お題:求めていたのは姫君 必須要素:ぬりかべ 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1010字

壁。
 そのおぞましい石壁は、昔なにかで読んだ妖怪の、ぬりかべを彷彿させるものでした。
 今にでも倒れてくるのではないか、その付近を歩く人間すべてが一度は思ったでしょう。誰が作ったのか、なんのために創られたのかわからないその壁。そんなおぞましい石壁は、今日も人々を威圧していきます。
 
 ある日のことです、そんないかがわしい壁があることをしったおてんばな王女様が、配下の者に是非ともその壁を見てみたいと言ってきました。彼女に仕える兵士は戸惑います。今まではなにもなかったけれども、もし万が一にでも王女が見に来た時になにかが起きたら大変です。だから配下の者たちは王女様に危険な場所だからと告げてきます。しかしながら王女様は止められてしまったからか、もっともっと行きたくなりました。配下の者たちは彼女の父親である王様にこのことを話しました。もちろん、大事な娘をそんな場所に行かせるわけにはいきません。王様も配下の者たちと同じように、危険だから言っては行けないと王女様に告げました。

「いいもん。一人で行っちゃうもん。だいたいお父さまもみんなも、本当に危険なら民のことを考えてさっさと壊したりすればいいのに。ほんっと中途半端なんだから!」

 配下に止められ、親に止められたとしても、彼女は止まりませんでした。許可が得られないのなら、無許可で一人でいけばいい。このお嬢様は、数多い王様も子たちの中でも、一番おてんばなのです。だから今回みたいにお城を勝手に抜け出すことも多々あります。だから、王女様は夜、誰しもが寝ている時間に勝手に外に出て、その石壁に向かうことにしました。

「うわあ。本当に怖ろしいわ。でも、なんでこんなに怖ろしいのかしら?」
 石壁にたどり着いた王女様は、独り言を言いながら、その壁をペタペタと優しい手付きで触っていきます。きめ細やかな指先から伝わる感触は、いたって普通の石壁と変わりません。ですが、やはり夜だからでしょうか、王女様も不思議と恐怖を感じています。

「でも、可愛そうね。なにもしていないのに、みんなから怖がられちゃうなんて……。ごめんね。勝手に怖がっちゃって」
 なにもない普通の石壁なのに、人々を怖がらせている石壁。そんな石壁を哀れと王女様は思い、そっとその石壁にキスをしてから、その場所を離れました。

