お題:臆病な信仰 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:857字

先生とぼく
ぼくはいつも先生の言うことを聞くことにしている。そうすると褒めてくれるからだ。褒められると嬉しい。ぼくは褒めてくれる先生がだいすきだ。

クラスの他の友達は、わるいことをして先生に怒られている。先生は怒るととても怖い。大きな声を出して、わるいことをした子の名前をさけぶ。ぼくまでびっくりする。

でも、ぼくは怒られたことはない。先生にとって良い子だからだ。だいすきな先生にとって、良い子どもでありたい。

「いくじなし」とクラスメイトはぼくを笑う。いつも5人くらいでぼくを囲んで、からかってくる。わるいことをする方がわるい。先生の言いつけをまもるぼくの方がぜったいにえらいし、おまえらは先生にきらわれてるんだ。かわいそうに。


やがてぼくと先生は離れ離れになることになった。先生がほかの学校に行ってしまうことになったのだ。ぼくは先生に「今までありがとうございました」と伝えた。先生は「おまえは良い子でよかったよ。来年からも頑張ってな」と笑顔で返してくれた。

やっぱり先生にとってぼくは良い子だったんだ。うれしい気持ちで胸がいっぱいになった。




今日は先生に久し振りに会える。15年も経つし、いくらか老け込んでいるかも。でも見たらすぐにわかるだろうし、先生も良い子だった僕のことはよく覚えているだろう。

少し遅れて同窓会の会場に着くと、当時のクラスメイトたちはすでに少し酔っ払っていた。あの時の「わるい子」らが、一番奥に座る先生に絡んでいる。わるい子の名前を呼ぶ先生。笑っている。

しばらく待って、先生がひとりになったところに話しかけに行った。

「先生。覚えてますか。中村です」

「え?ああ…すまないな、全員は覚えられなくて」

僕は絶望した。

先生にちょっかいを出しまくっていたあいつらのことは覚えていて、あんなに良い子だった僕のことは忘れたのか。


その先のことは覚えていない。

ただひとつ気がついたのは、僕が先生に抱いていたのは、尊敬ではなく、畏怖だったということだけだった。




作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:なちゅの創作 お題:臆病な信仰 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:502字
信仰しているものがある。それはごくごく一般的な宗教で、決して怪しいものなんかでは無い。でも、なぜだろう。時々不安にかられてしまう。ただの偶像崇拝にすぎないと心の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:ワイルドなあそこ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1110字
あそこに立てれば、どことなく、俺はワイルドになれるのではないだろうか。なんの根拠もない。ないが、それでもどこか魅力的なものがある。 一歩一歩近づいていきながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:榮倉慶 お題:俺の狼 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:518字
森の中を歩いてると一匹の狼に出くわした。咀嚼音を辺りに響かせて食ってたので出くわす前に存在には気づいていたがあえて出会いにきた。別に狼を捕まえて食いたかったわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:八等分された日ノ宮理李 お題:俺の狼 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:916字
人を襲うとどんな動物であろうと殺傷処分を受ける。 何人もの仲間たちがそれで次々に消えてった。 最初のうちは悲しくてやりきれない気持ちでいっぱいになった。けれど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:578字
俺は田中一郎とても平凡な名前で平凡な日常だ俺の近所ではとてもうるさい犬がいる。俺はそつがあまり好きではない。なぜなら俺の荷物を持って行って穴に埋めていたのを見て 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:773字
犬ってすごく可愛いですよね。 なんてことを私はいつ言ったのかは覚えていませんが、ですが犬はもちろん可愛いのです。 それでいて、こうやってほぼ毎週一緒に散歩に出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水床海老 お題:気持ちいい許し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:949字
ご飯を炊き忘れた。 そろそろ夕食にするかと炊飯器を見れば、そこにあったのは水に浸された二合の米だけで、期待していたほかほかのご飯は存在しなかった。 寂しい一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:榮倉慶 お題:これはペンですか?違うわ、それは魚 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:682字
「これはペンですか?」「違うわ、それは魚よ」 終わりの見えないやり取りを先から続けている。昨日住宅街のゴミ捨て場で拾ったこの男はどうも外国人だったらしい。昨晩は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:DDT お題:純粋な病気 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:308字
電車を降りたところで呼び止められた。女子高生だ。ラッシュの波に押されて流されそうになったので、とりあえず腕を掴んでエスカレーター脇まで移動した。その二の腕の細さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:悲観的な経歴 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:834字
自分の過去に、自信が持てず、悲観的になると、その後の生き方も狭くなる。 履歴書の空白を説明できない者は、代る何かを得られていないだけなのだが、それ以上に後退し 〈続きを読む〉

とよの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:とよ お題:潔白な結婚 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1414字
3年付き合った彼女にプロポーズをした。彼女はサプライズが嫌いだから、普段通りのデートの途中に決行した。指輪を差し出して「結婚してください」と言った。 彼女はそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:淡い衝撃 必須要素:直木賞 制限時間:1時間 読者:103 人 文字数:1802字 評価:6人
「ぼくもお父さんみたいな小説家になりたい」無邪気にそう言っていたのが25年前。30歳も間近になった今、営業マンとして働きづめの毎日だ。月曜から木曜は外回り、金曜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:限りなく透明に近い潮風 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:445字
自転車で坂を下る。通学路の中でここで一番スピードが出るから、一番寒い。坂の下には冬の海が広がり、岸壁に波が打ちつけている。冬も夏も潮の匂いは同じだ。慣れたにおい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:幸福な霧雨 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:1053字
7時14分。新宿方面のホーム。みな同じ顔をした人間たちが続々と電車に乗り込む。 きっと今日も会社に行けば怒られる。昨日、退勤する前、上司から「明日話があるから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:コーヒーと部屋 必須要素:1万字以上 制限時間:1時間 読者:151 人 文字数:1718字 評価:4人
築20年のアパート。1階、1Kの部屋。駅から徒歩15分。隣人は何年もいないから、騒音も気にならない。 ここに住み始めて6年が過ぎた。学生時代こそ家に友人を呼ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:免れた真実 必須要素:「い」仕様禁止 制限時間:1時間 読者:82 人 文字数:2096字 評価:1人
「あなたたちは、トロッコ問題というものを知っていますか?」大学の一般教養科目。この教授の授業は眠たい。声も低いし、話も盛り上がりに欠ける。でも出席さえしていれば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:臆病な信仰 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:857字
ぼくはいつも先生の言うことを聞くことにしている。そうすると褒めてくれるからだ。褒められると嬉しい。ぼくは褒めてくれる先生がだいすきだ。クラスの他の友達は、わるい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:人妻の雲 制限時間:30分 読者:66 人 文字数:1306字
僕は妻が大好きだ。会社から帰るとあたたかいご飯を出してくれるし、朝はお弁当も持たせてくれる。同い年で話も合う。結婚して一緒に住むようになってから、さらに好きにな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:彼が愛した狂気 制限時間:30分 読者:101 人 文字数:1231字
「絶対に、この子は性格良い!」浩一はスマホの画面を俺に見せつけながら熱弁した。静かなカフェに高い声が通っていく。奴はマッチングアプリにハマっていて、「良い子」を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:アルパカのカップル 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:119 人 文字数:1445字 評価:1人
私は彼のしっかりとした足取りが好きだった。文字通り、歩き方の男らしさはもちろん、同い年とは思えない器の広さ。他の男には感じない貫禄があった。貫禄といっても老成し 〈続きを読む〉