お題:疲れた光景 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:1758字

ワンフォーオール
ワンフォーオール―ひとりは皆の為に。
うちの部のお題目である。
俺はこの言葉が大嫌いだ。

我がバレーボール部はこてこての体育会系色で、顧問の爺は今時ジャージに竹刀という出で立ちである。
上下関係は絶対、廊下で先輩にあったら道を譲れ、ミスをひとつすれば腕立て伏せ百回…
どこの戦前だと突っ込みたくなる風習が平然とまかり通っている。

「小林ぃ、なんだそのたるんださまは!気合をいれろぉ!」

今日も今日とて顧問の爺は覇気のない生徒に竹刀を振りかざしている。
彼の行動を正当化するのは”ワンフォーオール”のお題目だ。
腐ったリンゴが一つあれば周りも腐るという理論よろしく、全体の引き締めのために一人の気の弛みは決して許さない。
根性を叩き直すためならば、暴力も必要というわけである。

授業でならったファシズムという言葉が頭を掠める。
国が個人より優先、国の為に尽くすのが美徳。
こういった考えが行き過ぎて狂気となり、20世紀前半の凄惨な戦争を引き起こしたとか。
体育会系組織の中に根付く”チーム第一”の考えも、源流はこれと同じなのではないだろうか?
チームの為に個人が蔑ろにされる、時には個人に犠牲を強いる。
その考えに同調できないものは悪でひとつの目標に心をひとつにできるものだけが正しい。
そういった気風が行きつくところが、今顕在化して俺の目の前で竹刀を部員に何度もたたきつけているのではないだろうか。

「もうすぐ大会が近いんだ、こんなことに時間を費やしている暇はほんとはねえんだよ!おめえのせいだぞ、おら、無駄な手間をかけさせやがって!」

被害者の小林に責任転嫁しつつ、暴力は続く。
その表情に陶酔したサディズムが浮かぶのを、俺は見逃さない。

こんな狂った光景を、部員たちは神妙に、だが当然のことのように見守っている。
それが異常だという認識がないのだ。
それが”チームのため”に尽くすことを骨の髄までしみ込ませられた、体育サイボーグ達の日常である。

入学して深く考えずにバレー部を選択したことを、今さらながら後悔している。
何度も退部しようとおもったが、この部は一度入部したものを決して逃がさないのだ。
一言「やめたい」といおうものなら、部員達から”根性焼き”の鉄槌をあびせられることとなる。

先ほどから竹刀の風切る音に続いて、赤いものが飛び散りだした。
うずくまっていた小林が、やがてピクリとも動かなくなる。

「おう、小林、なんとかいって…ん?」

さすがに不審に思ったのか、顧問がかがみこんで小林をのぞき込む。
怒りに染まっていた赤い顔が、みるみる青ざめていく。

「死んでる…」

顧問のつぶやきに、さすがに場がざわついた。

「沈まれ!」

主将の一喝に、場のざわめきは収まった。
丸刈りにいかつい顔、ボリュームある肩幅。
みるからに”鬼軍曹”という風貌である。

「先生、遺体をどこかに埋めましょう。小林は今日部活にこなかったこととするのです」

俺は自分の耳を疑った。
主将の狂った提案に、さすがに顧問も一瞬怯んだような様子をみせた。

「もうすぐ大会が近い、こんな不祥事が発覚すれば我々は大会にでられなくなり、今までの練習がすべて無駄になってしまう。そんなことはあってはならない!」

熱っぽく語る主将は、完全に自分が正義だと思い込んでいる。
人は己の正義を疑うことができない生き物である。

「きっと死んだ小林も我々が大会で輝くことを望んでいます。一人は皆のために!」
「そ、そうだな…ワンフォーオールだ!」

その顧問の返事と共に、部員全員がうおおと賛同の声をあげた。
体育館を揺らすような大音声。
汗の絆で結ばれたスポーツマン達が心をひとつにして、一人の部員の死を隠蔽しようとしている。
彼らには今の自分たちが、さぞ美しく映っていることだろう。


…俺はなんだか疲れてしまった。
もともと協調性や信念にかけた人間だと自覚している。
それが必ずしも悪いことだとは思わなかったが、今ではその考えが確信に変わっていた。

