お題:臆病な女 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:1053字

ハードレズ・ブック
 大して暑くもないのに暑いの言葉がでてくるように、好きという言葉は好きでなくても言える。しかも、す、き、これだけの詩である。猿が無限にタイプライターを叩き続けている序盤で登場するに違いない単語。ほら、見てみろ彼氏の腕をひっぱってお店のディスプレイを見ているあの女「わー、これ好きー」この好きは買えの言い換えである。こういうこともある。本当は違うことを伝えようとして、言いやすいものに流れたのである。
「好き好きみあちゃん大好きー」
 だからクラスメイトの品野がわたしの隣でわんわんと吠えても気にしない。そう思ったらついに前に飛び出してきてついに足をとめた。
「歩道で立ち止まるのはやめなよ」
「みあちゃんが無視するもん。朝から放課後まですこやかに話しかけていたのに!」
「なぜ早い段階で諦めなかった」
「だってだってだって好きなんだもーん」
 殺したろか。
 四月にクラスメイトになってからというもの、品野は窓側の席から廊下側にいるわたしの席までやってきて「好き」と伝えてくるようになった。わたしの友だちはそのたびに押しのけられる。そのたびに「その」とは休み時間のことである。もはや授業が終わるチャイムの輪唱の一種である。
「なぜなにどうして好きなの?」
「顔だよ」
「顔かい」
「あっ、スタイルも! 背が高くてかっこいい」
「どうも」
「かわいい服が着れなくて困るようなかわいいコンプレックスがあるんだろうなあ、みたいなところも」
「好きのエピソードがなさすぎて妄想で補っている」
「大好き!」
 早く本屋に寄って帰ろう。わたしは街中にある適当な本屋に入った。近くから聞こえる足音はわたしのものしかないが、すこし確認するとぴったり後ろに彼女がついている。怖い。
「好き、好き、好き……」
「本屋だから小声で好きって言ってる……」
 わたしは求めていた本を見つけた。その本のある棚の前に立つ。好き、好き、好き、の連呼が止まって彼女がそろりとわたしの顔を覗きこんできた。
「どしたのみあちゃん」
「早くあなたが去らないかと思っただけよ」
 品野は「うえーん」と嘘泣きをしたあとでぱっと顔をかがやかせて、ある本を取った。
「わわわー、新刊が出てる! あたし、この本だいすきなんだ!」
 わたしが求めていた本を手に持って、品野は迷惑なことにその場でくるくると回っている。
 なんだ、ほんとうにかわいいのはあんたのほうがじゃないか。好きなものを好きといえて。わたしなんて好きなものを人前で好きといえない、臆病な女。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ひよめき お題:臆病な女 制限時間:30分 読者:86 人 文字数:1757字
旅の薬師は、緊張した面持ちで座敷に上がった。その集落でも名のある富豪の娘が、長患いであるという。冬の奥山を越えるためにも、ここでひとつ懐をあっため、長い旅支度を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
理由 ※未完
作者:南野 ツバサ お題:穏やかな狸 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:613字
夜空に煌びやかに光る星たちの下、二人は草原で寝そべっていた。風で草がこすれる音、虫たちの歌声。 そして、互いの息遣いが静かに聞こえる。二人は何も話さない、草の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:巳々栗ぼっち お題:理想的な14歳 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1003字
「こんにちは、お兄ちゃん!」 駅前の広場にあるベンチで休んでいると、そんなふうに声をかけられた。念のため左右を確認してから顔を上げる。すると、目の前にはやたらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらい秀才 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:1089字
何かの分野において秀でること。それは、到達への道筋を無視して、ゴールのみを想像すれば、簡単に思えてくるのだろう。テストで百点を取ること、野球でホームランを打つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:巳々栗ぼっち お題:儚い食卓 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:718字
「……ふう」 獣道を歩きながら、額の汗をぬぐう。季節は夏の盛り。森の木々が日差しを遮っているとはいえ、それでも気温は高い。いつの間にか肩からずれ落ちそうになって 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:運命の嘔吐 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:9108字
挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑挑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:都会の復讐 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:538字
?「賢人~遅刻するわよ~」お母さんの声だ。今は冬の朝。僕は朝の寒さと冬の寒さで起きられない。でも、今日は待ちに待ったスケートボードの練習をしに宿泊学習をする日だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:やわらかい料理 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:565字
固く閉じた口をスプーンでつつきながら半開きの目を虚空でさまよわせる老婆に語り掛ける。「山根さーん、お口開けてー」 こちらの言うことなど全く聞こえていないのかな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:巳々栗ぼっち お題:うわ・・・私の年収、姉妹 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:618字
――人生は生まれた家によって決まる。 そんな言葉を耳にするたび、それはどうなのだろうと独り言つ。 私は、比較的裕福な家庭に産まれた。それなりに優しい両親と、私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:巳々栗ぼっち お題:マイナーなジジィ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:831字
「よお、元気にしてたか?」 食堂で食事をしていると、後ろから声をかけられた。振り向くと、そこには同期の青年が経っていた。脱色された髪の色が、軽薄そうな顔立ちによ 〈続きを読む〉

空見タイガの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:今日のサッカー 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1312字
カンカンカンカンカン。遠くから聞こえてきた音に俺は彼女の手をとって走り出した。道の終わりぐらいで近くの警報がなりはじめて、渡りきったあとに振りかえると今に下り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:残念な真実 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:972字
デザートをおごるかわりに恋愛相談に乗ってくれと頼んで連れてきたクラスメイトが頼んだのは二千円するパンケーキ。二千円!? 二千円ってあの、お札の千円が二枚!? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:免れた子犬 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:1211字
ゴールはゴールでもナイシューでないゴールはなーんだ? 白けた二人のあいだを割るように注文していた料理がテーブルの上に置かれた。俺はチーズカレー、染野はミートド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:楽しかった敗北 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:1071字
女の趣味がわるいやつはダチの趣味もわるい。この一番の例があーくんで、やつは女子みたいなキレーな顔をしているくせに、すっげえブスを好きになる。しかもこのブスとき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:くさい芸術 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:1150字
給湯室の排水溝にいつもちぎれた麺が入っている。くっついているキャベツのような薄い緑のなにかを見るに、おそらく焼きそばの仲間にちがいない。気にせずに手で水をすく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:臆病な女 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:1053字
大して暑くもないのに暑いの言葉がでてくるように、好きという言葉は好きでなくても言える。しかも、す、き、これだけの詩である。猿が無限にタイプライターを叩き続けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:鈍い償い 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:884字
よくわからないまま公園のベンチに座っている。平日の二時のため、人はあまりいない。ベビーカーを押した母親がふしぎそうな顔をして入って出ただけだ。雲がイワシの形を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:今の冒険 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:1007字
今、生きていておそれながらも行いたいことはなんだろうと考えて、そんなものはないと思った。ちょっとした好奇心のために命を落とすような真似はしたくない、もし自ら平 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:小さな血液 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:919字
人参は美と時間の仲間であるが、俺とおまえは敵である。久居はバイト先からパクってきたらしいエプロンをつけながら足で冷蔵庫を開いた。「おっと、塩がない」「客に塩を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:右の失踪 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:950字
二色のランドセルと八色のランドセルなら前者のほうが好きな一色を選びやすいだなんてことはどんなにお偉い学者さまが言おうと統計が出ようと一万人の賛成があろうと信じ 〈続きを読む〉