お題:アルパカのカップル 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:92 人 文字数:3639字 評価:0人

アルパカたちのグダグダ話
「己たちのようなものをアルパカと言うらしいぞ」
「なんじゃ、それは」
「だから、アルパカだな、アルパカ」
「動物だかの名前だろう、それは。お前のような間の抜けた面ぁした、のべーっとした様子のもっしゃもっしゃと草を食むことしか楽しみがないような動物じゃのう」
「酷いことを言うなあ」
「鬼じゃもの」
「鬼だからか」
「……」
「今、鬼と言ったか?」
「応とも」
「むう、なんということだ、お前とは長く飲み友達をしていたが、そんなことつゆ知らずだった」
「……この頭についている角を見える目を、おぬしは持っておらんのか……?」
「変わった飾りをつけている奴だ、まあ、趣味が悪いが好みなのだろう、酒の好みは悪くないのだから放っておこう、とそのように思っていた」
「おぬし、危機感がないと良く言われたりはしないのか」
「お前はどうして生き残れたんだと、真顔で言われたことは何度かあった」
「なるほど、鬼であるこの身がおぬしを食いたいとは思えぬ理由がわかっというものじゃ」
「というと?」
「食ったところで顔色一つ変わらないのが目に見えているのじゃもの、生きの悪すぎる獲物は食いでがない」
「いやー、たべないでー」
「……そのクソのような棒読みに、鬼であることとは無関係にイラっと来た、おぬしの腕の一本でもツマミで食わせろ」
「仕方のない奴だなあ」
「どうして素直に腕をそこで差し出すのじゃ」
「?」
「どうして不思議そうな顔をそこでするのじゃ」
「なんだ、食いたいと言ったじゃないか!」
「どうしてこの身が怒られなければならんのじゃ」
「もういい、酒を注いでくれ」
「手酌でやれ」
「寂しいことを言う奴だ」
「……それで?」
「うん?」
「あるぱかがどうとか言っておったが、結局なんなんじゃ?」
「そんなことを言ったか、己」
「酒を飲むのはもう止めよ」
「待て、嘘だ、覚えているから取り上げるな――ええと、なんだったかなあ……」
「没収」
「ああ、己の酒が! なんてことをする鬼娘だ」
「鬼じゃもの」
「なるほど鬼だった」
「下らんことだとはわかっておるが、どうにも気になるものじゃ」
「アルコールをパカパカ空けるの略でアルパカだそうだ、要するにウワバミだな」
「予想以上に下らなかったなあ……」
「ふふん、己がためになる話とか少しでもできると思っているのか」
「まったく思わんな」
「断言をされると、それはそれで寂しいものだぞ?」
「ええい、近寄るな鬱陶しい。まったく、鬼にここまで無頓着に近づくものなどそうはいないぞ」
「これで近親周囲に被害が出るとなれば話は違うが、まあ、食われて襲われるのが己ひとりでは、そこまで騒ぐほどのことでもあるまい」
「ふぅむ……?」
「あ、己の周囲の人間を襲おうと考えていないか?」
「少し考えた、そうした時、おぬしはどのような顔をするのか、どのように激怒するのか、どのようにこの身に襲い掛かるのか、その想像をもてあそんではいたな。ふふ――」
「なにを笑う」
「少し、楽しい」
「なるほど、鬼だなあ」
「鬼じゃとも」
「己の不幸をツマミに酒を飲まんで欲しい」
「人の不幸は蜜の味と言うじゃろう」
「鬼の言う人の不幸とは、もう完全に向こう側の他人事の食べる相手をもてあそぶことでは」
「うむ」
「頷かれてしまった……」
「人の幸運よりは、人の不幸の方が鬼好みじゃ」
「たしかに宝くじが当たった奴のところに鬼が好んで遅いには来ないだろうなあ」
「代わりに見たこともない親類縁者がわんさと押し寄せるらしいがな。人間とは、鬼よりよほど他人の幸不幸に目ざといものじゃ」
「買ったことはないなあ、宝くじ」
「そうなのか」
「うん、己が買いに行こうとすると、帰り道に宝くじはなく、代わりに酒瓶を手にしている」
「まったく、酔っぱらいめ」
「不思議なこともあるものだなあ」
「なにも不思議ではなかろう」
「どうして酒は飲んだらなくなるのか、不思議じゃないか?」
「うむ、とても不思議だ」
「飲んでも飲んでもなくならない酒とかないのかなあ」
「あるかもしれんが天仙か、さもなければ年経た鬼の首魁のものじゃろう、人の手にも、ただの鬼の手にも持てるものではないじゃろう」
「空に月! 隣に美人! あとは酒!」
「なんじゃ突然」
「月も美人もなくならないというのに、酒だけ無くなるのは道理に合わん」
「月は欠けるし美人は鬼だ、酒が減るのも道理じゃろう」
「えー、鬼の力でどうにかできないのか」
「おぬしの息の根を止めるくらいしかできぬとも」
「――」
「だから、どうしてそこでワクワクとした目をするかな、おぬし」
「美人に食われたいは男の夢のひとつだろう?」
「おぬしの夢が、おぬし一人しか抱えておらぬことくらいは鬼にもわかるというものじゃ」
「まったく連れない、アルパカ仲間だっていうのに」
「仲間か」
「仲間だ」
「鬼じゃのに?」
「酒を呑んでる以上、あんたは鬼である以上にアルパカだ」
「……妙なものにされてしまった……」
「当然、己もまたアルパカだ、さあさあ酒飲みたちよ、人である身を捨て、いざ今こそアルパカにならん!」
