お題:子供の悲しみ 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:851字

僕の幸せ
「おまえなんかペットの猫と同じだ。いや、猫以下だ」
そう言われながら、家族に笑われ、叩かれていた。
「にゃんまげくそ野郎」という変なあだ名まで付けられていた。
いっそ消えてしまいたい。
もう、こんな家は出てやろう。
僕は夜の街へ飛び出した。
『守ろうよ。子供という名の宝物』
そんな看板があちこちに立っていた。
でも、アザだらけの僕を見ても、大人たちは、だれもなにも言ってくれない。
泣いたけれど、やっぱりだれもなにも言ってくれない。
「わー、ケーキ、ちょー美味しそー」
商店街は、着飾った人たちが、イルミネーションを浴びながら、買い物を楽しんでいた。
だれも僕のことは、どうでもいいみたいだった。
いや。もしかすると、僕は透明人間になってしまったんじゃないかな。
だからだれも僕になにも言ってくれないんだ。
僕は、もうだれにもいじめられないことに安心した。少しだけ気が楽になって、夜の街を散歩した。
だけど、無視されるのは、笑われたり叩かれたりするよりも辛かった。
僕は川の橋の欄干にのぼる。
通りかかったお爺さんが、ぎょっとした。街のパトロールをしているお爺さんだ。懐中電灯で顔を照らされた。そして怒鳴られた。
「飛び降りようってのか? 命を粗末にするんじゃない! どこの子だ!?」
「なんだ。見えてるんだ」
「当たり前じゃないか!」
「じゃあ、どうしてさっき、無視をしたの」
「……」
「僕を家に連れて行くの? そのあと僕はどうなるの? ずっと家族にいじめられ続けるだけだよ。お爺さんは僕を助けることができるの?」
「……」
「さようなら」
僕は空中に一歩を踏み出した。

ーーーーーー

僕は助けられた。家族は僕にあきれたのか、無視するようになった。
街の大人たちも、先生も、友達も、僕を前よりも無視した。
辛かった。悲しかった。けれど、もう慣れてしまった。楽だった。もうだれにもなにもされなくてすむから。
僕は今度こそ完全に消えたんだ。体も消えたし、人間らしい感情も消えた。
僕は幸せだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:憧れの黒板 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:1583字
「……にゃんまげ?」聞き慣れない言葉に、俺は眉をしかめる。うわさ話が好きなアイツが言うには、この学校にはとある怪談話があるそうだ。聞いてみればよくある話とも言え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:nishiki お題:忘れたい小説 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:156 人 文字数:946字
大学時代、図書館で薫子先輩と一冊の小説をつくっていた。 僕が本文を書いて、薫子先輩が添削やアイデア出しをする。 春も夏も秋も冬も、雨の日も台風の日だって関係な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:マキノ@質量と労働の家 お題:右の殺し 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:226 人 文字数:1462字
立石さんはいつも通り優しかった。 試合の終わったぼくを最初に出迎えてくれて、そのままいつもの居酒屋に連れてってくれた。 最初に頼んだのは唐揚げの山盛りと串カツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユリイカ お題:赤い吐息 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:281 人 文字数:1157字
「にゃんまげ!」 スプレーアーティストの猫目小太郎は思いつくままの奇妙な言葉を時折叫びながら、 スプレー缶から漏れた赤い吐息を無機質な灰色のキャンバスに吹きかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タソカレ お題:愛すべき妻 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:583 人 文字数:865字
日光に行きたいというから来てみれば、お目当てはこれだったのか。「あぅ、にゃんまげ、にゃんまげ」「……」近づく前からどことなく哀愁を感じるのは俺だけだろうか。白い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:こっく お題:寒い魔物 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:293 人 文字数:2121字
赤道付近を一周してみたが、にゃんまげは影も形も見当たらなかった。 ここらで詐欺という言葉が僕の心に忍び寄ってきたが、僕は力強くそれを無視した。ここに至るまでの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゴミ捨て場 お題:突然の粉雪 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:278 人 文字数:899字
手に持つケータイがふと軽くなった。不審に思った聡はケータイと足下を確認した。 ケータイにはいつもの気の抜けたまげが見当たらず、足下には繋いでいたストラップの根 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:緩やかなガールズ 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:332 人 文字数:693字
「前から言おうと思ってたんだけどさぁ、あんたの髪型おかしくない?」隣にいたもうひとりの友達もクスクス笑いだした。あー、やっぱり…?いや私もこれ好きでやってるんじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あさみ お題:頭の中のアレ 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:312 人 文字数:2131字
誰でも経験したことがあると思う。頭に浮かんで、喉元まで出かかっているのに、言葉にならないっていう現象。 いまアレ、つまりソレ。すごく一生懸命思い出そうとしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:頭の中のアレ 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:599 人 文字数:519字
私は急いでいた。「ごめん!ちょっと通して!」道ゆく人が怪訝そうに私を見てくるが関係ない。とにかく私は急いでいる。目的まで、あと僅か。54321「にゃん……まげぇ 〈続きを読む〉

密室の事件録botの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:密室の事件録bot お題:子供の悲しみ 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:851字
「おまえなんかペットの猫と同じだ。いや、猫以下だ」そう言われながら、家族に笑われ、叩かれていた。「にゃんまげくそ野郎」という変なあだ名まで付けられていた。いっそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:密室の事件録bot お題:最強の人 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:473字
ーー最強の先生と呼べ。呼ばないと○す。男が言った。ーーわかりました、最強の先生。私は答えた。しかし怖くて震えながらだったので、まちがえて「最小の先生」と言ってし 〈続きを読む〉