お題:興奮した能力者 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1252字
[削除]

マウスと脆弱性
 案外それは、脆いものだった。
 どこかで聞いたことがある。人は他人から渡される軽いものを重いものと思い込んで受け取ってしまうと、予想以上に力を入れすぎて骨を折ってしまうことがあるのだと。
 自分の場合、骨は折れなかった。「受け取る」という要素がそこになかったからなのかもしれない。
 とはいえども、少しやりすぎてしまっただろう。まるで落としたガラス瓶のようにガチャガチャで、雨の日の花壇のようにぐちゃぐちゃだ。
 まあいい。これで自分の力がつかめたのだから。私は私を確認することに成功した。それだけでいいのだ。
 私にとって、いままでそんなものは信じる機会も、その機会が訪れるというきっかけすら存在しないと断じていた。だって非科学的じゃないか。私は科学的なものをただただ愛するのだから、そんなものは信じたくないのだ。だが、それはあった。
 自分はその現実に直面して、こう考えることにしたのだ。
「非科学的」とは、「超科学的」でもあるのだと。
 そう考えれば、すべてつじつまがいく。オーパーツなんていう胡散臭いものはその存在が否定されているらしいが、それはどうとして感覚的にはあれと同じだ。あれだって非科学的に見えるが、肯定論者の言い分からするとあれは古代技術の「超科学」なのだと。
 まあ、そういうわけだった。私はそれに、直面してしまっていたのだ。その非科学的な、科学を超えた先にあるものに。
 
 ……訳を話すとなるとそれだけではない。科学を超えた先にあるものを、試したかったのだ。科学を超えた能力を手にしているのだから、この実験体質な私が欲望を抑えられるはずがない。試験したかった。そこらへんにある――脆くか弱く折れやすいマウスで。
 マウスを二三匹ほど始末してみて、初めて快感を得られた。成し遂げたという快感を。その虜になってしまった。
 だから、どんどん始末してやった。息の根を止め、生命の根を断ってやったのだ。まるで神にでもなったかのように。すでに人は超越しているのだから、さして過言なことではないだろう。確かにその時の私は、神のようだった。
 興奮、していた。
 もう百匹ほど、生命の根を断っていた頃だろか。このままだと、身近にいるマウスですらも、殺してしまいそうになっていた。それは控えたかった。唯一、なぜか脳が歯止めをかけたのだった。
 どうにかして落ち着かせなければならない。そう、思った。
 だから今、こうして日記を書いているのだ。どこで終わるかはわからないが、今こうして、クラウド上のドライブにメモを記入している。文字を書くと人はたいてい思考が穏やかになるというらしい。だから、今こうして書いている。
 ――しかしやはり、なぜか、収まる気配は見当たらない。
 どうしたものか……。すでに身近にいるマウスも、三匹ほど殺してしまった……私の手も血に濡れている。

 この腕に能力が秘められているのだとしたら、切断するほか、ないのだろうか。

 ……まあいい、どうにかなるのだ。諦めた。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:興奮した能力者 制限時間:15分 読者:160 人 文字数:692字
宝水鉄は性的な興奮を覚えると腕から水を撃ち出す能力者である。 鉄は自身を改造した「能力者連盟」と日夜戦いの日々を送っている。 それは男の尊厳、そして愛する人の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:興奮した能力者 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:895字
俺には霊が見える。しかし、そんな事は誰にもいわない。頭がおかしいと思われるから。ただ、淡々とテレビのアナウンサーの仕事をこなすだけだ。霊能者が出る番組でも、自称 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:猫の窓 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
「なんで猫が家の中にいるんだ?」 愛猫で、さぼトラのペレが絨毯の上に座って、蒼い目をこちらに向けている。家の中には決して入れないようにしていた。室内が汚れること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@いい日旅立ち お題:アルパカのにおい 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:884字
お前の眠る部屋は家にないからと両親に追い出された俺が向かった先は、子度の頃から一緒に育ったアルパカたちの小屋。アルパカたちは俺を歓迎してくれるようで、キレイな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:アルパカのにおい 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1073字
「ということで、私たちはこの『アルパカのにおい』を発売することにした」「はあ、そうですか」「で、キミはこれの営業に行って貰いたいのだが」「はあ、わかりました」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:調和した視力 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1370字
※前回、お題が1/1で困ると書いていましたが、検索したら結構な数がありました。ここにお詫びと訂正をいたします。 しかしなんだね、この調和した視力というのは。つま 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
開かない扉 ※未完
作者:匿名さん お題:賢い伝承 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:2107字
夜の校舎に生徒が侵入することを禁ず、なんてルールは大体どこの学校にも存在している。もちろん僕の学校でもそうだ。 真面目な生徒はもちろんそれに従う。僕は少なくと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
信頼の価格 ※未完
作者:匿名さん お題:高い税理士 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:370字
誰かが言った。「同じ仕事を頼むなら安いほうにするよ。」別の誰かが言った。「そんな金額、払えるか!」そんな言葉を何度聞いただろうか。高い税理士。それが俺の世間での 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:怪しい虫 必須要素:オリーブオイル 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:1483字
猛暑の中スーパーへ行ったのはやはり間違いだったらしい。平日の休みで気分が高揚してしまったのが運の尽きかもしれない。両手に保冷バッグを持ちながら、夏の暑さを凌ご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:思い出の年賀状 制限時間:2時間 読者:2 人 文字数:2228字
僕が配達業を始めて数年経つ頃には、日本から年賀状というものは姿を消していた。 物心ついた時には既に、物流やらサーバー技術やらが急速な発展をしており、仕事用の文 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:猫の武器 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:649字
学校からの帰り道、自分が住んでいるマンションのすぐそばの家がネコを飼っている。 そいつは白い毛で包まれて、目が細くてとても可愛らしいやつだ。初めてそいつを見た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼間の瞳 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:966字
呪術師は荒い息をなんとか鎮めようと苦労していた。 深呼吸を繰り返し、咳き込み、そこでようやく足を止めることを自分に許すことにした。 立ち止まると、それまで「歩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
放流 ※未完
作者:匿名さん お題:でかい大地 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:243字
目の前に広がる果てしない地平。清々しいその光景を見て、紗矢は呟く。「……広すぎ」 そして頭を抱え、その場に踞ってしまった。 どこか束縛されない場所に行きたい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
文鳥先生! ※未完
作者:匿名さん お題:鳥の小説訓練 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:1706字
事実は小説よりも奇なり、とはよく言うが。これは一体全体どうしたことだろう。 「うげえ、つまんなっ。逆にどうしてこんなものが書けるんだ!?」 帰宅した私はかばん 〈続きを読む〉