お題:突然の戦争 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1008字

KINGMAKER
隣国のA国に突然戦争を仕掛けられ、B国は恐慌に陥った。
慌てふためく群臣に向けて、しかし一人だけ落ち着いた物腰を保っていた王は毅然と言い放った。

「騒ぐな!どう対処するかはすぐに決める。何も恐れることはない!」

そうして自室に戻っていく王の背中を、群臣たちは羨望と共に眺めていた。
これまでB国の幾多の危機を、その智謀で見事に切り抜けてきた王である。
英邁であり、その智謀は最早伝説の域にまで達していた。
今度の危地もきっと切り抜けてくれる…国中の期待はその双肩にかかっていたのである。


そんな英雄王の自室―

「やべえええええA国攻めてきちゃったどうしよおおおおおおおおおおおおおおお」

王は顔面蒼白でパニクっていた。

「落ち着いてください、王」

召使いのソルトがため息交じりに諫める。

「これが落ち着いていられるか!A国めっちゃ強いもん、戦っても勝ち目ないもん!」
「何も必ず戦わねばないわけではありません、まず直接の衝突を回避する術を考えてみましょう」
「よし、じゃあ考えろ、今すぐ考えろ!」
「…また私が考えるんですか?」
「それがお前の仕事だろうが!」
「違います、私は単なる召使いなので。陛下の身辺のお世話だけが職分です」

賢明な読者なら既にお察しだろうが、これまでのB国王の英邁と評される政略や戦略は、すべてこの召使いのソルトの頭脳から生み出されたものである。

「だってお前、大臣や将軍にしてやるといっても絶対オーケーしないじゃん!宰相でもいいってまで言ってるのに!」
「当たり前です。下級貴族出身の私がいきなりそんなものになったら大貴族にやっかまれて暗殺されるのがオチですから。そんなのごめんです」

幼い頃から王―当時の王子の召使として仕えていたソルトは、怠け者の王子が嫌がる政略戦略の講師からの宿題を、すべて肩代わりさせられてきた。
ため息をつきつつそれらを代わりにこなす内、いつしか天賦の才が開花し、一国の宰相・大将軍をも担いうる大才が誕生したというわけである。

「とにかく頼むよソルト~、大臣たちのわしに向ける羨望の目が痛いの、プレッシャーなの!!早々に対処法を発表しないとわしの沽券が地に落ちてしまいそうなのよ!!」
「やれやれ、しょうがないですね…」

いつまでたっても自分はこの人の宿題を肩代わりする宿命なのだな…
内心でつぶやきながらソルトは案を王に伝え始めた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:ワイルドなあそこ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1110字
あそこに立てれば、どことなく、俺はワイルドになれるのではないだろうか。なんの根拠もない。ないが、それでもどこか魅力的なものがある。 一歩一歩近づいていきながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:榮倉慶 お題:俺の狼 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:518字
森の中を歩いてると一匹の狼に出くわした。咀嚼音を辺りに響かせて食ってたので出くわす前に存在には気づいていたがあえて出会いにきた。別に狼を捕まえて食いたかったわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:八等分された日ノ宮理李 お題:俺の狼 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:916字
人を襲うとどんな動物であろうと殺傷処分を受ける。 何人もの仲間たちがそれで次々に消えてった。 最初のうちは悲しくてやりきれない気持ちでいっぱいになった。けれど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:578字
俺は田中一郎とても平凡な名前で平凡な日常だ俺の近所ではとてもうるさい犬がいる。俺はそつがあまり好きではない。なぜなら俺の荷物を持って行って穴に埋めていたのを見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:773字
犬ってすごく可愛いですよね。 なんてことを私はいつ言ったのかは覚えていませんが、ですが犬はもちろん可愛いのです。 それでいて、こうやってほぼ毎週一緒に散歩に出 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:水床海老 お題:気持ちいい許し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:949字
ご飯を炊き忘れた。 そろそろ夕食にするかと炊飯器を見れば、そこにあったのは水に浸された二合の米だけで、期待していたほかほかのご飯は存在しなかった。 寂しい一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:榮倉慶 お題:これはペンですか?違うわ、それは魚 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:682字
「これはペンですか?」「違うわ、それは魚よ」 終わりの見えないやり取りを先から続けている。昨日住宅街のゴミ捨て場で拾ったこの男はどうも外国人だったらしい。昨晩は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:DDT お題:純粋な病気 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:308字
電車を降りたところで呼び止められた。女子高生だ。ラッシュの波に押されて流されそうになったので、とりあえず腕を掴んでエスカレーター脇まで移動した。その二の腕の細さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:悲観的な経歴 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:834字
自分の過去に、自信が持てず、悲観的になると、その後の生き方も狭くなる。 履歴書の空白を説明できない者は、代る何かを得られていないだけなのだが、それ以上に後退し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な経歴 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:360字
「随分と、特殊な経歴をお持ちですね……」「そうなんです……あはは」 目の下にクマのある、ひどく病弱そうにやせた男は空笑いをした。「義務教育を終える前に出国して、 〈続きを読む〉

いしゅとの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:何かのおっさん 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1060字
世界一強運な男がいると聞き、私は記者として取材にやってきた。男は匿名を希望したので、ここではイニシャルのB・Jとだけ記しておこう。「はじめまして、あなたは世界で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:せつない夢 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1136字
名探偵には、ひとつの大きな夢があった。その夢に出会うために、彼は今日も事件現場に足を運ぶのである。「…以上が、この事件のあらましです」顔見知りの刑事に説明を受け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:かゆくなる関係 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1687字
先王アルベルトが己の後継に末の弟ティグリスを指名したことは、王国に激震をもたらした。この指名に殊更憤懣を覚えたのは先王の長兄ナイルと妃イリスである。前者は本来先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:臆病な靴 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:951字
その靴は、誰にも買ってもらえなかった。臆病で、ちょっとしたことがあるとすぐ逃げ出すからだ。「この前犬に吠えられただけで勝手に逆方向へ走り出して遅刻しちまった。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:私が愛したエデン 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1039字
跨線橋の上で、僕は去り行く彼女と向かい合っていた。冬だった。雪交じりに吹き付ける風が冷たかった。屋根もなく、左右に欄干が取り付けられているだけの、古い跨線橋だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:気持ちいい魔法使い 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:765字
この診療所は、どんな病気も立ちどころに直すと町中で評判である。訪れた患者もまるで痛みを覚えず、あっという間に症状が改善したことを不思議がっている。「まるで魔法み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:正しい小説の書き方 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1178字
夜。100円ショップで買ってきた駄菓子をつまみながら、生徒達から提出された課題をPC画面越しにチェックしている。「なんだこいつ、形容詞が多すぎるってこの前注意し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:進撃のギャグ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:943字
ここはお笑いによってすべてのランクが決まる世界。ギャグで受けることさえできれば、富も権力も思いのままだ。この異世界に迷い込んだ俺は、巧みなギャグを連発して瞬く間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:飢えた蕎麦 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1058字
夜、暖簾を降ろそうとしていると、一人の男の子が店の戸を開けた。「ここに、”カケソバ”って食べ物、ある?」「かけ蕎麦?」そりゃうちは蕎麦屋だから、かけ蕎麦が出せな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:昼間の少数派 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:793字
僕はいついかなる時でも、少数派である。クラスの皆が絶賛するクラスメイトの女子を、どうしても好きになれない。それよりも隅の机でいつもひっそりとしている、目立たない 〈続きを読む〉