お題:緑の彼 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1000字

横断歩道
「ねえ、きみ」
「なんでしょう?」
 タクシーの運転手である私にとって、客から話しかけることは正直に言って苦痛だった。
 特に、今後ろに座っている、高そうなスーツや時計を身に付けた初老の男に話しかけられていい思い出などなかった。
 やれ、政治の話、社会に対する、あるいは若者に対する愚痴。
 もともと車を運転することだけが趣味の老いぼれに、愛想など求める光が間違っているのだ。

 とはいえ、返事してしまった以上話をしないわけにはいかない。
 バックミラー越しは彼の目線は見えなかったが、どうやら酔っている訳ではなさそうだった。

「それがね、最近気になることがあってだね」
「はあ」
「そう、今見えるところだ、少しだけ待ってくれ」

 やる気なさげな相槌だと気づかれなかったか。
 いや、気づかれたとしても話し続けるだろう。
 そんな頑固さを彼に感じてしまった。

「ほら、あの歩行者信号。右手に見えるあれだよ」
「?」
「よく見えないか?」

 赤信号につかまり、停止した車内で彼が再び口を開く。
 指さす方を見ると、交差する歩行者信号が緑に灯ったところだった。
 一見しても何の異常は見えなかった。
 ただ、漠然とした違和感は感じれた。

「よく見てみてくれ、何かおかしいだろう」
「はっ」
「ほら、おかしいじゃないか」

 よく目を凝らしてみると、彼の言わんとしてることが分かった。
 彼は右を向いていなかったのだ。
 私たちから見て、逆行するように左に向いている。

「なぁ、おかしいとは思わんかね?」

「私たちから右を見れば、常に同じ方向を向いているはずの歩く姿が、なぜか彼だけ逆を向いているんだ」

 そう、彼が言った瞬間。
 点滅をやめた彼は消え、赤い姿が現れる。
 三秒。
 再びアクセルをふかし、発進した車内で彼の言葉は続く。

「左を見たら同じように逆を向くだろう、って言う突込みはやめてくれよ?」
「は、はぁ」
「なぜか、この時間だけ、あの信号だけ逆を向くんだ」

 そう告げる彼の目的地は、目前に迫っていった。

「工事のミス?それはわからないが、あの逆行する彼は何を考えてるんだろうな」

「そう、気になってしまったんだよ」

 それだけ言って彼はタクシーから降りた。
 ただただ聞くだけになってしまってよかったのだろうか。

 ただ、Uターンする勇気は私にはなかった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:ワイルドなあそこ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1110字
あそこに立てれば、どことなく、俺はワイルドになれるのではないだろうか。なんの根拠もない。ないが、それでもどこか魅力的なものがある。 一歩一歩近づいていきながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:榮倉慶 お題:俺の狼 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:518字
森の中を歩いてると一匹の狼に出くわした。咀嚼音を辺りに響かせて食ってたので出くわす前に存在には気づいていたがあえて出会いにきた。別に狼を捕まえて食いたかったわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:八等分された日ノ宮理李 お題:俺の狼 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:916字
人を襲うとどんな動物であろうと殺傷処分を受ける。 何人もの仲間たちがそれで次々に消えてった。 最初のうちは悲しくてやりきれない気持ちでいっぱいになった。けれど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:578字
俺は田中一郎とても平凡な名前で平凡な日常だ俺の近所ではとてもうるさい犬がいる。俺はそつがあまり好きではない。なぜなら俺の荷物を持って行って穴に埋めていたのを見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:773字
犬ってすごく可愛いですよね。 なんてことを私はいつ言ったのかは覚えていませんが、ですが犬はもちろん可愛いのです。 それでいて、こうやってほぼ毎週一緒に散歩に出 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:水床海老 お題:気持ちいい許し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:949字
ご飯を炊き忘れた。 そろそろ夕食にするかと炊飯器を見れば、そこにあったのは水に浸された二合の米だけで、期待していたほかほかのご飯は存在しなかった。 寂しい一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:榮倉慶 お題:これはペンですか?違うわ、それは魚 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:682字
「これはペンですか?」「違うわ、それは魚よ」 終わりの見えないやり取りを先から続けている。昨日住宅街のゴミ捨て場で拾ったこの男はどうも外国人だったらしい。昨晩は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:DDT お題:純粋な病気 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:308字
電車を降りたところで呼び止められた。女子高生だ。ラッシュの波に押されて流されそうになったので、とりあえず腕を掴んでエスカレーター脇まで移動した。その二の腕の細さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:悲観的な経歴 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:834字
自分の過去に、自信が持てず、悲観的になると、その後の生き方も狭くなる。 履歴書の空白を説明できない者は、代る何かを得られていないだけなのだが、それ以上に後退し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な経歴 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:360字
「随分と、特殊な経歴をお持ちですね……」「そうなんです……あはは」 目の下にクマのある、ひどく病弱そうにやせた男は空笑いをした。「義務教育を終える前に出国して、 〈続きを読む〉

トゥーディーの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:猫の風 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:853字
小声で歌を歌いながら、僕は階段を歩いていく。 二段飛ばし、足取りは軽く。 今日の僕はとっても気分が晴れやかだった。 理由はわからないけど、なぜか直感でそう思っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:緑の彼 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1000字
「ねえ、きみ」「なんでしょう?」 タクシーの運転手である私にとって、客から話しかけることは正直に言って苦痛だった。 特に、今後ろに座っている、高そうなスーツや時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:赤い話 必須要素:《算数のたかし》 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:621字
俺には子供のころからの異名がある。 その名も≪算数のタカシ≫。まあ、由来は単純だ。 俺は子供のころから算数が得意だった。 そろばんを習っていたわけでも、特別何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:未来の慰め 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1068字
僕は子供のころから世の中が嫌いだった。 程度の低い、けれども確かな悪意が蔓延する世界。それを苦にせず、有ろうことか他人に強いる人間。見聞きする世界は、ひどくゆ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:やば、帝王 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:1238字 評価:1人
子供を産むって言うのは、当たり前ですけど大変なことです。 二人の人間が愛し合ったり愛し合わなかったりして、新たな命を育む。 生命の神秘といえば聞こえがいいです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
困った笑顔 ※未完
作者:トゥーディー お題:楽観的な公認会計士 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:793字
「この分なら何とかなりそうですね~」 妙に間延びした声で、目の前の男が笑う。 全身紺で染めた皺一つないスーツ。乱れ一つない姿勢。ただ、その表情だけが人を小ばかに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:愛と憎しみの嫉妬 必須要素:暗黒の瞳 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:936字
最初はただ見てるだけで幸せだった。あなたの笑顔が、たとえ私に向けられたものじゃなくても。でも、いつからだろう。私がそれに満足できなくなってしまったのは。「ごめん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:女の屍 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:923字
気が付くと俺は、暗い闇の中にいた。唯一の光源は、格子がはまった窓から差し込む月の光だけ。それに照らされるコンクリートの部屋はいつになく味気なかった。とはいえ。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:僕の殺人犯 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:970字
不思議な夢を見る。頻度は少ないけど、何となく印象に残ってしまって、忘れられない。そんな夢の話をしたいと思う。いわく、夢とは記憶を整理するために見るものだという。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:夏の貯金 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:1016字
「おーい、こっち来いよー」そんな、無駄に元気な声が耳に響いた。年下のくせに敬語とか使わない、生意気なあいつ。真面目に返事するのもおっくな気がして、手を掲げて応答 〈続きを読む〉