お題:興奮した能力者 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1252字
[削除]

マウスと脆弱性
 案外それは、脆いものだった。
 どこかで聞いたことがある。人は他人から渡される軽いものを重いものと思い込んで受け取ってしまうと、予想以上に力を入れすぎて骨を折ってしまうことがあるのだと。
 自分の場合、骨は折れなかった。「受け取る」という要素がそこになかったからなのかもしれない。
 とはいえども、少しやりすぎてしまっただろう。まるで落としたガラス瓶のようにガチャガチャで、雨の日の花壇のようにぐちゃぐちゃだ。
 まあいい。これで自分の力がつかめたのだから。私は私を確認することに成功した。それだけでいいのだ。
 私にとって、いままでそんなものは信じる機会も、その機会が訪れるというきっかけすら存在しないと断じていた。だって非科学的じゃないか。私は科学的なものをただただ愛するのだから、そんなものは信じたくないのだ。だが、それはあった。
 自分はその現実に直面して、こう考えることにしたのだ。
「非科学的」とは、「超科学的」でもあるのだと。
 そう考えれば、すべてつじつまがいく。オーパーツなんていう胡散臭いものはその存在が否定されているらしいが、それはどうとして感覚的にはあれと同じだ。あれだって非科学的に見えるが、肯定論者の言い分からするとあれは古代技術の「超科学」なのだと。
 まあ、そういうわけだった。私はそれに、直面してしまっていたのだ。その非科学的な、科学を超えた先にあるものに。
 
 ……訳を話すとなるとそれだけではない。科学を超えた先にあるものを、試したかったのだ。科学を超えた能力を手にしているのだから、この実験体質な私が欲望を抑えられるはずがない。試験したかった。そこらへんにある――脆くか弱く折れやすいマウスで。
 マウスを二三匹ほど始末してみて、初めて快感を得られた。成し遂げたという快感を。その虜になってしまった。
 だから、どんどん始末してやった。息の根を止め、生命の根を断ってやったのだ。まるで神にでもなったかのように。すでに人は超越しているのだから、さして過言なことではないだろう。確かにその時の私は、神のようだった。
 興奮、していた。
 もう百匹ほど、生命の根を断っていた頃だろか。このままだと、身近にいるマウスですらも、殺してしまいそうになっていた。それは控えたかった。唯一、なぜか脳が歯止めをかけたのだった。
 どうにかして落ち着かせなければならない。そう、思った。
 だから今、こうして日記を書いているのだ。どこで終わるかはわからないが、今こうして、クラウド上のドライブにメモを記入している。文字を書くと人はたいてい思考が穏やかになるというらしい。だから、今こうして書いている。
 ――しかしやはり、なぜか、収まる気配は見当たらない。
 どうしたものか……。すでに身近にいるマウスも、三匹ほど殺してしまった……私の手も血に濡れている。

