お題:疲れた光景 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:1758字

ワンフォーオール
ワンフォーオール―ひとりは皆の為に。
うちの部のお題目である。
俺はこの言葉が大嫌いだ。

我がバレーボール部はこてこての体育会系色で、顧問の爺は今時ジャージに竹刀という出で立ちである。
上下関係は絶対、廊下で先輩にあったら道を譲れ、ミスをひとつすれば腕立て伏せ百回…
どこの戦前だと突っ込みたくなる風習が平然とまかり通っている。

「小林ぃ、なんだそのたるんださまは!気合をいれろぉ!」

今日も今日とて顧問の爺は覇気のない生徒に竹刀を振りかざしている。
彼の行動を正当化するのは”ワンフォーオール”のお題目だ。
腐ったリンゴが一つあれば周りも腐るという理論よろしく、全体の引き締めのために一人の気の弛みは決して許さない。
根性を叩き直すためならば、暴力も必要というわけである。

授業でならったファシズムという言葉が頭を掠める。
国が個人より優先、国の為に尽くすのが美徳。
こういった考えが行き過ぎて狂気となり、20世紀前半の凄惨な戦争を引き起こしたとか。
体育会系組織の中に根付く”チーム第一”の考えも、源流はこれと同じなのではないだろうか?
チームの為に個人が蔑ろにされる、時には個人に犠牲を強いる。
その考えに同調できないものは悪でひとつの目標に心をひとつにできるものだけが正しい。
そういった気風が行きつくところが、今顕在化して俺の目の前で竹刀を部員に何度もたたきつけているのではないだろうか。

「もうすぐ大会が近いんだ、こんなことに時間を費やしている暇はほんとはねえんだよ!おめえのせいだぞ、おら、無駄な手間をかけさせやがって!」

被害者の小林に責任転嫁しつつ、暴力は続く。
その表情に陶酔したサディズムが浮かぶのを、俺は見逃さない。

こんな狂った光景を、部員たちは神妙に、だが当然のことのように見守っている。
それが異常だという認識がないのだ。
それが”チームのため”に尽くすことを骨の髄までしみ込ませられた、体育サイボーグ達の日常である。

入学して深く考えずにバレー部を選択したことを、今さらながら後悔している。
何度も退部しようとおもったが、この部は一度入部したものを決して逃がさないのだ。
一言「やめたい」といおうものなら、部員達から”根性焼き”の鉄槌をあびせられることとなる。

先ほどから竹刀の風切る音に続いて、赤いものが飛び散りだした。
うずくまっていた小林が、やがてピクリとも動かなくなる。

「おう、小林、なんとかいって…ん?」

さすがに不審に思ったのか、顧問がかがみこんで小林をのぞき込む。
怒りに染まっていた赤い顔が、みるみる青ざめていく。

「死んでる…」

顧問のつぶやきに、さすがに場がざわついた。

「沈まれ!」

主将の一喝に、場のざわめきは収まった。
丸刈りにいかつい顔、ボリュームある肩幅。
みるからに”鬼軍曹”という風貌である。

「先生、遺体をどこかに埋めましょう。小林は今日部活にこなかったこととするのです」

俺は自分の耳を疑った。
主将の狂った提案に、さすがに顧問も一瞬怯んだような様子をみせた。

「もうすぐ大会が近い、こんな不祥事が発覚すれば我々は大会にでられなくなり、今までの練習がすべて無駄になってしまう。そんなことはあってはならない!」

熱っぽく語る主将は、完全に自分が正義だと思い込んでいる。
人は己の正義を疑うことができない生き物である。

「きっと死んだ小林も我々が大会で輝くことを望んでいます。一人は皆のために!」
「そ、そうだな…ワンフォーオールだ!」

その顧問の返事と共に、部員全員がうおおと賛同の声をあげた。
体育館を揺らすような大音声。
汗の絆で結ばれたスポーツマン達が心をひとつにして、一人の部員の死を隠蔽しようとしている。
彼らには今の自分たちが、さぞ美しく映っていることだろう。


…俺はなんだか疲れてしまった。
もともと協調性や信念にかけた人間だと自覚している。
それが必ずしも悪いことだとは思わなかったが、今ではその考えが確信に変わっていた。

