お題:最弱の夕日 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:1974字

赤い川面とホームレス
 わたしは学校帰りに風景画を描いた。コンクールのためだ。
 通学路にもなっている大きな橋から横道につながっている堤防の上でクロッキー帳に鉛筆を走らせる。徐々に赤く染まる夕日を描いた。
 そもそもコンクール用の絵を描くのは乗り気でなく、嫌々ながらの作業だった。そのせいか作品は小さくまとまってしまい、ただ、何を描いたのかは読み取れるものの、良い絵画かと聞かれればそうでもない、目立つことのない絵に仕上がってしまった。技術がないのはもちろんのことだったが、ただ絵を完成させることを目的として描いていたために、イメージと異なる仕上がりに妥協したり、気持ちを込めることをしなかったりだった。
 それから色を付けたり、細部の調整をしたりして完成したものの、自分で見ても物足りない絵画に仕上がった。そんな作品が賞を取れるわけもなく、誰にも見向きもされず持ち帰ったときは虚しさが募った。
 そのコンクールが終わって片付けた絵を手に持って、帰り道をトボトボと歩いていたわたしは急に感情が爆発して持っていた絵を細切れに破りさり、川に投げ捨てて走り去ろうとした。その時だった。
「コラ、ゴミを川に捨てるな!」
 橋の下、河川敷から声がしたのだ。わたしは背筋に冷や汗をかきながら、全速力で帰宅した。
 しかし翌日になってその声の主が朝、そう、朝の通学中に声をかけてきたのである。
「川にゴミを捨てるな」
 見るからにホームレスだった。学生に声をかけて問題にでもなったらどうするつもりだったのだろうと思う。彼はそういったことを何も考えずにコンビニの袋に詰めたわたしの細切れに破いた絵を渡してきたのだ。その時わたしはややビビりながらも、クラスメイトと一緒だったのでそのほど緊張もせずゴミを受け取った。
「はぁ、すんません」
 それをわたしが受け取ると彼は表情も硬いままその場から静かに立ち去ったのだ。仕方なかったので、ゴミは学校のゴミ箱に捨てるつもりだった。
 学校につくとわたしはすぐさまゴミ箱に汚らしいコンビニ袋を突っ込もうとする。しかし、わたしは何を思ったのか捨てることをためらってしまう。
 結局捨てられなかったので、机のフックに引っ掛けられたゴミはコンクールと同じくクラスにおいても余り目立つことなく放課後までそこにいた。
 それが何やら引っかかり、どうしても悔しかったので復元作業をすることした。

 新しい画用紙にまるでパズルかちぎり絵かのように一枚一枚丁寧に組み立てていく。
 出来上がった絵画は虫食い状態で、元の絵も褒められたものではなかったのでその程きれいに見えるものでもなかったが、達成感はあった。日が暮れかけている。

 帰り道、その絵を持って河川敷に来た。なんとなく風景と重ねてその絵を見てみたかったからだ。
 そうやって風景と絵を重ねて眺めていると、また今朝のホームレスに声をかけられた。
「ゴミなどと言ってすまなかった。夕日の絵だったのか」
 ホームレスは二歩ほど離れた後方から絵とわたしを見比べながら悲しそうな顔をしていた。
「いえいえ、ゴミでしたよ。これは」
 背格好と表情があまりにも惨めだったので、ホームレスと会話するその非日常感よりも同情感が上回って応対してしまった。
「いい絵だ。太陽の色がいま見ているのと一緒だ」
 それだけ言って彼はまた彼の家であろうブルーシートの掘っ立て小屋に向かって行ってしまった。

 そう言われてわたしはまた絵と夕日を見比べる。確かに色味はいい赤を出せているようにも見えた。それでもやはり、絵画全体としてはいい絵だとは思わなかった。それからというもの、毎日のようにわたしは堤防の天端でクロッキー帳に鉛筆を走らせている。

 クラスメイトにホームレスに絵の色味を褒められたことを伝えたら「うんうん、そうだよね、このオレンジがいいよね、って危ないでしょ!!」とノリツッコミをされてしまった。確かにそうかもしれない。でも嫌々ながらではなく描く絵は思ったようにかけなくても苦しくなかった。

