お題:左の団地 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:530字
[削除]

おばけ団地
学校からの帰り道、僕の家まであと角ひとつの所、左手に団地があった。4階建てが3つならんだ、寂れた小さな団地。通称、おばけ団地。

そこにアイツは住んでいた。

よく同じ服を着てて、あんまり喋らなくて、少し臭う。クラスのやつらに陰口たたかれても、「おばけ団地の貧乏くん」なんてあだ名を付けられても、なんにも言い返さない。みんなに嫌われてた。

僕も嫌いだった。なんか見ててイライラするんだ。トロくて、不幸ですって顔して、何されてもしょうがない、自分が悪いんだって思ってるような。アイツのそんなところが虫唾が走るくらい嫌いだった。

6年生になって、卒業式の少し前、いつもみたいに家に帰る途中、おばけ団地の入口にアイツがいた。アイツと、低学年くらいの子供たちが数人。
そいつらはみんなアイツの楽しそうに話しかけてて、キラキラした顔で騒いでて、

アイツが見たことの無いような楽しそうな顔をしていた。優しい声を出していた。

アイツがこっちを向きそうになって慌てて隠れた。今のアイツに僕は見られちゃいけない、と何でか思った。


僕は大人になって、町を出て遠い所に行って、それでも時々あの時のアイツを思い出す。
この前久々に帰ったらおばけ団地は更地になっていた。

この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
左の団地 ※未完
作者:はっちゆき お題:左の団地 制限時間:15分 読者:271 人 文字数:148字
この時期に格安でアパートを借りることが出来たのだから私は幸運だった。雨風がしのげればどこでもよかったのだが、相手の熱意に負けてついアパートなどわ借りてしまった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:三月 秀嵐(課金騎兵モバマス) お題:左の団地 制限時間:15分 読者:282 人 文字数:667字
いつもの見回りの仕事。こういう仕事をしていると、街の変化にはよく気づく。昨日は新しい喫茶店がオープンした。一昨日はゲーム屋が閉店していた。そして、今日は団地の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青汰は垢お引越ししました。 お題:左の団地 制限時間:15分 読者:360 人 文字数:793字
私の住む家の真正面に、団地が2角ある。 左に団地、右に団地。真ん中には並木道がある。春には桜のトンネルができて、秋には紅葉のトンネルになる並木道だ。 ところで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:井田豊里 お題:左の団地 制限時間:2時間 読者:527 人 文字数:1669字
「イェイド!あにさま!ほら、また寝てないで!遅刻しますよ!!」いつもの人力目覚ましが壁越しに聞こえてきて、にわかに隣家が騒がしくなる。寝ぼけ眼で見やった枕元の目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:か ら あ げ お題:左の団地 必須要素:年収 制限時間:15分 読者:332 人 文字数:650字
かつてこの地区を支配下に治めた大名は、一体何を思ってこんな街づくりをしたのだろうか。 とある城下町。日本にならよくある、一見ごく普通の城下町。 だが、地図を見 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ほかほか お題:左の団地 必須要素:年収 制限時間:15分 読者:241 人 文字数:363字
すぐ婚なんてのも聞きますが、私はとにかく相手の気が変わらんうちに結婚したいのです。私と彼が出会ったのは今月の4日でした。お隣の団地から怒鳴り声が聞こえてきたので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
開かない扉 ※未完
作者:匿名さん お題:賢い伝承 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:2107字
夜の校舎に生徒が侵入することを禁ず、なんてルールは大体どこの学校にも存在している。もちろん僕の学校でもそうだ。 真面目な生徒はもちろんそれに従う。僕は少なくと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
信頼の価格 ※未完
作者:匿名さん お題:高い税理士 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:370字
誰かが言った。「同じ仕事を頼むなら安いほうにするよ。」別の誰かが言った。「そんな金額、払えるか!」そんな言葉を何度聞いただろうか。高い税理士。それが俺の世間での 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:怪しい虫 必須要素:オリーブオイル 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:1483字
猛暑の中スーパーへ行ったのはやはり間違いだったらしい。平日の休みで気分が高揚してしまったのが運の尽きかもしれない。両手に保冷バッグを持ちながら、夏の暑さを凌ご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:思い出の年賀状 制限時間:2時間 読者:2 人 文字数:2228字
僕が配達業を始めて数年経つ頃には、日本から年賀状というものは姿を消していた。 物心ついた時には既に、物流やらサーバー技術やらが急速な発展をしており、仕事用の文 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:猫の武器 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:649字
学校からの帰り道、自分が住んでいるマンションのすぐそばの家がネコを飼っている。 そいつは白い毛で包まれて、目が細くてとても可愛らしいやつだ。初めてそいつを見た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼間の瞳 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:966字
呪術師は荒い息をなんとか鎮めようと苦労していた。 深呼吸を繰り返し、咳き込み、そこでようやく足を止めることを自分に許すことにした。 立ち止まると、それまで「歩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
放流 ※未完
作者:匿名さん お題:でかい大地 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:243字
目の前に広がる果てしない地平。清々しいその光景を見て、紗矢は呟く。「……広すぎ」 そして頭を抱え、その場に踞ってしまった。 どこか束縛されない場所に行きたい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
文鳥先生! ※未完
作者:匿名さん お題:鳥の小説訓練 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:1706字
事実は小説よりも奇なり、とはよく言うが。これは一体全体どうしたことだろう。 「うげえ、つまんなっ。逆にどうしてこんなものが書けるんだ!?」 帰宅した私はかばん 〈続きを読む〉