俺は体操着のポケットからスマホを出した。
110番をプッシュした。

「もしもし、警察ですか。今顧問の暴力でバレー部員が一人死にました。すぐ来てください」

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:akari お題:都会の村 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:401字
『 上京したての頃、どこに行くにしても俺は不安だった。周りの人間が俺とは違う怪物のように思えて仕方なく、外出の際、俺の視線は大抵下を向いていた。 音楽をするため 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:僕の好きな人間 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:163字
色んなことがありました。本当に色んなことが。悪いことがたくさんあったんです。凄く悪いことがたくさん。そしてたくさんの人が悲しみに包まれて、今も包まれています。君 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:箱の中の円周率 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:823字
ふたを開くと中から真っ白なチーズケーキが現れた。母さんが誕生日だからと用意してくれたものだ。「………」 ケーキを囲む全員の喉が鳴る。僕たちの大好物。だからこそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許せない映画館 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:447字
優子はイライラと爪を噛んだ。先程から湧き上がる苛立ちが抑えきれない。眼の前で女性が男性に悲壮な表情で泣き崩れんばかりになにかを訴えている。それが優子の苛立ちを掻 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:フニャフニャの艦隊 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:843字
フライングギガントスライム。それらは群れで行動し、人々から空飛ぶ艦隊と呼ばれ恐れられていた。そんなスライムの群れが今、人類の生存域であるサピエンス大陸に上陸し 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
憎しみの私 ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな私 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:501字
わたしの嫌いな私。そんなもの数えきれないほどある。声の小さな私。おどおどした私。見た目の気持ち悪い私。とにかくいっぱいいる。私はちょっと嫌なことがあった時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:綺麗な快楽 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1017字
一人暮らしであるサラリーマンの太郎は黄砂が舞っている中帰宅した。服や靴にはもちろん肌や目、果てはマスクの中まで黄砂が侵入している。今すぐ洗いたい。全身を今すぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鯛焼さとかず お題:素晴らしい殺人犯 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1064字
今年の冬は例年よりも寒いらしい。それはG-20区も例外ではなく、またバレンタイン当日も例外ではなかった。「おい、吸血鬼。テメェ早くそこをどけ」 厚手のコートを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:絶望的な人体 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1111字
登校中。今日はやけに周りが騒がしい。何があったんだろうか。少し耳を傾けてみる。「見て、あの人。超スタイル良くない?」「ほんとだ。これ以上ないほどスタイルがいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岩ヶ辺香衣 お題:凛とした話 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1365字
探偵の助手として、悪霊の家なんかを探しに来たのが間違いだった。 自分の背中で、背後にあった窓ガラスを粉々に粉砕しながら、頭によぎったのはそんな言葉だった。 そ 〈続きを読む〉

いしゅとの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:飢えた蕎麦 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1058字
夜、暖簾を降ろそうとしていると、一人の男の子が店の戸を開けた。「ここに、”カケソバ”って食べ物、ある?」「かけ蕎麦?」そりゃうちは蕎麦屋だから、かけ蕎麦が出せな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:昼間の少数派 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:793字
僕はいついかなる時でも、少数派である。クラスの皆が絶賛するクラスメイトの女子を、どうしても好きになれない。それよりも隅の机でいつもひっそりとしている、目立たない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:馬鹿な交わり 必須要素:宇宙人 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1627字
「禁忌倶楽部」―毎週末、都内の路地裏でひっそりと営まれる喫茶店に於いて、こじんまりと開かれる会合がある。性的少数者の集い、といえなありふれたものに聞こえるが、大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:優秀な血液 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1295字
「ははは、とうとう追いつめたぞ、邪竜め!」数多の悪業を重ねてきた邪竜の前に現れた二人の人間。剣を構えるやたらと偉そうな男、とその従者然とした少女。「この聖剣に選 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:愛と死の別居 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:804字
一度目に百合絵を父に紹介した時は、言下に結婚を反対された。私と百合絵が血のつながった兄妹だと知らされたのは、二度目に直訴した時だった。父を問い詰めに問い詰め、貝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:進撃の水たまり 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:852字
水たまりを眺めていたら、水の鏡に映った自分が突然動いたので、陽子はびっくりした。「え…なんで!?」「はじめまして、現実世界のわたし。私は水の世界のあなた」しかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:悔しいパラダイス 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1660字
とある帝国に、新帝が即位した。新帝は合理主義者で、夢想が嫌いで、野心が旺盛だった。「強大な武力と豊かな財政、我が帝国にはそれだけがあれば良い。国に何の益ももたら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:美しい衝撃 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1031字
彼女は退屈していた。町の名家に生まれ珠のように美しい美貌の彼女は、生まれつきすべてを持っていた。彼女に言い寄る男は数知れなかった。しかしその誰もが、彼女の眼には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:東京の強奪 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:877字
アパートにつくと、お兄ちゃんはまだ帰っていないみたいだった。合鍵をポケットから出して、ドアを開けた。どうせ部屋の中は散らかり放題だろうし、帰ってくるまでに掃除を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:ナウい博物館 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:847字
流行の移り変わりはあっという間だ。昨日流行っていたものが、今日には古臭くて見向きもされないなんてことは珍しくもない。この博物館は今現在の流行品ばかりを取りそろえ 〈続きを読む〉