 絵の楽しさを教えてくれたのは、あの見る価値もないゴミを拾い上げ、そのゴミの寄せ集めのような汚いちぎり絵未満の作品の、良いところを見出してくれたホームレスのおかげかも知れなかった。

 クラスメイトに指摘されて以来、少し怖くてホームレスのいる河川敷の方の堤防ではなくて別なところで絵を描いていたが、ふと思い立って一番最初に絵を描いていた場所でもう一度描いてみようとそちらに向かった。しかし到着して風景を眺めると一点違和感を覚えた。ブルーシートの掘っ立て小屋が取り払われていたのだ。

 赤く染まる川の水面に、もう一度あのブルーシートを見たいかもしれない。と思った。
 ホームレスの彼がわたしの前に姿を表すことはなかった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン お題:最弱の夕日 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:2365字
「なに、まーだ沈んでンの?」そう言い私がケラケラ笑うと、目の前で突っ伏していたユウヒがゆっくりと顔を上げた。目元は涙に濡れきっており、化粧もボロボロと崩れ落ちて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 お題:最弱の夕日 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:2392字
ーーあさひ君らしい理由だよね。知ったようなクチを聞くクラス委員に向けて唾を吐き捨て、きゃあきゃあと喚き散らさせたのが2時間前。「轢かれそうになった猫を助けたんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息 子 お題:最弱の夕日 制限時間:1時間 読者:66 人 文字数:2458字
「早く死にたいからだよ」 彼女の答えはそのようなものであった。「『かっこいいから』や『美味しいから』──なぜ煙草を吸うのかという質問に対する回答は色々あると思う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:最弱の夕日 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1167字
遠い背中を追いかけた。いくら走っても全く追いつけなくて、いくら乗り越えようとしてもあの人は当然のような顔をして前を走り続けていた。今でもたまに見る夢。今もまだ追 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:最弱の夕日 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:541字
「さあ、あの夕日まで走るんだ!」 ボクらは青春の汗を目元でぬぐって、コーチの背中を追いかけていった。 夕日は存外に近くて、ものの五秒もせずにボクらは夕日に辿り着 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:鈍い小説家 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:1時間 読者:91 人 文字数:3135字 評価:0人
地元情報誌を眺めていると、「一人がけソファ、ほぼ新品同様+三十インチのテレビ、ほぼ新品同様で三千円、直接取りにこれる方なら無料」という記載があり、「ああああああ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:襖障子 お題:鈍い小説家 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:1時間 読者:62 人 文字数:2230字 評価:0人
主人公 編集者 小説家 不可挫 「ボケるというのは聞いた事があるが、ボケたあとに自分で突っ込むというのは、なんとも大変そうで、俺はやる気がしないのだが、お前は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:(小説投稿用) お題:鈍い小説家 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:1時間 読者:88 人 文字数:1470字 評価:1人
鈍い人間には、世の中は何もよこしてくれない。 私が自分自身から得た最大の教訓はこれである。口を開けば見当外れのことを言い、運動神経に優れず、手先不器用で、頭の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完です ※未完
作者:おふとん お題:鈍い小説家 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:775字 評価:0人
世間から見放されている。 そういう意識を子供の頃から心のどこかに抱えて生きてきた。 原因は分からない。先天的な気質であるのか、幼年期の環境が原因だったのか定か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:大阪毒キノコ隊 お題:鈍い小説家 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:1時間 読者:109 人 文字数:1347字 評価:0人
無垢な感性だけで得られるものなど、人生においてほんの一握りだと、このところ痛切に感じている。この世の中には信じられない量の情報があふれていて、すべてを生きてい 〈続きを読む〉

ŧ ꁥ ױ(りゅーもんさん)の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ŧ ꁥ ױ(りゅーもんさん) お題:最弱の夕日 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:1974字
わたしは学校帰りに風景画を描いた。コンクールのためだ。 通学路にもなっている大きな橋から横道につながっている堤防の上でクロッキー帳に鉛筆を走らせる。徐々に赤く 〈続きを読む〉