「人を捨てるのでならば、もうちょっとくらい上等なもんにならんか」
「贅沢言っちゃいけませんぜ、鬼の癖に」
「志が低すぎるぞ、人間の癖に」
「なんだとう! ならアルパカになってみろよう! やってみたらきっと案外難しいだろ!」
「酔っておるな」
「ひひーん!」
「……この身はあるぱかについて詳しくないが、少なくともそうは鳴かんじゃろう」
「アルパカ、奥が深い……」
「おぬしが珍妙なだけじゃ」
「あ、ところでね、お気に入りの酒があるんだ」
「また突然話が飛んだのう」
「高くはないがあんまり手に入らず、遠くの品ぞろえが良いって評判の酒屋に行って、ようやく手に入れた」
「そうか」
「で、飲んでみたが、味が違う」
「ほう」
「日本酒ながら甘くて飲みやすいはずだった、だが、これはどういうわけだか辛口だ、これはこれでスッキリしているが、己が好んだあの味じゃあない」
「ふぅむ」
「どうしてなんだろうなあと思った」
「だろうな」
「……」
「ん?」
「……いったい、どうしてなんだろうなあ、不思議だなあ――」
「オチは!?」
「うん?」
「理由はどうした! なぜお気に入りの酒の味が変わったんじゃ!」
「さあ?」
「調べろ! スッキリせんじゃろうが!」
「己だってもやもやしている、一緒にこの気分の悪さを味わおう」
「最悪じゃな、おぬし!」
「本当に楽しみにしていたから、なおさらがっかりした、調べるだけの気力も湧かなかった」
「今度その酒を持って来い、この身で味を確かめてやる」
「いや、前のを知らずに飲んだのなら、普通に飲みやすい酒だとしか思わないはずだ」
「それでもだ、というよりもじゃ、そんなにもガッカリするようなものだったのか?」
「そうじゃない、そうじゃないんだが――」
「なんだ、その気色の悪い手の動きは」
「美味い不味いじゃあないんだ、己が求めてやまなかった味、「あの味」としか言いようがないものを探していたのに、いざ見つり飲んでみれば別の味だった――そのがっかり感こそを己は言いたかった」
「クソ迷惑じゃ、そんなものを共有しようとするな」
「そういえば、美味い人間、不味い人間はいるのか」
「おぬしの話の行方は常に迷子じゃな」
「人種によっても違いそうだな、烏骨鶏は美味いみたいに北の方に住む人間の方が美味いとか」
「違いがわかるほど人間を食ってはおらぬよ」
「えぇえ……」
「そこで心底がっかりされる方が驚きじゃ」
「鬼なんだから、もっと積極的に食ってこうぜ!」
「おぬし本当に人類か?」
「アルパカです」
「人間に食われてしまえ」
「つまり、それは己がアルパカであるあなたを食っても構わないということ?」
「この身があるぱかだと称したことは一度もない」
「己が人間でも食わない、アルパカでも食わない、いったいどうすればいいというのだ!」
「そこまで食われたいのか、おぬし」
「うん!」
「却下、拒否、嫌じゃ」
「――」
「そこまで絶望的な顔をせんでも」
「夢がついえた……」
「そこまで暗くなるな、酒でも飲め」
「くそう、飲んで忘れて寝ている間に己のことを襲ってはくれないか……」
「おぬしの都合のいいように、この身を扱うな」
「アルパカにならない、鬼にもなれない、だからといって食ってもくれない、己はいったいどうすればいいのか!」
「酒でも飲めばよかろう」
「だってあの酒、己の好みじゃなかった!」
「仕方ない、なら探してやろう」
「え?」
「今年がダメでも去年のは良かったのじゃろう? ならば探せばあるはずじゃ」
「お、おお」
「いや対価として腕を差し出すな、それはいらん」
「ならどうすれば!」
「ここで、あるぱかでいろ」

作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:とよ お題:アルパカのカップル 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:187 人 文字数:1445字 評価:1人
私は彼のしっかりとした足取りが好きだった。文字通り、歩き方の男らしさはもちろん、同い年とは思えない器の広さ。他の男には感じない貫禄があった。貫禄といっても老成し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:アルパカのカップル 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:86 人 文字数:3657字 評価:1人
アルパカは、怒った時に胃の内容物を吐きかける習性があるという。 その吐しゃ物は強烈に臭く、相手を近付かせないのに有効であるそうだ。 中学の頃の同級生で、有地さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:アルパカのカップル 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:92 人 文字数:3639字 評価:0人
