お題:禁断の凡人 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:974字
[削除]

復讐の鬨
 ウサギが根を張って三年。怒りに震えた拳が大地を揺すると、そこから新しいコウサギたちが生えてくる。
 彼らの望みは? 復讐だ。
 単なる復讐なのか。いや、そうではない。
 彼らは長い間被食者だった。捕まえられ、切り刻まれ、煮込まれ、揚げられ、焼き焦がされた。友人が、恋人が、親類が、兄弟が、気が付けばいなくなり、誰かの腹の中だった。
 もう一度一緒になりたいと思っても、一体誰の腹の中にいるのだか。
 そして出会ったとしても、命のない肉片同士だ。
 そこに心の交流はないだろう。

 ウサギはしかし考えた。この世界には意志がある。魂がある。ウサギとしての姿かたちが失われても、きっとそこには尚も私をウサギたらしめている何かがあるはずだ。
 ウサギ性とでもいうべきものが。
 もしも、もしもだ。そのウサギ性を保とうと、強い気持ちでいたのなら。ウサギは死して尚ウサギであり、いずれはウサギとして復活する日が訪れるのではないか。
 それは正しい。
 あなたはあなたとして生まれた以上、ずっとあなただ。
 良くも悪くも、だが。

 良くも悪くも、それこそが平凡というものだ。ウサギは晴れやかな顔つきでそう考えていた。いずれにせよ、我が生涯に一片の悔いもない。ウサギとして生まれ、ウサギとして死んでいく。
 ウサギが目を覚ました時、コウサギだった。
 コウサギというのは人間の腸内環境を通過した後に、土から生えてきたウサギの残滓。にして、腸内でろ過された挙句、人間には吸収できない形で残った、凝縮されたウサギ性でもある。
 そしてコウサギという名前には排泄物兼ウサギという意味合いも込められている。
 名は体を表す。
 コウサギの身体からは牧場の匂いがした。撒かれた肥料のかぐわしい香り。
 ――うん、コウサギの香りが。

 コウサギは丘の上に立って一軒の小屋を見下ろす。
 ――我々を脅かしていたのは、あのたったひとつのファミリーだったのだ。
 コウサギの軍勢は二万。自己増殖によって増えたその二万の軍勢が――
 ――たった一軒を、復讐に燃える思いで見下ろしている。
 二万が同じ思いでいるのだ。
 泣くがいい。震えるがいい。
 声を上げて、恐怖するがいいのだ。
 日が暮れる前に、二万の軍勢は一気に攻め入る。
 七人のファミリーは今宵、地獄を見るだろう。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:オレだよオレ、うどん 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1126字
「私は花粉症じゃないんですけども、花粉症ってどういう感じですか?」無神経にもほどがあるが、夜になるとぐすぐすと言い出す知り合いの奥様にそういう質問をぶつけてみた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:墨鴉 お題:楽しかったモグラ 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1037字
モグラを直腸内に入れて遊んだ。代償として、俺は人の体を失った。 体の約86パーセントを機械化されたが、実感は薄い。あまりにも快適すぎて、人工の体だという実感が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:墨鴉 お題:少年の病気 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:824字
少年が肛門から毒を挿入され病院へ搬送された。 理由は言うまい。 高熱を出し、苦しむ少年。不安そうに見守る家族。 医師は沈痛な面持ちで説明を始める。「既に抗生物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:天才の善意 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:154 人 文字数:459字
「体内の蓄積された毒は精神に大きく作用します。精神が乱れれば思考も乱れる。イライラされている方は消化器の不調ではないかと疑われたほうがよろしいかと思います」私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミニ お題:暗黒の巨人 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:183 人 文字数:804字
暗黒の巨人と呼ばれる生物がこの世を牛耳っているこの世界。 生態系の頂点として暗黒の巨人は長い間、他の生物を虐げ生きてきた。 幸いにも、暗黒の巨人と人間は意思疎 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:永遠の風 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:212 人 文字数:1164字
今年も年一回の健康診断の季節がやって来た。渡された事前に必要事項を記入しておく紙によると、ネットで予約をするのがいいらしかった。何か当たったりするらしい。という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:誰かは超能力 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:423 人 文字数:1044字
超能力があったらどんな能力で、何がしたいのか?ということを学校のどうとくの時間にクラスで話し合った。僕はもちろん、「かっこいい能力が欲しい」と述べた。漠然として 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Houx お題:飢えたドア 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:158 人 文字数:1530字
ドアノブに手を掛けたまま、立ち止まって考える。触れて離し、しばらくしてまた触れる。そしてやはり捻る事は無い。 その所為なのだろう、冷ややかな金属は拒絶するよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:霊音にこ お題:フニャフニャの挫折 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:534字
お隣のフニャフニャさんはダイエットをしていた。今流行りの腸内洗浄ダイエットよ、などと自慢げに話していたが果たして成功するのだろうか。俺は幼なじみだか、あいつがダ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:暑い百合 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:351 人 文字数:1051字
「ねえ遥(はるか)、そう言えばだけど最近便秘気味だって言ってたわよね?」「え、ちょっと何よいきなり。……うん、まあ、そうなんだけど」「ちゃんと野菜食べないと駄目 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:傷だらけの希望 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:249字
キャンディ・スキャンティがヨーロッパ・ロマネスク様式の部屋の宝石箱を開くと今日はそこに大学があった。スキャンダル好きなスキャンティはひとたばのギーク・ボウイたち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の血 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:216字
左手首をかしげると、薄青い静脈が、すうと浮かび上がった。月明かりだけが窓掛け越しに照らす寝室で、ぼくは顔も知らぬ母親について思った。彼女のことは何も知らないのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な神様 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:398字
この世のありとあらゆるものに神は宿る。太陽にも、月にも、海にも、山にも、その辺の歪な石ころにだって宿る。車にも、机にも、携帯電話にも、トイレにも、何を伝えたいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱い音楽 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:356字
私は重い足取りで廊下を歩く。もうとっくに慣れたものだと思っていたが、どうもそういう訳にはいかないらしい。長い廊下の突き当たり、扉を開け、部屋に入り、ため息をつい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:隠された汁 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:541字
秘伝の出汁。関東で1番旨い親子丼を作る父が昔から使い続けている秘密のレシピなのだが、彼のもとで修行を続けて3年経った今でも教えてもらうことは叶っていない。「そり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の冬 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:945字
昨日は散歩の途中で赤と黄色に染まりきった森を見た。今日は桜が咲いていた。どうもまた冬が飛ばされたらしい。 母はそのことについて季節省が方針を転換したみたいと言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:素晴らしい息子 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1973字
そこは、真っ白な空間であった。そんな真っ白な空間の中でポツリと少年が裸で胡坐をかいて、この真っ白な空間に唯一存在する一つの窓ガラスを睨んでいた。窓ガラスの向こう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
FanWX ※未完
作者:匿名さん お題:小説家たちの宗教 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:16字
小説家たちの宗教?俺は仏教だな笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
村の秘め事 ※未完
作者:匿名さん お題:熱い村 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:690字
また、この季節がやってきた。実家を離れて5年も経つのに毎年、この時期に必ず親や兄弟地元の友人から「今年は帰ってくるのか?」と、催促の連絡がひっきりなしに入る。思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:求めていたのはホテル 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:291字
「あつい……疲れた……」「どこか涼みに入れるといいんですけど」 炎天下の中、野外を這いずりまわる営業マンはフラフラだった。とりあえずどこか涼しいところに入りたい 〈続きを読む〉