お題:悔しい医者 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1246字

病院の中の、診療室の中で
「はい?」

 ステンレス製の長机と、二脚の椅子だけが備えられている簡素な一室で、私は思わず素っ頓狂な声を上げてしまった。それとは反対に、対面に座している柔和な笑みを湛えた20代半ばの女性は、朗らかに弾むような声音で思いを述べた。

「あたし、ようやく病気が治ったんです! 最初は失礼ですけど、本当に治るとは思ってなかったんです。これもひとえに先生のおかげです。本当にありがとうございました」

 複雑に混乱する私の内情を知ってか知らずか、女性はこちらに向かって深々と頭を下げた。現状を飲み込めてきたが、いまだにその事実を受容することができない。唇を固く結び、一呼吸置くと、意を決して話してみた。

「でも、油断は禁物ですよ。まだ完全に寛解したとは限りません。再発の危険性だってあります。ここは、慎重に診断をもうしばらく重ねて、様子を見ながら経過を見ることをオススメいたしますが」

 鷹揚に、医師としての考えを提案してみたが、案の定、女性は満面の笑みを浮かべて、温かい眼差しでこちらを眺めやった。

「平気ですよ」そこに少しの迷いも生じていない。「あたし、わかるんです。今までつらいことがいっぱいあったけど、これから先は不安に思わないんでいいんだって。あたしはこれから、幸せな人生を歩くことができるんだって」

 だから本当に、先生には感謝してもしきれないんです。柔らかく包むように、感謝の意を舌に載せる。誇らしげに背筋を伸ばして、その双眸は遥か遠くに待ち望んでいる、大いなる希望と幸福だけを見ていた。
 どうしたものだろうか。下手に引き留めれば、より深く、強い抵抗を生むことだろう。だがしかし、このままでは症状の悪化が避けられない。少しでも落ち着かせて、この場に留まることに意識を向けなければ。

「明るく前向きな気持ちを持つのは良い傾向です。決して悪いことではありません。あなたも大変な苦労をなさってきたのですから、少しでも多くの幸福を早いうちから手に入れたくなることでしょう。ですが、本当に焦ってはいけません。せめて一日だけでも、日を置いて改めて考えてからでも遅くはないのでは」

 なるべく早口に、しかし患者の心を刺激しすぎないように諭すように言葉をかけた。一瞬、患者の目に不安の色が滲んだが、それもすぐさま掻き消えて、薄らと微笑だけを残す。

「先生は私の気持ちなど、永遠にご理解なさることがないんでしょうね」

 その言葉を皮切りに、彼女は椅子を蹴るように立ち上がり、一目散に室内の扉へと駆け寄った。

「ダメです!」

 強く引き留める声も彼女の耳には入らず、部屋の扉を押し開いて、体を部屋の外へと踊るように放り投げた。
 彼女の姿が消えたのは、一瞬のことだった。震える手を抑えながら、じりじりと開け放たれた扉に近付き、本来あるべき床に視線を落とす。そこに床はあらず、空間がぽっかりと穴を開けて、どこまでも続く深淵の闇が大きく口を開いていた。

 もう、彼女の声も聞こえない。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:美紗 お題:団地妻のダンス 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1067字
「最近、なんかあった?」終電で帰宅した夫の食器を片づけている妻の後ろ姿に問いかける。「なんかってなに?」洗い物の手を休めずに妻がそっけなく質問を質問で返す。二人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏空蝉丸 お題:儚い悲しみ 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:2091字
仕事を終えて帰ってきた。時間は午後7時50分。いつの間にか、夜の帳が下りるのが早くなった。そう思うのだが、それが誤解であることも知っている。夜は、気づかないう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
開かない扉 ※未完
作者:匿名さん お題:賢い伝承 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:2107字
夜の校舎に生徒が侵入することを禁ず、なんてルールは大体どこの学校にも存在している。もちろん僕の学校でもそうだ。 真面目な生徒はもちろんそれに従う。僕は少なくと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:死にかけのダンジョン 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:619字
父は無口な人間だった。俺とは似ていない。父は失敗しなかった。俺とは真逆だった。俺は父が嫌いではなかった。でも、父が俺を好きなのかは解らなかった。ましてや失踪した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:知らぬ間の14歳 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:2755字
ミズホは美しい少女だった。当然だ。彼女はヴァーチャルな肉体で、つまるところそれは生まれ落ちる苦しみというものを知らない。わたしたちは遺伝子に組み伏せられた獣にす 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
戦場の死神 ※未完
作者:さとりっく お題:消えた電撃 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:416字
戦場を満たしていた爆発音が嘘のように霧散し、あたりはただ静寂に包まれていた。「撃ち方やめー!」分隊長がヒステリック気味に叫ぶ。蓄えた髭の先端は、心なしかいつもよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼間の瞳 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:966字
呪術師は荒い息をなんとか鎮めようと苦労していた。 深呼吸を繰り返し、咳き込み、そこでようやく足を止めることを自分に許すことにした。 立ち止まると、それまで「歩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がんこ お題:俺は作家デビュー 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:658字
「さあ、貴様の願いを言え」仕事を辞めて久しぶりに実家へ戻り物置を整理していると、魔法のランプが出てきた。冗談半分でこすってみたら、青い皮膚をしたエディ・マーフィ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏空蝉丸 お題:僕の映画館 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:2241字
今日も猫の話。 トイレハイになって走り回る日々、ソファーに飛び乗って我が物顔で専有している日々、夕食が魚だとこたつに近寄ってきて泥棒猫になろうとする日々、何故 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:加密列 お題:綺麗な失踪 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:791字
バイトが終わり、いつもの虚無感に襲われながら裏路地を行く。 「君は逃げるのかい?」 声が聞こえた、近いようで遠い、高いようで低い、男なのか女なのかもわからない 〈続きを読む〉

夜柴芝生の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:夜柴芝生 お題:悔しい医者 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1246字
「はい?」 ステンレス製の長机と、二脚の椅子だけが備えられている簡素な一室で、私は思わず素っ頓狂な声を上げてしまった。それとは反対に、対面に座している柔和な笑み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:夜柴芝生 お題:禁断の罰 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1071字
緩やかな弧を描いて、紙屑が床に落ちた。数多の書籍に埋もれながら、男は文机に突っ伏している。纏まらない思考に苛立ちを覚えながらも、頭を掻き、なんとか己の意思を整 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夜柴芝生 お題:調和した円周率 制限時間:2時間 読者:70 人 文字数:2704字
「突然やけどな、うちは円周率っちゅうもんを認めてへん」 本当に突然である。脈略のない話の展開に驚いて、思わず手から教科書がこぼれ落ちてしまったほどだ。慌てて拾い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:夜柴芝生 お題:黄金の悪 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:1648字
夜も更けてきたのか、すっかり近辺から人の気配が消え失せて、遠くから何かの鳥が、つんざくような鳴き声を上げた。敷地内にある公衆便所の管理がいまいち行き届いていな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:夜柴芝生 お題:彼が愛した狂気 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:568字
「初めは関心どころか、意識すらしていなかったんだ」 闇の帳が下ろされ、夕闇が辺りを覆いつくす頃。境界線へと落ちていく煌々とした夕陽を背にして、彼は穏やかに笑って 〈続きを読む〉