俺は体操着のポケットからスマホを出した。
110番をプッシュした。

「もしもし、警察ですか。今顧問の暴力でバレー部員が一人死にました。すぐ来てください」

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:俺とぺろぺろ 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:557字
彼女が蔑んだ目で見ている。が、俺は無実だ。厳密に言えば過去の俺のセンスが悪い。いまは悪いとは思いたくないのだ。そうして名付けられた漆黒の闇を吸い取ったような毛玉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい朝飯 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1033字
朝目覚めると、お父さんが台所に立っていた。珍しいこともあるものだと思い、僕はお父さんの背に向けて、声をかける。「おはよう。何つくってるの?」 僕の声を聞いたお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
廃校のしらせ ※未完
作者:水床海老 お題:哀れな教室 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1567字
昼休み、職場での食事中にスマートフォンで流し見していたニュースの見出しに、古い記憶が引きずり出された。 母校が廃校になるらしい。 感傷、というほど強いものでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:正しい汗 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1061字
木島にはちょっと変わったところがある。目ん玉が見えないことだ。 障害があるとかそういう重い話ではなく、常に笑っているので、細目でいつも目ん玉が見えない顔だとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あだごと ※未完
作者:akari お題:天才の夏 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:456字
「身辺整理をしようと思うんだ」 唐突な琢海の発言に、私は思わず呆けた顔を見せてしまった。「……何かあったの?」「特には。けれど、色々と煩雑になってきたから一度奇 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:望月 望夢@VTuber準備中 お題:淡い女の子 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:821字
教室の窓側にふと目をやると1人の少女が黙々と読書をしていた。あの子はいつも1人で読書をしている。誰とも話さずに。僕は何故だか気になってしまった。どんな本を読んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:望月 望夢@VTuber準備中 お題:不本意なサーカス 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:353字
僕は、とあるサーカス団で働いていた。サーカスの舞台に立って、たくさんの人を驚かせたり笑顔にするのが昔からの夢だった。けど現実は厳しいのだ。テントを設営したり仮設 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼と衝撃 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:257字
恋の始まりはきっと衝撃的だ一目見たら心臓が体全体を鳴らし,顔は焼け,胸は張り裂けるものなんだろうそこからきっと私の人生は華やかになる木漏れ日が指す土の道を,白い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
しぶしぶ ※未完
作者:akari お題:ありきたりなコメディ 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:697字
笑わせてやろう、そう思った。「………」 ブランコで項垂れている少年。地面に届かないその足をぶらつかせもせず、ただその場に座りこんでいる。 ――しけた面。 彼は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
蜜柑 ※未完
作者:匿名さん お題:誰かの決別 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:407字
「私たち別れた方が幸せかもね」 僕は妻からの突然の決別宣言に驚きを隠せなかった。 その時僕らは朝食でパンを齧りながら、いつもと変わりない時間を過ごしていた時だ 〈続きを読む〉

いしゅとの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:宗教上の理由で大学 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:812字
「離してくれ、俺はもうこんな大学いられないんだ!」そう言って立ち去ろうとする俺の肩を、友人の野上がつかんできた。「おい、いきなりそんなこというなんて、一体どうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:昨日の粉雪 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:850字
龍彦は不機嫌だった。原因は昨日の午前中の積雪にあった。季節外れの異常気象により、四月だというのに雪が降りに降って、ついには一面の銀世界を現出させた。踏めばサクサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:捨てられた風 必須要素:化粧水 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1178字
「いつか空の向こうへ行ってみたいんだ」リアンがそう告げると、出会ったばかりの少女―確かシェーラとか名乗った―は不思議そうに首をかしげた。「どうして、そんなところ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:黒い関係 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:832字
「ねー、やっぱりあの2人、怪しいよねえ」昼休み、私は同僚たちと噂話に花を咲かせていた。現在私たちのグループ内では、A子とB男の話で持ちきりである。「いつもこそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:何かのおっさん 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1060字
世界一強運な男がいると聞き、私は記者として取材にやってきた。男は匿名を希望したので、ここではイニシャルのB・Jとだけ記しておこう。「はじめまして、あなたは世界で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:せつない夢 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1136字
名探偵には、ひとつの大きな夢があった。その夢に出会うために、彼は今日も事件現場に足を運ぶのである。「…以上が、この事件のあらましです」顔見知りの刑事に説明を受け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:かゆくなる関係 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1687字
先王アルベルトが己の後継に末の弟ティグリスを指名したことは、王国に激震をもたらした。この指名に殊更憤懣を覚えたのは先王の長兄ナイルと妃イリスである。前者は本来先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:臆病な靴 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:951字
その靴は、誰にも買ってもらえなかった。臆病で、ちょっとしたことがあるとすぐ逃げ出すからだ。「この前犬に吠えられただけで勝手に逆方向へ走り出して遅刻しちまった。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:私が愛したエデン 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1039字
跨線橋の上で、僕は去り行く彼女と向かい合っていた。冬だった。雪交じりに吹き付ける風が冷たかった。屋根もなく、左右に欄干が取り付けられているだけの、古い跨線橋だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:気持ちいい魔法使い 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:765字
この診療所は、どんな病気も立ちどころに直すと町中で評判である。訪れた患者もまるで痛みを覚えず、あっという間に症状が改善したことを不思議がっている。「まるで魔法み 〈続きを読む〉