お題:穢された宿命 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:493字

勇者の使命
 魔王を倒すために生まれ、魔王を倒すために育ち、そして魔王を倒すために旅立った。道中魔物と幾重もの戦闘を繰り広げ、赴く村々の命を救い、仲間に出会い、様々な物語を生んで、ついにここまでやってきた。
 そう、汗と涙と笑顔の冒険。魔王を倒す希望として生を受けた俺も、人間としての喜びに出会い、大事な仲間たちとともに、この魔王城の最奥まで辿り着いたんだ。
 だというのになぜ……! なぜ、魔王、おまえはポテチをつまみながらお笑い番組を見ているのだ。
 なぜ我らの前に立ちはだからない? なぜ期間限定のコンソメトリプル味を食べている。なぜ……いい加減こっちを見ろ!

 魔王はこちらをちらりと見て、面倒臭そうに立ち上がった。「あの、うるさいんでどっかいってくれます?」
「ならば俺と戦え! そして俺に倒され、人類を解放しろ!」
「ぼく二代目だからそういう難しいやつはちょっと……あ、羊羹食べます?」
「俺は羊羹を食いにきたんじゃない!」
 差し出された羊羹を床にぶちまける。魔王は顔を大げさにしかめた。「せっかくの羊羹を汚さないでよ」
 汚されたのは俺の使命だ。
 気付けば目元に涙が垂れていた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:宿命の君 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1015字
天堂と地井は宿命のライバルだった。傍から見てもそうだったし、地井も天堂を意識していた。 二人は同じ少年野球のチームでプレーし、二人ともが別々のチームにいればそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未来の負傷 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:504字
おれはいつも未来のことを考えている。備えあれば憂いなしだ。今、こうして会社に向かう電車の中でも客先のプレゼンで話す内容を反芻して備えている。プレゼンが終わった後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:フニャフニャの風 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1081字
春の風。鋭いものの、そこに確かに暖かみと、どこか優しさを感じることが出来る。と、言えるのは私が花粉症ではないからであり、風が吹くたびにマスクをした人たちがとて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻のヒーロー 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:390字
彼女いない歴=年齢の俺。彼女欲しい。 最近気になっている人がいる。隣に住む斉木さんである。 会う度に笑顔で挨拶をしてくれる。きっと俺の事が好きなんだと思う。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた駄洒落 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:378字
アルミ缶の上にミカンが置かれている。飛んでいる布団がある。チーターが落ちている。何だここは?「ここは捨てられた駄洒落の行くところ。」「うわっ」びっくりした。いき 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ふわ ゆー お題:東京の俺 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:472字
東京の俺から電話がかかってきた。「久しぶりだね。元気でやってるかい?」「まんずまずだっちゃよ。そっちこそ体は悪くしてねえべか?」「うわあ、すげえ訛ってんな。大丈 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふわ ゆー お題:日本式の失敗 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:323字
日本式の失敗か資本主義のオッパイかと問われれば、世の男性の3分の2は後者を取るだろう。残り6分の1はケツ派で、残り6分の1が足裏フェチである。さて、今私が犯して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:うへへ、ダイエット 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1324字
荒れ果てる大地。その中でただ一人佇む。(いや、二人、か)私の足から出ている影。"何も無いところ"から伸びる影。その2つを見つめながら思い直す。私には姿が見えない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:どこかの発言 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:492字
わたしのゆめ。本を持った少女が話しかける。わたしのゆめは。囁いているようで、泡となって消えてしまうような声だった。なんだったかおぼえてる?そんなものわからないよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:つくのきひめ@再開します お題:名前も知らない娼婦 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:972字
彼女はいつも同じ通りの角に立っていた。時代遅れの真っ赤なドレスを着て、いつも同じ煙草を吹かす。濃すぎる程の化粧。ドレスに負けない程の深紅の口紅。雨が降ろうが雪が 〈続きを読む〉

小伏史央の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:東京の俺 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:406字
三鷹に引っ越してきてからもうすぐ半年が経とうとしていた。心配していたほど田舎者扱いされることもなく、新しい友達もできて、まあそれなりの高校生活を送れている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:高貴な勝利 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:400字
神の意思のもとに我が背に続け。我らの道の先に勝利がある。 馬に跨り、鎧に身を包んだ騎士は、眼前に集ったガラトキの民にそう呼びかけた。彼らは騎士の声に導かれ大き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:日本式の失敗 必須要素:若者使用不可 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:361字
お互い還暦はとうの昔に迎え、妻にも先立たれた。胸に秘めたる思いは、もう秘める必要もない時代になったのだという。今後もこの思いを仕舞ったまま生を終えるか、あるい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:素朴な嘘 必須要素:義眼 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:174字
少年と少女がふたり、荒野を歩いている。どちらも10歳ほどの容姿の子たちだ。 しかし少女は人間ではない。屋敷に仕えるアンドロイドだった。 少年には人間と偽り、先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:孤独な病院 必須要素:イタリア 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:537字
マルコは病室で目が覚めた。うすぼんやりと天井の斑点が見える。そうだ入院していたのだったと、彼は目を覚ますたびに思い出した。 あたりは静まり返っている。ベッドを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:フォロワーの蟻 必須要素:日本酒 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:766字
アリの行列を見つけると、いつもその先頭を探したくなる。しかし決まって見つからない。たいてい行列は巣と獲物との往復になっていて、輪っかの形になっているからだ。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:限りなく透明に近い娼婦 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:411字
男が果てると、精液は彼女の腹のなかを旋回し、金魚の糞のように意思もなく漂った。それを見て男は下卑た笑いを上げる。「ほんとに泳いでらあ」 ひとしきり彼女の体のな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:穢された宿命 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:493字
魔王を倒すために生まれ、魔王を倒すために育ち、そして魔王を倒すために旅立った。道中魔物と幾重もの戦闘を繰り広げ、赴く村々の命を救い、仲間に出会い、様々な物語を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:茶色い洞窟 必須要素:街灯 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:577字
洞窟を抜けるとお菓子の世界だった。すべてがお菓子でできていた。ソーダ水の川が流れ、ケーキやクッキーが積み上げられた建物、チョコレートの道路。きっと空に浮いてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:信用のない犬 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:872字
ぼくは天才なので自分が犬であることも知っているし、そうであるにも関わらず人間の言葉がわかることも知っている。ぼくはニュースを見ていた。すると不思議なことに、明 〈続きを読む〉