お題:黒いボーイズ 必須要素:二号機 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:467字

トイレット・パラレルワールド
トイレのマークは赤がガールズ、黒がボーイズ。
でも「赤が女、黒が男という決めつけは変」という世の流れで、どちらも同じ色になる。さらに「スカートが赤、ズボンが男という決めつけは変」という世の流れで、どちらもズボンになる。男女の差は、肩幅と腰と足つきの差で表現される。女はY、男はXのような形になる。
これは、色や服以外の表現で精査を表現する点が新しく、二号サインと呼ばれた。
しかし世の流れは進み、「男女以外の性の人はどうすればいい」「そもそもなぜトイレが男女別に分かれてる? 個人店では、1,2個のトイレの個室を男女分かれず使うこともある」「トイレを男女で分けるのに必然性はない」という話になる。
かくして、男女のトイレの別自体がなくなる流れになる。しかしここで男性のいわゆる「朝顔」ヘビーユーザーが猛反発。性差なしのトイレが普及すれば、男性用トイレのみに存在する朝顔が当然消滅する流れだからだ。
かくしてギリギリの流れで性差なしトイレは没になる。そして例のトイレのサインは、男性器と女性器をもしたものなり、誰からも文句がなくなった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒いボーイズ 必須要素:芥川賞 制限時間:15分 読者:193 人 文字数:470字
相方と漫画の打ち合わせをしていて、ふと思いついた。「芥川賞、貰ってやるって言ってた人いたよね」「ああ、父親がDV男ってやつだっけ?」「やっぱり、ちょっと暴力的な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黒いボーイズ ※未完
作者:ゆん お題:黒いボーイズ 必須要素:男使用不可 制限時間:15分 読者:150 人 文字数:740字
率直に言えば暇だったのである。 生れも育ちも東京の自分は、敢えて東京の観光地など回ったことはない。 学校の社会科見学で無理矢理東京タワーに行かされたりしたこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:つまらない小説家 必須要素:二号機 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1103字
原油だって限られているわけだから、人間の才能だって限られているはずだ。資源だって限られている。人だけが無限の可能性を秘めているとかそんなわけないだろう。あの当時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:美しい宴 必須要素:二号機 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:610字
「おつとめごつろうさまでございますご主人。ささ、椅子におかけになっていっくりと休んでください」 慌ててキーボード入力されたかのような誤字混じりの言葉で話している 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:恐ろしい屍 必須要素:二号機 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:631字
(#66) そう遠くない未来、子供が生まれない世界が現実のものとなっていた。 人類の総数は百億を頂点に減少に転じ、今では最盛期の半数にまで落ち込んでいる。 それ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:都会の夫 必須要素:二号機 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:503字
私の夫がやられたようだ。仕方がない、プロトタイプで、そうとう使用年数も過ごしていた。でも、けれども、それでも私の愛する夫だった。武骨なフォルムも、単調に光るモ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:闇の嘔吐 必須要素:二号機 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:745字
二号機のコクピットは最悪だ。 軍で正式採用された三号機は良かった。大人二人が入れるような広いスペースに冷暖房を完備し、最新のコンピュータがパイロットの操作を教 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
練習 ※未完
作者:匿名さん お題:暗いテロリスト 必須要素:二号機 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:433字
「昨日のテレビ見た?」「見た見た! やばかったよね!」学生服に身を包んだ男女のペア。西日の淡い光を背に受けながら、彼らは自宅の帰路へと着き、談笑している。——あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夜の犯人 必須要素:二号機 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:743字
いつだったか友人からこう言われたことがある。君はまるで二号機みたいだね、と。 友人はその後、少し照れたような顔してこう続けた。「悪い、二号機じゃなくて二号機改 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:1000の作品 必須要素:二号機 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:1086字
1000の作品を燃やした燃料で、二号機を動かす。 一号機はもうスクラップにされていた。突如として空より飛来した、あの巨大生物にやられてしまった。 一号機がまる 〈続きを読む〉

渋澤怜 の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:幼い出会い 必須要素:サスペンス 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:365字 評価:0人
幼くして出会った二人は互いを運命として受け入れた。互い以外の誰もが目に入らなかった。ほかの人間が一切目に入らず、二人は濃密な蜜月を過ごした。しかしそれもたった十 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:真実のボーイズ 必須要素:奴の小指 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:395字 評価:0人
まだ一緒に勉強していたころ、約束したのだ。一緒になれる日まで、互いを裏切らないと。法や、家族や、その他の制約がなくなったら、必ず結ばれるのだと。指きりげんまん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:遠い成功 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:476字
妻は夫のいびきに辟易しており、もはや同室で寝るのは不可能というほど困っていた。枕を変えたり、横向きに寝かせてみてもやはり夜中に何度も起こされ、そのたびに失望を覚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:悲観的な兄弟 必須要素:悲劇 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:705字
強盗殺人のニュースが流れた。被害者は強盗に刃物で一撃で殺されおり、おそらく犯人は相当のやり手、被害者は何が起こったか把握する暇もなく死んだんだろう、とテレビのコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:免れた真実 必須要素:「い」仕様禁止 制限時間:1時間 読者:89 人 文字数:794字 評価:0人
「い形容詞」が禁止され、「な形容詞」のみに統一されることとなった。い形容詞とはいわゆる形容詞(大きい、小さい、細い、長いなど)で、「な形容詞」というのはいわゆる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:彼女の料理 必須要素:十字 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:722字
いつも彼女の料理を「うまいうまい」と連呼しながら食ってたら、「うまい以外言われない。悲しい。もっと何かないの?」と言われた。「めっちゃうまい」「7字」「超スーパ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:黒いボーイズ 必須要素:二号機 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:467字
トイレのマークは赤がガールズ、黒がボーイズ。でも「赤が女、黒が男という決めつけは変」という世の流れで、どちらも同じ色になる。さらに「スカートが赤、ズボンが男とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:12月の君 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:586字
クリスマス、AちゃんはB君にずっと片思いしてて一緒に過ごしたくて、でもB君はCちゃんのことがひそかにずっと好きだからCちゃんとすごしたくて、でもCちゃんは全然恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:許されざる絵描き 必須要素:BMW 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:721字
その画家は、高価なものの上にしか描けないという性質を持っていた。幼少期にお札の上に描いたのが、初めて描いた絵だった。子供に与えられる落書き帳や単なる紙には全く興 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:混沌の心 必須要素:聖書 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:275字
はじめに混沌の心あり。「光あれ」と言って、都合のいいところだけ照らしけり。光あるところに影生まれ、かくして「本当の心」生まれけり。はじめに混沌の心あり。「ネット 〈続きを読む〉