 この腕に能力が秘められているのだとしたら、切断するほか、ないのだろうか。

 ……まあいい、どうにかなるのだ。諦めた。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:興奮した能力者 制限時間:15分 読者:153 人 文字数:692字
宝水鉄は性的な興奮を覚えると腕から水を撃ち出す能力者である。 鉄は自身を改造した「能力者連盟」と日夜戦いの日々を送っている。 それは男の尊厳、そして愛する人の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:興奮した能力者 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:895字
俺には霊が見える。しかし、そんな事は誰にもいわない。頭がおかしいと思われるから。ただ、淡々とテレビのアナウンサーの仕事をこなすだけだ。霊能者が出る番組でも、自称 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:フニャフニャの風 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1081字
春の風。鋭いものの、そこに確かに暖かみと、どこか優しさを感じることが出来る。と、言えるのは私が花粉症ではないからであり、風が吹くたびにマスクをした人たちがとて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふわ ゆー お題:東京の俺 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:472字
東京の俺から電話がかかってきた。「久しぶりだね。元気でやってるかい?」「まんずまずだっちゃよ。そっちこそ体は悪くしてねえべか?」「うわあ、すげえ訛ってんな。大丈 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:高貴な勝利 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:400字
神の意思のもとに我が背に続け。我らの道の先に勝利がある。 馬に跨り、鎧に身を包んだ騎士は、眼前に集ったガラトキの民にそう呼びかけた。彼らは騎士の声に導かれ大き 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ふわ ゆー お題:日本式の失敗 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:323字
日本式の失敗か資本主義のオッパイかと問われれば、世の男性の3分の2は後者を取るだろう。残り6分の1はケツ派で、残り6分の1が足裏フェチである。さて、今私が犯して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:うへへ、ダイエット 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1324字
荒れ果てる大地。その中でただ一人佇む。(いや、二人、か)私の足から出ている影。"何も無いところ"から伸びる影。その2つを見つめながら思い直す。私には姿が見えない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:どこかの発言 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:492字
わたしのゆめ。本を持った少女が話しかける。わたしのゆめは。囁いているようで、泡となって消えてしまうような声だった。なんだったかおぼえてる?そんなものわからないよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:つくのきひめ@再開します お題:名前も知らない娼婦 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:972字
彼女はいつも同じ通りの角に立っていた。時代遅れの真っ赤なドレスを着て、いつも同じ煙草を吹かす。濃すぎる程の化粧。ドレスに負けない程の深紅の口紅。雨が降ろうが雪が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しらいわと お題:僕が愛したぬめぬめ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:319字
ざーざーとふる雨の中。ぼくは、道にかたつむりを見つけた。「お前、かたつむりみたいだよな」 今日の長休み。おにごっこをしていたら、同じクラスのヒロくんがそう言っ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未来の負傷 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:504字
おれはいつも未来のことを考えている。備えあれば憂いなしだ。今、こうして会社に向かう電車の中でも客先のプレゼンで話す内容を反芻して備えている。プレゼンが終わった後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻のヒーロー 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:390字
彼女いない歴=年齢の俺。彼女欲しい。 最近気になっている人がいる。隣に住む斉木さんである。 会う度に笑顔で挨拶をしてくれる。きっと俺の事が好きなんだと思う。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた駄洒落 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:378字
アルミ缶の上にミカンが置かれている。飛んでいる布団がある。チーターが落ちている。何だここは?「ここは捨てられた駄洒落の行くところ。」「うわっ」びっくりした。いき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い心 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:356字
彼女が男と屋上に行くのを、昨日も見た。 彼女とは去年から同じクラス。笑顔がかわいらしくて、勉強ができて、おしとやかで、とにかく高嶺の花だ。だから当然、彼女に恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:重い能力者 必須要素:会話劇 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:507字
能力者、それは、みんな隠しているが、僕のクラスには軽く10名いるだろうもともと、人間も能力者も同じというコサッタムラリアラートミデシーキョウに基づき建設された町 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
駄作未満 ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな駄作 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:127字
がしっ、ぼかっあたしは死んだ。スイーツ(笑)まるで将棋だな。びゅっびゅっ包囲せん滅陣西軍から阿鼻叫喚があがった。鼻水止まらん。小型ハンター大型ハンターかゆ、うま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的なマンション 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:725字
家賃の安さに惹かれたのが間違いだった。安いのにはそれなりの理由があるという当然の考えすら思い浮かばなかった自分の愚かさにあきれたが時すでに遅し。駅から少し遠いの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鳥の計算 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1028字
昔、蝋の翼で空を飛んだ男がいた。その男は太陽の熱で翼を溶かされ、空から落とされた。その後、長い年月を経て太陽にも耐え抜く鉄の翼が作られ、人は自由に空を飛べるよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:賢い殺人 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:272字
ほんまやで、ほんまに見たんやで!そこの路地裏でな、見たんやで!暗闇に光る二つの瞳!ギョロギョロとしたそれは何かを探しとった!手には鋭く尖った凶器や!きっとあれで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的なぬるぬる 必須要素:唾液 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:445字
ベッドの隅へと追いやられ、捕まってしまう。腕や肩を掴まれそのまま彼の顔が目の前に迫ってきた。そっと羽が触れたような唇へのタッチ。くすぐったくて笑みが溢れた。目を 〈続きを読む〉