お題:求めていたのは姫君 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:666字

プリンセス・プライド
 「なりたいのは、お姫様じゃないのよね」
 「なに? じゃあ、王子様役?」
 ウィンドウショッピングにも疲れ、コーヒーショップに入った私たちは、いつものように与太話を始めていた。

 「男装趣味は無いっ」
 カロリー少なめのアメリカンを啜りながら、きっぱり否定してやると、この娘は、畳みかけてきた。
 「なら、”自らの力で幸せになる”というパターン?」
 「うーん、それも何か違うんだよね」
 自分大好きな私でも、何事も自分だけでやろうとは思わない。必要な助けはどんどん求めれば良いと思う。物書きや格闘家じゃあるまいし、成果を独り占めしたがる趣味は、私にはなかった。

 「そう、つまり、互いを見つめ合うより、同じ方向を見て喜ぶ、そんなタイプの、人生のパートナーが欲しいわけ」
 私がそう結論づけると、彼女は笑った。
 「なーんか、どこかのドラマかアニメでありそうね、そういうの」
 「えー、いっとくけど、私オリジナルだよ、これ?」
 夏季限定のメロンスムージー(※タピオカ入り)を飲みながら指摘する彼女に、私はブーたれたのだった。


 そして、20年後。
 私たちは、コーヒーを出す、つまり、店を経営する側に回っていた。
 宣伝と経営、そして、ウェイトレスは私が、営業と仕入れ、そして、コックは彼女が、それぞれ担当している。
 「はい、日替わり、それからコーヒーね」
 彼女が調理場から差し出すお盆を、私は受け取りながらうなずく。
 今日も、お店は繁盛していた。


 求めた者は、一人の君。その人は、私とずっと一緒にいるのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:むそう。 お題:求めていたのは姫君 制限時間:15分 読者:198 人 文字数:583字
あるところに、それはそれは無欲な王子様がおりました。決して贅沢をせず、土地も、財宝も、何も欲しがらない王子様。と、そこまでは良いのですが、民の信頼も、いずれやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:求めていたのは姫君 制限時間:15分 読者:267 人 文字数:713字
根性がねじきれてねじきれて、ひとりになってしまえばよいのです。 鈴を転がしたような声でそんなことを言うものだから、私は気が飛んで、言葉が出なくなってしまった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:求めていたのは姫君 必須要素:ぬりかべ 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1010字
そのおぞましい石壁は、昔なにかで読んだ妖怪の、ぬりかべを彷彿させるものでした。 今にでも倒れてくるのではないか、その付近を歩く人間すべてが一度は思ったでしょう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:求めていたのは姫君 必須要素:2000字以上 制限時間:15分 読者:228 人 文字数:1113字
読書感想文を書けと言う宿題が出たのでわたしはいま真剣に原稿用紙と向き合っている。四百字詰め原稿用紙を最低五枚、ようするに二千字以上の感想文を書けと言うのだ。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

破死竜の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:哀れな転職 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:997字
『●UCK YOU MONEY』、という言葉がある。 ●ソッタレな上司に、それを告げて、会社におさらばするために必要なマネー。つまり、そういう意味だ。 その理 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:許せない大地 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:431字
ガイアは、大地の女神である。 大地は豊穣である。 だから、ガイアは、多くの神を産みだした。 多産を願い、彼女に祈る民も多い。 彼女の夫と息子には、ある宿命があ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:彼女が愛した木 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:785字
初めて彼女に出会ったのは、あの村の木の下だった。 山の天気は変わりやすい。 傘など何の役にも立たない。だから、カッパを持ってきていた。 が、 「気持ち悪いこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:近い階段 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:407字
A「車上狙いってさ、なんで、”上”なんだろうな?」 B「”中”にあるんだから、車中狙いで良いよな」 C「『車下狙い』だと、『釈迦如来』と空耳するよな」 A・B 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:不屈の修道女 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:932字
「郊外の修道院では、連続殺人が起きるものなのだよ」 「いやいや、おかしいですから、それは」 「教会だと、ショッカーのアジトの場合がある」 「古い特撮の話にしな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:シンプルな君 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1032字
「肩の力を抜くんだ」 「なんで?!」 「その方が、パンチは早く突きだせるから」 君は、いつだって、シンプルだった。 「同じクラスに、私の陰口を叩く女がいるのよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:打算的な解散 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:391字
追い詰めた、と思った。 止めをさせる、と思った。 それが、隙だった。 委任状は集めた、出席株主の数も去年と変わらない。 勝てる。 議案は、賛成多数で可決される 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:今日のゲストはバラン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:698字
「ようこそ、お越しくださいました」 寿司屋の出迎えにしては、大人しい。 「二名で」 「カウンター席でよろしゅうございますか」 「テーブル席で頼む」 「かしこま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:冷静と情熱の間にあるのは衝撃 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1020字
「下は大水、上は大火事、なーんだ」 「震災のときの、吉原のお堀」 「よせやい、不謹慎な」 「知りもしない癖に、知ったような口を」 「知りもしないことだから、沈 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:地獄妹 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:630字
妹がいたので、「妹が欲しい」という、同級生男子の声の意味はわからなかった。 だが、義妹ができ、妹が死に、俺にもわかるようになった。 でも、思う。 (それって、 〈続きを読む〉