇でちぎり切れなかったチーズが、するすると伸びた。ソースに籠った熱が歯に沁みたが、すぐ目の前に迫っている美味の前に 〈続きを読む〉

ppw21の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:興奮した高給取り 制限時間:4時間 読者:22 人 文字数:1026字
「発見されたのは7時30分。通りをジョギングしていた24歳の男性が見つけたそうです」 手元の資料を読み上げる呉井の言葉を聞き流すようにして、服部純はキープアウト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:走る作家デビュー 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:675字
「弱ったな...ネタが思いつかない...」 土曜、朝十時。扇風機の送風で身体に宿った熱を誤魔化しながら、彼は唸る。 名は山田太郎。齢は29歳にして、独身。その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:孤独な成熟 制限時間:2時間 読者:22 人 文字数:667字
中学校は一駅先の町にある所を受けた。幼稚園来の親友とはしばしば思い出したように旧交を温めたが、やがて中学校で出来た友人との仲が深まるにつれ疎遠になった。 中学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:僕が愛した宴 制限時間:1時間 読者:54 人 文字数:708字
時折吹き抜ける風が周囲の木々を騒めかせ、煌々と光を放つ熾を爆ぜさせる。 パチリと飛んだ火花が顔の表皮をさらっては熱さを残して消えていく。 「俺さ」 揺蕩う火の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:来年のダンス 制限時間:1時間 読者:51 人 文字数:899字
「俺さ、ダンス苦手なんだよ」 意を決して放った一言に、きょとんと眼を丸くして、それからトニーは鼻で笑った。「あー、いいかマイク。お前には、そのー、ショッキングな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
たこやき ※未完
作者:ppw21 お題:暗い哀れみ 制限時間:1時間 読者:57 人 文字数:1006字
今以て立ち返るに、僕は所謂「デキる」人間ではなかったと思います。 素行こそは真面目でしたが、学校の成績はどのような時でも学年の中頃で収まるくらいで、運動に至っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:突然の命日 制限時間:1時間 読者:70 人 文字数:1379字
数カ月前、国際連合が全世界に向けて一つの宣告をした。 半年後、宇宙より飛来する巨大な隕石によって、地球は致命的なダメージを被り、崩壊する。 初めの内はノストラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:ロシア式の悪 制限時間:1時間 読者:73 人 文字数:1100字
「友よ、ロシア式の悪とはなんだ?」 友人の唐突な質問に俺は図らずも片眉を上げる。 いつものことながら何かにつけ、不躾な奴なのだ。 ついこの間も、弁当の中に入って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:意外!それはバラン 制限時間:1時間 読者:68 人 文字数:862字
「こんなはずれに呼びつけて、何用だ? バラン」 クロコダインはぐるりと辺りを見渡す。人里どころか草木の一本も生えていない岩肌の見える荒地だ。 本来であればこの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:寒い諦め 制限時間:1時間 読者:76 人 文字数:626字
冬が近づいてくると、俺は決まってあることをする。 ふと、寒いなと感じたときに空に向かって息を吐くのだ。白くなればそれなりに寒くて、白くならなければまあまあ寒い 〈続きを読む〉