お題:鈍い償い 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:884字

遅刻
 よくわからないまま公園のベンチに座っている。平日の二時のため、人はあまりいない。ベビーカーを押した母親がふしぎそうな顔をして入って出ただけだ。雲がイワシの形をしている。しかしイワシの形すら定かではない。
 ベンチに座る前、公園に足を踏みいれる前、コンビニを出る前、なぜか私の財布から電子マネーが消失し、クレジットカードで支払いをすることになった。消えた電子マネーはコンビニを出てからズボンの右ポケットに現れた。ところで店員が目も合わさずに言った。「レシートはいりますか」いつも考えてしまう。一ヶ月後になってカード会社から請求書が届いたところで細かな支払額は覚えていない。受け取らなかったレシートに少し多い請求額が印字されていたとしたら? ギャンブル依存症のそれだ。ここで帰ったら、あと少し待っていれば、目の前にあることと何か違うことに気をとられる。
 少し指先が冷たくなっている。太ももとベンチのあいだに手を入れる。私はおそらくここで人を待っている。携帯電話、今もそう言ってよいのかも知らない。スマートフォンと携帯電話だと、後者のほうが割れにくい響きを持っている。割れやすいほうの携帯電話を操作してメッセージを開く。なんてことのないやりとり。春の話をしている。
 その冬、私はとてつもなく生きることに忙しかった。常人がたやすくこなせることができず、だれもが引っかからないところでつまづいて転ぶ。バラエティ番組を見ると笑い声がエコーになる。それでもメッセージは続いていた。
『春になったら一緒にお花見に行きましょう』
『大切なお話があります。公園に来てください』
『なにかありましたか?』
『返事をください』
『充電が切れたんですか?』
『まだ待っています』
 最後のメッセージからもう何年が経ったのかもわからない。したがって、その冬、彼女がどれだけ私を待ってくれたのかも知らない。なのに今、私だけがここで待っている。何もかもが周回遅れになっている。だからこの鈍い償いはなんの埋め合わせにもならない。ただ、私が遅れて、遅れて、遅れて、そのうちに彼女が去っただけなのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:瓜ノ助 お題:鈍い償い 制限時間:30分 読者:224 人 文字数:1030字
「君、本当に自分のしたことが分かっているのか」「えぇ、たぶん分かってると思います」「たぶんってな‼それが本当に反省してるやつの態度か‼」「反省してます。それは間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:鈍い償い 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:785字
住屋詩織は、前世で俺を殺した女である。あの時俺達は同じ国に属する戦士だった。ある時俺は敵国への逃亡を謀った。それを察知した前世の詩織が、裏切者を断罪したというわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:コナカ お題:鈍い償い 制限時間:15分 読者:230 人 文字数:679字
いったい何ができるのだろう、非力なこの自分に。何が求められているのだろう、世間とやらに。いったい、この、自分は。血だらけの手を見つめながら、俺は呆然と立ち尽くす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美紗 お題:団地妻のダンス 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1067字
「最近、なんかあった?」終電で帰宅した夫の食器を片づけている妻の後ろ姿に問いかける。「なんかってなに?」洗い物の手を休めずに妻がそっけなく質問を質問で返す。二人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏空蝉丸 お題:儚い悲しみ 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:2091字
仕事を終えて帰ってきた。時間は午後7時50分。いつの間にか、夜の帳が下りるのが早くなった。そう思うのだが、それが誤解であることも知っている。夜は、気づかないう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
開かない扉 ※未完
作者:匿名さん お題:賢い伝承 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:2107字
夜の校舎に生徒が侵入することを禁ず、なんてルールは大体どこの学校にも存在している。もちろん僕の学校でもそうだ。 真面目な生徒はもちろんそれに従う。僕は少なくと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:死にかけのダンジョン 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:619字
父は無口な人間だった。俺とは似ていない。父は失敗しなかった。俺とは真逆だった。俺は父が嫌いではなかった。でも、父が俺を好きなのかは解らなかった。ましてや失踪した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:知らぬ間の14歳 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:2755字
ミズホは美しい少女だった。当然だ。彼女はヴァーチャルな肉体で、つまるところそれは生まれ落ちる苦しみというものを知らない。わたしたちは遺伝子に組み伏せられた獣にす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
戦場の死神 ※未完
作者:さとりっく お題:消えた電撃 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:416字
戦場を満たしていた爆発音が嘘のように霧散し、あたりはただ静寂に包まれていた。「撃ち方やめー!」分隊長がヒステリック気味に叫ぶ。蓄えた髭の先端は、心なしかいつもよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼間の瞳 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:966字
呪術師は荒い息をなんとか鎮めようと苦労していた。 深呼吸を繰り返し、咳き込み、そこでようやく足を止めることを自分に許すことにした。 立ち止まると、それまで「歩 〈続きを読む〉

空見タイガの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:今日のサッカー 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1312字
カンカンカンカンカン。遠くから聞こえてきた音に俺は彼女の手をとって走り出した。道の終わりぐらいで近くの警報がなりはじめて、渡りきったあとに振りかえると今に下り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:残念な真実 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:972字
デザートをおごるかわりに恋愛相談に乗ってくれと頼んで連れてきたクラスメイトが頼んだのは二千円するパンケーキ。二千円!? 二千円ってあの、お札の千円が二枚!? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:免れた子犬 制限時間:30分 読者:69 人 文字数:1211字
ゴールはゴールでもナイシューでないゴールはなーんだ? 白けた二人のあいだを割るように注文していた料理がテーブルの上に置かれた。俺はチーズカレー、染野はミートド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:楽しかった敗北 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:1071字
女の趣味がわるいやつはダチの趣味もわるい。この一番の例があーくんで、やつは女子みたいなキレーな顔をしているくせに、すっげえブスを好きになる。しかもこのブスとき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:くさい芸術 制限時間:30分 読者:72 人 文字数:1150字
給湯室の排水溝にいつもちぎれた麺が入っている。くっついているキャベツのような薄い緑のなにかを見るに、おそらく焼きそばの仲間にちがいない。気にせずに手で水をすく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:臆病な女 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:1053字
大して暑くもないのに暑いの言葉がでてくるように、好きという言葉は好きでなくても言える。しかも、す、き、これだけの詩である。猿が無限にタイプライターを叩き続けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:鈍い償い 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:884字
よくわからないまま公園のベンチに座っている。平日の二時のため、人はあまりいない。ベビーカーを押した母親がふしぎそうな顔をして入って出ただけだ。雲がイワシの形を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:今の冒険 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:1007字
今、生きていておそれながらも行いたいことはなんだろうと考えて、そんなものはないと思った。ちょっとした好奇心のために命を落とすような真似はしたくない、もし自ら平 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:小さな血液 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:919字
人参は美と時間の仲間であるが、俺とおまえは敵である。久居はバイト先からパクってきたらしいエプロンをつけながら足で冷蔵庫を開いた。「おっと、塩がない」「客に塩を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:右の失踪 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:950字
二色のランドセルと八色のランドセルなら前者のほうが好きな一色を選びやすいだなんてことはどんなにお偉い学者さまが言おうと統計が出ようと一万人の賛成があろうと信じ 〈続きを読む〉