「己たちのようなものをアルパカと言うらしいぞ」「なんじゃ、それは」「だから、アルパカだな、アルパカ」「動物だかの名前だろう、それは。お前のような間の抜けた面ぁし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カカオ20% お題:アルパカのカップル 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:66 人 文字数:1939字 評価:0人
「アルパカってしってます?」目の前の女性はそう言ってぼくを見る。「いや、まあ知ってますけど...それが何か?」そう返すしかないぼくには些か質問の意図が読めなかっ 〈続きを読む〉

inoutの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:inout お題:残念な許し 必須要素:三島由紀夫 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:3157字 評価:0人
あーあ、と嘆きながら本の背表紙を撫でた。わたしからすれば等身大の大きさのそこに欠けがあったのだ。つい先ほど、迂闊にも棚から本を落としたせいだった。まじ粗忽。図書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:暗黒の家事 必須要素:書類 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:3310字 評価:1人
生活のための活動を家事というのなら、これもまた家事なんだろうか。よく絞った布で金属の感触がするそれを拭いながらそう思う。手の下の、硬いくせに弾力のある感覚はいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:セクシーな夜中 必須要素:太宰治 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:2615字 評価:1人
機械の群れが進行していた。生物を残らず殲滅するがための進行であり、侵攻であり、ひょっとしたら信仰だった。祈りの言葉の代わりに演算装置は回り、五体投地の代わりに赤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:箱の中の過ち 必須要素:パン 制限時間:1時間 読者:41 人 文字数:1997字 評価:1人
ごめんなさい、できませんでした――入口で弟子がそう泣きながら謝ってきた。私としてはただ困惑するより他にない。「いったいどうしたんだい? 君にとってはもう、簡単な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:日本式のフォロワー 必須要素:力士 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:3577字 評価:0人
へ、へへ――そのような笑いが口元から自然と漏れた、自棄と満足の入り混じった、きっと歪んだ笑みだった。周囲からは、人間どもの声。私を追って来ている者たちの声。地獄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
歌と呪い ※未完
作者:inout お題:失敗の螺旋 必須要素:即興イラストのステマ 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:3679字 評価:0人
カラオケボックスは一人で入るもんじゃないなと思いながら、安っぽい廊下を通った。左右の個室からは上手いんだか下手なんだか分からない歌が不協和音となって響いている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:茶色い幻覚 必須要素:イタリア 制限時間:1時間 読者:71 人 文字数:3111字 評価:1人
スーツケースを片手に電車内に一歩入り込んだ途端、茶色の景色が広がった。野球場だった。中腰の、すぐに動ける体勢から、私はそのグラウンドを見た。守備側、バッターがキ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:簡単な町 必須要素:絵画 制限時間:1時間 読者:53 人 文字数:3741字 評価:1人
あの町へ行きたい?簡単だ、この道をまっすぐ進んで駅に乗って隣、たった一駅分だ。終点だから間違えることもない、たとえ反対車線に乗ったところで引き返してしまえばそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:59 人 文字数:3330字 評価:0人
一立方メートルもない透明な箱の中に粘液状のものが蠢いている。色は赤黒いとしか言いようがない、実に不気味な色彩だ。これは一体なにかと所長に尋ねたところ、「俺のぬる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:絶望的な俺 必須要素:宇宙人 制限時間:1時間 読者:73 人 文字数:3490字 評価:1人
「どうしたら、君は絶望してくれるんだろう」そんなセリフを言ったのは自称宇宙人で、散々俺に拷問やら精神攻撃やら洗脳やらのセットをしでかしてくれた後でのことだった。 〈続きを読む〉