お題:今の冒険 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:1007字

危険な星の見方
 今、生きていておそれながらも行いたいことはなんだろうと考えて、そんなものはないと思った。ちょっとした好奇心のために命を落とすような真似はしたくない、もし自ら平穏を投げ捨てるとしてもどうせなら大きな夢の半ばで死にたい、そもそも平穏でいい、人生に爆竹なんてなくていい、そんな漠然とした希望があったが、ぼくのソファにまっすぐ立っている笠岡の野郎は「危険に星を見たーい!」と言った。
「星なら前に見にいったでしょ。レンタカーを借りてさ」
「なんで大破しなかったんだろ」
「死にたいなら一人で死ねよ」
 バカーとソファから勢いよく飛びおりた笠岡のチョップが降りそそぐが首をひょいと動かして避ける。笠岡は床を勢いよく叩いて膝もうちつけてごろごろと転がりだした。
「死にたくないけどスリルがほしいんだもーん」
「暇は人を定期的にバカにするな」
「星を見るという、きわめてふつうの、きわめて平凡な、きわめてありふれた行為にデンジャラスを和えてみたーい」
「山にでも登ればいいでしょ。最近、けっこう流行っているけど日常において命の危険を落とす確率を高める行いだよあれは」
「ふーん。登山が趣味のやつってバカなのか?」
「バカはおまえだろ」
 ぴたっと動きを止めた笠岡は崩していたぼくの足裏を爪でひっかきながら「今の冒険は冒険でないですわよ」とつぶやいた。
「本当はそこまで危険でないこと、もしかしたらまれに万が一たいへんなことになるかもしれないことを、冒険と言っている。前人未踏なんてちっともない」
「そりゃそうだろ。みんなが生きているうちにどんどこ踏み荒らしたし、情報と注意喚起がこまなくSNSにあがるし、本当に危険なことはコンプライアンスの問題で表沙汰にできないし」
 危険なことは知らないことだ、信号の意味を知らない子どもが横断歩道をわたろうとする瞬間がもっとも危険だ、僕たちは今、その危険をたずさえて何かを行うことができるだろうか、だれもが親切で聞いてもいないことを教えてくれるのに?
 笠岡はうむうむと深くうなずいてさくっと立ち上がった。
「ものすごく危険な星の見方を思いついたぞ!」
「思いつかんでいい」
 後日、知人からメッセージがあって笠岡のSNSアカウントを見た。最初の画面の一番上に、その投稿が固定されている。

『きわどい水着で星を見ました!』
 
 人は思い立つかぎり、いつでもおびやかされることができる。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限界を超えた修道女 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1133字
その女は頭を抱えていた。目の前には大きな十字架。そのさらに向こうにはステンドグラスが、陽光を受けキラキラと鮮やかな色を放っていた。それもあり、手前に置かれた十字 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限界を超えた修道女 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:832字
「限界を超えた修道女」神に祈るひとりの女性はその複雑な表情を隠せずにいた。彼女は恋をしている。しかし、それは彼女には止めることができない。それは人であるなら当た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:巳々栗ぼっち お題:限界を超えた修道女 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:985字
「シスター、これはどこに置けばいい?」 木材を肩に載せたまま、俺は修道女に声をかけた。「あ、それはあっちに……」 つい、と、彼女は木製の長椅子が固められている場 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やる夫スレ作家のアライさん お題:おいでよ帰り道 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:939字
ぼくの村には絶対に通ってはいけない道がある。学校の裏側、どんぐり山のすぐ近く、入り口に小さなお地蔵さんが置かれた小道がそれだ。 小道と言ったが、実際は全く整備 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名付けるならばそれは目 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:354字
君のための目 生きていると人間誰だって失敗はある。その失敗で誰に、どんな影響を及ぼすかが失敗の大事な部分なのだ。失敗にもいろいろある。 挑戦による失敗。感情に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的なハゲ 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:199字
どうやらハゲというものは世の中から悲観的に見られるらしい。だいたいハゲと言われて思い浮かぶのはダサいとか変だとかそんな感じのものであろう。しかし、ハゲというのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:巳々栗ぼっち お題:去年の栄光 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:730字
「……」 高架下の道に、そいつはいた。雨天にもかかわらず、傘をささずにここまで来たようだ。そいつが――彼女が――かぶっているパーカーは、フードから肩のところまで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:巳々栗ぼっち お題:飢えた空 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:695字
「かつて人類は、空を飛んでいた」 無表情のまま、けれど謡うように師は言った。「甲鉄の翼と燃える水。それらを以て、我らの祖先は確かに空を支配していたのだ。――ここ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からぱん お題:蓋然性のある昼 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:908字
自室のカーテンから漏れる柔い日光によって十時に目が覚めた。少しの頭痛と寝すぎてしまったということに対する焦りが入り混じり不快感を感じる。急いで体を起こすと、体 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風魔小太郎 お題:恐ろしいボーイズ 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:761字
お題:「楽しかった小説練習」 高校生の頃、演劇をした。今となっては懐かしさと恥ずかしさの両刃を持つ思い出の一つだ。ロボットと人間のストーリーで、オチもロボットが 〈続きを読む〉

空見タイガの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:今日のサッカー 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:1312字
カンカンカンカンカン。遠くから聞こえてきた音に俺は彼女の手をとって走り出した。道の終わりぐらいで近くの警報がなりはじめて、渡りきったあとに振りかえると今に下り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:残念な真実 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:972字
デザートをおごるかわりに恋愛相談に乗ってくれと頼んで連れてきたクラスメイトが頼んだのは二千円するパンケーキ。二千円!? 二千円ってあの、お札の千円が二枚!? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:免れた子犬 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:1211字
ゴールはゴールでもナイシューでないゴールはなーんだ? 白けた二人のあいだを割るように注文していた料理がテーブルの上に置かれた。俺はチーズカレー、染野はミートド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:楽しかった敗北 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:1071字
女の趣味がわるいやつはダチの趣味もわるい。この一番の例があーくんで、やつは女子みたいなキレーな顔をしているくせに、すっげえブスを好きになる。しかもこのブスとき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:くさい芸術 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1150字
給湯室の排水溝にいつもちぎれた麺が入っている。くっついているキャベツのような薄い緑のなにかを見るに、おそらく焼きそばの仲間にちがいない。気にせずに手で水をすく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:臆病な女 制限時間:30分 読者:81 人 文字数:1053字
大して暑くもないのに暑いの言葉がでてくるように、好きという言葉は好きでなくても言える。しかも、す、き、これだけの詩である。猿が無限にタイプライターを叩き続けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:鈍い償い 制限時間:30分 読者:74 人 文字数:884字
よくわからないまま公園のベンチに座っている。平日の二時のため、人はあまりいない。ベビーカーを押した母親がふしぎそうな顔をして入って出ただけだ。雲がイワシの形を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:今の冒険 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:1007字
今、生きていておそれながらも行いたいことはなんだろうと考えて、そんなものはないと思った。ちょっとした好奇心のために命を落とすような真似はしたくない、もし自ら平 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:小さな血液 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:919字
人参は美と時間の仲間であるが、俺とおまえは敵である。久居はバイト先からパクってきたらしいエプロンをつけながら足で冷蔵庫を開いた。「おっと、塩がない」「客に塩を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:右の失踪 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:950字
二色のランドセルと八色のランドセルなら前者のほうが好きな一色を選びやすいだなんてことはどんなにお偉い学者さまが言おうと統計が出ようと一万人の賛成があろうと信じ 〈続きを読む〉