お題:免れた子犬 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1211字

犠牲者クイズ
 ゴールはゴールでもナイシューでないゴールはなーんだ? 白けた二人のあいだを割るように注文していた料理がテーブルの上に置かれた。俺はチーズカレー、染野はミートドリア。「なーんだ?」さっそくスプーンをとってとろけたチーズと具のないルーとライスを一緒にすくって一口。「うまい」「なーんだ?」
 クイズ同好会だかで有名な番組にも出演したことがあるらしい染野のなぞなぞめいた問題を解くのに機転はいっさい必要ない。なぜなら何のひねりもなく単純に知識を問うているからだ。
「なーんだ?」
「しつこいぞ」
「ワンワンワン!」
「三回ワンしてもだめ」
 くーんと、染野はなくふりをしてドリアを食べはじめる。が、熱かったのか「ひげぁ」と悲鳴をあげて水をごくごくと飲み干し、あげくに俺のコップまで持って飲むったら飲む。犬なのに猫舌。
「答えてくれないと次の問題にいけないですよ、先輩」
「俺が知らなかったらどうするつもりだ?」
「次の日になったら更新されます。で、す、が、先輩は知っているはずです」
「明日も会うつもりなのか」
 染野は両手で顔を隠してぶんぶんと首を横にふる。「次に会う日のことです! で、でも先輩が会いたいというのならやぶさかでないのだか?」
「会いたくないよ」
「え? それは何のひっかけ問題ですか?」
「現実を見てくれ」
 いないいないばあをするように顔を出した染野は「そういえば、先輩にお返しクイズを出してもらっていません」と目を丸くした。こっちが丸くしたい。
「わかったよ、ホワイトデーに渡すから」
「そんなの待ってられませんよ! あと、数ヶ月あるじゃないですか」
「大ざっぱだな」
「出してください、クイズ。でないと私のクイズの答えも教えてあげませんよ」
「残念だな、仕方ない」
 あきらめないでください! 染野のポニテが犬の尻尾みたいに振れている。
「なら、問題だ。大金持ちの君は、ある日、やせ細った子どもが万引きしているところを見つけた。君はいったい何をしたか?」
「えっ、それってクイズっていうより心理テストじゃないですか」
「さあな、とりあえず思ったまま答えてみろよ」
 染野はグラタンを食べることも忘れて「クイズはうーんと悩むほうが楽しいんですよ」と首をかしげながら「わたしが買ってあげます」と言った。
「やさしいんだな」
「せ、先輩の前ですからね……ではなくて、だって大金持ちの君はって部分があやしくないですか? ここはきっと金持ちだから助けてやれってノリなんですよ! 定石!」
 カレーを食べ終えた俺は伝票をもって立ち上がる。染野は慌てて俺を追いかけた。
「ちょっとまだ食べてますよ! というかクイズの答えも聞いてないですしっ、そもそも……先輩ってなにか私に用があったんですよね」
「答えは、特にないけど。でも哀れな子どもを説教すると答えた女の子は、みんな死んだよ」
 免れた子犬は、ふるりと震えた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:免れた子犬 制限時間:30分 読者:261 人 文字数:1707字
人類絶滅から何日たったかわからないけれど、ぼくはご主人様を探し続けていた。 ポチオと呼ばれていた記憶はある。 ドッグフードが懐かしかった。もう味すら覚えていな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:新城理 お題:免れた子犬 制限時間:30分 読者:337 人 文字数:1397字
どこに暮らすというあてはなかった。荒波の北も、草原の西も、自分が行く場所にはなりえなかった。辿るべき道がない、と悟ったとき、道しるべとなったものは、馬車の轍で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:名無し/J.Doe お題:免れた子犬 制限時間:15分 読者:316 人 文字数:867字
カラシニコフ突撃銃を両手に持たせられて、黒い肌をした子供はその銃口を父親の頭に向けていました。 殺せ! 殺せ! と周りの兵士たちは子供に銃を突き付けながら囃し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:wnzw お題:免れた子犬 必須要素:文末は全て「!」 制限時間:15分 読者:276 人 文字数:14字
子犬になることを免れた!!! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限界を超えた修道女 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1133字
その女は頭を抱えていた。目の前には大きな十字架。そのさらに向こうにはステンドグラスが、陽光を受けキラキラと鮮やかな色を放っていた。それもあり、手前に置かれた十字 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限界を超えた修道女 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:832字
「限界を超えた修道女」神に祈るひとりの女性はその複雑な表情を隠せずにいた。彼女は恋をしている。しかし、それは彼女には止めることができない。それは人であるなら当た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:巳々栗ぼっち お題:限界を超えた修道女 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:985字
