お題:求めていたのは姫君 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:666字

プリンセス・プライド
 「なりたいのは、お姫様じゃないのよね」
 「なに? じゃあ、王子様役?」
 ウィンドウショッピングにも疲れ、コーヒーショップに入った私たちは、いつものように与太話を始めていた。

 「男装趣味は無いっ」
 カロリー少なめのアメリカンを啜りながら、きっぱり否定してやると、この娘は、畳みかけてきた。
 「なら、”自らの力で幸せになる”というパターン?」
 「うーん、それも何か違うんだよね」
 自分大好きな私でも、何事も自分だけでやろうとは思わない。必要な助けはどんどん求めれば良いと思う。物書きや格闘家じゃあるまいし、成果を独り占めしたがる趣味は、私にはなかった。

 「そう、つまり、互いを見つめ合うより、同じ方向を見て喜ぶ、そんなタイプの、人生のパートナーが欲しいわけ」
 私がそう結論づけると、彼女は笑った。
 「なーんか、どこかのドラマかアニメでありそうね、そういうの」
 「えー、いっとくけど、私オリジナルだよ、これ?」
 夏季限定のメロンスムージー(※タピオカ入り)を飲みながら指摘する彼女に、私はブーたれたのだった。


 そして、20年後。
 私たちは、コーヒーを出す、つまり、店を経営する側に回っていた。
 宣伝と経営、そして、ウェイトレスは私が、営業と仕入れ、そして、コックは彼女が、それぞれ担当している。
 「はい、日替わり、それからコーヒーね」
 彼女が調理場から差し出すお盆を、私は受け取りながらうなずく。
 今日も、お店は繁盛していた。


 求めた者は、一人の君。その人は、私とずっと一緒にいるのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:むそう。 お題:求めていたのは姫君 制限時間:15分 読者:195 人 文字数:583字
あるところに、それはそれは無欲な王子様がおりました。決して贅沢をせず、土地も、財宝も、何も欲しがらない王子様。と、そこまでは良いのですが、民の信頼も、いずれやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:求めていたのは姫君 制限時間:15分 読者:247 人 文字数:713字
根性がねじきれてねじきれて、ひとりになってしまえばよいのです。 鈴を転がしたような声でそんなことを言うものだから、私は気が飛んで、言葉が出なくなってしまった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:求めていたのは姫君 必須要素:ぬりかべ 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1010字
そのおぞましい石壁は、昔なにかで読んだ妖怪の、ぬりかべを彷彿させるものでした。 今にでも倒れてくるのではないか、その付近を歩く人間すべてが一度は思ったでしょう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:求めていたのは姫君 必須要素:2000字以上 制限時間:15分 読者:219 人 文字数:1113字
読書感想文を書けと言う宿題が出たのでわたしはいま真剣に原稿用紙と向き合っている。四百字詰め原稿用紙を最低五枚、ようするに二千字以上の感想文を書けと言うのだ。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:ワイルドなあそこ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1110字
あそこに立てれば、どことなく、俺はワイルドになれるのではないだろうか。なんの根拠もない。ないが、それでもどこか魅力的なものがある。 一歩一歩近づいていきながら 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:榮倉慶 お題:俺の狼 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:518字
森の中を歩いてると一匹の狼に出くわした。咀嚼音を辺りに響かせて食ってたので出くわす前に存在には気づいていたがあえて出会いにきた。別に狼を捕まえて食いたかったわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:八等分された日ノ宮理李 お題:俺の狼 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:916字
人を襲うとどんな動物であろうと殺傷処分を受ける。 何人もの仲間たちがそれで次々に消えてった。 最初のうちは悲しくてやりきれない気持ちでいっぱいになった。けれど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:578字
俺は田中一郎とても平凡な名前で平凡な日常だ俺の近所ではとてもうるさい犬がいる。俺はそつがあまり好きではない。なぜなら俺の荷物を持って行って穴に埋めていたのを見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:773字
犬ってすごく可愛いですよね。 なんてことを私はいつ言ったのかは覚えていませんが、ですが犬はもちろん可愛いのです。 それでいて、こうやってほぼ毎週一緒に散歩に出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水床海老 お題:気持ちいい許し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:949字
ご飯を炊き忘れた。 そろそろ夕食にするかと炊飯器を見れば、そこにあったのは水に浸された二合の米だけで、期待していたほかほかのご飯は存在しなかった。 寂しい一人 〈続きを読む〉

破死竜の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:悲観的な経歴 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:834字
自分の過去に、自信が持てず、悲観的になると、その後の生き方も狭くなる。 履歴書の空白を説明できない者は、代る何かを得られていないだけなのだが、それ以上に後退し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:苦いあいつ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1201字
窓の外から若い子供たちの声がする。 非常にやかましく、喉笛を掻き切ってやりたくなるが、なんで自分の手を汚さなくてはならないのか、と思うと留まることができる。私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:永遠のブランド品 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:874字
『ダイヤモンドは永遠の輝き』というコピーに対して、 「たかが炭素結合、ダイヤのままでいられると思うな」という無粋な指摘があった。 「つまり、それと同じことなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:ドイツ式の孤独 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:813字
「君の国は、14歳からお酒が飲めるなんて良いよね」 「それだけ、飲料用の水が安価では手に入りにくい、ということなんですが」 アメリカ帰りの帰国子女とは違う点は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:愛と死の何か 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:945字
「何かって?」 「何かは、何かです!」 白死館で殺人事件が起きた。 「そもそも、そななん名前のところに、行くかー、フツー?」 「事情があったんですよ、きっと」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:反逆の戦争 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1259字
孫子は、戦争を”悪”だと言ったが、現代のニュアンスで言えば、それは、”悪手”、すなわち、”損”、という概念に近い。 毎回、傷つけたり殺したりしないとならない相 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:栄光の作品 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:932字
サインを求めただけなのに、手厳しく断られた。そのことが、気にかかっていた。 「お久しぶりです」 「は? ああ、どうも」 やはり、先生は、こちらのことを覚えては 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:プロの小雨 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1060字
たとえば、詠春拳の途切れない拳撃のように、 たとえば、お好み焼き屋の卵を割る殻を捨てる黄身を潰す一連の動きのように、 プロの動きは、隙間なく降る小雨の精密さで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:地獄の眠り 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1009字
人は、その己の人生を題材に、小説を一冊は書ける、という話がある。 これは、『誰でも、小説”くらい”書けないことは無いよ』という、救いをもたらす意図で放たれた言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:愛と死の内側 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:861字
『長篇小説の終わりは、結婚か死か、だ』という名言がある。 では、そのどちらであっても、選択することが可能な媒体はなんであろうか。 それは、『ゲーム』である。 〈続きを読む〉