ユーザーアイコン
お題:天国の祖父 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:438字

たてよみのらくがき ※未完
おじいちゃんげんきにしてますか?
わたしはげんきじゃありません。
らいしゅうからわたしはつらいとおもいます
なんでかというとだれかがそうきめたから。
いつもだれかがわたしのみらいをきめている
。それはかみなのかなんなのかきょうみ
もないのだけど、いつもだれかにみちびかれているよかんがするのです。おじいちゃん、あなたはいっていました。ずっとみまもってそばにいる。そういえばいっかげつまえ、おばあちゃんがいってました。なんだっけ。これはなんなんだと。ちがったっけ。あのね。ていうかさ。なんで、こんなことをかいているんだろうねわたし。なんでっていわれても
。だれかのひまつぶし。きっと神様のひまつぶし。私たちは人形なのかもしれない。みえない何かに操られてるだけのただの人形。たんに気のせいかもしれないけど。そろそろか
な。終わりの時間も違い。残り2分だって。じかんがないよ。
んー。
せいいっぱい
いきていたかったんだけどどうしても無理
をいって辛い人生をおくろうとしたのはだれ
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
後悔 ※未完
作者:匿名さん お題:天国の祖父 制限時間:30分 読者:142 人 文字数:928字
最後まで祖父は笑顔だった。顔をしわくちゃにして、まるで子供みたいに笑っていた。すぐにでも逝ってしまいたいと思っていたはずなのに、それでも満面の笑みを浮かべ、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未来の負傷 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:504字
おれはいつも未来のことを考えている。備えあれば憂いなしだ。今、こうして会社に向かう電車の中でも客先のプレゼンで話す内容を反芻して備えている。プレゼンが終わった後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:フニャフニャの風 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1081字
春の風。鋭いものの、そこに確かに暖かみと、どこか優しさを感じることが出来る。と、言えるのは私が花粉症ではないからであり、風が吹くたびにマスクをした人たちがとて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻のヒーロー 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:390字
彼女いない歴=年齢の俺。彼女欲しい。 最近気になっている人がいる。隣に住む斉木さんである。 会う度に笑顔で挨拶をしてくれる。きっと俺の事が好きなんだと思う。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた駄洒落 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:378字
アルミ缶の上にミカンが置かれている。飛んでいる布団がある。チーターが落ちている。何だここは?「ここは捨てられた駄洒落の行くところ。」「うわっ」びっくりした。いき 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ふわ ゆー お題:東京の俺 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:472字
東京の俺から電話がかかってきた。「久しぶりだね。元気でやってるかい?」「まんずまずだっちゃよ。そっちこそ体は悪くしてねえべか?」「うわあ、すげえ訛ってんな。大丈 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:高貴な勝利 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:400字
神の意思のもとに我が背に続け。我らの道の先に勝利がある。 馬に跨り、鎧に身を包んだ騎士は、眼前に集ったガラトキの民にそう呼びかけた。彼らは騎士の声に導かれ大き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふわ ゆー お題:日本式の失敗 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:323字
日本式の失敗か資本主義のオッパイかと問われれば、世の男性の3分の2は後者を取るだろう。残り6分の1はケツ派で、残り6分の1が足裏フェチである。さて、今私が犯して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:うへへ、ダイエット 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1324字
荒れ果てる大地。その中でただ一人佇む。(いや、二人、か)私の足から出ている影。"何も無いところ"から伸びる影。その2つを見つめながら思い直す。私には姿が見えない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:つくのきひめ@再開します お題:名前も知らない娼婦 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:972字
彼女はいつも同じ通りの角に立っていた。時代遅れの真っ赤なドレスを着て、いつも同じ煙草を吹かす。濃すぎる程の化粧。ドレスに負けない程の深紅の口紅。雨が降ろうが雪が 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:どこかの発言 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:492字
わたしのゆめ。本を持った少女が話しかける。わたしのゆめは。囁いているようで、泡となって消えてしまうような声だった。なんだったかおぼえてる?そんなものわからないよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:奇妙な自動車 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1414字
もし、君が明日死ぬとしよう。あくまでもこれは仮定だからね。そうだね。例えば、突然車に轢かれるとかどうだろうか。君が歩いていたら視界の端から車がやってきて気づけば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:夜のぷにぷに 必須要素: 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:2243字 評価:2人
この前、友人が変なものを見た話。友人曰く部屋の電気を消したんだと。するといつもより部屋は暗い。電気を消したから暗いのは当たり前なのだけど、いつもより視界が悪く暗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:天国の祖父 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:438字
おじいちゃんげんきにしてますか?わたしはげんきじゃありません。らいしゅうからわたしはつらいとおもいますなんでかというとだれかがそうきめたから。いつもだれかがわた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:私の耳 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:2558字
「こっち!」春香は笑顔で僕の方を見ながら、自分の顔を何度も指差している。「ねぇ!見えてるんでしょう?」「ねぇってば!」「あーあーあー!」春香は無視をすればするほ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:いわゆる門 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:989字
門ができた。「これは何ですかね。」スーツを着た男が言う。「門だろうよ。見たらわかるだろう。」スーツを着た別の男が言う。「そうなんですか?門なんですかこれ。」「こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:メジャーな墓 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:1222字
空は青い。空気はじわじわと迫ってくる。蜃気楼のような空気が震えている様子も見える。ただ僕は汗をかきながら、空を見ている。夏だ。大嫌いなこの季節がやってきた。蝉が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:大人の幻想 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:1645字
最後は美しく消えたいという夢がある。「『儚さ』とは人の夢と書く」なんて安っぽい言葉まである。父はこの言葉が大嫌いだった。大人は皆言う。「若くて良いね」と。私は問 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:冷静と情熱の間にあるのは博物館 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:2512字
海の近くの小さな文学館。響きだけでなかなか美しいものだけれど、なんと私が住んでいる街に本当にあった。それを知ったのは何ヶ月も前で、そしてずっと行っていなかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:群馬の俺 制限時間:4時間 読者:34 人 文字数:1089字
群馬ってどんな場所だろう。私は少し考えてみる。栃木の西にあるのが群馬か。うん。それで合ってるはず。昔、小学生の時に覚えさせられたもの。そう思いながら、改めて手紙 〈続きを読む〉