お題:猫の風 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:853字

神社
 小声で歌を歌いながら、僕は階段を歩いていく。
 二段飛ばし、足取りは軽く。
 今日の僕はとっても気分が晴れやかだった。

 理由はわからないけど、なぜか直感でそう思った。
「何かいいことが起こりそうだ」
「今日はなんでもできそうな気がするぞ」
 そんなことを考えて家を飛び出した僕は、近所の神社へと向かっていた。

 階段を登り切り、一息。
 冷え切った空気に、白い煙を吐き出す。
 そのまま振り返ると、青く澄んだ青空があった。

「よし」
 それだけ言って、鳥居をくぐる。
 なんとなく一礼をしながら、わきを通っていく。
 どこかのテレビで見たのだ、中央は神様の通る道だと。
「人に邪魔されただけで怒るなんて神様は小さいなぁ」
 なんて思ったけれども、僕も邪魔しないように譲り合おうと行き違いになったことを思い出す。
 そうやって考えたら、道が決まっている方が気楽なのかもしれないな。

 靴越しに石を噛んだ靴の感触が伝わる。
 こすれて、割れる音。
 僕はこの音が好きなのだ。
 よく、気が向いたら神社に来ているのはたぶん、そのせい。

 そんなことを考えながら横に視線をずらすと、一匹の猫がいた。
 猫が警戒したような目でこっちを見てくる。
「走っても追いつけないと思うんだけどなあ」
 とりあえず、しゃがんでみた。
 猫も安心したのか、足を畳んでこっちを見てくる。
 何度立ち上がってしゃがんでも目線を合わせ続けてるのが面白くて、ついつい何度も繰り返してしまった。

「これがいいことなのかなぁ」
 何度も繰り返したせいか、猫が森の中へと駆けていく。
 それを見送りながら、背を伸ばすように立ち上がる。
 冷えた空気に、勢いのある風が混じる。
 途端に肌寒くなって、思わず手を袖に仕舞った。

「もう、帰ろうかなぁ」
 また、鳥居の端を通りながら空を見る。
 澄んだ空に、隣町へと沈んだ太陽。
 今日もいい物が見れました。
 そんな風に神様に報告しながら、僕はまたお辞儀をして、階段を降り始めた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:akari お題:猫の風 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:201字
彼女はいつも陽だまりの中にいる。 一人で、されど寂しいという雰囲気を一切感じさせることなく、ただただ気ままに歩いていく。 その背に付いていこうと時々思うけれど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:RAGNA お題:猫の風 制限時間:30分 読者:204 人 文字数:1372字
ふんわりふわふわ、不思議な奴。そいつは白くて丸っこい。のんびり屋だけど、力強い。あいつはそんな奴なんだ。どこかの家で飼われている猫は、彼のことをそう言った。「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ちゃんえこちゃんさん お題:猫の風 制限時間:30分 読者:263 人 文字数:878字
「あっ猫!」 彼女が大きな声を出したので、その猫は驚いてぴょーんとどこかへ行ってしまった。俺はむっとして彼女を睨んだ。「何してるんだよ」「ご、ごめんなさい」 学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
大学シリーズ ※未完
作者:茂吉 お題:箱の中の大学 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:300字
大学2年のとき、一時期、プラモデルに嵌ったことがあった。戦闘機をよく作っていた。形の美しさに魅せられていたのだと思う。塗料を買って、色も塗って、本格的に仕上げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:傷だらけの希望 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:249字
キャンディ・スキャンティがヨーロッパ・ロマネスク様式の部屋の宝石箱を開くと今日はそこに大学があった。スキャンダル好きなスキャンティはひとたばのギーク・ボウイたち 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の血 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:216字
左手首をかしげると、薄青い静脈が、すうと浮かび上がった。月明かりだけが窓掛け越しに照らす寝室で、ぼくは顔も知らぬ母親について思った。彼女のことは何も知らないのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:壊れかけの耳 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:927字
この耳が壊れさえすれば、私はあの人を愛さなくても良いのかもしれない。愛しているから、あの人が私以外の人と仲良さそうに話している姿に苛立ってしまう。いや、むしろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:僕の好きな多数派 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1061字
好きな男の人がいます。なんて文章を書いた場合、普通の人間は女性、それも少女と呼ばれる世代が書いたモノだと判断するだろう。 だけれども、例えば『僕』っていう一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おどりと。 ※未完
作者:日ノ宮理李@ひよよんとかなみの子ども お題:凛としたダンス 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:626字
夢を見れなくなった僕は彼女をただ追いかけることに命をかけてた。 そんな僕をおそらく彼女は望まない。わかってるけど、僕というボクを維持するには必要だった。「…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:賢い絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1219字
知り合いが「とてもいいモノを買った」と自慢してくるので見せてもらうことにした。 この知り合いは同人で漫画を描いていて、それにとても役に立つものらしい。 そんな 〈続きを読む〉

トゥーディーの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:猫の風 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:853字
小声で歌を歌いながら、僕は階段を歩いていく。 二段飛ばし、足取りは軽く。 今日の僕はとっても気分が晴れやかだった。 理由はわからないけど、なぜか直感でそう思っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:緑の彼 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1000字
「ねえ、きみ」「なんでしょう?」 タクシーの運転手である私にとって、客から話しかけることは正直に言って苦痛だった。 特に、今後ろに座っている、高そうなスーツや時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:赤い話 必須要素:《算数のたかし》 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:621字
俺には子供のころからの異名がある。 その名も≪算数のタカシ≫。まあ、由来は単純だ。 俺は子供のころから算数が得意だった。 そろばんを習っていたわけでも、特別何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:未来の慰め 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1068字
僕は子供のころから世の中が嫌いだった。 程度の低い、けれども確かな悪意が蔓延する世界。それを苦にせず、有ろうことか他人に強いる人間。見聞きする世界は、ひどくゆ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:やば、帝王 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:53 人 文字数:1238字 評価:1人
子供を産むって言うのは、当たり前ですけど大変なことです。 二人の人間が愛し合ったり愛し合わなかったりして、新たな命を育む。 生命の神秘といえば聞こえがいいです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
困った笑顔 ※未完
作者:トゥーディー お題:楽観的な公認会計士 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:793字
「この分なら何とかなりそうですね~」 妙に間延びした声で、目の前の男が笑う。 全身紺で染めた皺一つないスーツ。乱れ一つない姿勢。ただ、その表情だけが人を小ばかに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:愛と憎しみの嫉妬 必須要素:暗黒の瞳 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:936字
最初はただ見てるだけで幸せだった。あなたの笑顔が、たとえ私に向けられたものじゃなくても。でも、いつからだろう。私がそれに満足できなくなってしまったのは。「ごめん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:女の屍 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:923字
気が付くと俺は、暗い闇の中にいた。唯一の光源は、格子がはまった窓から差し込む月の光だけ。それに照らされるコンクリートの部屋はいつになく味気なかった。とはいえ。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:僕の殺人犯 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:970字
不思議な夢を見る。頻度は少ないけど、何となく印象に残ってしまって、忘れられない。そんな夢の話をしたいと思う。いわく、夢とは記憶を整理するために見るものだという。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:夏の貯金 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:1016字
「おーい、こっち来いよー」そんな、無駄に元気な声が耳に響いた。年下のくせに敬語とか使わない、生意気なあいつ。真面目に返事するのもおっくな気がして、手を掲げて応答 〈続きを読む〉