「シスター、これはどこに置けばいい?」 木材を肩に載せたまま、俺は修道女に声をかけた。「あ、それはあっちに……」 つい、と、彼女は木製の長椅子が固められている場 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やる夫スレ作家のアライさん お題:おいでよ帰り道 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:939字
ぼくの村には絶対に通ってはいけない道がある。学校の裏側、どんぐり山のすぐ近く、入り口に小さなお地蔵さんが置かれた小道がそれだ。 小道と言ったが、実際は全く整備 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名付けるならばそれは目 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:354字
君のための目 生きていると人間誰だって失敗はある。その失敗で誰に、どんな影響を及ぼすかが失敗の大事な部分なのだ。失敗にもいろいろある。 挑戦による失敗。感情に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的なハゲ 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:199字
どうやらハゲというものは世の中から悲観的に見られるらしい。だいたいハゲと言われて思い浮かぶのはダサいとか変だとかそんな感じのものであろう。しかし、ハゲというのは 〈続きを読む〉

空見タイガの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:今日のサッカー 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:1312字
カンカンカンカンカン。遠くから聞こえてきた音に俺は彼女の手をとって走り出した。道の終わりぐらいで近くの警報がなりはじめて、渡りきったあとに振りかえると今に下り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:残念な真実 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:972字
デザートをおごるかわりに恋愛相談に乗ってくれと頼んで連れてきたクラスメイトが頼んだのは二千円するパンケーキ。二千円!? 二千円ってあの、お札の千円が二枚!? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:免れた子犬 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1211字
ゴールはゴールでもナイシューでないゴールはなーんだ? 白けた二人のあいだを割るように注文していた料理がテーブルの上に置かれた。俺はチーズカレー、染野はミートド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:楽しかった敗北 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:1071字
女の趣味がわるいやつはダチの趣味もわるい。この一番の例があーくんで、やつは女子みたいなキレーな顔をしているくせに、すっげえブスを好きになる。しかもこのブスとき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:くさい芸術 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1150字
給湯室の排水溝にいつもちぎれた麺が入っている。くっついているキャベツのような薄い緑のなにかを見るに、おそらく焼きそばの仲間にちがいない。気にせずに手で水をすく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:臆病な女 制限時間:30分 読者:81 人 文字数:1053字
大して暑くもないのに暑いの言葉がでてくるように、好きという言葉は好きでなくても言える。しかも、す、き、これだけの詩である。猿が無限にタイプライターを叩き続けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:鈍い償い 制限時間:30分 読者:74 人 文字数:884字
よくわからないまま公園のベンチに座っている。平日の二時のため、人はあまりいない。ベビーカーを押した母親がふしぎそうな顔をして入って出ただけだ。雲がイワシの形を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:今の冒険 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:1007字
今、生きていておそれながらも行いたいことはなんだろうと考えて、そんなものはないと思った。ちょっとした好奇心のために命を落とすような真似はしたくない、もし自ら平 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:小さな血液 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:919字
人参は美と時間の仲間であるが、俺とおまえは敵である。久居はバイト先からパクってきたらしいエプロンをつけながら足で冷蔵庫を開いた。「おっと、塩がない」「客に塩を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:右の失踪 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:950字
二色のランドセルと八色のランドセルなら前者のほうが好きな一色を選びやすいだなんてことはどんなにお偉い学者さまが言おうと統計が出ようと一万人の賛成があろうと信じ 〈続きを読む〉