ユーザーアイコン
お題:天国の祖父 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:438字

たてよみのらくがき ※未完
おじいちゃんげんきにしてますか?
わたしはげんきじゃありません。
らいしゅうからわたしはつらいとおもいます
なんでかというとだれかがそうきめたから。
いつもだれかがわたしのみらいをきめている
。それはかみなのかなんなのかきょうみ
もないのだけど、いつもだれかにみちびかれているよかんがするのです。おじいちゃん、あなたはいっていました。ずっとみまもってそばにいる。そういえばいっかげつまえ、おばあちゃんがいってました。なんだっけ。これはなんなんだと。ちがったっけ。あのね。ていうかさ。なんで、こんなことをかいているんだろうねわたし。なんでっていわれても
。だれかのひまつぶし。きっと神様のひまつぶし。私たちは人形なのかもしれない。みえない何かに操られてるだけのただの人形。たんに気のせいかもしれないけど。そろそろか
な。終わりの時間も違い。残り2分だって。じかんがないよ。
んー。
せいいっぱい
いきていたかったんだけどどうしても無理
をいって辛い人生をおくろうとしたのはだれ
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
後悔 ※未完
作者:匿名さん お題:天国の祖父 制限時間:30分 読者:151 人 文字数:928字
最後まで祖父は笑顔だった。顔をしわくちゃにして、まるで子供みたいに笑っていた。すぐにでも逝ってしまいたいと思っていたはずなのに、それでも満面の笑みを浮かべ、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:猫の窓 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
「なんで猫が家の中にいるんだ?」 愛猫で、さぼトラのペレが絨毯の上に座って、蒼い目をこちらに向けている。家の中には決して入れないようにしていた。室内が汚れること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
信頼の価格 ※未完
作者:匿名さん お題:高い税理士 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:370字
誰かが言った。「同じ仕事を頼むなら安いほうにするよ。」別の誰かが言った。「そんな金額、払えるか!」そんな言葉を何度聞いただろうか。高い税理士。それが俺の世間での 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@いい日旅立ち お題:アルパカのにおい 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:884字
お前の眠る部屋は家にないからと両親に追い出された俺が向かった先は、子度の頃から一緒に育ったアルパカたちの小屋。アルパカたちは俺を歓迎してくれるようで、キレイな 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:1000の高給取り 制限時間:2時間 読者:24 人 文字数:3089字
所詮貴方には成れない。そんなこと知っているけど?と身体の細胞が震えている。それとも、震えているのは私の身体だろうか。この世界は強者と弱者で構成されているらしい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:ちっちゃな発言 制限時間:4時間 読者:42 人 文字数:3289字
「私はどんなパパでも嫌いにならないよ」泣いた父の顔。そして無垢な笑顔の私。この時の綺麗すぎる優しさは互いに遠慮なく突き刺さることを知らない。父は性同一性障害。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:あきれた光景 制限時間:4時間 読者:25 人 文字数:1197字
「ね、したいの?」彼は薄ら笑いを浮かべている。どこまでが本気なんだ?「君がしたいなら。」「答えになってない。」私も笑いながら近くに置いていたコーラを飲む。「コー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:死にぞこないの夏休み 制限時間:2時間 読者:27 人 文字数:645字
だるい。もう少しでGWだ。ちょっとした夏休みというか春休みというか。東京に来て3週間以上が経った。私は何か変わったのだろうか。上京してきたときは綺麗だった部屋は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:不本意な笑い声 制限時間:4時間 読者:23 人 文字数:1544字
笑顔を取り繕う。それが良くないと知ったのは多分大人になってからで、今もどうして良くないのかを理解しているのかと言われたら答えられない。「泣きながら笑わなくて良い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:人妻の墓 制限時間:2時間 読者:45 人 文字数:3174字
「ここに眠ってらっしゃると。」「ええ、恐らくは。」「19-15835-R。場所はここで間違いないでしょうね。」目の前の特殊なスーツを着た男は手に何らかの機械を持 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:かたい殺人犯 制限時間:2時間 読者:32 人 文字数:2459字
また紅い花弁が散っていった。「飽きないね。」僕は呟きながら、溢れた血を眺め続ける。「まだやるのかい。」応えのない問いを僕はしてしまったなと少し後悔する。「いつま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:穏やかな太陽 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:618字
夕方4時。いつもこの時間になると山の緑の後ろに太陽が隠れていくところが見える。その光景を4年間ほど見続けてきた。この場所は良くも悪くも静かだった。気づけば太陽は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:刹那の、と彼は言った 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:643字
桜がもう時期満開になるそうだ。まだ寒いこの大地では咲く気配は全くない。時々、桜の花びらの代わりに雪が手のひらに落ちていく。雪は手のひらに落ちると一瞬にして溶けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:ひねくれた喪失 制限時間:2時間 読者:45 人 文字数:1147字
今日もまたベッドの上でスマートフォンを弄り続けている。そして、眠くなったら寝る。これこそが人間の有意義な時間の使い方だ。人が歯車のように延々と回り続けており、「 〈続きを読む〉