 翌日以降、不思議とその石壁からは怖さはなくなった、と誰しもが言うようになりました。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:求めていたのは姫君 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:666字
「なりたいのは、お姫様じゃないのよね」 「なに? じゃあ、王子様役?」 ウィンドウショッピングにも疲れ、コーヒーショップに入った私たちは、いつものように与太話 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むそう。 お題:求めていたのは姫君 制限時間:15分 読者:198 人 文字数:583字
あるところに、それはそれは無欲な王子様がおりました。決して贅沢をせず、土地も、財宝も、何も欲しがらない王子様。と、そこまでは良いのですが、民の信頼も、いずれやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:求めていたのは姫君 必須要素:2000字以上 制限時間:15分 読者:228 人 文字数:1113字
読書感想文を書けと言う宿題が出たのでわたしはいま真剣に原稿用紙と向き合っている。四百字詰め原稿用紙を最低五枚、ようするに二千字以上の感想文を書けと言うのだ。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:求めていたのは姫君 制限時間:15分 読者:267 人 文字数:713字
根性がねじきれてねじきれて、ひとりになってしまえばよいのです。 鈴を転がしたような声でそんなことを言うものだから、私は気が飛んで、言葉が出なくなってしまった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:実演販売でスライスされる螺子(FancyMeat62@ingress) お題:鈍い保険 必須要素:ぬりかべ 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:585字
重たい袋をそこそこ慎重に、そこそこ雑に冷蔵庫の前に放る。ごま油の瓶がフローリングもどきのビニール床にゴッと鈍い音を立てて着地した。私はまだ靴を脱いでいない。玄関 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:DDT お題:空前絶後の慰め 必須要素:ぬりかべ 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:615字
今見えている世界が、ほかの人とどうやら違っていると気が付いたのは、小学校に通ってしばらくたった頃でした。「風船に赤い色を塗りましょう」それは運動会の準備の時でし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:眞乃 お題:信用のないガールズ 必須要素:ぬりかべ 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:768字
バドミントン部の練習時間。汗を流す女学生たち。厳しく指導する教師。校庭の傍らにスポーツドリンク。いつもの日常風景だ。 その穏やかで平坦な時間を、海野は壊した。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:限りなく透明に近い策略 必須要素:ぬりかべ 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:891字
「今回の件で暴動が起きる可能性があり、そのため警察の方々にバリケードを設置してもらうように依頼はしましたが・・・」指導者、あるいは表に立つ代表というのは大変なも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:朱根標 お題:限りなく透明に近い策略 必須要素:ぬりかべ 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:531字
我々の基地は複雑怪奇な迷路状の通路が張り巡らされている。通り抜けられそうなところが通り抜けられなかったり、道がないと思っていたところに急に道ができていたりと。侵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:実演販売でスライスされる螺子(FancyMeat62@ingress) お題:恐ろしい任務 必須要素:ぬりかべ 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:468字
コンクリートの階段。だった5段なのに足が重い。足というか全身が。ここのところ暑いから?いや、今日は珍しく曇りだ。もちろん、むしむしするけど。でも原因はそこじゃ無 〈続きを読む〉

ダツ・ Ambroseの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:アルパカのにおい 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1073字
「ということで、私たちはこの『アルパカのにおい』を発売することにした」「はあ、そうですか」「で、キミはこれの営業に行って貰いたいのだが」「はあ、わかりました」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:調和した視力 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1370字
※前回、お題が1/1で困ると書いていましたが、検索したら結構な数がありました。ここにお詫びと訂正をいたします。 しかしなんだね、この調和した視力というのは。つま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:賢い水たまり 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1433字
賢い水たまりとは、なんだろう。いや、それ以前に、水たまりとはなんだろうか。ちょっと調べてみましょう。>水たまり>水たまり(みずたまり)は、普段は水のない場所で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:純粋な紳士 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1002字
「お一人ですかな?」「え? あー、いや。そんなわけはないでしょう」「ですなあ。お若い人が一人でここに来るはずがない」 そういえば東京タワーのあそこに登ったことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:同性愛の消しゴム 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:947字
報われない恋だった。そう開き直って生きていくしかない。だけれども、だったら最初から思い浮かべなければどれだけ楽だっただろうかと思う。この残酷すぎる感情を、この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:冷たい夕方 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1059字
にわか雨が降り注いだとしても、真夏であるならばそれはどこか気持ちよささえ感じることが出来る。もちろん身体が冷えることはあまり良いことではないだろうが。 どこか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:反逆の失踪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:705字
大きな失態を犯したわけでは無い、親族が粗相を仕出かしたわけでもない。しかしながら、どことなく居づらさがあった。ここにいてはいけない。そんな嫌な空気を、彼は毎日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:同性愛の海辺 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:800字
「ふふふ」「なんだよその変な笑い方は」「いえ、まさか私と貴方がたった二人で海に行くなんて思ってはいませんでしたから」「……ここは遊泳禁止だよ」「ん? 私の水着姿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:どうあがいても消しゴム 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1007字
イレイサーというかっこいいカタカナの意味が、ただの消しゴムだと知ってしまった頃に、イギリスではラバーも消しゴムであることを知った。しかし、このラバーという言葉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:苦しみの秀才 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1236字
天才と呼ぶことは多々あれど、秀才と評価するのは中々難しい。何故なら、誰からも秀才だと思われている存在は、限りなく天才に近いということである。では自称秀才という 〈続きを読む〉