お題:右の失踪 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:950字

どちらでもいい
 二色のランドセルと八色のランドセルなら前者のほうが好きな一色を選びやすいだなんてことはどんなにお偉い学者さまが言おうと統計が出ようと一万人の賛成があろうと信じない。実際、現実問題、現代を生きている人間においては失われる世界の数が多いより、失われる世界の数が少ないほうが辛いのである。
 このすばらしい巧説を高宮は鼻で笑って「あんなにモテたくてたまらないのにいざモテると壊れちゃうんだね。かわいそうな生き物」と手を叩いて笑って「だいたいランドセルって! 黒に決まってるだろ!」と頭を前後にゆらして笑って「まあまあ二人とも恋に恋をしている状態。左が好きだから右も好き、右が好きだから左も好きという状況ですよ。選べない選べないと言っているうちに飽きられてだれも残らない。ワッハッハ」と机に突っぷして笑ったのでグーで頭を殴ってやった。
「痛ぇ!」
「痛いのはオレの心だよ。モッテモテのモッテモテにはわからんかも知らんが、モテない人間だからこそ選べなかった一人が惜しい!」
 顔をあげた高宮はえらそうに腕を組んで「それで?」と話を促した。
「左か右のどっちか、消滅しねえかなあ」
「なんで?」
「いやさ、オレは薬院さんも大橋さんも大好きなんだよ」
「左はもっちり巨乳、右はスレンダー貧乳」
「薬院さんは優しくて可愛いし、大橋さんは厳しいけど面白いし」
「どっちか決めてやれよ。おまえの席の周り、なんか悶々としてクラス中が変な雰囲気になってんだから」
 うんうん。くっつけている机の下で伸ばされている高宮の足を踏んづける。
「痛ぇ!」
「失踪してほしい。右か左に」
「なんでおまえが選べないばっかりに失踪させられなきゃいけないんだろ。かわいそうだろ」
「三年後ぐらいに警察に見つかってほしい。オレたちが卒業したときに」
「で、残ったほうと付き合うわけね?」
「あの子がいなくなったおかげであなたと付きあえた。複雑だけど嬉しい……みたいな茶番を演じたい」
「しいていうなら、どっちに失踪してほしい?」
「ドラマ的には右の失踪……いや左の失踪も捨てがたい」
 バカだなあと高宮は笑って「そんなに悩むなら」と顔を近づける。
「真ん中を選んでみてはどうだね?」
 左に薬院さん、右に大橋さん、そのあいだの前にいる高宮。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:帝王の鳥 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:1051字
小さい頃から、正義の味方に憧れていた。それを叶えるのが望みだったら、俺は本当はスーツアクターや俳優になるべきだったのだろう。でも俺は、馬鹿正直にも警察官になっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロイ≠レイ お題:簡単なプロポーズ 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:2035字
「最初は、気軽な女性だなって、そう思ったんです」 どうしてそんな風に?「いや、何だかなれなれしい感じだったし、すっごく笑顔を振りまいてるし、感じいいなって」 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:隠された事故 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:86 人 文字数:428字
クピドが包囲する高層マンションは大吹き抜けで、私たち姉妹は健やかなる恋をする。 私たちと一緒に恋をする者らは順次世界に生まれ直していく。扉は自動ドア、存在を認 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた躍動 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:81 人 文字数:1627字
それは、昔の話。かつて私が、輝いていた時の話。「大して面白い話じゃないですよ。本当の本当に」 どんな話の流れだっただろうか。どうしてか、私の昔話をする羽目にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた躍動 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:110 人 文字数:380字
今日は珍しく暇だった。「あーあ、なんか面白い事件でもないすかねえ」「事件を面白がるな」机に突っ伏してグダグダしている渡貫巡査を先輩の本郷巡査が窘める。「そーはい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:グリモワール お題:茶色い妄想 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:136 人 文字数:1868字
その日は特にひどい雨だったことだけは、はっきりと覚えている。この惑星はいつでも雨だ。それはどうやらこの惑星の持つ特性のひとつらしく、どうにかこうにかして慣れる以 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:宗教上の理由で夜風 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:284 人 文字数:979字
「貴方はこの空に散らばる光がすべて恒星と呼ばれる物体であることを信じていますか?」私の傍に立つ背の高い男は、白々しいほど透き通った声をしていた。眼下の赤くちらち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
HERO ※未完
作者:カサイスト お題:悔しい消しゴム 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:241 人 文字数:575字
「おい、消しゴム、お前パトロールはどうした」ああもう、そんな時間か。俺こと消しゴムは重い腰を上げてゆっくりパトロールの準備をする。「まったく、おめえがそんなんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鋭い惑星 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:236 人 文字数:1478字
ここは遠い遠い宇宙。地球より遥かかなたに存在する、とあるポパパ星のお話…。「お前、チキュー人てほんとか?」酸素ボンベの気圧を確認していた僕に、ポパパ人が話しかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:不思議な笑い声 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:304 人 文字数:1088字
生まれた瞬間からの悪人なんて存在しない。っていう歌が昔あって、で僕ぁそれなりに単純だから「そうかあ、悪人って言うのはそういう生まれ持った才能ではなくて悪人には悪 〈続きを読む〉

空見タイガの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:今日のサッカー 制限時間:30分 読者:63 人 文字数:1312字
カンカンカンカンカン。遠くから聞こえてきた音に俺は彼女の手をとって走り出した。道の終わりぐらいで近くの警報がなりはじめて、渡りきったあとに振りかえると今に下り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:残念な真実 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:972字
デザートをおごるかわりに恋愛相談に乗ってくれと頼んで連れてきたクラスメイトが頼んだのは二千円するパンケーキ。二千円!? 二千円ってあの、お札の千円が二枚!? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:免れた子犬 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1211字
ゴールはゴールでもナイシューでないゴールはなーんだ? 白けた二人のあいだを割るように注文していた料理がテーブルの上に置かれた。俺はチーズカレー、染野はミートド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:楽しかった敗北 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:1071字
女の趣味がわるいやつはダチの趣味もわるい。この一番の例があーくんで、やつは女子みたいなキレーな顔をしているくせに、すっげえブスを好きになる。しかもこのブスとき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:くさい芸術 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1150字
給湯室の排水溝にいつもちぎれた麺が入っている。くっついているキャベツのような薄い緑のなにかを見るに、おそらく焼きそばの仲間にちがいない。気にせずに手で水をすく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:臆病な女 制限時間:30分 読者:81 人 文字数:1053字
大して暑くもないのに暑いの言葉がでてくるように、好きという言葉は好きでなくても言える。しかも、す、き、これだけの詩である。猿が無限にタイプライターを叩き続けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:鈍い償い 制限時間:30分 読者:74 人 文字数:884字
よくわからないまま公園のベンチに座っている。平日の二時のため、人はあまりいない。ベビーカーを押した母親がふしぎそうな顔をして入って出ただけだ。雲がイワシの形を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:今の冒険 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:1007字
今、生きていておそれながらも行いたいことはなんだろうと考えて、そんなものはないと思った。ちょっとした好奇心のために命を落とすような真似はしたくない、もし自ら平 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:小さな血液 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:919字
人参は美と時間の仲間であるが、俺とおまえは敵である。久居はバイト先からパクってきたらしいエプロンをつけながら足で冷蔵庫を開いた。「おっと、塩がない」「客に塩を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:右の失踪 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:950字
二色のランドセルと八色のランドセルなら前者のほうが好きな一色を選びやすいだなんてことはどんなにお偉い学者さまが言おうと統計が出ようと一万人の賛成があろうと信じ 〈続きを読む〉