お題:突然の戦争 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1008字

KINGMAKER
隣国のA国に突然戦争を仕掛けられ、B国は恐慌に陥った。
慌てふためく群臣に向けて、しかし一人だけ落ち着いた物腰を保っていた王は毅然と言い放った。

「騒ぐな!どう対処するかはすぐに決める。何も恐れることはない!」

そうして自室に戻っていく王の背中を、群臣たちは羨望と共に眺めていた。
これまでB国の幾多の危機を、その智謀で見事に切り抜けてきた王である。
英邁であり、その智謀は最早伝説の域にまで達していた。
今度の危地もきっと切り抜けてくれる…国中の期待はその双肩にかかっていたのである。


そんな英雄王の自室―

「やべえええええA国攻めてきちゃったどうしよおおおおおおおおおおおおおおお」

王は顔面蒼白でパニクっていた。

「落ち着いてください、王」

召使いのソルトがため息交じりに諫める。

「これが落ち着いていられるか!A国めっちゃ強いもん、戦っても勝ち目ないもん!」
「何も必ず戦わねばないわけではありません、まず直接の衝突を回避する術を考えてみましょう」
「よし、じゃあ考えろ、今すぐ考えろ!」
「…また私が考えるんですか?」
「それがお前の仕事だろうが!」
「違います、私は単なる召使いなので。陛下の身辺のお世話だけが職分です」

賢明な読者なら既にお察しだろうが、これまでのB国王の英邁と評される政略や戦略は、すべてこの召使いのソルトの頭脳から生み出されたものである。

「だってお前、大臣や将軍にしてやるといっても絶対オーケーしないじゃん!宰相でもいいってまで言ってるのに!」
「当たり前です。下級貴族出身の私がいきなりそんなものになったら大貴族にやっかまれて暗殺されるのがオチですから。そんなのごめんです」

幼い頃から王―当時の王子の召使として仕えていたソルトは、怠け者の王子が嫌がる政略戦略の講師からの宿題を、すべて肩代わりさせられてきた。
ため息をつきつつそれらを代わりにこなす内、いつしか天賦の才が開花し、一国の宰相・大将軍をも担いうる大才が誕生したというわけである。

「とにかく頼むよソルト~、大臣たちのわしに向ける羨望の目が痛いの、プレッシャーなの!!早々に対処法を発表しないとわしの沽券が地に落ちてしまいそうなのよ!!」
「やれやれ、しょうがないですね…」

いつまでたっても自分はこの人の宿題を肩代わりする宿命なのだな…
内心でつぶやきながらソルトは案を王に伝え始めた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未来の負傷 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:504字
おれはいつも未来のことを考えている。備えあれば憂いなしだ。今、こうして会社に向かう電車の中でも客先のプレゼンで話す内容を反芻して備えている。プレゼンが終わった後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:フニャフニャの風 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1081字
春の風。鋭いものの、そこに確かに暖かみと、どこか優しさを感じることが出来る。と、言えるのは私が花粉症ではないからであり、風が吹くたびにマスクをした人たちがとて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻のヒーロー 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:390字
彼女いない歴=年齢の俺。彼女欲しい。 最近気になっている人がいる。隣に住む斉木さんである。 会う度に笑顔で挨拶をしてくれる。きっと俺の事が好きなんだと思う。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた駄洒落 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:378字
アルミ缶の上にミカンが置かれている。飛んでいる布団がある。チーターが落ちている。何だここは?「ここは捨てられた駄洒落の行くところ。」「うわっ」びっくりした。いき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふわ ゆー お題:東京の俺 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:472字
東京の俺から電話がかかってきた。「久しぶりだね。元気でやってるかい?」「まんずまずだっちゃよ。そっちこそ体は悪くしてねえべか?」「うわあ、すげえ訛ってんな。大丈 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:高貴な勝利 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:400字
神の意思のもとに我が背に続け。我らの道の先に勝利がある。 馬に跨り、鎧に身を包んだ騎士は、眼前に集ったガラトキの民にそう呼びかけた。彼らは騎士の声に導かれ大き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふわ ゆー お題:日本式の失敗 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:323字
日本式の失敗か資本主義のオッパイかと問われれば、世の男性の3分の2は後者を取るだろう。残り6分の1はケツ派で、残り6分の1が足裏フェチである。さて、今私が犯して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:うへへ、ダイエット 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1324字
荒れ果てる大地。その中でただ一人佇む。(いや、二人、か)私の足から出ている影。"何も無いところ"から伸びる影。その2つを見つめながら思い直す。私には姿が見えない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:どこかの発言 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:492字
わたしのゆめ。本を持った少女が話しかける。わたしのゆめは。囁いているようで、泡となって消えてしまうような声だった。なんだったかおぼえてる?そんなものわからないよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:つくのきひめ@再開します お題:名前も知らない娼婦 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:972字
彼女はいつも同じ通りの角に立っていた。時代遅れの真っ赤なドレスを着て、いつも同じ煙草を吹かす。濃すぎる程の化粧。ドレスに負けない程の深紅の口紅。雨が降ろうが雪が 〈続きを読む〉

いしゅとの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:ナウい博物館 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:847字
流行の移り変わりはあっという間だ。昨日流行っていたものが、今日には古臭くて見向きもされないなんてことは珍しくもない。この博物館は今現在の流行品ばかりを取りそろえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:トカゲのエリート 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1601字
トカゲと呼ばれる忍者がいる。周囲と同化し、存在感を消し、その存在を何者にも悟られることがない。対峙した標的はトカゲが目の前にいることにも気づかないまま、いつの間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:腐ったライオン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1127字
第三高校のライオン、不良番長浦上がUFOに願ったのは、「子猫をくれ!」ということだった。下校途中、いつもどおりおらつきながら歩いていると、突然上空からUFOが降 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:突然の戦争 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1008字
隣国のA国に突然戦争を仕掛けられ、B国は恐慌に陥った。慌てふためく群臣に向けて、しかし一人だけ落ち着いた物腰を保っていた王は毅然と言い放った。「騒ぐな!どう対処 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:男同士の誰か 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1200字
街中を歩いていると、向こうから千堂さんが急ぎ足で歩いてきた。びっくりした。もう会うことはないだろう、と思っていた。驚きのあまり私は硬直してしまい、急ぐ彼の行く手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:凛とした学校 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:1407字
「首都からの救援は…ありません」学園長が告げた残酷な知らせが、その場に集まった見習い魔導士達の悲鳴を引き起こした。ここ、国境沿いの魔導学園は、突如隣国の侵攻を受 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:明日の探偵 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1056字
僕が先生の探偵事務所に助手として雇われて1か月、ようやく事件らしい事件の依頼が舞い込んできた!旧家の屋敷の中で、当主の老人が何者かに殺されたというのである。しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:どす黒い春 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1110字
春、職場に新人が入ってきた。その新人とは中学時代の同級生、井深さんだった。名前は変わっていたが、井深さんに間違いなかった。ぼくが彼女を見間違うはずがない。「はじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:ありきたりな昼 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1128字
普段と何ら変わらない、穏やかな昼下がりだった。4月の日差しが柔らかく降り注ぎ、閑静な住宅街には人気もまばらだ。近所で一番大きな高橋さんの家から、愛犬ガネーシャの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:つらい話 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:1701字
魔界―一面に続く不毛の荒野。押し寄せる魔王の大軍勢。迎え撃つ勇者一向。決戦を間近に控え、勇者の顔は青ざめ引きつっていた。それは敵への恐怖からではない。彼は―トイ 〈続きを読む〉