ユーザーアイコン
お題:天国の祖父 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:438字

たてよみのらくがき ※未完
おじいちゃんげんきにしてますか?
わたしはげんきじゃありません。
らいしゅうからわたしはつらいとおもいます
なんでかというとだれかがそうきめたから。
いつもだれかがわたしのみらいをきめている
。それはかみなのかなんなのかきょうみ
もないのだけど、いつもだれかにみちびかれているよかんがするのです。おじいちゃん、あなたはいっていました。ずっとみまもってそばにいる。そういえばいっかげつまえ、おばあちゃんがいってました。なんだっけ。これはなんなんだと。ちがったっけ。あのね。ていうかさ。なんで、こんなことをかいているんだろうねわたし。なんでっていわれても
。だれかのひまつぶし。きっと神様のひまつぶし。私たちは人形なのかもしれない。みえない何かに操られてるだけのただの人形。たんに気のせいかもしれないけど。そろそろか
な。終わりの時間も違い。残り2分だって。じかんがないよ。
んー。
せいいっぱい
いきていたかったんだけどどうしても無理
をいって辛い人生をおくろうとしたのはだれ
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
後悔 ※未完
作者:匿名さん お題:天国の祖父 制限時間:30分 読者:146 人 文字数:928字
最後まで祖父は笑顔だった。顔をしわくちゃにして、まるで子供みたいに笑っていた。すぐにでも逝ってしまいたいと思っていたはずなのに、それでも満面の笑みを浮かべ、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:ワイルドなあそこ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1110字
あそこに立てれば、どことなく、俺はワイルドになれるのではないだろうか。なんの根拠もない。ないが、それでもどこか魅力的なものがある。 一歩一歩近づいていきながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:榮倉慶 お題:俺の狼 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:518字
森の中を歩いてると一匹の狼に出くわした。咀嚼音を辺りに響かせて食ってたので出くわす前に存在には気づいていたがあえて出会いにきた。別に狼を捕まえて食いたかったわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:八等分された日ノ宮理李 お題:俺の狼 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:916字
人を襲うとどんな動物であろうと殺傷処分を受ける。 何人もの仲間たちがそれで次々に消えてった。 最初のうちは悲しくてやりきれない気持ちでいっぱいになった。けれど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:578字
俺は田中一郎とても平凡な名前で平凡な日常だ俺の近所ではとてもうるさい犬がいる。俺はそつがあまり好きではない。なぜなら俺の荷物を持って行って穴に埋めていたのを見て 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:773字
犬ってすごく可愛いですよね。 なんてことを私はいつ言ったのかは覚えていませんが、ですが犬はもちろん可愛いのです。 それでいて、こうやってほぼ毎週一緒に散歩に出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水床海老 お題:気持ちいい許し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:949字
ご飯を炊き忘れた。 そろそろ夕食にするかと炊飯器を見れば、そこにあったのは水に浸された二合の米だけで、期待していたほかほかのご飯は存在しなかった。 寂しい一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:榮倉慶 お題:これはペンですか?違うわ、それは魚 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:682字
「これはペンですか?」「違うわ、それは魚よ」 終わりの見えないやり取りを先から続けている。昨日住宅街のゴミ捨て場で拾ったこの男はどうも外国人だったらしい。昨晩は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:DDT お題:純粋な病気 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:308字
電車を降りたところで呼び止められた。女子高生だ。ラッシュの波に押されて流されそうになったので、とりあえず腕を掴んでエスカレーター脇まで移動した。その二の腕の細さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:悲観的な経歴 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:834字
自分の過去に、自信が持てず、悲観的になると、その後の生き方も狭くなる。 履歴書の空白を説明できない者は、代る何かを得られていないだけなのだが、それ以上に後退し 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:穏やかな太陽 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:618字
夕方4時。いつもこの時間になると山の緑の後ろに太陽が隠れていくところが見える。その光景を4年間ほど見続けてきた。この場所は良くも悪くも静かだった。気づけば太陽は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:刹那の、と彼は言った 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:643字
桜がもう時期満開になるそうだ。まだ寒いこの大地では咲く気配は全くない。時々、桜の花びらの代わりに雪が手のひらに落ちていく。雪は手のひらに落ちると一瞬にして溶けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:ひねくれた喪失 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:1147字
今日もまたベッドの上でスマートフォンを弄り続けている。そして、眠くなったら寝る。これこそが人間の有意義な時間の使い方だ。人が歯車のように延々と回り続けており、「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:薄汚い時計 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1324字
時計の針は12時を指し示そうとしていた。部屋に時計の針の音が響いている。聴こえるのは心臓の音と時計の針の音のみ。今日は静かだ。静寂という音楽が鳴り響いている。い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:興奮した経歴 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:2540字
人が興奮するときはどんな時だろうか。怒った時、あるいは緊張した時か。それとも。子供の頃の話だ。近所にある男がいた。彼は今までに興奮したことが一切無かった。いや、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:どこかの発言 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:492字
わたしのゆめ。本を持った少女が話しかける。わたしのゆめは。囁いているようで、泡となって消えてしまうような声だった。なんだったかおぼえてる?そんなものわからないよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:奇妙な自動車 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:1414字
もし、君が明日死ぬとしよう。あくまでもこれは仮定だからね。そうだね。例えば、突然車に轢かれるとかどうだろうか。君が歩いていたら視界の端から車がやってきて気づけば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:夜のぷにぷに 必須要素: 制限時間:1時間 読者:64 人 文字数:2243字 評価:2人
この前、友人が変なものを見た話。友人曰く部屋の電気を消したんだと。するといつもより部屋は暗い。電気を消したから暗いのは当たり前なのだけど、いつもより視界が悪く暗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:天国の祖父 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:438字
おじいちゃんげんきにしてますか?わたしはげんきじゃありません。らいしゅうからわたしはつらいとおもいますなんでかというとだれかがそうきめたから。いつもだれかがわた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:私の耳 制限時間:1時間 読者:41 人 文字数:2558字
「こっち!」春香は笑顔で僕の方を見ながら、自分の顔を何度も指差している。「ねぇ!見えてるんでしょう?」「ねぇってば!」「あーあーあー!」春香は無視をすればするほ 〈続きを読む〉