お題:あきれたパイロット 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:789字

接近遭遇
 実際、パイロットの二人に一人はUFOを目撃したことがある。三人に一人は異星人と交信した経験があり、五人に一人は拉致されて改造済みだ。もちろん、そんなことを周囲に話せば二度と操縦を任せてもらえなくなるので、みんな黙っている。パイロットのあいだでは「あるある」として知られていて、引退後に飲み会で集まったりすると、あのとき出会った異星人は今、なんて話題で盛り上がったりもする。
 口にはしなかったが、就職の志望動機が「宇宙人に会いたい」だった若者は、勤続三年目にしてまだUFOに出くわしたことのない二人に一人のほうで、定年後の大先輩の話を聞いては、どうして自分にはまだ出会いがないのだろうと悩んでいた。
「出会うコツとかってあるんですかね」
 などと聞きたい気持ちはあるのだが、現役の身ではオカルトのたぐいは単語ひとつでさえ口にできない。操縦士には技術と同じくらい、まともな精神性が求められる。宇宙人なんてNASAのでっちあげ、陰謀論ですよ、とリアリストぶらねば、仕事を続けることなどできない。
 でも若者はどうしても、未知との遭遇を果たしたかった。
 そんなときに役に立つのが符丁、つまり本当の意味を伏せてそれとなく聞き出すのである。同業であるなら察しはつくはずで、大先輩は知りたいことを教えてくれると見た。
「たとえば、遊園地でバルーンを配っているとするじゃないですか、でもひとりだけ、どうしてももらえない子供がいるんです。バルーンをもらった先輩なら、その子になんてアドバイスしますか」
 これでどうだ、伝わるだろう。と、期待したものの、大先輩はきょとんとしている。
「よっぽどかわいくないんだろう、その子供」
「足りないのはかわいさ、ですか」
「あんま笑わないとか、喜ばないとかね」
 若者はしっかりメモして、それから、宇宙人に会って大喜びするリアクションを練習しはじめた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あきれたパイロット 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:611字
飛行機が墜落した。日本で一番長い川、信濃川の下流の新潟県で、飛行機が墜落した。田んぼや川や家や、いろんなものを潰してその鉄のカタマリは落ちていた。操縦士、副操縦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あきれたパイロット 制限時間:1時間 読者:158 人 文字数:1993字
幼稚園の頃の夢は王様になることだった。一番偉い人になったら、がみがみうるさいお母さんもちょっかいの邪魔なお父さんも、あれこれ指示してくる先生たちもみんな、自分の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:猫の窓 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
「なんで猫が家の中にいるんだ?」 愛猫で、さぼトラのペレが絨毯の上に座って、蒼い目をこちらに向けている。家の中には決して入れないようにしていた。室内が汚れること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
信頼の価格 ※未完
作者:匿名さん お題:高い税理士 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:370字
誰かが言った。「同じ仕事を頼むなら安いほうにするよ。」別の誰かが言った。「そんな金額、払えるか!」そんな言葉を何度聞いただろうか。高い税理士。それが俺の世間での 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@いい日旅立ち お題:アルパカのにおい 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:884字
お前の眠る部屋は家にないからと両親に追い出された俺が向かった先は、子度の頃から一緒に育ったアルパカたちの小屋。アルパカたちは俺を歓迎してくれるようで、キレイな 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:免れた言い訳 必須要素:もみあげ 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1657字
いつものようにバイト先に出勤すると、店が燃えていた。田舎町に唯一あるファーストフード店だったので、昼飯を食べにきた人が大勢いて、みんな燃え上がる店舗を囲んで呆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:日本式のフォロワー 必須要素:力士 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:2936字 評価:0人
そこは辺境の土地だった。人家はおろか、ヒトの姿さえほとんど見かけなかった。あるのはただ、鬱蒼と茂る森と、動物が立てる物音、それに鳥の鳴き声だけ。野生に棲む生物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:穢された朝日 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:913字
連日の雨で箱のなかはすっかり沈鬱なムードだった。雨の日なんて誰も出歩かない。橋の下に置かれたダンボール箱にも、そのなかの三匹の愛らしい子猫にも、誰も気づかない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許されざる小説の書き方 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:848字
部室の窓辺に死体があった。と思ったら、締切が迫って生気を失っている部長の姿だった。もう3日も家に帰っていない、ろくな食事もとっていない、と顔に書いてある。比喩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:イギリス式の人体 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:918字
本来ヘソがあるべきところあたりにネジがある。マイナスかプラスかと言えばもちろんプラスだ。漫画に出てくるみたいなヘソが金属になって腹に埋まっているみたいな見た目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:昼の快楽 必須要素:右手 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:2950字
「460円になります」「はーい」 コンビニで弁当を買った客が、上着のポケットに右手を入れて、「あれ」と首をかしげた。そこに入れていたはずの財布がなかったのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:人妻の監禁 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1039字
彼女はご機嫌で鼻歌を歌いながら洗濯物を干していた。外は大雨なので、寝ぼけたうえにうっかりさんなのだろう。干した端から濡れているのに気づかずに、全部干し終わって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:朝の闇 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:954字
それは大体、部屋の隅にわだかまっていることが多い。ホコリが溜まるのと同じところで、ぱっと見には区別がつかない。気が向いて掃除機をかけたとき、何度往復させても取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:とんでもない挫折 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:783字
足を折った。 校舎の外側にある非常階段だ。よっぽど嬉しいことでもあったらしく、クラスメイトはスキップしながら上の階から降りてきた。足を踏み外しそうだと思ってい 〈続きを読む〉